FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

【ラーメンショップ】岡津店 横浜市泉区

ショップ系では割りと気に入っている【ラーメンショップ】岡津店に久し振りに行ってみた。
ほぼ一年振りか。

〔ラーメン〕中盛り。
IMG_1555 ラショ (1)
ショップ系おなじみのイギリス兵のヘルメットみたいな平ドンに、薄茶色に濁ったスープ。
スタンダードなショップスタイルです。

味わいも、慣れ親しんだ「ショップ味」で、面白みは無いが悪くもない。

と言うか、このチャーシュウがショップ系の中では、かなりしっかりしていると思うのです。
IMG_1555 ラショ (2)
小さいけど二枚入り。
肩ロース部分だと思いますが、ややスジっぽいトコロはあるものの厚みはソコソコあり、ジューシーさも持ち合わせています。
ショップ系のチャーシュウは、ペラいものやダシガラちっくになりがちなものが多い中、健闘していますね。

IMG_1555 ラショ (3)
麺は細めのほぼストレート。
スープの絡みはイマイチで、マッチングには疑問がありますが、喰いやすさはあります。

鉄道駅からは遠いが駐車場もありますから車での訪問ならば使い勝手は良いでしょう。
価格は抑えめで、ラーメン以外のメニューもありますから便利。

御馳走様でした。

IMG_1555 ラショ (4)

閉店・新店情報

私の二郎系ラーメンのローテイション店である ラーメン酒場 【大黒家】が閉店してました。
あ~あ、残念。
コレで【ハングリーピッグ】と【臥竜】だけが頼りになっちゃった。

IMG_1750 四川TOMO (1)
んで、次の店は四川料理屋さんだそう。

IMG_1750 四川TOMO (2)

麺料理もあります。
IMG_1750 四川TOMO (3)

そのうち、喰ってみるでしょう。

拉麺 【ぼうず】 横浜市旭区

なんと二年も御無沙汰してました。
拉麺 【ぼうず】です。

喰いましたものは、基本の〔ラーメン〕
IMG_1457 ぼうず (1)
だいぶ前から白菜が無くなって、見た目は家系スタンダード(店側は「家系」とは謳ってません)

スープの味わいも家系なんですが、そこらの「その他大勢の家系」に比べると、丁寧に作られているという印象を受けます。
チー油の香りも良く、動物系のダシ風味も十分に出ています。
醤油ダレも適度に効いて、過不足なし。
安心して喰える家系風ラーメンと言えましょう。

太めでやや縮れの麺は、家系風としては珍しい長めのカット。
IMG_1457 ぼうず (3)
久し振りなので、普通の茹で加減でお願いしました。
小麦粉の香りも豊かで、強いコシもあります。

IMG_1457 ぼうず (2)
肩ロースと思われるチャーシュウは、薄めの味付け。
スープの熱で少し縮れるくらいの厚さです。
この厚さなら二枚あるとウレシイんだけどね。

ホウレン草は、ややクタリ気味だけど量が多い。
大判の海苔は三枚で、スープに負けないシッカリしたもの。
他に輪切りネギ。

近くに強豪店があるけど、続いているこの店。
このまま頑張って欲しいものです。

御馳走様でした。

IMG_1457 ぼうず (6)

新店情報

このトコロ、相鉄沿線に動きがあるね。

天王町駅前には【松原家】
IMG_1703 松原家
現在工事中。

家系っぽさを感じたんだが、店前の垂れ幕には「鶏白湯」の文言もある。
まぁ、オープンは近いだろうから、その時に成ればワカル。


国道16号沿い、パチンコ屋さん【ピカデリー】の近所には【青木商店】
IMG_1709 青木商店
二週間くらい前に通りかかって気が付いた。
んで、本日、やっているかな?
と、行ってみたが11:00を過ぎても開ける気配がない。
ネットで調べても、詳しいことは不明。
ただ、看板にある「黒ニンニクマー油ラーメン」等と言う文言から、南九州のラーメンであろうと想像できる。

相鉄沿線は、よく〔ラーメン不毛地帯〕などと言われるけど、そんなイメージを払拭して欲しいものです。

初訪 中華料理 【龍海閣】 横浜市保土ヶ谷区

川崎溶き玉子系ラーメンのニューフェイスです。
と言っても、この店はかなり前から在る。
私が、この店に川崎溶き玉子系ラーメンが有るというコトを知ったのが、つい最近なのです、あはは。

ちょうど昼どきで、腹も減っていたのでランチサービスの半チャーハンが付くセット 850円を発注。
待ち時間6~7分でまず半チャーハンと杏仁豆腐から来ました。
IMG_1711 龍海閣 (2)

続いて、ラーメン到着。
商品名は〔ニンニク、玉子タンタン麺〕です。
IMG_1711 龍海閣 (3)
基本的に辛さの調整は無いようで、何も聞かれませんでした。
しかし、頼めばやってくれるかも・・・・・?

スープを一口飲んでみたら、まずニンニクの風味がドカンと来ました。
かなり強いアピールで、ニンニクがあまり得意でない人は激しく拒否なカンジでしょう。

ダシは中華屋さん王道の鶏ガラ清湯ですかね。
唐辛子の辛味と、玉子のマイルドさが混然となり、塩味スープを引き立てます。

IMG_1711 龍海閣 (4)
麺は太めやや縮れ。
エッジの効いた角断面と強靭な弾力を持ち、存在感はアリアリです。
厨房が見えない造りですので、製麺所はワカラナイ。

挽肉と溶き玉子多めでウレシイ。
IMG_1711 龍海閣 (5)

さて、強いニンニクですが、喰い終わる頃になっても、その姿は確認できませんでした。
こまかくして使っているのか、あるいはニンニクエキスなのか、単に私の観察力不足なのか?

