行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

新店情報

奴が愛したタンタンメン【近平家】(関内に移転して【メーギ・テントーチ】と改名)の跡地が新しい油そばを提供する店に成るとの丈夫を得ました。

情報が少なく、くわしいコトはよくわかりません。
ならば、自分のこの目で確かめます。
空いていたら突入して実食しちゃってもイイし。   

着いてみると、こんな状態。
IMG_0973六新店 (1)
まだ工事中?

IMG_0973六新店 (2)
開店は延期されたようです。

店名をあらわすモノも見当たらないし・・・・・
これじゃ、やっぱり何もわからないな。
しばらく、時間をおいてみますか。

伊勢料理 【志摩】 横浜市西区

横浜に伊勢うどんを出す店があると知ったのは、ちょうど「伊勢志摩サミット」が行われていた頃だから、昨年の5月くらいでしょうか。
その頃はいろいろなメディアで、伊勢志摩が紹介されていましたね。
んで、麺喰い人・長物喰い人である私は、前々から伊勢うどんに興味があったんですけど、サミット開催期間とその前後は混むだろうと避けていたワケです。

もう一年以上が経過したから、ホトボリも冷めた頃だろうと、行ってきました。

〔伊勢うどんと手ごね寿司〕のセット 770円。
IMG_0854志摩 (1)

伊勢うどんアップ。
IMG_0854志摩 (2)

うどんリフト。
IMG_0854志摩 (3)
ドンブリ底にたまっているつゆは真っ黒です。
うどんも黒く染まって上がってきます。

うどんは極太で、長さは20センチくらい。
箸にひっかけて持ち上げると2~3本でも、ずっしりと重い。
熱々極太だから、口の中での存在感は抜群。
しかし、噛んだ感触はクンニャリ。
申し分のないコシの無さです(笑)

うどんつゆは、話に聞いていたほど甘くはなくて、むしろ酸味があるね。
ダシ風味はそれほど感じられないけど、この酸味はサバ節でも使っているのかな?

手ごね寿司のアップ。
IMG_0854志摩 (4)
マグロのヅケと玉子焼き、薬味に大葉。
マグロにはしっかり味がしみ込んでいます。
もう少し量が欲しかったなぁ。

初めて食った伊勢うどんでしたが、私は好感触。
うどん好きのAyaは、いまひとつだと言う感想でした。

ご馳走様でした。

追跡情報

以前お知らせした南区前里町の【〇勝】ですが、動きがありました。

IMG_0970 〇勝 (1)

は~っ、22日の17:00オープンですか。
私はその時間、ちょっとしたヤボ用がありますねぇ。
まぁ、開店日に行くことは無いケドね。

クリックで拡大。
IMG_0970 〇勝 (2)

ラーメンの絵ヅラは、ちょっと家系ちっくですねぇ。
もう、西区、中区、南区などの私の通常活動圏には、もう家系はイラナイから違うモノであってほしいなぁ。

新店の珍し混雑が終わり、人々が忘れた頃に行くでしょう。

新店・初訪 濃厚鶏白湯ラーメン専門店 【鶏ふじ】 横浜市中区

2017年9月6日関内駅近くに奇妙なラーメン屋がオープンした。
「野毛ホルモンセンター はなれ」より移転してきた 濃厚鶏白湯ラーメン専門店 【鶏ふじ】がその店。

飲食店ビルの8階にある高級焼き肉屋さんを、日中だけ間借りしての営業である。
しかも、店を開けるのは週に一度、水曜日だけ。
更に言うならば営業は、11:00~13:00までの2時間だけ。
とってもハードルが高~い。
その時間に近所に居る人しか行けな~い。

てなことを考えているウチに、ある事情でチャンスが回ってきました。
早速行ってみますよ。

ビルの入り口だから
『店舗写真どうしようかな?』
なんて考えながらエレベーターに乗り8階へ。

8階に着くと、そこはもう焼き肉屋さんに直結ですから、やはり店舗写真に困る。
「いらっしゃいませ~!」
の威勢の良い声に誘導されてみると、薄暗い室内に焼肉バーナー付きの大型のカウンター。

卓上のメニュー。
IMG_0950鶏ふじ (1)
基本の〔鶏白湯麺〕を発注。
口頭注文先払い制です。
しかし、カウンターの幅が広いので水や金銭の受け渡し時に、半立ち上がり状態になってしまう。
ここらへん、間借り営業のツラいところですな。

本日の一番客になったので、待ち時間4分ほどで到着です。
IMG_0950鶏ふじ (2)
白いドンブリにクリーム色のスープ。
濃厚な鶏白湯を思わせるルックスです、だんが~!

