FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

【花月 嵐】二俣川店 横浜市旭区

突如、【花月】のラーメンが喰いたくなった。
てんで、二俣川へ。

んでね、私は重大なコトに気が付いてしまった。
【花月 嵐】は、いろんな店舗によく行くんだけど、ここ何年か基本のラーメンを喰ってないんです。
期間限定モノばかり喰ってました。
やはり、基本は大切にしなければイケナイ。

っうコトで 〔嵐げんこつらあめん〕 720円 (税込み)
IMG_0120 花月 (1)

IMG_0120 花月 (3)

IMG_0120 花月 (4)

久々に喰うとイイよ、やっぱり。
ちょっとシツコさのある背脂と、動物系のダシ風味の濃厚さ。
キリリと立った醤油味。

ただ、ニンニクの風味はむかぁしに比べるとだいぶオトナシクなっているのではないでしょうか?


今の期間限定メニューは、〔喜多方ラーメン はせ川〕 770円 (税込み)
IMG_0120 花月 (5)
背脂入りの喜多方ラーメンです。
この背脂タイプ、十数年前くらいから出てきたね。

背脂タイプと言っても、喜多方ラーメンですからね、比較的あっさりしてます。
でも、物足りなさは無いよ。

麺も、しっかり喜多方してます。
IMG_0120 花月 (6)
しかし、もう少し幅広の方が私は好きだなぁ。

冷やしラーメンもやって欲しいんだが、このトコロその気配も感じられませんねぇ。
残念。

御馳走様でした。

手打らーめん 【岩間】 千葉県白井市

二年振りに千葉県白井市の、手打らーめん 【岩間】に行きました。
喰いましたものは、〔スタミナラーメン〕 730円 に+250円でセットになる〔半チャーハン〕

〔スタミナラーメン〕
IMG_0113 岩間 (3)
豚モツとニンニクの茎を炒めた物が乗っています。

スープは豚のゲンコツと鶏ガラ中心の清湯でしょうか。
ソコに醤油ダレを合わせたもの。
ダシ風味はキチンと出ていますが、油分は少なくクセも無く飲みやすい。
だが、「スタミナ」と銘打つラーメンとしては、少々弱いスープだな。

麺は中太程度の、ほぼストレート。。
IMG_0113 岩間 (6)
食感が面白い。
歯で噛み切る時やや抵抗を感じ、その後ほんの少し「ぽきっ」と言うような感触で切れるんです。
自家製麺ですから、なにか独自の工夫を加えているんでしょうかねぇ?

麺を店内で販売してます。
お客さんの要望で売るようになったらしい。
お店としても、この麺には自信があるんでしょうね。

豚モツ肉。
IMG_0113 岩間 (5)
圧力鍋で煮込むのだろうか?
とても柔らかく仕上がってます。

半チャーハン。
IMG_0113 岩間 (4)
浅い焼き加減だが、米のほぐれ方がイイ。
味付けは、薄めで私好み。

価格は抑え目で、品数豊富。
タマに喰いたくなるラーメンを提供してくれています。

御馳走様でした。

IMG_0113 岩間 (7)

横浜家系 【黄金家】 横浜市中区

ここんとこ、しばらく御無沙汰してました【黄金家】です。

サービス券でホウレン草増しした〔ラーメン〕 710円。
IMG_0110 黄金家 (1)

IMG_0110 黄金家 (2)

IMG_0110 黄金家 (3)

ほぼナマのホウレン草は、ザクザクの食感。
私はホウレン草喰いに、この店に行っているようなもんだ。
イヤイヤ、もちろん味の方もシッカリしてますよ。

御馳走様でした。

【西安刀削麺酒楼】新橋店 東京都港区

都内中心に多店舗展開している刀削麺の店に行ってみた。

 喰いましたものは〔麻辣刀削麺〕 800円。
IMG_0098 西安 (1)

