FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

横浜家系らーめん 【八家】六角家姉妹店 横浜市保土ヶ谷区

久し振りに和田町の【八家】に行ってみました。
そしたら店の前に、こんな貼り紙。
KIMG0068 大ちゃん (4)
『えっ、大ちゃん!?、あの大ちゃん!??』

私が新杉田に勤務していた7年間、通い続けた【吉村家】で、吉村実オヤジの片腕的な存在として店を回していた 通称「大ちゃん」 本名 庭山哲氏。
その後、【吉村家】を離れ 1996年4月、 自身の店【大ちゃん】を大和市上草柳に出した時には「東ラ研」遊撃隊長の M と駆け付け、お祝いを申し上げました。
店舗は、現在の【うまいヨゆうちゃんラーメン】のあるトコロだったハズです。

【大ちゃん】をたたんでからは、【六角家】船橋店に招かれ(?)勤務しておられました。
丁度私はその頃、千葉での仕事が多く、二回ほど行って実食しました。
その時の大ちゃんは
『ずいぶん痩せてしまったなぁ』
という印象でしたが、とても元気な声は以前と変わりなく、安心したものです。

さて、そんな大ちゃんがこの【八家】の主人だったとは全く気付かなかったなぁ。
初訪問時、再訪時に高齢の方が居るのはわかったんですよ。
それが大ちゃんだったとはねぇ。

んで今回、そんなことが判ってから、あらためてよく見ると風貌は船橋【六角家】時代よりも更に痩せちゃったみたい。
でも声は、あの元気な大ちゃんそのものです。
かなりウレシイ!


KIMG0068 大ちゃん (1)

KIMG0068 大ちゃん (3)

KIMG0068 大ちゃん (2)

さて、肝心のラーメンですが、現在は割りとアッサリめの家系味です。
私が好きだった頃の【介一家】山手に近いでしょうか。
高乳化度の茶濁タイプではなく、半透明と言ったカンジのスープです。

油分は多いけど、シツコクはありません。
醤油ダレもスッキリした感触で、飲みやすいな。

御馳走様でした。
また来ます。

東池袋【大勝軒】横濱西口店 横浜市西区

暑い日なので、つけめん喰いました。
トコロは横浜駅の西口、南幸の【大勝軒】

だんがぁ、写真がこんなに成っちゃいました。
KIMG0065 大勝軒

デジ亀の調子が悪いので携帯(ガラケー)のカメラで撮ったんだが、激しくピン甘。
光量不足のため、ピントを合わせるのに時間がかかり、フライングシャッターだとこうなるよう。
だが、もっと暗い所でも大丈夫な場合もあるし、このガラケーカメラ、今一つクセがつかめない。

こうなると、今は退役している先代のデジ亀に現場復帰を命じることに成るかな。

あっ、つけめんの方は、いつもと変わらぬオイシサでしたよ。
御馳走様でした。

【日の出らーめん】 横浜市中区

この日は朝から雨。
「雨の日2倍スタンプ」を活用すべく、【日の出らーめん】へ。

喰いましたものは、この店の一番のウリである〔剛つけめん〕 820円。
IMG_2990 日の出 (1)

麺はおなじみの「うどん麺」
IMG_2990 日の出 (3)
ウドンではありません、ウドン並みの太さと言うコトです。
いま、私の知る限りでは神奈川・東京で一番太い中華麺を出すのは、この店ではないかと思います。

つけ汁の中には、ゴロゴロのチャーシュウ。
IMG_2990 日の出 (2)

さて、この店は卓上に IH ヒーターが置かれているのは皆さん御存知だと思います。
つけめんと言うのは、どうしても喰っているうちに、つけ汁が冷めてくる。
いつまでも熱々のままのつけ汁で喰いたい。
と言う方の要望に応えるべく、 IH ヒーターで温め直すことが出来るワケです。
んで、今回初めて私も IH ヒーターを使ってみました。

そしたら・・・・・
つけ汁の碗が熱くて持てない。
私は、”レンゲ不用ドンブリおよびつけ汁碗持ち上げ喰い”
なので、碗が持てなくて、とても喰いづらかったです。

結論
私にとって、つけめんのつけ汁は冷めてもよい。

御馳走様でした。

IMG_2990 日の出 (4)

再訪 らー麺 【夢あかり】 東京都豊島区

「鳥居式らーめん塾」出身のこの店、初訪時にかなり気に入りました。
しかしその後、訪れる機会はなかなかやって来ず、6ヶ月以上たってからの再訪です。

喰いましたものは〔らー麺〕 730円。
IMG_2987 夢あかり (1)
ドンブリを持って顔に近づけると、まず感じられるのが魚系の香り。
カツオ節などの節モノ系が主体でしょうかね。
豚骨魚介ではありますが、割りとサラリとしたスープです。
動物系の油分も多いけど、シツコクならない点はイイな。

IMG_2987 夢あかり (3)
麺は中太で強い縮れネジレが付いています。
よって、スープの持ち上げが良く、やや固めの茹で加減も好みだな。

IMG_2987 夢あかり (2)
チャーシューは肩ロースで大判。
ほろっとした食感と、少し残した脂身の旨さが両立しているね。
メンマは少し「ゴリッ」としている。
小サイズの海苔はスープに溶けやすい。
ほかにナルト、青ネギ小口切り。