飲んでみたら、今まで喰った濃厚鶏白湯ラーメンのスープとはかなり違います。
ちょっとした粘性はあるのですが、唇に残るベタ付き感が無い。
重量感はあるのに、口内やノド越しに重さが残らないんです。

この店の足元にある濃厚鶏白湯の店 【武一】
前回喰った【蛍】のアッサリした鶏白湯。
その、ちょうど中間にある濃度を持つスープと言えるでしょう。

元ダレは、基本的に塩味です。
塩味で、鶏白湯に合わせると言えば【まる玉】系統ですが、それともまた違った表情になっています。
何と言うか、独自路線を見付けた味わいですね。

IMG_0950鶏ふじ (4)
麺は平打ちの中太やや縮れ。
鶏白湯に平打ちを合わせているのは、私の知識範囲内では、かなり珍しい。
茹で加減は柔らか目で、上の前歯と下唇で簡単に切れるくらいです。
厨房は奥にあり、麺箱は確認できません。
製麺所は不明としておきます。

IMG_0950鶏ふじ (3)
チャーシュウは低温調理と思われる豚肩ロースのモノ。
しっかりした肉質感と、生々しい獣肉の味わいを残してますが、トゲが無い仕上がりです。
小さめなのが残念。

岩海苔は香り高いが、やはり少ないなぁ。
海苔好きは、茶碗に一杯欲しいな(私だけ?)

メンマは穂先タイプで、酸味と甘味が強い高発酵。
やや瓶詰に近い味わい。

揚げネギは小さくて、ネギパウダーに近いか。
でも香りはシッカリしてます。


さて、私が半分ほど喰い進んだ時、厨房から調理担当の方が出てきました。
私はドンブリに口をつけてスープ飲みの真っ最中。

一息ついて顔を上げると、あれま!!
お互いに顔を見合わせて
『あ゛っ、ぁ~、あの~・・・・・』
と、驚愕。

御主人と思われる方から
「富志夢の頃、よく来ていただいていた方ですよね~」
と、

なんと私とAyaが大好きで通っていた、大和市桜ケ丘駅近くに在った【富志夢】の御主人その人です。

【富志夢】は2013年3月19日、余人はいざ知らず、私達に非常に惜しまれながら閉店しました。
御主人はその後全く違う職業に就かれ、もし、またラーメン屋をやるとしたら
「6年後ですかね~」
と、語っておられました。

「【富志夢】の御主人、もうそろそろ、またラーメン屋を始めてもいい頃だよね~、来年かな、再来年かな~」
なんて、私とAyaは つい最近も話をしたばかりなんですよ。
それが、だいぶ早まってココ関内で再会するとは!


現在の【鶏ふじ】のラーメンは、【富志夢】の頃とはかなり違ったものですが、これは会社との共同で開発した為だそうです。
いずれ独立店舗に移行すれば、また少し変化しそうです。
そして、現在は店舗物件取得までの仮営業とのことで、この仮営業がうまくいかなかったら、このまま消滅もありえるそう。

総評
どうしても過去の思い入れがアタマの中から除去できず、冷静な判断が出来かねます。
よって、評価は見送らせていただきますが、レヴェルの高い鶏白湯ラーメンであることは確かです。
なお、店舗写真は先述の理由により不掲載。


【富志夢】は2009年11月オープン。
とてもアッサリしたスープなのに、奥深く、広がりのある味わいで
何ともしみじみするんですが、古臭さの無い、現代にウケるポイントもちゃんと持つラーメンでした。
今風に言うと、かながわ端麗系の始まりの頃の良さを強くアピールしていた店でした
柚子胡椒がとても合う塩ラーメンが私のフェイバリットでした。
また、市場で仕入れたマグロの頬肉から作る自家製のツナマヨが秀逸で、私たちは行くと必ず喰っていました。

【富志夢】に関する記事はコチラ(古い順に並んでいます)
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-99.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-576.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1025.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1103.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1319.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1630.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1651.html

新店・初訪 麺創【蛍】 横浜市中区

2017年9月1日新規オープンの【蛍】に行ってきました。
なんとかさんの弟だかのつながりがある店だそうです(←無関心なので覚えない)

この店を見つけた時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-3306.html

さて店に着いてみると、券売機にこんな貼り紙。
IMG_0935蛍 (1)
通常価格700円のところ期間限定で600円ですか。
やはり新店は新規開店直後よりも
「しばらくしてからの方が良いコトが多い」
と言う自説を再確認できますわ。

モチロンこの〔らーめん(醤油)〕を発注。
IMG_0935蛍 (2)
先客さん一名はすでに喫食中でしたので、待ち時間5分もかからず出来上がりました。
なお、家系風に好みを指定できますが、初食ですので全て普通でお願いしました。

スープの味わいとしては、かなりアッサリしたタイプ。
このところ濃厚鶏白湯にアキアキしていたところですから、良いタイミングです。
お店側は“豚骨鶏白湯”と謳っていますので、他に豚骨ダシも使用しているハズですが、両者とも大きく前に出ることなく、飲みやすいバランスになっています。
醤油ダレはカドが無く、じんわりと効いてくるような味わいです。
まったく味は違うが、藤沢の【はとり亭】に似たアプローチのスープかな?