鶏ガラ中心の白湯に、ゴマペーストは芝麻醤でしょう。
それにラー油の辛味が加わりますが、それほど強い辛味ではありませんね。
モチロン、発注時に調整はできます。

具材はサヤインゲンに少量のパクチー。
パクチーはもう少し多くても良かったんだが。

もうすっかり日本でもおなじみの、刀削麺です。 御飯はランチタイムサービス。
IMG_0098 西安 (2)

幅、厚み、長さなどがマチマチで、それが面白みになっています。
当然、柔らかいトコロと固いトコロがあり、それもまたイイ。

久し振りに、刀削麺を喰って満足。
御馳走様でした。

IMG_0098 西安 (3)

つけ麺や 【辰盛】 東京都板橋区

都営三田線 高島平駅の近くで仕事をしてました。
んで、車を置いた駐車場の目の前にあった店に入りました。
事前情報無しの飛び込みです。

どうやら、つけめん推しのようです。
普通の温ラーメンもあるけど、やはりココは店の方針に従って、
〔つけ麺〕 720円。
IMG_0057 辰盛 (1)
ランチタイムは半ライスサービス。

まずは、つけ汁から味をみます。
豚骨主体のダシでしょうか? 色は濃いが、そんなに強くは無い醤油味。
若干の酸味がありますが、甘さは控えめ。
ゴマと柚子が入ってますね。
つけめんのつけ汁としては、結構独自の味わいです。

油分は、割りとあるんですが、シツコさとして感じられない程度。
そのままでも飲みやすいカンジ。

つけめんがウリの店は、多かれ少なかれ池袋【大勝軒】の影響を受けていると思うのですが、この店のつけ汁にはソレがほぼ感じられない。
独自路線とみてイイでしょう。

麺は、やや縮れの太め。
IMG_0057 辰盛 (2)
かなり固めの茹で上がりです。
喉を越した後の小麦粉の香りも高い。
麺量は、つけ麺としては標準的かな。

つけ汁の中には、チャーシュウ。
IMG_0057 辰盛 (3)
部位はバラでしょうか?
厚みがあり、赤身はジューシーで、脂身はトロトロ。

他に、さっくりしたメンマ、モヤシ、海苔。
薬味に、輪切りネギ、細切り柚子。

総評
マタオマ系のつけめんに出会っても、近頃は何も感じなくなった。
しかし、こう言う個性的なモノに出会うと、新鮮だね。
楽しめましたよ。
70点。

IMG_0057 辰盛 (4)

【リンガーハット】横浜緑園都市店 横浜市泉区

緑園都市の【ハードオフ】にギターのパーツを探しに行った。
んで、昼食は隣の【リンガーハット】にしましょう。

〔長崎ちゃんぽん〕
IMG_0047 りんが (1)

〔皿うどん〕
IMG_0047 りんが (2)

私とAyaが喰うのは、いつもいつもおんなじ。
見ている方も、つまらないでしょう(笑)

そろそろ違うものを出さないとなぁ。
あっ、冷やしモノが、もう始まっているハズ。
次は、ソレ行ってみます。

御馳走様でした。

麺屋 【江武里】 神奈川県大和市

お気に入りの店、【江武里】に行ったよ。

そしたら、こんな貼り紙。
20200620_114241 江武里 (1)
わかった、コレ喰います。

〔織里~武油そば〕
20200620_114241 江武里 (3)
プラス100円の肉増しにしました。

まぜ後の麺リフトですけど、ひどいピンボケ。
20200620_114241 江武里 (4)
Ayaのスマホで撮ったんだけどね、使い慣れないせいか?

麺は幅広の平打ち。
強いネジレが付いて、タレが良く絡んできます。

ほんのりとオリーブの香りがする醤油ダレは、生姜が効いて喰いやすいよ。
ニンニクは控えめ。
油そばの中では、割りとシツコさがないタイプと言えますね。

バラ肉のチャーシュウが三枚(ヘタは写真ですまんす)
20200620_114241 江武里 (5)
いつも通りのオイシサです。

写真撮り忘れましたけど、鶏肉も三枚。
胸肉でしょうね、コチラはサッパリしてます。

コチラ、Ayaの〔江戸醤油ら~麺〕 750円。
20200620_114241 江武里 (2)
これまた、いつもながらの高品質のラーメンです。
魚系のダシ風味が前面に出てます。
スッキリした醤油ダレとあわさり、深い味わいに成ってます。

