FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

本格派みそらーめん 【金太楼】 茨城県坂東市

三度目の【金太楼】です。

今回は〔塩ラーメン〕を単品で発注。
IMG_1151 キンタ楼 (1)
透明感のあるスープに、なんと言っても特徴的なのが、白ゴマ黒ゴマが一杯。

スープを一口飲むと、生姜の風味が口中に広がります。
鶏ガラ・豚骨のダシだと思うけど、こりゃ面白いね。

塩ダレは適度で、ショッパイ感は無いよ。
むしろ甘味すら感じられて、品の良さと力強さが混在しているカンジ。

IMG_1151 キンタ楼 (3)
麺は他の麺料理に使う物と一緒でしょう。
中太程度の太さで、縮れ画スープを良く持ち上げます。
やや固めの茹で加減も好み。

IMG_1151 キンタ楼 (2)
チャーシュウは肩ロースかな。
今回は脂身の少ない物だな。
味付けは薄めだが、この塩味スープには合っているよ。
他にモヤシと多めのメンマ、輪切りネギ。

生姜の効いた塩ラーメンというのも良いものですね。
御馳走様でした。

初訪 支那蕎麦 【藤花】 横浜市都築区

前店は家系・二郎系のラーメンを提供した店の跡に2018年2月9日オープン。
私は開店して一月後くらいに行ったんだが、行列を見てやめている。
今はもう、さすがに落ち着いているでしょうから、リベンジです。

店内は全面的に内装を直したようで、とてもキレイで清潔。
従業員さんの接客もハキハキしていて良いね。

喰いましたものはモチロン基本の〔醤油らぁ麺〕 780円。
発注後、6~7分で提供されました。
IMG_1126 藤花 (1)

キレイなルックス・・・・・なんだけどね。
スープを一口飲んでみたら、醤油味はするんだけどダシ風味がほぼ無い。
これじゃぁ、薄めた醤油だ。
何かの間違いだろうか???
繊細過ぎて、私の駄舌にはワカラナイだけか?

IMG_1126 藤花 (3)
麺は平打ち中太のほぼストレート。
やや固めに茹で加減は好みだが、スープの自力の無さゆえに何だかむなしい。

製麺所は、麻生製麺のはず。

IMG_1126 藤花 (2)
チャーシュウはバラ肉のンロール。
薄めの味付け。
ハヤリの低温調理かな、肉の味が前面に出ている。

メンマは穂先タイプで甘めの味付け。
青物は小松菜でしょうか。
葱は青ネギの細切りと白髪ネギ、ほかに紫玉ネギの粗ミジン切り。

総評
御主人は新宿の 麺屋【翔】出身ということで期待したのだが。
ハズレのときに当たっちまったのかなぁ。
残念。
64点。

IMG_1126 藤花 (5)

超濃厚鶏白湯ラーメン専門店 【鶏ふじ】 横浜市中区

間借り営業からの独立・移転後の初訪問です。

もちろん基本の〔鶏白湯麺〕 750円を発注。
IMG_1119 鶏ふじ (1)
ルックス、価格とも間借り時代と大きな変わりはありませんね。
変わったことと言えば、ランチタイムにサービスの〔雑炊セット〕が加わりました。
これはウレシイ変化です。

トロミのあるスープはクリーム色。
鶏の旨味が存分に出ていますが鶏くささは無く、飲みやすいな。
あまりに鶏くさい鶏白湯が苦手なAyaも大丈夫。

IMG_1119 鶏ふじ (3)
自家製の麺は平打ち気味の角断面を持ち、ネジレも付いてるのでスープをよく持ち上げます。
特に固さ指定はしませんでしたが、もっちりとした弾力となめらかな麺肌のため喰いやすいな。
麺量は標準的でしょうか。

IMG_1119 鶏ふじ (2)
チャーシュウは肩ロースですかね。
その色合いから見て、低温調理ですか?
特に大きく突出した部分は無いが、スープ、麺とのマッチングはイイね。

穂先メンマは柔らかく喰いやすいな。
薄めの味付け。

岩海苔は香りが良い。
他に、揚げネギ。

コチラ雑炊セット。
IMG_1119 鶏ふじ (4)

スープを半分残したトコロに投入。
IMG_1119 鶏ふじ (5)
梅干しの酸味と大葉の香りが、鶏風味豊かなスープによく合うもんだね。

雑炊も喰って腹一杯。
満足しました。

御馳走様でした。
また来ます。

IMG_1119 鶏ふじ (6)

中華料理 【萬来軒】 東京都足立区

♫ きみだけの‟タンメン”のヒーロー♪
で、おなじみの足立区【萬来軒】の〔タンメン〕でございます。
IMG_1103 萬来軒 (1)

私のタンメンのヒーローであるにもかかわらず、最後に喰ったのは三年前。
ご無沙汰して、すまんかった。

IMG_1103 萬来軒 (2)
シャッキリと火を通された野菜がたっぷり。
ニラが多めなのはとてもウレシイ。

IMG_1103 萬来軒 (3)
麺は細めのやや縮れ。
麺量が多めなのは、この店の特徴。
厨房が見えない造りなので、製麺所はわかりません。

中華料理屋さんスタンダードな鶏ガラ中心の清湯に塩ダレ。
炒め煮にされた野菜から出るウマミが上乗せされ、アッサリしながらも奥行きを持っています。
暑い日に喰っても、スッキリとしたキレの良さがあります。

御馳走様でした。
また来ます。



初訪 ラーメン 【楽萬家】 横浜市中区

2018年6月6日、【新福菜館】伊勢佐木町店の跡に出来た店【楽萬家】に行きました。

この店にはあんまり興味が無かったんですけど、タマタマ前を通りかかったら、こんな貼り紙。
IMG_9776 楽萬家 (10)
日本語がちょっとオカシイのは愛嬌、でもコレはお得だわ。
んで、この時は朝の07:45くらいだったんだけど、営業してます。
「イヤシイ系」の人間である私は吸い寄せられました(笑)