IMG_0935蛍 (3)
麺は太目のやや縮れで、短目にカットされている。
麺線ににあう豊かな弾力と、つるつるの啜り心地が楽しめます。
厨房が見えなかったので製麺所は不明としておきます。

IMG_0935蛍 (4)
チャーシュウは豚バラ肉ノンロールで、特に大きな主張は無いがスープには合っていると思う。
ホウレン草はかなりクッタリしたもので存在感希薄
メンマは高発酵で甘みが強い。
モヤシはよく火を通してあり喰いやすいモノが少量。
大判の海苔は香りが良い。

フライドオニオンは大粒のモノも含まれ、これが揚げ玉のように作用し、時間が経つとスープがたぬきうどんか、たぬきそばのつゆのように変化する。
この点は好みが分かれそう。
他にカイワレ大根数本。

総評
この辺りでは少ないアッサリ鶏白湯系です。
前店は短命だっただけに、長持ちして欲しいなぁ。
70点。

ヒドイ店舗写真になっちゃったなぁ。
IMG_0935蛍 (5)
取り直し次第差し替えます。

ラーメン情報訂正

豚骨拉麺酒場 【福の軒】関内店
ですが、閉店してました。

IMG_0946福の軒 (1)

IMG_0946福の軒 (2)

新店情報で 豚骨拉麺酒場 【福の軒】関内ベイスターズ通り店 を紹介しました時に、この辺りに 【福の軒】が二店舗になったかのような書き方をしてしまったコトをお詫びします。

馬車道からベイスターズ通りに移転したと解釈して良さそうですね。

【新福菜館】麻布十番店 東京都港区

このところ黒いラーメンばかり喰っているなぁ。
しかしこれは、その日の出先による偶然です。

相次いで関東に出来た【新福菜館】の中でも、最も気に入っている麻布十番店に行ってきました。
【新福菜館】は何度もこのブログに登場してるので軽くね。

喰いましたものは、もちろん基本の〔中華そば〕
IMG_0791新福菜館 (2)
発注後5~6分でやって来ましたラーメンは黒い黒い!
すっかり見慣れているんですケド、この黒さには一応丁寧に驚いておきます、毎回(笑)

鶏ガラ中心と思われるダシ風味はが押し寄せて来るスープは、黒さの割りにはマイルドな醤油味。
ソコに多めでシャッキリしたモヤシや輪切りネギの鮮烈さが合わさりイイね。
チャーシュウは京都ラーメン特有のペラいものだが、このペラさを利用して麺に巻いたりして喰うとまた一味違う雰囲気を楽しめます。

御馳走様でした。
また来たいけど、いつになるかなぁ。

IMG_0791新福菜館 (1)

初訪 【醤魂中華そば】 横浜市南区

弘明寺商店街の中に在る刀削麺をウリにする店に行ったんだが、いつまでたっても開店しない。
よって、ターゲット変更。

近くに在る【醤魂中華そば】にします。
2016年11月23日オープン。
この店舗は居付きが悪いんだが、この店になってもうだいぶ経つから入ってみますか。

基本と思われる〔醤油ラーメン〕を発注。
IMG_0834醤魂 (1)
先客さん3人で提供待ちの人が一人。
7分ほどかかって私のラーメンは来ました。

クリアなスープだね。
穂先メンマが目立ちます。

IMG_0834醤魂 (2)
ドンブリは、ここ数年ハヤリのこんな形。

鶏中心と思われるダシ風味はスッキリとした印象。
スープ表面には油滴が浮くが、しつこくは無いね。
醤油ダレも穏やかで、やや薄いと感じる人もいるか。

弘明寺の門前というコトもあり、このあたりの年齢層は高い。
高齢の人たちにも喰えるようにとの調整なのだろうか?

IMG_0834醤魂 (4)
麺は細めのやや縮れ。
少し柔らかめの茹で加減だが、スープとはマッチしている。
麺量は標準的。
製麺所はわかりません。

IMG_0834醤魂 (3)
チャーシュウはバラ肉ノンロール。
結構厚みがあって、赤身と脂身とのバランスもほどほどに良いが、薄味。
スープとの相性は良いが、もうひとつ惹きが欲しいな。

総評
決して悪くはないんだが、無難過ぎるんだわねぇ。
印象に残りにくいラーメン。
隣の人が喰っていた灰色と言うか黒っぽい怖そうなラーメンが良さそうだった。
この店は変化球勝負か?
63点 680円。

IMG_0834醤魂 (6)

うまいもの居酒屋 【すっとこどっこい】石川町店 横浜市中区

久々に石川町駅ガード下の【すっとこどっこい】

白レバー。
IMG_0784すっとこ (1)
蒸しかな? 焼きじゃぁないでしょう。
調理方法がわからない。
とても柔らかく、かつジューシーに仕上がってます。
ゴマ油と塩で喰うのが好き。

マグロ赤身刺し。
IMG_0784すっとこ (2)
とても品の良い赤身です。
マグロは商品管理が難しいんだけどね、この店はちゃんと出来ているな。

ねぎチャーシュウ。
IMG_0784すっとこ (3)
このチャーシュウがうまかった。
低温調理のようです。
しかし、コレをラーメンに入れても良いラーメンには成らないような気がする。