御馳走様でした。
また来ます。

【ハングリーピッグ】 横浜市中区

「二郎系」が喰いたくなった。

このトコロ【臥竜】ばかり行っていたから、およそ1年振りに【ハングリーピッグ】にします。
朝ラーを始めてからは、初だな。

現在の営業時間はこうなっています。
IMG_0071 ハングリ (5)
月・木以外は 0:900 からの営業となっているけど、私としてはもっと早くてもイイよ。
たとえば 0:500 からなんていうのがウレシイんだけどな。

喰いましたものは、基本のラーメン。
IMG_0071 ハングリ (1)
前回より50円値上げして、800円です。

やまたか。
IMG_0071 ハングリ (2)
ノーマルだと、大したことない。

スープは力強い動物系のダシに下支えされて、カネシ醤油の味わいが際立ちます。
甘さとショッパさのバランスが、絶妙な加減なんだよね。
スープの味そのものだと、【臥竜】よりもコッチが好みなんです、実は。

ゴワゴワ太麺は健在。
IMG_0071 ハングリ (4)
今回は指定無しだけど、かなり固めの茹で加減だったよ。
っうか、二郎系の麺を固目指定するのって、アゴの鍛錬だと思います。
修行が目的なのかな?

肩ロースと思われるチャーシュウが一枚。
IMG_0071 ハングリ (3)
厚みはソコソコにあるけど、コレはやっぱり【臥竜】の方が勝っているな。

久々に、カネシのオイシサを堪能できました。
御馳走様でした。

IMG_0071 ハングリ (6)

今期初の店売り冷やし中華

暑い暑い!

台所で料理をするには、30分前から冷房を掛ける必要があるんです、私。
だけど、腹が減った。
今喰いたい。

ってんで【日高屋】鶴ヶ峰店まで行きました。

〔黒酢しょうゆ冷し麺と半チャーハンセット〕です。
IMG_0046 冷や中
超ハラヘリだったので、サービス券を使って大盛りにしました。
価格は900円くらいだったかなぁ。
セパレート型で来ますけど、コレは「冷やし中華」と分類しても良いよね。

タレの黒酢醤油と言うのが、程よい甘酸っぱさでイイカンジ。
タマに、むせ返るように酸っぱいものがあるよね。

半チャーハンも、、程よい味付けと焼き加減で良いね。

御馳走様でした。

チャーハン・ラーメン 【黄金】伊勢佐木モール店 横浜市中区

コスパの良さでお気に入りの【黄金】に行ったよ。

この日の「麺セットメニュー」 680円 は、〔スタミナラーメン〕 or 〔スタミナつけ麺〕でした。
暑い日が続くから、つけめんにしちゃった。
IMG_0039 黄金 (3)
プラス100円の唐揚げも付けて、ゼイタクしちゃった。

麺は細めの縮れ。
IMG_0039 黄金 (4)
冷水で締められて、良いシコクキ感があります。
量も多めでウレシイ。

IMG_0039 黄金 (5)

豚肉、玉ネギ、ニラ、モヤシなどの入ったつけ汁は、甘辛の醤油味。
野菜はダシ汁や元ダレを加える前に炒め煮にしてるのかな?
ちょっと焼肉のタレっぽい味わいもあるよ。

腹一杯に成りました。
御馳走様でした。

自作味噌ラーメン

「マルちゃん」の生麺タイプの味噌ラーメンを作ってみました。

黒いテーブルに黒いドンブリと言うマヌケなコトをやっちまったぜぃ。
KIMG0208 自作味噌ラ (1)

中華鍋の中で玉ネギとキャベツと挽肉を炒め煮にしてから、スープの素を投入。
茹で上げた麺にぶっ掛けると言う札幌味噌ラーメンの製法で作りました。

よって、スープは熱々。
少し焦げた味噌味も、香ばしいな。
そして野菜から出る甘味もさわやか。

KIMG0208 自作味噌ラ (2)