やっぱり、このラーメン好みです。
ウチの近くに欲しいなぁ。
御馳走様でした。

【丸源】三ツ境店 横浜市瀬谷区

久し振りに【丸源】
調べてみたら、一年半以上も行ってなかったんだ。

暑い季節になったんで、冷やし物を喰いました。
〔肉そばつけ麺〕 880円 期間限定。
IMG_2976.jpg
麺の上にはネギがいっぱい。
つけ汁の中には豚バラ肉がたっぷり。
豚好きの私達には、たまりませんねぇ。

麺は温ラーメンに使うものと一緒のようです。
IMG_2977.jpg
きっちりと冷やされていますから、強いコシが出ています。
ネギの爽やかな香りもイイねぇ。

つけ汁はラーメンのスープを元に、酸味と甘味を加えたものでしょう。
濃厚な豚のダシ感ではありますが、クドさが無く、そのままでも飲めそう。

コチラ、〔味玉肉そば〕 750円。
IMG_2975.jpg
当ブログには何度も登場していますので、詳しいことは省略。

暑い日でも、やっぱり熱いラーメンが喰いたくなるワタシ。
どういうコトなんだろ?
汗をダラダラ流しながら喰いました。

あっ、もちろん店内は冷房が入ってますよ。
でも、私にとって『冷房は常に効き不足、暖房は常に効き過ぎ』
天地創造以来最強!の暑がりですから(笑)

っうことで、今後は温ラーメンに加えて、冷やし物の記事も増えて行くと思いますが、どうぞヨロシク。

御馳走様でした。

新店・初訪 ラー麺 【ずんどう屋】大和中央林間店 神奈川県大和市

相模原鵜野森に続いて神奈川県では二店目となる【ずんどう屋】大和中央林間店に行ってきました。
2019年4月15日、オープン。

店は街道に面した大きな造りです。
新しいだけにキレイで清潔。

〔元味らーめん〕 741円(税抜き) 税金足すと800円、ちょいと高めですなぁ。
IMG_2962 ずんどう屋 (1)
乳化度の高い白っぽいスープですが、九州ラーメンのようなクサミは無い。
ややトロミもあり、甘味も感じられて飲みやすいな。

水と豚骨だけを使い作っているというスープですから、一部の九州ラーメンのスープに近い製法と言えます。
でも、やはり九州のラーメンとは違った表情となっている点が面白いですね。

自社工場製の麺は極細のほぼストレート。
IMG_2962 ずんどう屋 (2)
やや固めの茹で加減が好み。
ただ一部モツレていたのが残念だなぁ。

IMG_2962 ずんどう屋 (3)
チャーシュウは分厚くてジューシーなバラ肉二つ折りタイプ。
他には、小サイズの海苔と輪切りの青ネギだけ。
イサギヨイ。

〔冷し豚骨つけ麺〕 価格失念。
IMG_2962 ずんどう屋 (4)
う~ん、美しい仕上がりなんですが、見るからに麺が少ないですねぇ。

つけ汁は、基本のダシ汁の濃度を更に高め、甘味と若干の酸味を加えたモノのようです。
動物系の脂肪は取り除いてあるはずですから、コクやこってり感はどのようにして演出しているのでしょうかね?
興味深く観察してみましたが、私のようなバカ舌には分かるハズもないね(笑)

IMG_2962 ずんどう屋 (7)
麺は温ラーメンよりは少し太めですね。
冷水でよく締められ、噛み応えを感じます。
エッジの立った感触も好きだな。

やはり喰い足りなかったので、替え玉を頂きました。
IMG_2962 ずんどう屋 (8)

それから、私は御飯も頂きました。
サービスの高菜を乗せて喰ったらコレが良かった!

総評
九州ラーメンを基に開発されたラーメンだと思います。
だが、凝った店内の装飾などが商品価格に上乗せされているようにも思えます。
もう少し安かったら通いたいな。
70点。

IMG_2962 ずんどう屋 (9)

兵庫県l姫路市が発祥なんですか。
IMG_2962 ずんどう屋 (10)

超濃厚鶏白湯ラーメン専門店 【鶏ふじ】 横浜市中区

またまた半年振りのお店。
馬車道の【鶏ふじ】です。

喰いましたものはモチロン基本の〔鶏白湯ラーメン〕
IMG_2941 鶏ふじ (1)
クリーム色のスープに濃緑色のアオサがあざやかなコントラストを描いています。

スープの味わいは鶏クササがないのに、十分な鶏のウマミが出ています。
それでいて飲みやすいと言う絶妙なバランスの上に成り立っているんですわ。
このスープの調整には、かなりの腕前とセンスが必要でしょうね。

IMG_2941 鶏ふじ (4)
自家製の麺は、中太でやや縮れ。
長めにカットされています。

IMG_2941 鶏ふじ (3)
肩ロースと思われますが脂身が少ないチャーシュウ。
薄めの味付けですが、スープとの相性は良いんじゃないですか。

昼時サービスの雑炊セットはありがたいね。
御飯を投入した図。
IMG_2941 鶏ふじ (5)
暑い日々の中で、梅干しの酸味がウレシイ。

鶏白湯と言う分野は、今はもうすっかり定着してきたね。
でも、店による当たりハズレも大きい。
また、同じ店でも時間帯や作り手に変化も出やすいようです。

そんな中で、すっかり安定したこの店ですから、また来ます。
御馳走様でした。

再訪 成田【大勝軒】 千葉県成田市

およそ半年振りの成田【大勝軒】

初訪問時はつけめんを喰ったので、今回は温ラーメンにしました。
〔中華そば〕 750円。
IMG_2937 成田大勝軒 (1)
「こってり」と「あっさり」から選べるので「こってり」にしましたが、スープの見た目は【大勝軒】らしくないね。
魚介が効いたドロ系濃厚豚骨というカンジで、そこらによく在るこってりラーメンに近いなぁ。

麺は太目のほぼストレート。
IMG_2937 成田大勝軒 (3)
歯をはね返すような強い弾力がイイな。
大盛りまで同価格でサービスと言うので、中盛りにしてもらいましたが楽に喰える量です。
ということは、多くの成人男子だと「普通盛り」ではかなり物足りないのかなぁ?