焼きナス。
IMG_0784すっとこ (4)
秋ナスはウマイね。
生姜タップリで喰うのがスキ。

カキフライ。
IMG_0784すっとこ (5)
今年の牡蠣は良い出来なのかな?
そろそろ生牡蠣が喰いたいな。

マグロユッケ。
IMG_0784すっとこ (6)
この店では必ず喰います。
ゴマ油が効いたタレがイイな。

御馳走様でした。
また来ます。

麺家【いろは】ビナウォーク店 神奈川県海老名市

映画を観に海老名へ行きました。
その映画については触れません、失望する内容だったので。

昼食はビナウォークの富山ブラック 【いろは】にします。
久し振りだなぁ、なんと6年振りです。

〔富山ブラックらーめん〕 780円。
IMG_0781いろは (1)
しばらく来ないウチに商品名が変わりましたね。
前回訪問時には〔黒らーめん〕だった。
“富山ブラック”と言う言葉が、だいぶ一般に浸透してきたので、そちらに乗り換えたのかな。

相変わらずの真っ黒いスープですが、見た目よりもマイルドな醤油味であることは皆さんご存知でしょう。
むしろ熟成醤油の持つ甘味すら感じます。
ただこの店の初期に感じられた蕎麦つゆっぽさは、だいぶ薄らいでいるようです。
私は蕎麦つゆ寄りでも、まったくオーケイなんだけどもね。

麺は細縮れで、スープに染まって黒くなって上がってきます。
やや固めで好みの茹で加減。

チャーシュウは肩ロースでしょうか?
フチが黒く染まり、味付けも濃い目。

こちら〔ミニチャーシュウ丼〕
IMG_0781いろは (2)
Ayaには嬉しいマヨネーズ多め。
甘いタレと、チャーシュウの濃い目の味付けが良いコントラスト。

近いウチにまた注目の映画があるので、またビナウォークに来ることになりそうです。
その時は寄るかも知れない。
御馳走様でした。

初訪 らーめん 【忍者】 東京都千代田区

アキバをブラブラ。
今日はJR駅東側を探索してみます。

そしたら「忍者」と名乗る店を発見。
私と同業か!?
イヤ、ラーメン屋さんです。
しかも私の好きな二郎系らしい。
即決入店。

基本と思われる〔らーめん〕 730円そ発注して待つこと7~8分。
登場したのがコチラ。
IMG_0763忍者 (4)

山の高さはこれくらい。
IMG_0763忍者 (5)

チャーシュウは1センチ以上の厚みのある肩ロースが二枚。
IMG_0763忍者 (6)

天地返し&麺リフト。
IMG_0763忍者 (7)

スープはかなりアブラギッシュで、大粒の背脂も多め。
動物系ダシ風味は強力に訴え、醤油ダレはキリリと効いている。
二郎系にしては、甘過ぎない点も私の好みに合っているな。

麺は札幌製麺製の極太で強い縮れを持ち、色黒。
かなり固めの茹で加減で、重量級スープに十分対抗しうる力を持っている。
アゴの鍛錬には最適だわね。
麺量は300g近くあるかな。

チャーシュウは肉質がしっかりしてるが、赤身はホロホロと崩れ、喰いやすいな。
味付けは濃いめで、これまた強い訴求力があるね。

野菜はモヤシ2:8キャベツくらいの比率かな。
デフォでもかなり多め。

総評
二郎度9.5というトコロか。
偶然での出会いだが、かなり満足度の高い二郎系です。
73点。

IMG_0763忍者 (9)

帰ってきた 〔カップヌードル 謎肉祭り W〕 日清食品

ほぼ一年前のことでしたか、2016年9月12日、45周年記念と銘打った〔カップヌードルビッグ 謎肉祭 肉盛りペッパーしょうゆ〕
が発売されたのは。
謎肉の量が通常の10倍ということで、盛り上がりましたねぇ。

しかし、私は前回喰い逃してるんです。
どうにもタイミングが合わなくて、そうこうするうちに店頭から見えない状態になってしまいました。
今回は逃すまじと、コンビニで見付けて即買い。

早速作ってみました。
IMG_0758謎肉 (1)
「帰ってきた」の部分、この字体は「帰ってきたウルトラマン」と一緒?
私らの世代には、とてもなじめるなぁ。

IMG_0758謎肉 (2)
麺はおなじみの、平打ちぴらぴらカップヌードル麺。

スープの味わいは、基本のカップヌードルに胡椒をかなり効かせて、更に謎肉から出るダシが動物系のダシを増進しているカンジです。

IMG_0758謎肉 (3)
そして白い謎肉。

IMG_0758謎肉 (4)
黒い(茶褐色)謎肉。

謎肉の正式名は「ダイスミンチ」と言うそうです。
最近、謎肉の“謎”の部分がついに日清食品より明かされましたね。

日清食品談
「豚肉と大豆、野菜由来の成分を混ぜ合わせてフリーズドライしてます」

とのこと。

「ダイスミンチ」はダイズミンチでもあったというコトですか(笑)