発注後、7~8分後に届いた〔つけ麺〕のお姿。
IMG_9776 楽萬家 (2)
本来なら基本のラーメンを注文するのが私の方針ですが、この日も朝から30℃オーバー。
なので、こうなりました(笑)

麺皿アップ。
IMG_9776 楽萬家 (3)

つけ汁の中には、肉つみれ。
IMG_9776 楽萬家 (4)

麺は中細程度の縮れ。
IMG_9776 楽萬家 (5)

チャーシュウは、肩ロースかな?
IMG_9776 楽萬家 (6)
ちょっとスジっぽい。

つけ汁の味わいは、よくあるモノとはかなり違いますね。
私は、ほとんどの「つけめんウリの店」のつけ汁は、多かれ少なかれ山岸氏の【大勝軒】の影響を受けていると思っていますが、この店のつけめんのつけ汁は中華系と言いましょうか、【大勝軒】の影響外と思えます。
なんちゅうか、中華系香辛料が効いているように感じられるんだよね正体はワカラナイんだけど。
でも、まぁ、ちょっと新鮮な感触で、悪くないよ。

麺も適度にコシを残した茹で加減で、好み。
IMG_9776 楽萬家 (1)
北海道 札幌の「西山ラーメン」の物を使っています。

つみれは軟骨も入っているのかな、コリッとした食感がイイ。
大判の海苔はしっかりしてますね、香りもイイよ。
半割り味玉の半熟加減も適度。

私一人で、後客も無かったためか、焼き餃子をサービスしてくれました。
IMG_9776 楽萬家 (8)

なんと、両面焼きの餃子には初めて出会いました。
IMG_9776 楽萬家 (9)
ニンニク弱めで、喰いやすい餃子ですね。

総評
基本のラーメンを喰ってからにしましょうかね。

IMG_9787 楽萬家(11)

【ni るい斗】 横浜市港南区

港南区の環状二号沿い【ni るい斗】で、富山ブラックラーメンをやっているという情報が入りました。
こりゃぁ、喰いますよ!

映り込みが激しいですけど。
DSCI1998 富山ブラック (6)
「かなりのしょっぱさ」との断り書き。
富山ブラックの元祖ともいえる富山市の西町【大喜】のコピーでしょうか?
コレは期待できる。

発注後6~7分で到着、もちろん半ライスも貰いました。
DSCI1998 富山ブラック (1)
ものすごい黒さです、更に期待は高まる。

スープを一口すすってみる。
『!』
コレは動物ダシ風味の醤油だわ!!!
そこに中華麺が浸かっているわけです(笑)

今まで私は数多くのしょっぱいラーメンを喰ってきましたが、このラーメンこそ最強(最恐)と認定できます。
加えて、粗挽き黒胡椒から出る辛味がかなり強烈で、これはやっぱり御飯と一緒に喰うラーメンであると納得できます。

DSCI1998 富山ブラック (3)
麺は太めのやや縮れ。
強いコシがあり、濃いスープの味とあいまって一気すすり込みが楽しいな。
麺量はやや少ないかなぁ?
御飯と一緒に喰うことが前提の量なのでしょうかね。

DSCI1998 富山ブラック (2)
チャーシュウは薄くスライスされたものが6~7枚。
部位は肩ロースでしょうかね。
コレで肉巻きご飯を作って喰うと、とてもマイウ~。

細裂きメンマもショッパイが、これはスープを吸ったのかな?
大き目の輪切りネギは、さっくり食感がイイな。

普段私は、ラーメン店の従業員さんと話をすることは避けているのですけれど、この時ばかりは聞いてみました。
「このラーメンを、スープまで残さず完食された方はいますか?」と。
なんと、今までに3~4人いるそうです。

とても強力なインパクトを持つラーメンです。
【いろは】系の飲めるスープとは全く違います。

ご馳走様でした。

DSCI1998 富山ブラック (5)

【ぶた麺】 横浜市神奈川区

10ケ月ぶりに神奈川区の【ぶた麺】に行きました。

あいかわらずの、お徳な〔ランチセット〕 700円を発注。
待ち時間7~8分で出来上がりました。

DSCI1991 豚めん (2)
チャーシュウがデカい!
しかも二枚。
ウレシイんだけどかなりショッパ目。
暑い季節だから、濃いめの味に調整しているのかな?

スープの味わいは、いつもながらの甘ショッパイ二郎味。
だが二郎本流に比べると、迫力と言う点では少し譲りますね。
盛りもオトナシめ。
だから、納豆ご飯の付くセットもあるんだわね。

並ばずに食える二郎系ということで、とてもありがたい存在です。
また寄らせてもらいます。
御馳走様でした。

DSCI1991 豚めん (7)

ラーメン・カレーショップ 【がんこ亭】磯子中原店 横浜市磯子区


私のローテイション店である【杉田家】へ行ったんだけどね、店前に待ち人を見てやめました。
ならば、ここから歩いても近い【がんこ亭】へ。

喰いましたものは基本の〔ラーメン〕
IMG_1099 がんこ亭 (1)
久し振りの【がんこ亭】なので、すべて普通で頂きます。

スープはモチロン家系味であるが、近頃のスタンダードと比べるとやや弱いかなぁ。
ダシ風味、チー油の主張ともに控えめだ。
醤油ダレは適度に効いているが・・・・・

IMG_1099 がんこ亭 (2)
麺は太めのやや縮れで、やはり家系スタンダードと見えるが、若干細めかなぁ。
固め指定はしなかったが、この太さだと柔らかな感触と、のど越しの良さが際立つね。
変わっていなければ、増田製麺製のはず。