なかなか良く出来た味噌ラーメンに成ったよ。
御馳走様でした。

新店・初訪 【おうじ家】 東京都北区

ヤボ用があり、久し振りに王子の街を歩いてみる。
そしたら、今まで無かった店を見つけました。

IMG_0031 おうじ家 (6)
『フフ~ン、家系か。 東京の家系と言うのも久し振りに喰ってみるか』
と、飛び込みました。
当然、事前情報は無し。

カウンターのアピール書き。
IMG_0031 おうじ家 (2)
三月オープン、まだ新しいんだ~。

喰いましたものは、モチロン基本の〔ラーメン〕 680円。
IMG_0031 おうじ家 (3)
初訪問・初食なので、全て普通でお願いしました。

まずは、スープを一口 ・・・・
驚いた!!

家系の味、香りは持っていますが、とても粘度の高いスープです。
動物系のダシ風味、強い醤油ダレの味わいなどもあります。
コレは全盛期の【岳家】に近いか、あるいは上回っているかもしれない。

【岳家】は横浜市港南区の鎌倉街道沿いにあった店で、2016年に名古屋に移転してしまいました(ずいぶん長距離の移転だわね)

麺は家系本流よりは、だいぶ細い。
IMG_0031 おうじ家 (4)
柔らかめの茹で加減だが、口の中には「ザックリ」した感触が有ります。
カドの立った角断面であるためかと思われますが、どうなんでしょうね。

スープとのバランスを考えると、もう少し太い麺の方がイイと思うんだけど・・・・・大きなお世話か。
酒井製麺製。

チャーシュウは肩ロースなのかな?
IMG_0031 おうじ家 (5)
なんだか良くワカラナイけど、濃厚なスープがまとわりついてきて、タレ焼きの焼肉みたいな味わいになっています。

ホウレン草はクタリ気味だけど、多目がウレシイ。
海苔は薄いが、味香りともに良いな。
他に、輪切りネギ。

後で調べてみたら、御主人は【武蔵家】成増店出身のようです。
麺が幾分細いのも【武蔵家】系統と言うコトであれば、うなずけます。

総評
家系屈指の濃度を持つラーメンでした。
価格も抑えめだし、再訪したいが何時になるかねぇ。
72点。

らーめん 【幸楽苑】大和林間店 神奈川県大和市

新コロの災禍で節約。
チェーン店ラーメンで割安に済ませます。
大和市に用があったので、そっち方面で捜したら【幸楽苑】があったから入りました。

喰いましたものは基本の〔中華そば〕 税込み 440円。
IMG_0009 幸楽苑 (3)

鶏ガラ、豚ガラから取ったダシは、ちょっとした重量感がありますね。
飲みやすいんですけど、キリリとした醤油ダレと合わさり軽快さも併せ持っています。
こう言うタイプは、年に何度か無性に喰いたくなるんだよねぇ。

IMG_0009 幸楽苑 (5)
麺は中太程度の太さを持つ縮れ。
シャッキリと茹で上げられ、カットは長め。
好みの食感です、麺量は標準的ですかね。

IMG_0009 幸楽苑 (6)
バラ肉のチャーシュウは3~4枚入ります。
大きさにより調整しているのだろうか?

幅広のメンマは、さっくりタイプの水煮かな。
味には特徴が無いけど、歯ざわりで勝負ですかね。
他に、ナルト、多目の輪切りネギ。

比較的安価で落ち付けるラーメンですね。
御馳走様でした。

IMG_0009 幸楽苑 (7)

【丸源】三ツ境店 横浜市瀬谷区

今年 3月以来の【丸源】
だが、私が喰うのはいつも基本のラーメン。

何ででしょうかねぇ?
冒険しない性格なのは、認めます(笑)

〔肉そば〕 650円 税抜き。
IMG_0001丸源 (1)