見付けたら、また喰ってみます。
御馳走様でした。

初訪 帯広豚丼・らーめん 【風林火山】神田本店 東京都千代田区

神田をブラブラしていたら帯広豚丼押しの店を見つけた。
しかし、よく見るとラーメン屋のようだ。
豚丼に興味はあるけど、ラーメンをやっているなら勿論ラーメン喰いますよ。

しかしナゼ【風林火山】?
しかも「火山」の文字は小さめで、初めは「風林」と言う店名かと思った。
私は武田信玄のファンだけど、帯広豚丼とラーメンの店にふさわしいとは思えないよなぁ。
オウナーさんが武田信玄ファンなのか!?
あるいは孫子をリスペクト?

ココはひとつ「ま、いっか」スピリッツに身を委ねてみるよ。

基本と思われる〔元味らーめん〕 700円を発注。待ち時間6~7分後に到着しました。
IMG_0752風林 (2)

白濁したスープはクリーミーかつマイルド。
旭川の【山頭火】の影響が感じられるけど、九州ラーメンに近似する部分もあるような。
ちょっとした粘性も持っているから鶏白湯、特にモミジ(鶏の足)から出るコラーゲン成分かもしれない。
若干、味噌のようなクセもあって独自の味わいだな。

スープ表面に浮く油は、焦がしニンニク油のよう。
この点も、マー油を想起してしまう一因となっているみたい。

IMG_0752風林 (4)
麺は、色白の細め縮れ。
どうも私は、北海道のラーメンと言うと真っ黄色な麺をイメージしてしまうけど、こんなやり方もアリか。
やや固めの茹で加減は好み。
製麺所はわかりません。

IMG_0752風林 (3)
チャーシュウは豚バラ肉の炙りノンロール。
特に強いアピールは無く、炙りの効果が出ていないの?
メンマは発酵臭にちょっとクセがあり、好みが分かれるかな。
他に、白髪ネギと刻みネギ。

総評
いろんなラーメンの良いトコ取りみたいで、あんまり北海道らしさは無いか。
でもまぁ、個性的な部分も見え隠れするので、私としてはオッケイ範囲内ですわ。
68点。

ちょっと資本の香りを感じたので、後で調べてみたら関西の食品会社「アストジャパン」の東京初進出のラーメン店らしいです。

IMG_0752風林 (5)

味噌らーめん専門店 麺や【山道】 横浜市南区

この日は、行列で何度もあきらめていた南太田の味噌ラーメン屋に、何度目かのトライ。

だが着いてみたら休みでした (´;ω;`)ウゥゥ
ここしばらく放置していて、ようやくその気になったのに。
やはり縁のない店と言うのは、とことん縁の無いモノですなぁ。

さて、アタマはもう味噌ラーメンモードですから、代替店を脳内検索。
日ノ出町の【楓】はこの時間(11:45)から向かうと、到着時は昼真っただ中で混んでます。
きっとすいている(失礼!)南区睦町の【山道】にします。

予想通り私の到着時先客さん無し。
喰いますモノは勿論基本の〔みそらーめん〕 700円。
IMG_0745山道 (2)
ぶ厚いロールタイプのチャーシュウ、一個分の味玉に大判の海苔二枚、たっぷりのささがきネギ。
価格の割りに良い“顔”ですね。

スープは重量感のある味噌味。
赤味噌中心のブレンドでしょうか、やや甘めの味わい。
札幌製麺製の麺は、縮れは弱いがシッカリとした歯応えで、スープの力に対抗できる。

カウンターの高台上には前回は無かったサービスのキムチ。
IMG_0745山道 (1)

半分ほど喰い進んだところで投入。初めから入れちゃうと味が変わっちゃうからね。
IMG_0745山道 (5)
かなり酸味の強いキムチです。
やはり、スープの味が変わります。
これは、ライスに乗せた方がイイですかね。

CPの高い味噌ラーメン屋さんです。
また来ます。
御馳走様でした。

手作り生ハンバーグ屋さん 【FireBurg】関内店 横浜市中区

格安な価格でハンバーグが頂ける店 【FireBurg】関内店に行きました。

〔ハンバーグセット〕 580円。
IMG_0727fireburg (1)
その日に作った手作りハンバーグをその日に売り切ると言う方針。
冷凍ではない生の肉の新鮮さを感じられる・・・・・かな?
私の馬鹿舌では、そんなコトまでわからない、と言うのが本音ですわ(笑)

IMG_0727fireburg (2)

でも、イヤシイ系の人間である私を満足させてくれる「おかわり一杯は盛り放題」
と言うシステムは有難いですね。
そこで、「日本昔話盛り」
には、しませんでした。
そんなにバカ喰い出来る歳ではない(激笑)

御馳走様でした。
また来ます。

めん処 【一ぷく】橋本店 神奈川県相模原市

高校球児の夏はとっくに終わったが、私の夏はまだまだ続く(2月から11月までが私にとって夏です)
この日は朝から晴れて気温が上がる予想。
朝のうちにシッカリ喰っておきます。