IMG_1099 がんこ亭 (3)
チャーシュウはモモ肉かなぁ?
少しの脂身と、スジもあるので肩ロースのようでもある。
ややショッパめだが、二枚あるのはウレシイ。

ホウレン草はくったりして、箸を付けると散々になった。
大判の海苔もクチャりやすいか。
他に輪切りネギ。

卓上の無料トッピングは豊富だが、コーンや白髪ねぎなどは大量に投下するとスープの温度が下がるので、注意が必要ですわ。

9年ぶりに喰ったが、若干もの足りなさを感じる。
ただ、この味は【吉村家】創業当初のものとも思えるので、オールド家系味が保存されていると考えれば貴重な存在と言えるかもしれません。
なにせ、氷取沢の本店はかなり早い時期に【吉村家】から独立した家系黎明期を支えた店の一つですからね。

御馳走様でした。

IMG_1099 がんこ亭 (4)

らぁめん【とり山】 横浜市港北区

5年ぶりに小机(最寄り駅)の【とり山】へ行きました。
前日にアブラギッシュな物をしこたま喰ったので、オナカに優しいラーメンを考えていたら、この店が浮かんだのです。

現在のメニューはこうなっています(クリックで拡大)
IMG_1087 とり山 (1)
〔支那そばらぁめん〕が700円になっているけど、2001年の開店当初から100円の値上げだから、コレは大した経営努力です。

と言うことで、基本と思われる支那そばの〔らぁめん〕を発注すると従業員さん、
「〔支那そばらぁめん〕ですね」と確認。
5年前も、このやり取りでした(笑)

さて、6~7分後に届いた〔支那そばらぁめん〕がコレ。
IMG_1087 とり山 (2)
う~ん、納得のお姿。
これぞ関東の醤油ラーメンのオールドスタイルというカンジですわ。

鶏ガラを中心として、ほのかに魚介が感じられる醤油味スープです。
とても優しい口当たりながら醤油の主張はちゃんと有り、適度な塩梅と言えましょう。

麺は中細で、強い縮れを持つ物。
IMG_1087 とり山 (4)
これまたオールドスタイルなラーメンにはぴったり。
私が子供の頃なじんだラーメンは、ほとんどがこんな麺でした。
麺線の割りには弾力もあり、すすっても噛み締めても楽しい麺だな。

IMG_1087 とり山 (3)
チャーシュウは肩ロースですかね。
4~5ミリの厚さがあり、味付けは薄めですが肉質は程よく繊維感が残り好み。

青菜は小松菜?
茎も葉もさっくりと茹で上げられて、歯ざわり良く青々しい香りもイイな。
メンマは甘みの強い物で、少し筋っぽい。
ドンブリのフチにぴんと立てられた海苔はスープに溶けやすいが香りは良いね。
ナルトは平凡だが、このタイプのラーメンには良く似合うな。
刻みネギも大振りでイイ。

疲れた胃には、とても助かるラーメンでした。
次はまた何年後かはわからないケド、変わらずにいて欲しいラーメンです。

御馳走様でした。

IMG_1087 とり山 (5)

餃子の【王将】千葉ニュータウン中央店 千葉県印西市

千葉ニュータウンに居るんだが、【王将】へ。
ちょっと悔しい。

喰いましたモノは、王将ラーメンと餃子、ライスのセット(商品名失念)
IMG_1077 王将千葉ニュー (1)

王将ラーメンのアップ。
IMG_1077 王将千葉ニュー (2)
薄い茶色に濁ったスープは、豚骨中心のダシでしょうか?
九州ラーメンのような迫力は無いが、まぁ、無難に喰えます。
当たり前ですけど。

IMG_1077 王将千葉ニュー (4)
麺は中細やや縮れ。
少しコシのある茹で加減でイイな。

チャーシュウはペラいモノが二枚。
IMG_1077 王将千葉ニュー (3)
脂身が多めなんですけど、その脂に旨みが無く魅力に乏しい。
他に甘めのメンマが5~6本。
モヤシ少しと、輪切りネギ。

無難に済ませた食事でしたが、腹は一杯に成りました。
御馳走様でした。

熱烈中華食堂 【日高屋】JR橋本駅店 神奈川県相模原市

2018年、初の冷やし中華は【日高屋】JR橋本駅店。
醤油味ではなく、〔ゴマ味噌冷やし〕にしました。

IMG_1226胡麻味噌冷やし (1)
タレ(スープ?)、麺、具がセパレートなスタイルです。

まずは、つけめん喰い。
IMG_1226胡麻味噌冷やし (2)

そして具乗せ。
IMG_1226胡麻味噌冷やし (3)

まろやかな味わいのゴマ味噌ダレは、ムセなくていいな。
具材はチープなモノばかりだけど、高級を望まない私にはベストマッチだわ。
この先もお世話になると思います。

御馳走様でした。

節骨麺 【たいぞう】王子店 東京都北区

この日もクソ暑かったけど、温ラーメンが喰いたいと思いました。

んで、【たいぞう】の〔節骨ラーメン〕
IMG_9788節骨 (1)
この日は、チャーシュウがかなりショボかった。

スープ、麺はいつも通りでイイんですけどね。
それから、少しだけ醤油が強いような気がします。
夏に合わせた調整か?