チャーシュウはバラ肉ノンロールを四角く切ってあります。
IMG_2937 成田大勝軒 (2)
醤油の香り高く、良い味わいなんだけど存在感としては若干よわいか。

メンマは甘めでサックリしたもの。
半割り味玉は少しショッパイ。
海苔は小サイズ。
カイワレの辛味は良いアクセントになるね。
他に刻みネギ、ナルト。

頭を切り替えて考えれば、良いラーメンなんですけど・・・・・
次の機会があれば、「あっさり」タイプにしてみます。

御馳走様でした。

IMG_2937 成田大勝軒 (4)

台湾料理 【福味居】 埼玉県所沢市


定食に麺料理が付くと言うセットを注文。
〔鶏キクラゲ炒め定食+台湾ラーメン〕 680円(税抜き)
IMG_2850 風味居 (1)
税金を足しても734円で、この内容です。
都心部の高いラーメン一杯よりも安い!

台湾ラーメンのアップ。
IMG_2850 風味居 (2)
前回の台湾まぜそばはハズレだったけど、コチラはかなり好み。

鶏ガラ中心と思われるダシ風味がしっかり効いた醤油味のスープです。
ラー油による辛さは、ほどほどで私にはちょうど良い。

IMG_2850 風味居 (3)
麺は中太程度の太さで、強い縮れ・ネジレが付いています。

鶏肉黒胡椒炒め。
IMG_2850 風味居 (4)
ホントは鶏肉カシューナッツ炒めがイイんだけど、無いからこうなりました。
鶏肉多目で、醤油味。

御飯は三杯までおかわり可。
ランチタイムはドリンク一杯サービス。

安価でサービスも良いこの店、また利用させてもらいます。
御馳走様でした。

【メーギ・テントーチ】 横浜市中区

今年一月以来の【メーギ・テントーチ】

でもね、カメラが不調で、この生き残った写真もピン甘。
IMAG5736 メギテン
基本の〔タンタンメン〕

他にランチセットの〔ミニ台湾ライス〕とAyaの〔冷やしタンタンメン〕の写真は、なんだかヘンテコな具合に成っちゃってました。
早急に対策せねば!

〔タンタンメン〕の方は、変わらぬオイシサでございました。
御馳走様でした。

初訪 【ニューラーメンショップ 宝田】 千葉県成田市

前は畑。
IMG_2927 成田ラショ (5)

後ろは山。
IMG_2927 成田ラショ (6)

そんな中に、この【ニューラーメンショップ 宝田】はありました。
IMG_2927 成田ラショ (4)
少し前までは、建物の上にデカいテント看板があったんですけどね、今は交換のためか(?)取り外されてます。
んで、この【ニューラーメンショップ】、千葉でよく見かけるんですけど、【ラーメンショップ】から派生してるのはワカルんだが詳しいことは不明。

調べてみたら川崎の大島にもありました。
神奈川が本部と言う話も聞いたことがありますが・・・・・?

喰いましたものはモチロン基本のラーメン、だがこの日はとってもラーハリーへのため中盛り。
IMG_2927 成田ラショ (1)
チャーシュウの上にワカメ、メンマが積み上げてあります。
面白い盛り付けだなぁ。

さて、スープの味わいはと言うと、もう【ラーメンショップ】の“どスタンダード”と言えるもの。
豚骨・鶏ガラ中心と思われるライトなダシ風味に柔らかな醤油ダレ。
無数に浮く小さな背油が、まろやかさを与えてくれています。
少し感じるチープさもイイな。

麺は中細で、強い縮れが付いています。
IMG_2927 成田ラショ (3)
この店の立地から考えて、郊外の中華料理屋さんみたいに「ヤワ麺」かと思ったんだが、やや固めの茹で加減で好み。
製麺所は、もちろんグループが持つ工場でしょうね。

IMG_2927 成田ラショ (2)
チャーシュウは肩ロースで、4~5ミリの厚みがある。
醤油ダレが香る濃い目の味付けです。
メンマは、スジっぽいゴリゴリタイプですが、ゴマ油による風味付けがイイね。
他に、ワカメ、小サイズの海苔、輪切りネギ。

総評
ここ数年で、もっともラーメンショップらしいラーメンを喰った。
ショップ系が好きな方にはイイ店だと思います。
67点。

麺屋 【臥竜】 横浜市中区

毎度おなじみ、ローテイション店の【臥竜】です。

喰いましたものは、いつもの 中盛りニンニクあり その他は普通。
IMG_2911 臥竜 (3)

IMG_2911 臥竜 (5)

IMG_2911 臥竜 (6)

さて今回は新発見のお知らせです。
IMG_2911 臥竜 (1)
厨房内の従業員用手拭きタオルに「ネシしょうゆ」の文字が。
「カ」は隠れちゃってますけど、間違い無しだわね。

『醤油を変えたのかな?』
と、思ったのが三月頃、でもウラは取れませんでした。
あるいは以前からカネシで、私が気付かなかっただけかも知れませんけど。
そこらへんは、ダシの出来等によっても変わってきますからね。