JR横浜線 橋本駅密着の駅ソバ屋さん【一ぷく】でカレーライスとミニそば(冷やし)のセット 550円。
IMG_0841.jpg
かなり手ブレにて失礼。

カレーはレトルトっぽいなぁ。
御飯がところどころダマになってるし。

蕎麦は、茹で置きは当たり前だけど、短くちぎれているものが多い。
蕎麦つゆは、カツオだしに加えてサバ節なども使っているのかな?
かすかな酸味があります。

まぁ、価格を考えれば妥当な線?
御馳走様でした。

新店情報

豚骨拉麺酒場 【福の軒】関内ベイスターズ通り店 横浜市中区

IMG_0830福の軒

【福の軒】が勢いづいてますねぇ。
馬車道に続いてベイスターズ通りにも出来ました。
〔豚骨ラーメン〕 480円。
10月5日11:00オープン。


元祖横浜ワンタン本舗 【港軒】 横浜市中区

IMG_0831港屋

海老ラーメン【海老秀】の業態変更です。
コチラは、いつオープンかわからない。
でも近いでしょうね。
【賢記】に続いて、ワンタンをウリにする店が、このあたりに二軒と成りました。

10月10日追記:経営元も変わったようですね。長野のボンドオブハーツですか。

【せい家】阿佐ヶ谷店 東京都杉並区

世田谷区経堂に本店が在る【せい家】
家系のラーメンを500円で提供し続けています。
都内を中心に多店舗展開していて、私の通常活動圏では子安にあったんだけど、2000年3月に閉店。
一年くらいしかもたなかった。

んなワケで17年振りの【せい家】は阿佐ヶ谷店。
基本の〔ラーメン〕
IMG_0736せい家阿佐ヶ谷 (2)

IMG_0736せい家阿佐ヶ谷 (4)

IMG_0736せい家阿佐ヶ谷 (3)

動物系のダシが効き、チー油の香りもまずまず。
太くて短めの麺は、やや固めに茹で上げられ、小麦粉の香りも感じられます。
チャーシュウは肩ロースかな、ややショッパイ。
ほうれん草はクタリ気味。
海苔はパリパリで良いね。

多少の弱さはあるものの、家系ラーメンの要点はちゃんと押さえていますね。
御馳走様でした。

IMG_0736せい家阿佐ヶ谷 (1)

天丼・天ぷら定食 【﹅松】伊勢佐木町店 横浜市中区

以前紹介した【﹅松】ですが、本日早朝通りかかるとオープンしてました。
IMG_0800・松 (1)
9月30日に開店したようです。

IMG_0804・松 (5)
オープン記念で〔天丼弁当〕がテイクアウトだと390円とのこと(通常価格 490円)

早速買って帰りました。
IMG_0804・松 (6)
箸と丼つゆ付き。
イートインの場合これに味噌汁が付きます。
箸袋は店名も何も無しの無地、ここら辺で経費削減→低価格化を図っているんですかね。

IMG_0804・松 (7)
内容は、エビ、鶏ささみ、ナス、ピーマン、玉ネギの5品。

自転車で10数分の道のりにもかかわらず、天ぷらはカラリと揚がっており、油くささもありません。
丼つゆは、かなり甘めです。
私は、もう少し甘さを抑えたほうが好みなんですけど・・・・・
まぁ、ゼイタクは言えません。

【てんや】よりも10円安い価格で勝負に出た松屋フーズの新業態 【﹅松】
24時間営業ですが、この営業時間がいつまで続くかな(失礼)

御馳走様でした。

【丸源】三ツ境店 横浜市瀬谷区

この二週間はイベント続きでくたびれました。

BBQの翌日は疲れたカラダの回復に
「肉が喰いたい」とAya。
彼女は主催者なので、ほぼ何も喰えずに動き回ってましたからね。
私は、焼きながら結構つまみ喰いしてましたが。

んなワケで、肉の多いラーメンを喰いに【丸源】三ツ境店へ。

〔肉そば〕肉ダブル 800円。
IMG_0731丸源 (1)
いつもながらの甘ショッパいスープに、細麺。
茹でた豚肉は倍量になっているハズですが、そう感じないトコロがこのラーメンの特徴!?