多種類の醤油をブレンドしたタレは、甘味がありながらもスッキリしたのみ口。
豚と鶏を中心とした動物系に野菜や昆布を加えたダシ汁が、その醤油ダレを引き立てています。

IMG_0001丸源 (3)
太さ20番手の麺は透明感があり、シコクキとした歯ざわりもウレシイな。

IMG_0001丸源 (2)
豚肉は赤身と脂身のバランスよく、薄切り玉ネギとの相性は当然のごとく良いね。

いつも通りの品質で、オイシク頂きました。
御馳走様でした。

【鹿島家】石川町店 横浜市中区

ライトな家系が喰いたくなりました。

んで、【鹿島家】石川町店の基本の〔ラーメン〕 630円。
IMG_0467鹿島家

半乳化状態のスープは油も浮くが、シツコさは無いね。
麺は固めでお願いしましたが、普通とあんまり変わらない。

でもね、望み通りの軽さで、この日は満足出来ましたよ。

御馳走様でした。

【日高屋】関内北口店 横浜市中区

新コロの影響で、私は経済的にピンチ。
給付金はいつ来るのやら、まったくアテにならないから、当分節約生活。

安いラーメン喰います。
【日高屋】の基本のラーメンと半チャーハンのセット。
IMG01日高 (1)
価格は税込み 640円だったかなぁ。

IMG01日高 (2)

まぁ、無難なラーメンとチャーハンです。
っうか、この価格で腹一杯に成れるんだから、感謝せねばなりませんね。

御馳走様でした。

【リンガーハット】イセザキモール店で 長崎ちゃんぽん 横浜市中区

非常事態宣言は解除されても、まだまだ安心できない。
【リンガーハット】でも、座席ひとつあけ等の感染拡大防止策はとられてました。

〔長崎ちゃんぽん〕
IMG_1239 りんが

この日は、腹が減っていたので麺 1.5玉。
価格は640円だったっけな。

豚骨中心の白濁スープは飲みやすいな。
多目の野菜も、野菜不足に陥りがちな私にはウレシイ。

【リンガーハット】は店舗により価格が異なるんだよね。
やっぱり郊外の店舗の方が安いようです。
とすると、このイセザキモール店は高いんだろうな。

でも、まだまだ個人商店などに比べると安い方ですから、ありがたいね。
御馳走様でした。

自作 冷し中華 その2

暑い日が続くねぇ。
真夏でもないのに、困っちゃうよぉ。

んで、冷やし中華作りました。
IMG_1002 冷中 (1)

スーパーで見つけたんだけど「極細麺」使用。
と言うのが、あったんです。

IMG_1002 冷中 (2)
なるほど、麺はソーメンよりも細いくらいです。

タレは醤油味。
あんまり酸っぱくないものを選びました。

具は特に変わったものはないけれど、海苔は頂き物の最高級品。
香りも味もすごくイイよ。
この海苔だけでも酒が飲めるな!

海苔のおかげで、一格あがった冷やし中華に成りました。
御馳走様でした。

【雪濃湯】閉店

向ヶ丘遊園駅近くの牛骨ラーメン店【雪濃湯】が5月30日で閉店だそうです。
近くに居る時、または近くを通る時などは必ず寄っていたくらい好きなラーメンだった。
残念です。

同じようなラーメンが他に無いんだよねぇ (;゜0゜)
町田市鶴川に在った【恭栄】を失った時と同じくらいの損失落胆度だわ (;д;)

コロナ憎し!
あらゆる助成機能が迅速に作動しない国政が憎い!!

私だって生活がキビシイんだぞ。
10万円給付の申請書類はおろか、アベノマスク(もういらないケド)すら来ない。

最後に喰った【雪濃湯】の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-4048.html

【ラーメンショップ】希望ヶ丘店 横浜市旭区

二年ぶりに【ラーメンショップ】希望ヶ丘店へ行きました。

喰いました物は基本の〔らーめん〕 450円。 いまどき、この価格はとてもウレシイですね。
IMG_0995 ラショ希望 (1)
「ショップ系椿派」のスタイルです。