もうね昼間、暑さでへろへろに成っていたからクラッシュニンニクを三個分投下。
IMG_9788節骨 (2)
これで明日もまた頑張れる・・・・・とは思えない。

御馳走様でした。

みやげ

鴻巣で買ったお土産は【木村屋製菓舗】さんの〔いがまんじゅう〕です。

まんじゅうを赤飯でくるんだもので、栗のイガっぽく見えるってんでこの名前があります。
IMG_1394  (1) いがまんじゅう
でもね、私には赤飯のおにぎりに見える。

割ってみると、中には饅頭!
IMG_1394 (2) いがまんじゅう

甘しょっぱい味わいで、喰っているうちに何だか笑っちゃう。
シャーワセな饅頭、イヤ、おにぎり? どっち??

もちろん、川幅うどんも買いましたよ。
DSCI2004 川幅うどん
乾麺です。

先に訪れた【長木屋】さんでは生麺の状態でを販売しているそうですが、この時期は痛むのが早いため、やってませんでした。
茹でて喰うのが楽しみです。

川幅うどん 【長木屋】 埼玉県鴻巣市

さて、今回の高崎線沿線の遠征、この店が主目的でありました。
IMG_1372 キセキ食堂 (3)

クリックで拡大。
IMG_1376 キセキ食堂(5)

しかし、テレビに出てから、イヤそれ以前から人気店でかなりの混雑が予想されたのですが、これほどとは・・・・
そこで
「待たない、並ばないが基本」
の私はやめました。
写真は、早朝に撮影。

んで、上尾をあとにして鴻巣までやってきました。
IMG_1379 長木屋 (10)

目的は名物である「川幅うどん」を喰うためです。
ネットで調べて、割りと評判の良い【長木屋】さんに入店。

入り口を入った横には製麺室があります。
IMG_1379 長木屋 (8)

メニューの一部。
IMG_1379 長木屋 (1)
クリックで拡大。
「川幅うどん」については、コレを参照してね。

私は〔こうのす川幅うどん〕の冷製、Ayaは〔川幅2537ごま汁うどん〕を発注。
川幅うどんは茹で時間がかかるので、10分くらい待って出来上がりました。

こうのとりの巣をイメージしたという〔こうのす川幅うどん〕
IMG_1379 長木屋 (4)

アップ。
IMG_1379 長木屋 (5)
ナス天、挽肉、水菜などが周りを取り巻き、真ん中には温玉。

カツオと昆布のダシが効いた醤油味のつゆは、少し甘め。
普通のうどんつゆだと、川幅うどんに負けてしまうのかな、少し塩分濃度も高いようです。
ダシ素材や、野菜などは出来るだけ地元産のモノを使っているそうです。

コチラAyaの〔川幅2537ごま汁うどん〕、つけめんスタイルで喰います。
IMG_1379 長木屋 (2)
商品名の中の ‟2537” と言うのは鴻巣市において、荒川の幅が最大となると国交省が認定した距離2537メートルにちなんでいます。

小魚を模した蒲鉾が涼しげ。
IMG_1379 長木屋 (3)
この〔川幅2537ごま汁うどん〕には、普通のうどんも入っています。
そして、この普通うどんもコシが強くて、ツルツルの喉越しもイイ。

そしてこれが川幅うどん!
IMG_1379 長木屋 (6)
きしめんどころではない!
まるでハンカチ? 着物帯?

うどんと言うのが頭にあるからでしょうね、ついついすすってしまうんですけど、その重さと大きさで口に入ってこない。
箸で口の中に押し込んで咀嚼というカンジですわ。
すると、喉の奥のほうから鼻を伝わって小麦粉の香りが伝わってきます。
存在感ありありですね。

いやぁ~、初体験のこのうどん、面白かった。
御馳走様でした。

IMG_1379 長木屋 (9)

和風らーめん 味の【ほうさく】 埼玉県深谷市

私のラーメン屋リピート数トップクラスであった【ほうさく】が突然消えてしまったのは2017年の初夏の頃でした。
その喪失感は計り知れないもので、悲嘆の涙にくれた・・・・・と言っても過言ではなかったと思います。
【ほうさく】閉店の様子を確認し、このブログにアップしたほどです。

その時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-3213.html
その後、読者の方から埼玉県深谷市に移転して営業しているとの情報がありました。
まことに有難いコトで、超絶感謝!であります。

そして日々チャンスの来る日を伺っていましたが、この連休を利用して行くことにしました。


15日の朝、横浜を出発。
上野・東京ラインを使い、2時間20分ほどでJR高崎線 岡部駅に到着。
IMG_1292 ほうさく (1)
徒歩で十数分のトコロに在る【ほうさく】に向かいます。
いやぁ、しかし暑いこと熱いコト。
さすがに「暑さの本場」熊谷市に近いだけのことはある。
なんちゅうか、暑さに重さがあるんですよ。
「どお~んと来る暑さ」なんです。

さて、やっとお店に着く頃には、私の上半身の服は汗の飽和状態。
なんで、こんなにまでしてラーメンを喰うのでしょうかね?

普段は、
「ラーメン喰うのに必死になりたくない」
と公言してる私。
しかし『【ほうさく】だけは特別』
との意識がこの1年の間に深く沈潜していったのかもしれません。

お店外観。
IMG_1292 ほうさく (2)

現在のメニュー。
IMG_1292 ほうさく (3)
横浜時代より、100円値上げしてますが、都市部のラーメンに比べればまだまだ安い!
〔チューシュウめん〕や〔わんたんめん〕が無くなってしまいました。

扉を開け、暖簾をくぐるとオバちゃんは私たちのことを覚えていてくださいました。
声も明るくハズんで、お元気そうで何よりです。

先のメニュー減少について伺いましたところ、営業中はオバちゃん一人でやっているそうですから、あまり手の込んだことは出来ないそうです。 これは無理もないね。
オヤジさんは、今現在も仕込みと味見を担当してくれているそうです。

私が喰いましたモノは、基本の〔塩らーめん〕
IMG_1292 ほうさく (4)