コチラAyaの〔醤油とんこつチャーシュー〕 900円。
IMG_0731丸源 (2)

IMG_0731丸源 (4)
このチャーシュウの方が肉々しさが有って良いな。

それから、スープには豚骨の骨っぽいダシ風味が良く出ています。
次回は私もこのスープのラーメンを喰ってみよう。

御馳走様でした。
また来ます。

BBQ

毎年恒例、秋の「Cat’s BBQ大会」です。

「かんぱ~い!」
IMG_0774 BBQ (1)

私は焼き方を務めました。
スリーゾーンファイヤー。
IMG_0774 BBQ (2)
ドデカイ肉の塊。
牛あり豚の骨付きあり。

秋野菜やサンマもあります。
しかし今年のサンマは、やはり魚体が小さくほっそりして肩の盛り上がりも少なく、それでいて高値。
味の方は、まぁウマイんですけどね。

他に焼きソバや、味噌付け焼き五平餅も好評でしたが、私が最も気に入ったのがコレ。
マグロの尾の身です。
IMG_0774 BBQ (6)
長径20数センチ、厚み4センチほど。
重さは1kg近くあるでしょうか。

シンプルに塩コショウのみで味付け。
IMG_0774 BBQ (7)
皮の付近には脂がのり、骨の近くは締まった肉の食感です。
この一片だけでも結構腹に応えます。

いやぁ~、喰った酔った。
御馳走様でした。

さて、10月は「ハロウィンの仮装パーティ」を予定してます。
今後とも【Cat’s】をヨロシクお願いします。

居酒屋 【のんだくれ亭】 横浜市旭区

マグロユッケ。
IMG_0688のんだくれ (1)
甘ショッパのタレと卵黄が混ざり、ねっとりとした味わいに、ネギの辛味がいいね。

豚バラ玉ネギ。
IMG_0688のんだくれ (6)
玉ネギが挟まると、また違った味わいになります。

ぼんじり。
IMG_0688のんだくれ (5)
鶏のお尻の肉です。
アブラたっぷり。

豚軟骨。
IMG_0688のんだくれ (7)
サービスで出していただきました。
鶏軟骨よりも、はるかに固く噛み応え十分。
残っている肉もウマイ。
だが、どこの部位かわからない。
食道軟骨なら、豚の場合もっと大きいと思うんですけど。

焼きおにぎり。
IMG_0688のんだくれ (8)
これがデカイんだ!
腹一杯に成りました。

御馳走様でした。

ラーメン・串カツ 【あんから】 横浜市南区

6月以来の【あんから】に行ってきました。
そしたらね、値上げしてた。

〔あんからラーメン〕 750円。
IMG_0719あんから (1)

IMG_0719あんから (3)

IMG_0719あんから (2)

価格の変遷
790円→720円→700円→750円。
関内時代から短い期間で価格変更を繰り返してきたけど、こう言う落ち着かない状況は良くないなぁ。

ラーメンの方は良いです。
ちょいピリ辛のスープは粘性が高く、食べるような感触。
細切りの豚肉と、シャキシャキのネギがイイね。

細めのやや縮れ麺は、餡をまとって上がって来るからツヤツヤ。
少し固めの茹で加減も好感。

でもね、結構早めに餡がチャパチャパに成っちゃうんですよ。
ソコだけが少し残念。

御馳走様でした。
また来ます。

再訪 北海道らーめん 【楓】日ノ出町店 横浜市中区

KQ日ノ出町駅前の【楓】を再訪しました。

今回のターゲットはコレ。
〔醤油らーめん〕 650円。
IMG_0715楓醤油 (1)
茶濁したスープからは、ほんのりと節物系が香る。
一口飲んでみると、カドの取れた醤油味が広がる。
かなり熱々であり、動物系と魚介系を合わせたスープにラードの油膜を張る北海道ラーメンによくある手法ですかね。

絵ヅラは違うけど、室蘭出身のオカミさんが作る町田の【雷文】を想起しました。

IMG_0715楓醤油 (3)
麺は〔味噌らーめん〕と同じものと思われます。
シッカリしたコシを持つ太め縮れで、札幌 さがみ屋製麺製。

IMG_0715楓醤油 (2)
チャーシュウは肩ロースでペラい。
メンマはサックリした甘目。
大判の海苔と輪切りネギ。
小量のモヤシ。
以上は味噌ラーメンと同じですね。

価格的には今の基準で見ると安いね。
その割りにパフォ―マンスは上々だと思います。

御馳走様でした。
また来ます。

再訪 背脂らーめん 【宮本】取手店 茨城県取手市

取手市内の国道6号沿いにある朝ラーも出来る店【宮本】
今回はプラス260円でミニ丼と餃子が付くセットにしてみました。

IMG_0584宮本 (1)
醤油味ですが、やや色が赤っぽい。

IMG_0584宮本 (2)
ミニ丼は日替わりです。
本日はチャーシュウ丼。

IMG_0584宮本 (5)
餃子は三個ですが、一個喰っちゃってから撮影(笑)
しかし、卓上に醤油が無いんですよ。
皿に添えられた柚子胡椒だけで喰いました。

ミニ丼は量も多くてイイんですけどねぇ、肝心のラーメンはやはり、どこか中途半端な印象。
もう少しお下品さが欲しいな。

御馳走様でした。

初訪 【にんたまラーメン】取手店 茨城県取手市

【にんたまラーメン】は、取手市に在る 株式会社「ゆにろーず」が多店舗展開するチェーン店。
その本部御膝元である取手店に行ってきましたよ。
「にんたま」とは、にんにくたまごのコトだそうです。