薄茶色く濁ったスープで油分も多目ですが、軽快感のある口当たり。
しかしトータルとしては、きっちりラーメンショップの味なんだよね。

IMG_0995 ラショ希望 (4)
細目でほぼストレートの麺は、デフォでは柔らかめの茹で上がり。

肩ロースのチャーシュウですが、その時により大きかったり小さかったりします。
IMG_0995 ラショ希望 (3)
今回は、割りと大きめ。

コチラAyaの〔焦がしラーメン〕 550円だったっけなぁ?
IMG_0995 ラショ希望 (2)
ニンニク油と焦がしネギの風味が効いています。
でも、強過ぎないのでAyaでも大丈夫。

早い時間からやっているし、低価格ですから今も人気のある店です。
このまま変わらずに居て欲しいね。

御馳走様でした。

IMG_0995 ラショ希望 (5)

【まるや食堂】 東京都八王子市

JR中央本線の高尾駅、初めて降りました。

ホームには高尾山に住むという天狗の像。
IMG_0984 高尾駅 (1)
全高2.4m、鼻の長さ1.2m、重量18トン。

駅舎は、とても趣のある造りですねぇ。
IMG_0984 高尾駅 (3)

だが、観光で来たワケじゃない。
仕事です。

んで昼食は、仕事場の近くにあった、これまた趣のある食堂に入りました。
メニューです(クリックで拡大)
IMG_0989 まるや食堂 (1)
安い!

〔ラーメン〕なんぞ390円。
もっとも高額な商品が〔うな丼〕の850円ですよ。

ソコで私はあいだを取って(←ドコらへんが「あいだ」なのさ)カツ丼を喰いました。
IMG_0989 まるや食堂 (2)
味噌汁は別売りで、60円です。
それを足しても、まだ安い。

IMG_0989 まるや食堂 (3)
玉子はシッカリ固まったオールド・スタイル。
私は、コレが好きなんです!

IMG_0989 まるや食堂 (4)
トンカツは、決して大きくはないけど、十分な厚みがあります。

玉ネギは、サックリした湯で加減です。
甘過ぎない醤油ダレも好み。

山あいの地味なお店ですが、喰い物はちゃんとしてます。
次は、ラーメンを喰ってみるかな。

御馳走様でした。

IMG_0989 まるや食堂 (5)

麺屋 【臥竜】 横浜市中区

新コロの影響もあって、一ヶ月以上御無沙汰しました。

【臥竜】の基本の〔ラーメン〕 740円です。
IMG_1434 我竜 (1)

スープは動物ダシがドカンと効いた重量級。
極太の麺も存在感ありあり。
そして、デカイ豚肉のかたまりとキャベツ、モヤシ。

世の中は変わるかもしれないけれど、このラーメンは変らないで欲しいな。
イイ方に進化するんなら、話は別ですけど。

御馳走様でした。
また来ます。

エフェクター・コレクション (14) Proco RAT2

IMG_1009 RAT (3)

1978年の登場以来、JEFF BECK の使用などで、今や歪み系エフェクターの大定番と成った「RAT」
だが私は、コイツの歪み方が嫌いなんです。
したがって、人前での演奏には使ったことが無い。

イヤ正確に言うと、今でも使っているんですわ。
それは、普通の使い方ではないんですけど。

バンド演奏の時、歌のウラでは音量を下げ、メロディー弾きの時に音量を上げると以前書きました。
そんでですねぇ、私は音量を下げるのに「RAT」を踏んで、クリーン・トーン、または軽い歪みを作っています。
「ON」 の時の音量を下げてセッティングしているワケで、歪み音を得るためではないのです。
もちろんゲインとトーンは、その会場のギターアンプの出音によって微調整します。

IMG_1009 RAT (5)

さて、この「RAT」、1997年以前の「ノン・スラント型」です。
ON-OFF インジケータ―としてのLEDが付いた「RAT2」と言うヤツですね。

IMG_1009 RAT (4)

あけてみると結構、中はスカスカです。
IMG_1009 RAT (2)

コレが心臓部であるオペアンプ。
IMG_1009 RAT (6)