一応、今回は報告と言うことで。
ついでに、久し振りに店舗写真掲載。
IMG_2911 臥竜 (7)

中華料理 【幸楽】 横浜市泉区

この日は日曜日でした。
東京都台東区から高座渋谷に移転してきたラーメン屋さんに行ったんですけど、なんと臨休。
IMG_2880 江武里
この地に来て、まだ日が浅いから模索中なのかな?
この先、日曜が定休になるかもしれませんね。


そこで、ほぼ一年振りに横浜市泉区の中華料理屋さん【幸楽】
そう「わたおに」の、あの店と同名です。

私は〔サンマーメン〕を単品で頂きました。
IMG_2882 幸楽 (1)

IMG_2882 幸楽 (3)

スープはやや甘味のある醤油味。
すっきりした甘さですから、野菜から出る自然なものでしょう。

固めの餡に包まれた野菜はシャッキリした炒め加減。
ですが、早めに喰わないと麺と共にダレて来るよ。
熱々だから難しいんですけどね。

コチラは、Ayaの頼んだ〔ラーメン+半カツ丼セット〕
IMG_2882 幸楽 (2)

ラーメンは素朴な昔味なんですけど、物足りなさは無いな。
ダシが良く取れているからだろうね。

カツ丼も玉子をちゃんと固めた昔スタイル。
豚肉もなかなかの厚みだし、甘めの割り下とのマッチングもイイね。

御馳走様でした。

再訪 【とらや】 横浜市南区

初訪問時、熱々のスープで好印象だった【とらや】
今回はAyaも連れて行ってきました。
Ayaが喰ったものは、前回私が喰った醤油味だったので省略。
私は今回塩味にしてみました。

待ち時間6分ほどで到着。
IMG_2873 とらや (1)
キレイに澄み切ったスープですねぇ。
ものすごい透明度、これは湯か? って思えるくらい。
ところが、味はシッカリしてるんです!
ダシもタレもね。

コレが函館流儀の塩ラーメンなのかな?
私は若い頃一度、函館に行ったことがあるんですが、その時はラーメンが喰えなかった。
んで、この先行くことは無いだろうと思うので、ワカランのですわ。

麺は醤油味の時と同じモノのようです。
IMG_2873 とらや (4)
中太程度の太さで、強い縮れ・ネジレが付いています。
そのため、スープの持ち上げがイイ。
やや固めの茹で加減も好み。
製麺所はいまだにワカラナイ。

チャーシュウも醤油味と同じモノでしょう。
IMG_2873 とらや (3)
低温調理に似た淡い色合いです。
肉の質感はちゃんと残り、私の好きなタイプだなぁ。

【ほうさく】の喪失以来、良い塩ラーメンを求めていた私。
この塩ラーメンならイケそうです。
価格は、今の御時勢ですからやむなしか。

御馳走様でした。

【ハングリーピッグ】 横浜市中区

【ハングリーピッグ】に行きました。

しばらく行かなかったら、50円値上げしてました。
IMG_2861 はんぐり (1)

この日はとても腹が減っていたので、同価格の中盛りにしましたよ。
IMG_2861 はんぐり (2)

山の高さはこれくらい。
IMG_2861 はんぐり (3)

ゴワゴワ食感の麺ですが、二郎本流に比べると若干細めですか。
IMG_2861 はんぐり (4)

チャーシュウはバラ肉で、厚みのあるモノが一枚。
IMG_2861 はんぐり (5)

スープの味わいは、甘味のあるコッテリ醤油味。
この甘味がね、他のインスパイアとはちょっと違うんですよ。
やはり、カネシ醤油の手柄なんでしょう。

御馳走様でした。

IMG_2861 はんぐり (6)

台湾料理 【福味居】 埼玉県所沢市

所沢市に居ました。
昼食は、台湾料理 【福味居】にします。

〔台湾まぜそばセット〕 680円(税抜き)
IMG_2847 福味居 (1)

IMG_2847 福味居 (2)

だけどねぇ、コレがハズレだった。
鶏唐揚げはデカくていいんですよ。
スープも、まぁまぁ。

しかし台湾まぜそばは、私の知っているモノとはだいぶ異なるなぁ。
台湾ミンチではなく、ただの肉味噌だわ。
辛味はタレのほうが受け持っているようなんですけど、どうも違う。
そしてなにより、量が少ない。
喰った感が無いんです。

同価格の定食類にしておけばよかった。

【とんぱた亭】三枚町店 横浜市神奈川区

久し振りに【とんぱた亭】三枚町店へ行きました。

ココは街道沿いのファミレスみたいな造りで、誰でも入りやすいね。
この日も八分の入りで、私たちは店中央の大テーブルに着きました。

喰いましたものはラーメンとマーボ豆腐&御飯のセット。
まずはラーメン到着。
IMG_2837 とんぱた (3)
乳化度高めの白っぽいスープは、御約束のとんぱたテイスト。
心地良いチー油の香りと、しっかりと訴えてくる動物系ダシの風味で、重量感アリアリです。
写真ではスープの表面が「ギラり」と光っていてクドそうに見えるけど、そんなコトはありません。
飲み口の良さも併せ持っている「バランス型のスープ」と言えるでしょうね。

醤油ダレもトガった部分は無く、マイルド。
女性や子供などにも安心の品質だわね。

麺は家系定番の太めやや縮れ。
デフォでも少し固く茹で上げられているので、ココでは「固め指定」はしたことがないな。

具のチャーシュウは肩ロース。
海苔、ホウレン草ともに、クタッとした茹で加減なのがちょっと残念。

付属品。
IMG_2837 とんぱた (4)