スープの味わいは、横浜時代と大きく変わったトコロはありません。
優しく穏やかな中に深みのある「ほうさく味」です。
ただ、かつおダシがやや弱くなったように感じました。

味付けは、塩味が強め。
以前からオバちゃんが作ると、麺はやや固めで味は濃いめになる傾向がありましたから、この点も変わってないね。

IMG_1292 ほうさく (7)
麺は細めで強く縮れたもの。
シャッキリと茹で上げられて、固さも好み。
以前と変わらぬ麺だと思いますが、横浜市から深谷市への移転ですから、中小の製麺所だと運んでくれるのかな?
現在は輸送網も発達しているから大丈夫なのか?
ただ、私は【ほうさく】が使っている麺の製麺所を知らないんですよ。
昔も今もね。

IMG_1292 ほうさく (6)
分厚いバラ肉のチャーシュウは二枚。
脂身はトロトロで、赤身は肉質をしっかり残してます。
味付けは控えめ。

コチラAyaの〔味玉正油らーめん〕
IMG_1292 ほうさく (5)
醤油味は、スープが結構黒くてインパクトがあります。
しかし、ショッパクはないよ。
塩味に比べると、繊細さよりもワイルドさがウリかな。
ちなみに、玉子の黄身が双子でした。

懐かしい味に再会できて、とても嬉しかったです。
次の機会は涼しい季節に合わせて作りたいと思います。

御馳走様でした。

初訪 横浜家系らーめん 【一真】 横浜市中区

2017年9月15日オープン。
一月後くらいに行ったのですが、休日でフラれました。
その後放置してましたが、このクソ暑いのに家系ラーメンが喰いたくなり、思い出したというワケです。

喰いましたモノは基本の〔醤油ラーメン〕 700円。
IMG_1217一真JPG (5)
開店より10ヶ月ですが、値上げしたよう。

スープの味わいとしては、ウズラの卵こそ無いが、濃厚でクリ―ミーな特徴は家系壱六派、特に松壱系統の影響を感じます。
あるいは、炊かないスープなのかぁ?
私は喰った事が無いけど、〔豪麺〕という商品もあるしね。

IMG_1218一真JPG (2)
麺は太めのやや縮れ。
初食なので、特に固さの注文はしませんでしたが、やや固めのゆで加減で好み。
家系としては長めにカットされていますね。
麺箱が見えなかったので、製麺所はわかりません。

IMG_1219一真JPG
チャーシュウは、バラ肉二つ折りタイプでかなり厚めにカットされています。
漬けダレである醤油の風味豊かですが、私には少々ショッパイな。

ホウレン草は多めだが、クタり気味。
大判の海苔はスープに溶けにくいしっかりしたもの。
他に輪切りネギ。

総評
松壱系統の味をこの価格で頂けるのならば、CPは高いと言えましょう。
もう一度喰ってみます。
69点。

IMG_1220一真JPG (3)

【ラーメンショップ】希望ヶ丘店 横浜市旭区

この暑いのに、朝から買い出しやら何やらの大仕事。
昼食はちゃんと摂れるかわからないので、朝からやっている新幹線線路沿いの【ラーメンショップ】希望ヶ丘店に入ります。
当ブログには何度も登場しているので軽くね。

基本の〔らーめん〕
IMG_1232 ラショ(2)
現在の多くのラーショとはやや異なるルックス。

薄茶色に濁ったスープに、双喜紋のドンブリ。
コレが「ショップ系椿派」の特徴と言えましょうかね。

味わいは、他の多くのラーショと基本線は同じですが、ややコッチのほうがアッサリしているか。

IMG_1232 ラショ(4)
麺は細めのやや縮れ。
デフォだと柔らか目の茹で加減です。

IMG_1232 ラショ(6)
チャーシュウは肩ロースかな?
切り落としのような部分が入ってました。

コチラAyaの〔ミニ・チャーシュウ丼〕
IMG_1232 ラショ(3)
細切りの海苔と甘辛いタレが良いカンジ。

使い勝手の良い店ですから、また忙しい時に寄らせてもらいます。
御馳走様でした。

再訪 本格派みそらーめん 【金太楼】 茨城県坂東市

茨城県坂東市のファミレス風大きなラーメン屋さんである【金太楼】を再訪。

IMG_1065金太楼 (1)
この日は〔しょうゆラーメン〕と〔Aセット〕にしました。 650円+165円。

近くにラーメン店が少ないためか、12:00を回ると混雑します。
十数分の待ち時間後に到着しました。
IMG_1065金太楼 (3)
+165円でこの内容ならいいよね。

〔しょうゆラーメン〕のアップ。
IMG_1065金太楼 (2)

鳥ガラ中心と思われるダシですね。
アッサリした味わいですが、醤油濃度は高めで私にはかなりショッパイ。
それと、かすかに魚介系の風味を感じるのですが、確かなトコロはよくわかりません。

IMG_1065金太楼 (5)
麺は中太程度の麺線を持つやや縮れ。
少し固めのゆで加減は好み。
長めにカットされているので、すすり込みも心地よいね。

IMG_1065金太楼 (4)
チャーシュウは薄くて、あまり存在感は無いな。
肩ロース肉でしょうか?
筋っぽい部分もある。

大判の海苔二枚は香りがいい。
メンマはかなり筋ばっている。
他に多めのワカメと、輪切りネギ。

アッサリ目の喰いやすいラーメンですが、ちょっと印象に残りにくいね。
なお、餃子ですが
『向こう三カ月は喰いたくない』
ハズだったのに、案外喰えちゃうものですね(笑)