配線保護のための樹脂が掛けられていて、よくわかりませんが、 初期の生産品にはLM308が搭載されていました。
樹脂の右側の文字はかろうじて「L」と読めますから、LM308 でしょうね。
LM308 にもモトローラ製とナショナルセミコンダクタ製があり、丸の中に「M」の文字が有りますから、モトローラ製だと考えられます。

音の傾向はと言うと・・・・・私ゃ、あんまり深く考えたことが無い(笑)
音なんて、鳴ってりゃぁイイ。
上記のように、こいつメインで歪ましているワケではありませんから。
あくまで、音量切り替えのための機械なんで(激笑)

ということで、私は
「RAT」を「RAT」として使ってない
ワケです。

「だったらRATではなくて、他のモノでもいいんじゃないのか?」
と言う御意見をよく頂きます。
全くその通りで、マクソンのグライコや、ボリュームペダルなども音量調整用に使ってます。
どれを選ぶかは、その時次第ですけどね。

しかし、なぜだか私は 「RAT」をもう一個持っているんです。
不思議だなぁ。

自作食 揖保乃糸の中華麺

食彩【まかない】のマスターより「揖保乃糸」が作っている中華麺を頂きました。
IMG_0961 揖保 (1)

「揖保乃糸」と言えば、高級ソーメンで有名ですが、中華麺も作っていたんだね。
知らなかったよ。

さっそく作ってみた。
IMG_0961 揖保 (2)

スープは一般市販品の中から、濃厚鶏ガラ醤油タイプにしました。

具は海苔とメンマのみ。
薬味に輪切りネギ。

麺は中細位の太さを持つストレートで、やや平打ち気味。
IMG_0961 揖保 (3)

しなやかさと滑らかな食感は、さすがに「揖保乃糸」
ソーメン譲りですねぇ!

茹で時間は指定通りの3分にしましたが、柔らかめに茹でてもよさそう。
むしろ、柔らかめの方がこの麺の良さが引き出されるんじゃないかな。

スープは割り湯が少なかったのか、かなりショッパクなっちゃった。
この麺には端麗で、薄味のスープの方が合うんじゃないかな。

【まかない】さん、有り難うございました。
御馳走様でした。

農家かふぇ 【ハレルヤ】 神奈川県藤沢市

少し御無沙汰しました、長後の【ハレルヤ】
8ヶ月ぶりですかぁ。
店の買い出しのついでに寄りました。

冷やしラーメンが喰いたくてね、思い出したのが【ハレルヤ】なんです。

現在のメニュー。
IMG_0931 ハレルヤ (1)
残念ながら冷やし物は無いみたいです。

そんで、喰いましたのが〔魚介煮干しラーメン〕 500円。
IMG_0931 ハレルヤ (3)
美しい姿です。
地元産の野菜もたくさん使われている。

スープは、アッサリ醤油味。
だが、以前にくらべてコクが足りないような・・・・・

【はまんど】ゆずりの平打ち太麺。
IMG_0931 ハレルヤ (5)
エッジを感じる食感です。
存在感もあるね。

チャーシュウ替わりの鶏肉はロール状に成っている。
IMG_0931 ハレルヤ (4)

食後、サービスに夏ミカンを出してくれました。
IMG_0931 ハレルヤ (6)
有り難うございます。

ラーメンのレヴェルが少し低下してしまったようです。
単なるブレだといいんですが。

御馳走様でした。

IMG_0931 ハレルヤ (8)

油そば専門店 【ぶらぶら】鶴ヶ峰店 横浜市旭区

【ぶらぶら】鶴ヶ峰店は、7ヶ月ぶりです。

喰いましたものは基本の〔油そば〕 690円。
IMG_0942 ブラ (1)

具は、チャーシュウとメンマ、薬味に輪切りネギ。
シンプルな構成が気に入ってます。

まぜ後のお姿。
IMG_0942 ブラ (2)

油そばと言っても、それほどクドくないのも【ぶらぶら】の特徴。
醤油味のタレですが、卓上には酢、ニンニク、辛味調味料、粗ミジンの玉ネギなどが用意されているので、「味変」のバリエーション
は多いね。