マーボー丼にして喰いました。
IMG_2837 とんぱた (6)

Ayaの付属品は半チャーハン。
IMG_2837 とんぱた (5)
ラーメン→チャーハンと来て紅生姜を喰うと、その酸っぱさ、辛さがすがすがしくてイイな。

久し振りの【とんぱた亭】でしたけど、安定したクオリティの高さですわ。
人気が高いのもうなずけるね。

御馳走様でした。

【壱六家】アソビル店 横浜市西区

この日は空気が澄んで、首都高から見るスカイツリーがキレイでした。
IMG_2823 空木

さて、仕事が終わってから横浜駅東口 アソビルの【壱六家】に行きました。
今度は基本の〔ラーメン〕を喰いましたよ。
ココの【壱六家】は、よくある白っぽいスープじゃないと聞いていたので、かなり興味がわいたのですよ。

発注より、5~6分で到着しました。
IMG_2824 壱六 (1)
なるほど、【吉村家】直系に近いような茶濁したスープですねぇ。
そして味わいもクリーミー系ではなく、かなり醤油のキレを感じるシャープなものです。
それでいて、家系の特徴はちゃんと押さえてあるので、私はとても好きなタイプです。

麺は、直系よりは少し細いやや縮れ。
IMG_2824 壱六 (3)
デフォでも少し固めの茹で加減がイイな。
【壱六家】といえば、長多屋製麺のハズです。

チャーシュウは肩ロースですかね。
IMG_2824 壱六 (2)
醤油ダレが香りますが、強い味付けではない。

ホウレン草はクッタリしていて、あまりよくないな。
大判の海苔は香りも良いし、スープにも溶けにくいよ。
他に、鶉の玉子と輪切りネギ。


私の記憶が確かなら(←料理の鉄人風、古くてワカラナイかなぁ)、磯子区森の【壱六家】本店が出来たばかりの頃は、この茶濁スープだったように思います。
白っぽくてクリーミーなスープに成っていったのは、急速に増殖を始めた頃だと思うんですよねぇ。
そうそう、今は無き【壱六家】関内店で喰った時、
『こんなだったかなぁ』と感じた覚えがあります。

まぁ、ラーメン屋が時代のニーズによって、あるいは流行(はやり)によって味を変えて行くことはよくあります。
私は、今のこのタイプが好きだなぁ。

御馳走様でした。

新店情報

早朝サイクリングで見つけました(ちなみに、本日はサイクリングの日)
IMG_2918 黄金 (1)
伊勢佐木モールの【ピアゴ】向かい側で新店工事中です。

内装工事は、まだまだの段階かな。
IMG_2918 黄金 (2)
開店予定日の告知なども、まだありません。

そして、この【黄金】と言う店名、藤沢の西福に在る【黄金】と関係ありや?
IMG_2918 黄金 (3)

調べてみました。
【黄金】藤沢2号店に行った時の記事です。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-3237.html
店舗軒看板の店名ロゴ・タイプが一緒です。
関連店であることは、ほぼ間違いないでしょう。

小田原の本店や藤沢2号店は、かなり広い店舗でしたが、この伊勢佐木モール店は小振りです。
本店や藤沢2号店同様の豊富なメニューが提供できるのかな?
期待して、待ちます。

再訪 餃子製造販売店 【いち五郎食堂】伊勢佐木町店 横浜市中区

朝のサイクリングで伊勢佐木町の【いち五郎食堂】の前を通ったら、こんなお知らせ。
IMG_2813 いち五郎 (1)
アサリを使ったらーめんは今月の始め頃に喰ったばかりだが、今が旬だし、も一回喰ってみるか。
んで、昼になって出直しました。

〔あさりラーメン〕 680円 期間限定。
IMG_2813 いち五郎 (4)
熱々のスープは当たり前だけど、あさりダシ。
元ダレは塩ですかね?
御存知のとおり、貝から出るダシはちょっとしたクセがあるものだけど、そこらへんは上手に抑えて、飲みやすいスープに成っています。

麺は中太の縮れで、長めにカットされている。
IMG_2813 いち五郎 (6)
ネジレも付いているから、あさりダシのスープを良く持ち上げるね。

大振りのあさりが15~16個入っています(ちゃんと数えたワケではないです)
IMG_2813 いち五郎 (5)

あさりがタップリでウレシイな。
このラーメンを喰ってたら、新橋の【魚がしそば】のあさりまぜそばが喰いたくなった。
このトコロ新橋には行く機会がなくて、喰えないのが残念だなぁ。

メニューは豊富で、価格は抑え目。
今後も、便利使いさせてもらいます。
御馳走様でした。

IMG_2813 いち五郎 (7)

【三田製麺所】桜木町店 横浜市中区

2018年9月27日、桜木町駅前に出来た【三田製麺所】桜木町店です。

【三田製麺所】は都内で何軒か喰っているので、今まで放置してました。
今回あまりにも暑いので、けめんが喰いたくなり、行ってみる気になった。

喰いましたモノは基本の〔つけ麺〕 760円。
IMG_2807 三田 (2)
並・中・大 同一料金です。
【三田製麺所】は並盛りだと、物足りなかった記憶があるので、中盛りでお願いしました。

まずは麺を少しすくい、下半身だけつけ汁につけて喰ってみる。
IMG_2807 三田 (3)
エッジの立った麺の冷たさと、つけ汁の熱さがコントラストを成し、オモロイイな。

つけ汁は、言わずと知れた豚骨魚介の濃厚なモノ。
田町店や有楽町店では、なんだかカレーのような喉の奥からの香りを感じたんだけど、この店では無いな。
タマタマのブレなのか?
店側としては、どちらが正しいのでしょうかねぇ?