御馳走様でした。

【珍来】六町店 東京都足立区

埼玉や千葉、茨城に行くと、よく見かける中華料理の【珍来】
神奈川には、まだ無いようで横浜西口 鶴屋町の【珍来】は同名異店でしょう。

その時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-914.html
この時はね、順番飛ばされたりして怒り心頭!
『二度と行くもんか!!』状態で退店。
7年前ですから、そろそろホトボリも冷めたかと言うことで、行ってみました。

そしたら、こんなものが。
ST330118珍来六町 (1)
「川崎溶き玉子系」のラーメンに似てます!
迷わず注文。
辛さは4段階から選べますが【珍来】の辛味料理は、まったく未経験のため、まずは相手の出方を伺おうと「中辛」でお願いしました。

発注後、6~7分で出来上がりました。

ST330118珍来六町 (2)
な~るほど、
よく似てますね。

鶏ガラが中心と思われるスープは、元は優しい塩味だと思います。
そこに唐辛子の辛味が加わって、かなり刺激的な辛味を持っています。
しかし、辛い物好きの私からすれば、もう一段辛い「大辛」でも良かったかな。
と言うくらいの辛味ですわ。

多めの挽肉と玉子も良いカンジです。
川崎溶き玉子系のラーメンとの大きな違いとしては、ニンニクの気配が皆無である。
と言うコトです。

ST330118珍来六町 (3)
麺は平打ちの太めで、強い縮れがついています。
スープ自体は、割りとアッサリした塩味ですから、この麺の持ち上げの良さはありがいね。

麺量も適度で、サービスのライスは要らないかも。
しかし、くれるというモノは有難く頂いて、残したスープにドボンして雑炊風にして頂きました。

足立区まで来て川崎名物に近いものに出会えるとは。
なかなかウレシイラーメンでありました。

御馳走様でした。

ST330118珍来六町 (4)

農家かふぇ 【ハレルヤ】 神奈川県藤沢市

私達のお気に入りの店【ハレルヤ】に行きました。
目当ては冷やしラーメンだったけど、この時はまだ始まってなかった。 残念。

そこで〔煮干しラーメン〕 500円。
IMG_1081ハレルヤ (2)
この店の煮干しラーメンは、煮干しが強過ぎずAyaでも楽に喰えるのでイイですね。
他の店のセメント型などとは、大きく異なるスッキリさです。

この国は、「これがイイ」となると皆で一斉に右向け右して ”おなじおなじ” に成りたがりますから、こう言うタイプは貴重でありウレシイ。

〔肉汁つけめん〕 650円。
IMG_1081ハレルヤ (3)
うどんつゆのような、つけ汁は実に落ち着ける味わいだな。

平打ち幅広の麺。
IMG_1081ハレルヤ (5)
ゴワ感のある食感で、強いコシもある。
この店の前身である店から引き継いだ讃岐うどんチックな感触が健在している。

そして、油揚げが入っているのが面白い。
IMG_1081ハレルヤ (4)
多めの豚肉の油分とあいまって、ちょっとしたコッテリ感も持ち合わせているね。
多めのゴマも香ばしい。

またしばらくしたら、冷やしラーメンを頂きにまいります。
ご馳走様でした。

再訪 香港雲呑専門店 【賢記】 横浜市中区

初訪問時、印象の良かった香港雲呑専門店 【賢記】を再訪。

今回喰いましたモノは〔野菜肉雲吞麺〕の塩味。
麺が通常の細麺と香港麺から選択できるので、今回は香港麺にしました。
しかし、香港麺って何だ?

発注より、5~6分後に配膳されました。
IMG_1058賢記 (4)
透明度の高い、キレイに澄んだスープです。

味わいは、鶏ガラダシの効いた、とても安心できるモノ。
スッキリとした飲み口と、キレの良さですわ。
コレは普通に塩ラーメンとしてもやっていけるじゃん。

ただし、業務用かどうかは、わかりません。

IMG_1058賢記 (6)
麺は、超極細の縮れ。
九州北部の麺よりも更に細いね。
中国麺の「龍髭麺」に近いか?

しかし、超極細麺はスープの中で良くほぐさないと、モッサリとかたまり喰いにくいことがあるんですけど、この麺もその傾向があるね。
やはり、普通の麺にしておくべきだったかぁ。

IMG_1058賢記 (5)
テルテル坊主タイプのワンタンです。
具が多めで箸で持ち上げると重いくらい。

IMG_1058賢記 (3)
サービスの蒸し鶏の葱油ソース飯。

IMG_1058賢記 (2)
コレもサービスのフルーツ杏仁豆腐。

相変わらずのサービスの良さで、CPは高いね。
また寄らせてもらいます。
御馳走でした。

麺屋 【ごとう】 東京都豊島区

駒込で仕事をしてました。
車をとめたコインパの目の前が 麺屋 【ごとう】
こりゃぁ昼食は決定でしょ。

私は移転前の西池袋時代に喰ってます。
2012年の2月のコトですから、6年振りか。

その時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1252.html

現在のメニュー。
IMG_1049 ごとう (2)

と言うワケで基本の〔特製もりそば〕 750円。
IMG_1049 ごとう (3)
山岸一雄氏が健在の頃の、東池袋【大勝軒】の〔もりそば〕そのままの姿です。

サラリとして、甘酸っぱい味わいも親譲り。
しかし、ダシ汁は豚骨や鶏ガラ、野菜、煮干しに加えて鯖節を使うそうです。
東池袋【大勝軒】は、挽肉とカツオ節がポイントでしたから、少し異なりますね。

IMG_1049 ごとう (7)
麺は自家製の極太。
パスタにちょっと似た食感がありますが、噛みしめると小麦粉の香りが喉の奥をくすぐります。
麺量もつけめんとしてはちょうど良い300gで、私にも適量。