締めには、アッサリしたダシ汁が用意されているます。
私は麺を少し残して、ラーメン風にして喰うのが定番になっています。

人それぞれの喰い方が出来るのが油そばの良いトコロ。
これからも通わせて頂きます。

御馳走様でした。

IMG_0942 ブラ (3)

北海らーめん 【蝦夷】 横浜市保土ヶ谷区

ほぼ一年ぶりに、北海らーめんの 【蝦夷】へ行きました。

〔サンマーメン〕 880円。
IMG_0894 蝦夷 (1)
具沢山なサンマーメンだなあ。
旬の食材である、たけのこもイッパイ入ってます。

スープは清湯の醤油味。
固目の餡は、ほんのり甘い。

麺は中太の縮れ。
IMG_0894 蝦夷 (2)
餡がからみ、ツヤツヤと光っていますね。
デフォでも固目の茹で加減で、好みの食感。
麺量も多目ですよ。

〔肉味噌ラーメン〕 大辛 930円。
IMG_0894 蝦夷 (3)
私の好みである辛めの味にしましたが、あまり辛くないよ。
まぁ、人により感じ方は違うからね。
辛いだけで、ウマクもなんともないラーメンになっちゃぁツマラナイから、このくらいで止めておくのが良いでしょう。

麺は角断面を持つ太め。
IMG_0894 蝦夷 (5)
強い弾力を持ち、滑らかな感触と共に存在感を主張します。
辛味スープをよく受け止めますね。

大きな豚肉もイッパイでウレシイ。
IMG_0894 蝦夷 (6)

〔半チャーハン〕 価格失念。
IMG_0894 蝦夷 (4)
浅めの焼き加減で、油感はサッパリ目。

これから暑い季節になると、辛いモノはツラくなります。
だけどね、思いっきり汗かくのも逆方向からの耐暑法かもしれない。

御馳走様でした。
また来ます。

喜多方ラーメン 【坂内】石川町店 横浜市中区

今期初の冷やしラーメンは【坂内】になりました。

〔炙り焼豚ご飯〕とのセット 1080円だったっけなぁ?
坂内 (1)

〔冷やしラーメン〕のアップ
坂内 (2)

麺は温ラーメンと同じもの。
坂内 (3)

豚バラ肉のチャーシュウが五枚。
坂内 (4)

この日は暑かったぁ。
Ayaの提案で冷やしラーメンを喰いました。

かつおダシとゴマ油の効いたスープには、氷が4個浮いており、冷たさを維持できるね。
スッキリとした味わいで、楽に飲み干せます。
麺は冷水でキッチリ締められ、良い歯応え。
味玉は、ちょっと甘味がある味付け。

これからの季節に、ありがたい冷やしラーメンです。
御馳走様でした。

坂内 (5)

ラーメン 【どんとこい家】で早朝ラー 横浜市保土ヶ谷区

早朝の【どんとこい家】に行きました。
もちろん、密集を避けるためです。

IMG_0881 どんとこい (2)

ちょうど良かったよ、先客さんは無し。

ラーメンもいつも通りの、迫力あるモノです。
動物系のダシがどっしりと効いたスープに、チー油の香りもゆたか。
麺は頼まずとも、やや固めの茹で加減で好感。
大判のチャーシュウは、肉肉しさにあふれている。

御馳走様でした。
また来ます。

【ゆで太郎】鶴ヶ峰店 横浜市旭区

早朝の【ゆで太郎】

ソーシャルディスタンス対応が徹底してる。
なんと、ひとつおきに椅子を外しちゃってるよ。
やるなぁ。

〔肉あんかけ中華セット〕 590円。
IMG_0867 ゆで (1)

IMG_0867 ゆで (2)

IMG_0867 ゆで (5)

そば屋のラーメンです。
だから、スープもちょっとそばつゆっぽい。
さらに、サービスの揚げ玉をイッパイ乗せたから、よりそばっぽく成っちゃったよ(笑)

固目の餡かけに、豚肉がイッパイはウレシイな。
御馳走様でした。

〔肉あんかけ中華〕単品は 490円。