24時間営業です。
駐車場広いです。
店内にはゲーム機、スロットマシン、ガチャポンなどあります。
私にとっては、かなり珍しい方針で押す店のようです。

券売機で食券を購入すると厨房に通達される仕組みでしょうか。
食券を持ったままテーブルに着きます。
このテーブルが昭和の雰囲気を持つ長テーブル。
イスもチープで、どこか懐かしい。

漫画本もどっさりあります。
しかし私としては漫画は難しいため、待つあいだ新聞を読んでました。

5~6分で食券の番号が呼ばれ、受け取りカウンターに向かいます。
喰いましたものがコレ。
IMG_0702にんたま (4)
〔にんたま醤油 チャーハンセット〕 860円。

IMG_0702にんたま (5)
「にんにくたまごのラーメン」のはずですが、ほとんどニンニクの風味は感じられません。
鶏ガラ中心のダシでしょう、強い主張は無く、醤油ダレもやわらかいな。

背脂のように見えるのが揚げニンニクだそう。
でも言われなければ、私の馬鹿舌ではわからないわな。

玉子は半割りで一個分入ってます。
ココはいつわり無し(笑)

IMG_0702にんたま (7)
自社工場製の麺は細縮れ。
適度な弾力を持ち、好み。
元々製麺業だったらしいです。

IMG_0702にんたま (6)
チャーシュウは、薄いバラ肉ノンロール。
強い味付けはありません。
海苔はクチャりやすいな。
他に、細ネギ小口切りと、少量のモヤシ、先述のゆで卵。

半チャーハンは、ところどころ白い部分があって良く混ざってませんね。
これでは低評価にならずを得ない。

総評
アミューズメントラーメン食堂と言ったカンジか。
利便性は高いが、品質はもうひとつ。
63点。

IMG_0702にんたま (1)

【ぶた麺】 横浜市神奈川区

IMG_0696ぶた麺 (1)

IMG_0696ぶた麺 (2)

IMG_0696ぶた麺 (3)

IMG_0696ぶた麺 (4)

久し振りに神奈川区の【ぶた麺】に行ってきました。

喰いましたものは、御飯が付いて基本のラーメンよりも安い〔ランチセット〕 700円。
え~、観ている人は今、頭からハテナマークを何個か放出しているトコロでしょう。
私も、どういうことかわからないんですけどね、このシステム。
ただ、このセットで出てくるラーメンは「野菜増し」とか「ニンニク増し」などのアレンジが出来ないというコトになっています。

ほぼ一年振りでしたが、納豆御飯と合わせて腹一杯になりました(←当たり前だろ)
御馳走様でした。

IMG_0696ぶた麺 (5)

「Cat’s LIVE2017」 無事終了しました

出演者の皆様、お疲れ様でした。
御来場いただいたお客様、どうもありがとうございました。

収録した動画は、今月30日の「Cat’s BBQ大会」で上映する予定です。
コチラもよろしく。

今年もやります 「Cat’s LIVE2017」

Cat’s LIVE2017 J

9月23日土曜日、伊勢佐木町 「CROSS・STREET」にて13:00開演。
チケットは1000円、【Cat’s】にて販売しております。
当日の会場売りもあり。
会場にてドリンク販売もあり。

今年は初出演の「NATSUKI」ちゃん、「地球防衛軍」、「KEEP GOING」に加え、おなじみ「ラテルミン」、ロックンロールの「THE HODGES」など盛りだくさん。
ホストバンド「Drunk Cat’s」もモチロン演奏します。

みんな、来てね。

追記:「NATSUKI」ちゃんは、都合により出演できなくなりました。

いろいろ情報

天丼・天ぷら 【﹅松】 横浜市中区

以前お知らせした伊勢佐木モールに出来た天丼・天ぷらの店【﹅松】
【松屋】のグループ店ですが、工事は終わっているのになかなかオープンしませんでした。
タマタマ前を通りかかると、再工事していました。
IMG_0713、松 (1)
何か不都合があったのですかね。

IMG_0713、松 (2)
今度は「10月初旬オープン予定」とハッキリ告知されておりました。
と言っても、更に遅れるコトはよくありますからね。


新店??? めん・どんぶり 【ぴょん吉亭】 横浜市南区

IMG_0718ぴょん吉亭

ココは【西遊記】という人気の中華料理屋さんがあったトコロです。
広く地元の方々に支持されて、昼時には行列になるコトもあるくらいに繁盛してたんですけど、閉店しちゃったんですかね。

調べてみたら、どうやら看板の架け替えのようです。
御主人夫妻は【西遊記】の頃のお二人。
7月ごろに新店名でオープンし、メニューも一部変更されたようです。
それにしても“ぴょん吉”はどうかと・・・・・他に無かったの?
大きなお世話か。

【西遊記】時代の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-2044.html


【〇勝】(MARUKATSU) 横浜市南区

コレも以前お知らせした店です。
いつまでたっても営業している気配がありません。

夜のみなのかと思って行ってみたが、やはりシャッターは閉まってました。
IMG_0722〇勝

どうなっているのでしょう?
誰か情報をお持ちの方、いらっしゃいますか?