IMG_1049 ごとう (4)
チャーシュウはモモ肉かなぁ?
コレはコレで正しいんだが、西池袋時代は肩ロース肉でした。
脂身が少なく食べやすいな。

IMG_1049 ごとう (5)
つけ汁のン課のメンマは、細いのや幅広いのやら。
バラエティカットと言いましょうか(笑)

IMG_1049 ごとう (6)
世間のハヤリに流されない、伝統の固茹で玉子半割り。
【大勝軒】系はコレ。

山岸氏のDNA色濃く健在!!
御馳走様でした。

それにしても後藤さん、半地下式の店が好きですね。
選んだ? それとも偶然?
IMG_1049 ごとう (1)

【竹岡らーめん】バイパス店 千葉県木更津市

2015年3月以来の【竹岡らーめん】バイパス店です。

基本の〔ラーメン〕プラス〔半ライス〕
IMG_0974竹岡バイパス店 (1)
〔半ライス〕を注文すると、半割り茹で玉子や、漬物が付いてきます。
【竹岡らーめん】各店は少しづつ商品構成が異なりますが、コレはオトク!

〔ラーメン〕のアップ。
IMG_0974竹岡バイパス店 (2)
刻み玉ネギの白さと、黒いスープが良いコントラスト。

銚子産の生醤油を使ったチャーシュウの茹で汁を、麺の茹で湯で割ったスープは、真っ黒ですがそんなにショッパクはありません。
ダシ感と言う点では確かに乏しいが、元ダレの中に良い肉味が出ているので、十分においしいラーメンスープと言えるでしょうね。

麺は細めで、縮れネジレのある乾麺。
IMG_0974竹岡バイパス店 (3)
やや固めの茹で上げで、好み。
長めのカットも、ススリ込みに嬉しいな。

チャーシュウは厚めのノンロールバラ肉。
IMG_0974竹岡バイパス店 (4)
醤油の香ばしさが強く訴えてきます。
二枚入ってウレシイな。

木更津周辺の「竹岡式ラーメン」を提供する店の中でも、使い勝手の良いこの【竹岡らーめん】バイパス店。
久し振りなので、禁制のスープ全飲みをしてしまいました。

御馳走様でした。

IMG_0974竹岡バイパス店 (5)

【鳥良商店】伊勢佐木町店 横浜市中区

やっと【鳥良商店】のラーメンを喰ってきました。

〔とりそば〕 680円、税込み730円。
IMG_1180鶏良 (1)
全体に白っぽくて、なんだかハッキリしない画像になっちゃった。
色のアクセントとして、青ネギにすれば良さそうだけど・・・・・

こんなモノが付いてきたけど、何に使うんだ?
IMG_1180鶏良 (2)
私はレンゲ不用ドンブリ持ち喰いなので、箸だけあればイイんです。
極端な話、テーブルだってイラナイわけです、単なる置き場としてなら認めるけど。

スープの味わいは、とても強く鶏の風味が出ています。
さすがに鶏料理の専門店が作る鶏ダシのスープだね。
油分は、ほぼ完全乳化してるのかな?
唇にペタペタ感があります。

元ダレは塩ですかね?
コレが、今の私にとってはかなりショッパイ。
塩分過多になるでしょうから、スープの全飲みは止めておきました。

麺は平打ちで、中細程度のモノ。
IMG_1180鶏良 (4)
縮れ、ネジレが粘度の有るスープを良く持ち上げます。

鶏肉は、モモと思われるものが4個ほど(ピン甘ですまんす)
IMG_1180鶏良 (3)
特に強い味付けはありません。

他に輪切りネギと、とてもシンプルな内容。
私は好きだが、少し不満に思われる方もいるでしょうね。

総評
かなり濃厚な鶏ダシのラーメンです。
しかし、ラーメンとしての完成度はイマイチ。
67点。

IMG_1180鶏良 (5)


【日の出らーめん】 横浜市中区

とっても暑い。
こんな日は、つけめんにするか。

【日の出らーめん】の〔剛つけめん〕
IMG_1157日の出らーめん

前回は〔真つけめん〕なるものを喰ったが、あまり良くなかった。
なので、基本の〔剛つけめん〕に戻しました。

濃厚なつけ汁の中には、ゴロゴロチャーシュウとキャベツ片が数枚。
強靭なコシをもつ極太麺との相性は良好。
やはり、安心安定の品質ですわな。

御馳走様でした。
また来ます。

【麻布ラーメン】芝浦店 東京都港区

この日は田町で仕事をしてました。

う~ん暑い。
とても熱い。
こんなに厚い日は、コテコテのラーメンを喰ってくたびれよう!

っうことで、【麻布ラーメン】芝浦店。
基本の〔とんこつ正油ラーメン〕 750円。
18-05-18 麻布ラーメン
デジ亀忘れて、私のガラケーで撮影。
画像悪いのはカンベンしてください。
麺写真とチャーシュウ写真は、画像が悪いため省略しました

スープはコテコテのはずだったんだけどね。
背脂はいっぱい浮いてます。
しかし、そんなにクドくはないなぁ。
背脂の甘味の中に、キリリとした醤油味が効いてます。

田町駅の周辺にはアッチにもコッチにも【麻布ラーメン】があって、慶応三田店で喰った時は、その液状油の量に驚いたものです。
今の慶応三田店がどうなっているのかはワカラナイけど、昨今の時流に合わせて調整しているのでしょうかね?
見た目の割りには、スッキリしています。

麺は太目のやや縮れで、スープの迫力をキッチリと受け止めます。
デフォでは少し柔らかめの茹で加減だけど、芯に弾力があり、「くにゅっ」とした食感は楽しいな。

二つ折りバラ肉のチャーシュウには厚みもあり、食べ応えあり。
少しショッパイが、今の季節にはイイかもね。
大判の海苔は、香り良し。

暑い日にサッパリしたものは当たり前ですが、こってりラーメンも良いモノですよ。
ホントかいな?