つけ汁の中の角切りチャーシュウは、やや小振り。
他のつけ麺店では、三センチ角くらいのものが、タマに入っていたりするので、この点は少し残念だなぁ。
海苔に乗った魚粉は要らないんじゃないかな。

夏が嫌いな私は、これからつけめんや、冷やしラーメンを喰う機会が増えます。
偏った内容に成るかもしれないけど、どうか御勘弁を。

御馳走様でした。

IMG_2807 三田 (4)

麺処 【池田】 神奈川県横須賀市

川崎や横須賀に多い「北京系タンタンメン」が喰いたくなって行って来ましたよ。
二年ぶりだね。

〔坦坦麺〕 800円 と、+100円で半チャーハンがつくので、それをオーダー。

待ち時間8~9分で出来上がりました。
IMG_2782池田 (2)
辛さは5辛です。
スープは、真っ赤。

小田原の「四川タンタンメン」に煮ているけど、ちょっと違う。
川崎の中華料理屋さん【北京】が大元ではないかと私は認識しています。

豚骨・鶏ガラを中心としたダシに各種辛味調味料と、醤油ダレで味付けしたものだと思います。
今回、私は辛さを5辛にしました。
それで、やっと辛いと感じられるようになった。

麺も赤く染まり上がってくる。
IMG_2782池田 (3)
まるで、スパゲッテイ・ナポリタンみたいだなぁ。

チャーハンは浅い焼き加減で、味付けも薄めだが、私にはちょうど良いな。
IMG_2782池田 (1)


Ayaは1辛で頼んでいたけど、ソレだとほぼ辛さは無いね。
そのかわり、ちゃんと鶏ガラや豚骨のダシ風味を感じられる。
やはりオイシク頂くには、あまり辛過ぎるのは考え物だと言うことですね。


久し振りに「北京タンタンメン」を堪能出来ました。
御馳走様でした。

IMG_2782池田 (4)

初訪 ちゃーしゅうや【武蔵】相模大店 神奈川県相模原市

2018年3月2日、相模大野駅近くの商業施設「ボーノ相模大野」内に出来た店。
新潟県に多い「からし味噌ラーメン」と言うのを提供していると言うので興味がわき、行ってみました。
なお、この店は長野県上田市にある資本が経営しています。

卓上のメニュー。
IMG_2796 ちゃぁしゅう屋武蔵 (1)
「ちゃーしゅうや」と言うだけあって、味噌味も醤油味もチャーシュウメンが一番上に来ていますね。

しかし私は基本である〔からし味噌らーめん〕を、Ayaは〔特製醤油らーめん〕を味玉付きで発注。
口頭注文制です。

待ち時間6~7分で到着しました。
IMG_2796 ちゃぁしゅう屋武蔵 (3)
山のてっぺんに乗っているからし味噌を、少しづつ溶いて喰うようです。

まずは、そのまま頂きます。
元ダレが白味噌中心のブレンドなのかな?
かなり甘めの味噌味ですね。
動物系ダシの主張はそれほど無く、オトナシイ印象。

次に、辛し味噌を少量溶いてみる。
『う~ん、変わらん』

半分溶いてみる。
『少しピり辛感が出てきた』
このくらいで、一応のOKを出し、喰い進む。

最後に全部溶いてみて、スープを味わうと、ちょっと凶暴な表情になる。
だが、麺が無くなった。

そうです、この幅広平打ちの麺が少ないなぁ。
IMG_2796 ちゃぁしゅう屋武蔵 (5)
大袈裟に言うと、三回箸を運んだら無くなった、という印象。

麺自体は、弾力もあり喉越しもイイんだけどねぇ・・・・・

チャーシュウは、肩ロースかなぁ? ちょっとわからない。
IMG_2796 ちゃぁしゅう屋武蔵 (4)
甘めの味付けですが、肉の繊維感もあり噛み応えも十分です。
けど、【ちゃーしゅうや】と名乗っている以上、過度に期待してしまうからねぇ。
期待からは、ちょっとハズレているか。

メンマは幅広の水煮タイプで平凡。
モヤシは多過ぎず、私としてはこのくらいでよい。
他に、青海苔、刻みネギ。

コチラAyaの〔特製醤油らーめん〕を味玉付き。
IMG_2796 ちゃぁしゅう屋武蔵 (6)
何だかワカラナイけど、喉越しの後に独特な香りが戻ってくるスープだ。
だが、それほど強いクセではないな。

総評
悪くは無いんだけど、とりたてて良くもない。
なにより、「喰った感」が乏しいのが残念。
64点。

IMG_2796 ちゃぁしゅう屋武蔵 (7)

初訪 旨辛ラーメン 【やみつき家】 神奈川県座間市

もうね、ありきたりのラーメンじゃないモノが喰いたくなりました。
んで探していたら、ちょっと変わった「顔」を持つラーメンを見つけたんですよ。

ネット情報によると、どうやら隣の焼き鳥屋さんがラーメン部門を独立させた店らしい。
以前は「麺屋 さがみ」と名乗っていたようだね。
2018年10月1日にリニューアル・オープンして、現在の店になったよう。

早速行ってみた。

店前の写真付メニュー。
IMG_2765 やみつき (1)