御馳走様でした。

初訪 ラーメン 【イエロー】御徒町店 東京都台東区

秋葉原駅の東側をブラブラしていました。
めざすラーメン屋がすいていたら喰ってやろうかと思いながら。
ところが、行けども行けども予定ターゲットは見つからない。
前方には【多慶屋】の紫ビルが見えてきちゃったよ。
これは、とっくに通り過ぎている。
んで、来た道を戻ります。

すると、横道に黄色く輝く店を発見!
近付いてみると、コレはまさしく「二郎系」に間違いなし。
店名は、そのまんま【イエロー】
ちょっと(笑)
『よし、ココにしよっ』 と、シフトチェンジ。

ここで少し思い出したんだけど、この店舗は未食に終わった 麺屋【いなば】というラーメン屋だったトコロじゃないかな。
たしか去年の夏くらいまでは、【いなば】だったように記憶している。
まぁ、東京にはゴマンとラーメン屋が在り、日々移り変わっているから未食のままサヨナラする店の方が圧倒的に多いワケだが。

さて、ラーメンは基本の「並み」で 850円 という二郎系としては高めの価格設定。
呪文ならぬ無料トッピングはこうなっています(クリックで拡大)
IMG_1042 イエロー (2)

待ち時間8分くらいで到着。
IMG_1042 イエロー (3)
野菜ノーマル、ニンニクあり、あぶら普通でお願いしました。
わお! 豚肉はカッタマリ~ですね!!

山の高さはこのくらい。
IMG_1042 イエロー (4)
店名がイエローならドンブリも黄色。

表面に透明な油が厚く張ったスープで、中層は半乳化の状態です。
動物系のダシ風味は十分に効いて、かなりの重量感です。
かすかな酸味と甘みがありますが、何よりも醤油が前に出ている味わいです。
私にとっては、なりショッパイ。

天地返し&麺リフト。
IMG_1042 イエロー (6)
麺は、ほぼストレートの極太。
ゴワゴワ感が存分に楽しめる固めの茹で加減です。
麺量は300gくらいはありますかねぇ?
【二郎】本流に近いド迫力ですわ。
自家製麺。

IMG_1042 イエロー (5)
ゴロっとした大きな肉の塊はふたつ。
こりゃ~スライスなんて切り方じゃないですね。
かじりつくと、大きさに似合わぬ柔らかさで、すっぱりと切れ、口の中ではホロホロと崩れます。
ただ、味付けがショッパイなぁ。

野菜はモヤシ8:2キャベツ と言った比率ですかね。
よく火が通されて、喰いやすいです。

総評
後で調べてみたら、新潟に本店があるそうです。
主人は【二郎】高田馬場店出身。
少し高い価格ですが、あの豚肉ならこの価格でもいいか。
71点。

IMG_1042 イエロー (7)

【メーギ・テントーチ】 横浜市中区

今年の2月以来の【メーギ・テントーチ】に行ったら、冷やし物が始まってました。

まずは、基本の〔タンタンメン〕
IMG_1027メギテン (1)
ふわふわ玉子の存在感がきわだつ独特のスープです。
もとは小田原タンタンメンを目指していたそうですが、今やこの店のオリジナルと言ってもイイんじゃないかな。

〔冷やしタンタンメン〕
IMG_1027メギテン (2)
昨年のバージョンと違って、玉子焼きがなくなってますね。

基本のダシに甘辛酸っぱさを加えたスープは辛過ぎず、Ayaでも大丈夫。
冷やされた麺は、よりコシが強く、かなりの喰いごたえがあります。

〔ミニカレー〕
IMG_1027メギテン (4)
挽肉が中心の、キーマカレーに近いものですかね。
スパイシーと言うよりは、唐辛子の辛味が直接的に訴えてくる味わいです。
白楽時代はかなり辛かったんですが、今はやや抑えられた辛味です。

暑いこの時期にウレシイ冷やし物と、カレー。
御馳走様でした。
また来ます。

麺屋 【臥竜】 横浜市中区

私が今気に入っている二郎系【臥竜】
しかし、ちょっと御無沙汰してましたが、久し振りに喰ってきました。
当ブログには何度も登場してますから、軽くね。

おんや、今日は切り落としチャーシュウ付いてますね。
IMG_1007臥竜 (1)
本日の一番客となったのでサービスかな?

山の高さはこのくらい。
IMG_1007臥竜 (2)
野菜普通、アブラマシです。

切り落としチャーシュウは、ハジの部分なので、結構ショッパイ。
IMG_1007臥竜 (3)

甘めのスープはやや品が良い。
【二郎】本流と比べちゃうと、力の不足は否めないんですが、今の私にはちょうど良い。
そして何よりも、並ばずに食えるんですから有難い。

御馳走様でした。
また来ます。

新店情報

麺処 【山一】 横浜市中区

関内駅近くの【日高屋】ウラあたりに、端麗系の新店が出来ると言う情報が入ったのは、4月ごろだったか。
今日、通りかかったらこんな貼り紙がありました。
IMG_1177山一 (1)
ここは、みずほ銀行のATMがあった店舗だね。

店の横には、建築資材が置かれており、現在改装中のようです。
IMG_1177山一 (2)
7月にオープンと言う情報もあるが、間に合うのかな?
それ以外は詳細不明。

現在、端麗系には飽きが来ている私ですし、近所だから後回しは確実。
と言うか、新店に行くのはだいぶ時間が経ってからが普通な私。
落ち着いた頃に行くでしょう。