「食べるな危険」はさすがに止めまして、基本と思われる〔やみつき〕 700円を発注。
今まで喰ってきた辛味ラーメンは、「中辛」とか「普通」だと、ほぼ辛くないので「大辛」にしました。

待つこと8分ほどで出来上がりました。
IMG_2765 やみつき (2)
う~ん、予想はしていたけど 
真っ赤なスープです。
表面に浮いているのはラー油?
多目の豚肉が無ければ、「勝浦タンタンメン」との類似性もあるね。

早速、スープをひとすすり。
『う~ん、なかなか辛いぞ!』

鶏ガラと豚骨と思われるダシ風味は、それほど強いものではない。
ラー油のような辛味オイルは、唐辛子の辛味がシャープですが、シツコくはないね。

元ダレは醤油ですかね。
過不足なく効いて、良い塩梅。

麺は太麺と細麺から選べます。
IMG_2765 やみつき (4)
私は太麺を選択。
強く縮れているので、辛いスープを良く持ち上げます。
唐辛子の細片も張り付いているね。

麺線にふさわしい弾力を持ち、カットは長め。
量は標準的ですね。
製麺所はわからない。

茹でた豚肉が多目。
IMG_2765 やみつき (3)
醤油で茹で上げてあるようで、味わいは濃い目です。
部位はバラ肉でしょうね。
6~7枚入ってました。

モヤシとキャベツは特に強い味付けはしていないようです。
辛いスープと良いコントラストになるな。
半割りゆで卵は固ゆで。
他に、薬味として白胡麻、糸唐辛子、細ネギ小口切り。

総評
「辛味肉ラーメン」といったカンジですね。
個性的なラーメンを喰いたかったので、満足できました。
71点、700円。

IMG_2765 やみつき (5)

【横濱家】桜ケ丘店 神奈川県大和市

この日は、大和駅近くに在る新店に行ったんだが、店前に4~5人の待ち人を見てやめる。
セカンドオプションの店に向かうも、臨時休業。
もう、暑いし道は混んでるし、かなりな嫌気がさす。

こうなりゃヤブレカブレ。
次の交差点を過ぎて、〇×軒目の飲食店に入ると決める。
たとえそれが、どんな店でも、どんなヘタレ店でも入る! 絶対に!!

んで、右見て左見て数えて辿り着いた店が【横濱家】桜ケ丘店でした。
ラーメン屋であって、ほっとした。

【横濱家】は3月に喰ったばかりだが、まぁ、イイカ。
なにせ“天運”が決めたコトだから。

さて、喰いましたモノは基本の〔ラーメン〕 670円。
IMG_2710 横濱 (1)

家系を基にして、家族連れや低年齢層にも喰いやすいよう改良されているこのラーメンです。
よって現在、本来の家系とはかなり異なる味わいと雰囲気を持っていますね。
だが、根本の部分では家系の力強さや、ワイルドさを失っていません。

動物系出汁のガツンと効いた重量感に、シャープなキレをもつ醤油ダレ。
チー油の香りも高く、手べ安い割りに、ちょっとした「トガリ」も併せ持ちますね。

麺は太めで強い縮れを持つ。
IMG_2710 横濱 (3)
この強い縮れは、多くの家系ラーメンには無かったモノで、【横濱家】出現当時こんな麺だったのは山手の【介一家】ぐらいだったと記憶しています。
そんな意味で、ちょっと特殊なケースでもあったようです。

モモ肉のチャーシュウは脂っ気が少なく、女性や子供にもウケが良いね。
IMG_2710 横濱 (2)

デフォでも、メンマと半割り味玉が入るのが特徴であり、他の家系のと差別化をはかっていたのでしょう。

どこでも安定した品質の「横濱家のラーメン」が喰えるのは、有難いですね。
御馳走様でした。

餃子の【王将】石川町店で辛玉ラーメンセット 横浜市中区

餃子の【王将】の前でこんなものを見かけました。
IMG_2755 旨辛 (1)
川崎タンタンメンに似てますねぇ。
早速入店発注。

届いたものがコチラ。
IMG_2755 旨辛 (2)

ラーメンのアップ。
IMG_2755 旨辛 (3)
溶き玉子ラーメンで、野菜がイッパイ。
白菜が中心ですが、私としてはもう少しニラが多いとウレシイ。

スープの味わいは、そんなに辛くないな。
むしろ煮込んだ野菜から出るほのかな甘味が特徴的と言えるかな。

麺は細目の角断面を持つもので、ほぼストレート。
IMG_2755 旨辛 (4)
熱々の野菜と溶き玉子でフタをされてますから、早めに喰うのがイイでしょう。

川崎タンタンメンとは違うけど、かなりの類似性を感じます。
【日高屋】の〔大宮坦々麺〕もそうだったけど、このトコロ溶き玉子ラーメンがひそかなはやり?

御馳走様でした。

【日高屋】鶴ヶ峰店 横浜市旭区

今シーズン初の冷やし中華は【日高屋】になりました。

商品名〔黒酢しょうゆ冷やし麺〕 税込み 530円。
IMG_2759 日高冷やし (1)
いつもながらの、セパレート・スタイル。

具を乗せてみた(ちょっと雑)
IMG_2759 日高冷やし (2)
商品名は違うけど、あきらかに“冷やし中華”ですよね。

むせ返るようなスープの冷やし中華が多い中、この【日高屋】の物は、マイルドな酸っぱさです。
黒酢の手柄なのでしょうかねぇ?
さて、今シーズンは何回喰うかなぁ。

次は、冷やしラーメンの出番です。
割りと正しい冷やしラーメンを出してくれるのは、喜多方ラーメンの【坂内】です。
近々行ってみることにしよう。

御馳走様でした。

水炊き・焼鳥 【とりいちず】目白駅前店 東京都豊島区

目白駅からすぐのトコロに在る鶏料理屋さんです。
鶏白湯ラーメンをやっていることはずいぶん前から知っていましたが、なかなか機会がありませんでした。
今回ようやくタイミングが合って入店。

〔鶏白湯ラーメン〕 590円を頂きました。
IMG_2724 とりいちず (3)
ランチタイムは、御飯がサービスとのことで、貰いました。
たくあん二枚も付いてます。

ラーメンのアップ。
IMG_2724 とりいちず (4)
白いスープが泡立ってます。

麺は平打ち気味の中細で、ほぼストレート。
IMG_2724 とりいちず (6)

チャーシュウ代わりの鶏肉は胸肉のようです。
IMG_2724 とりいちず (5)
具材はコレだけ。
薬味として輪切りネギと白胡麻。

スープの味わいは、かなりアッサリしてます。
鶏白湯特有の鶏クサさみたいなモノが全く無いのですが、鶏らしさも無くてちょっと拍子抜け。
元ダレは塩でしょうかね?
適度な塩分濃度で、飲みやすいんですが。

麺はやや固めの茹で加減で、好み。
量も標準的ですから、御飯と合わせて腹いっぱい。

具の鶏胸肉は、ごく薄い味付けか、または味付けなしでしょう。
白胡麻はかなりたくさん入ってます。

総評
鶏料理屋さんの作る鶏スープですから、期待したんですけどねぇ。
63点。

IMG_2724 とりいちず (7)

麺屋【- ARK -】(あゝ喰う) 横浜市中区

現在の私のローテイション店のひとつである 麺屋【- ARK -】(あゝ喰う)ですが、他の二店同様、行く度にアップはしてません。
ただ今回、ちょっとした変化がありましたので報告までに。

喰いましたものは、いつもの基本のラーメンです。
IMG_2719 ARK (1)
家系似ですが、独自色も強いスープ。

麺は太めの、ほぼストレート。
IMG_2719 ARK (3)

大判のチャーシュウも二枚で、いつも通り。
IMG_2719 ARK (4)

もちろん、サービスのチャコマと御飯も頂きましたよ。

さて、変化と言うのはね、いままで材木タイプだったメンマが通常の細裂きタイプになっています。
メンマ自体は、今までのモノと一緒で、細くカットしたようです。

私は以前の材木タイプがいいんだけどなぁ。
御馳走様でした。

初訪 中華・きそば 【末廣】 横浜市南区

長年の宿願店であった【末廣】に行ってきました。

【末廣】は南区三春台のてっぺん付近の住宅街に在る古~~~い日本蕎麦屋さん。

タイムスリップしたような店内は決してコギレイではない。
だが不潔さも無く、私はかな~り好きな風情だわ。
そんで狭い、相席は当たり前。

卓上のメニュー。
IMG_2772 末広 (1)
先ほど「日本蕎麦屋さん」と書きましたが、中華そばの方が先に載ってる。
んで、基本のラーメンが450円!!
価格もタイムスリップ。

ラーメンだけ喰うのは、なんかワリイみたいだな。
っうことで、私は〔チャーシューワンタンメン〕を発注。
待ち時間8~9分くらいで出来上がりました。

なぜか漬物が付いている。
IMG_2772 末広 (2)
九州ラーメンではタマにあるけど、ここら辺では珍しいんじゃないかな。

まずはスープから頂きます。
基本は鶏ガラか豚ガラ、あるいはそのブレンドだと思うんだけど、何やら魚系のダシ風味を感じる醤油味ね。
ただ、ラーメンでもよく出会うカツオ節では無いように思える。
蕎麦やうどんも提供している店ですから、サバ節かも? う~んよくわからない。
とにかく独特ですが、悪くない。

麺はオールドスタイル定番の細縮れ。
IMG_2772 末広 (5)
中華料理屋さんでは有りがちの柔らかめではなく、歯応えのあるシャッキリとした茹で加減。
麺線に似合った食べ易さで、麺肌も滑らかでノド越しがよいな。
厨房を背にする席だったので、製麺所は分かりません。

チャーシュウはモモ肉と思われるものが5枚。
IMG_2772 末広 (6)
詰まった肉の質感が楽しめるもので、醤油ダレも香りますがショッパクは無い。
よおく噛んで喰うチャーシュウです。
オールドスタイルのラーメンには最適なんだわ。

ピロピロ・フワフワのワンタンが6~7個。
IMG_2772 末広 (4)
豚肉と刻みネギと思われる具は少量で、これは正しいワンタンです。

他に、幅広の水煮と思われるメンマ、ワカメ、ナルト。
輪切りネギは多目。

コチラ、Ayaの喰った〔カツ丼〕
IMG_2772 末広 (3)
しっかり固まった玉子と、分厚いトンカツ。
割り下は甘過ぎずに、とても好み。
地域の特性から考えて、御飯は柔らか目かと思ったら、ツブの立った固めの炊き加減で、これまた好み。

総評
“令和”に突入して、更に貴重になる「昭和レトロ」な雰囲気のお店。
価格、品質ともに満足できました。
ラーメン、カツ丼を総合した評価:68点。

IMG_2772 末広 (7)
店舗の軒看板も「中華」が上の段。
やはり、「何でも屋食堂」と解釈して良いかと。