半チャーハンは、浅い焼き加減ながら味付けはしっかりしており、量も多めで満足。

総評
きっちり川崎溶き玉子系ラーメンの特徴は押さえてますね。
定食類も豊富で、使い勝手は良さそうです。
67点。

IMG_1711 龍海閣 (6)

スーパー 【SANWA】鶴ヶ峰店のイートインコーナー 横浜市旭区

『チープなラーメンが喰いたい!!』
年に数回そんなコトがあります。

んで向かったのが【SANWA】
イートインコーナーにラーメンがあるのは、前々から見てました。
喰ってみます。

〔チャーシュウメン〕
IMG_1491 三和 (3)
見た目がキレイだね
ナルト入りもイイよお。
おっと二枚入っているが、これは貼り着いてるのに気づかず投入されたか???
モチロン業務用スープ。
安定の味わい。

IMG_1491 三和 (5)
細めやや縮れの麺は、柔らかめの茹で上がり。
量も標準的。

IMG_1491 三和 (4)
モモ肉と思われるチャーシュウはペラいが五枚。
シツコくないし、肉質は締まって噛み応え良し。

コチラ〔とんこつ醤油ラーメン〕
IMG_1491 三和 (2)
スープが、やや濁っている。
が、〔チャーシュウメン〕のスープとの大きな違いは感じられない。

〔たこ焼き〕も喰っちゃいました。
IMG_1491 三和 (1)
ソースをどぼどぼにしててもらいました。
ただし、無タコのものが一個ありました。
私は生涯で二度目ですが、割りと勝率は高い方ではないでしょうか?
まぁ、これも愛嬌。

何も考えない。
なんの感想も述べないラーメンも良いものです。

御馳走様でした。

麺屋 【臥竜】 横浜市中区

現在私のお気に入りの【二郎】系である【臥竜】です。

アブラマシで頂きました。
IMG_1671 臥竜 (3)
この店の初期の頃は、野菜にニラが入っていたんですが、いつの間にか無くなりましたね。
スープの味わいは、いつもながらの優しめの二郎味。
チャーシュウも何度か変わりましたが、このトコロは分厚くて大き目のバラ肉チャーシュウで安定しています。

製麺所はネットより佐々木製麺であるとの情報を得ていましたが、今回ウラが取れました。
店内のカレンダーの一部です。
IMG_1671 臥竜 (1)
相模原市中央区にある佐々木製麺で間違いないでしょう。

腹一杯になりました。
御馳走様でした。
また来ます。

新店情報(続報)

8月21日にお知らせした【三田製麺所】ですが、本日早朝通りかかったら、ほぼ工事が終わってました。

IMG_1511 三田 (2)

IMG_1511 三田 (4)
あさっての木曜日オープン。

【三田製麺所】は都内で何度も喰っているから、優先度は低いけど、落ち着いた頃に行ってみます。

新潟発祥 【なおじ】足立六町店 東京都足立区

前回訪問時に印象の良かった足立区六町の【なおじ】
今回は、【二郎】風のラーメンである〔なおじろう〕を喰ってみました。

発注後7分ほどで出来上がりました〔なおじろう〕 750円。
IMG_1451 なおじ (1)
デカいキャベツの一片が乗っているけど、コレはタマタマか?

山の高さはこのくらい。
IMG_1451 なおじ (2)

麺は太めやや縮れで、かなりうどんチック。
IMG_1451 なおじ (4)

チャーシュウは例の長いものでバラ肉炙りタイプ。
IMG_1451 なおじ (5)

スープの味わいは基本である〔背脂中華そば〕と同じものだろうと思いますが、少し甘味と酸味を加えてあるようです。
んで、液状油脂と背脂が元々多めだから、かなり【二郎】の味に近くなっているのかな。

モヤシを中心とする野菜が多目だけど、総量としては【二郎】にはおよばないので、腹一杯に成ったがそれほど苦しまずに食いきれました。

面白いのは、基本の〔背脂中華そば〕よりも50円安いこと。
普通は変化球モノのほうが高いんだけどね、ココラ辺どうなっているのか不明。

〔台湾まぜそば〕もあるので、次の機会には喰ってみたいな。
御馳走様でした。

初訪 汁なし担々麺 【ほうきぼし】関内セルテ店 横浜市中区

2018年4月26日、関内駅前のセルテ6階にオープンした「関内ラーメン横丁」
初めは二店舗でやってたけど、6月1日にやっと全ての出店が終わり4店舗が揃いました。

そんな中で、私の注目店は未食の【ほうきぼし】と【ナルトもメンマもないけれど】
特に【ほうきぼし】は北区赤羽に本店があるから、ほぼ行く機会が無い。
近くに出来て行きやすくなったと大喜びで、7月の初め頃に行ってみたが待ち人数人を見てやめました。
んで、今回リベンジというワケです。

店の奥の席に通されましたが、窓から関内駅方面が見える。
IMG_1502 ほうきぼし (2)
この地に30年近く住んでますが、こんな風景はあまり見たことがなくて新鮮だなぁ。


〔汁なし担々麺〕 880円。
IMG_1502 ほうきぼし (3)
店主の毛利友紀乃さんが、修行経験なしで独自に研究・開発したと言う〔汁なし担々麺〕です。

早速まぜまぜ。
IMG_1502 ほうきぼし (4)

麺リフト。
IMG_1502 ほうきぼし (5)

ちょっと辛味のあるタレですね。
基本的には醤油味なんだが、いろんなモノを合わせてあるようです。
特に気になるのがナッツの食感と、独特の風味を持つ香辛料らしきもの。
いずれも、その正体は私の馬鹿舌ではワカラナイんです(笑)
そして、ベビースターらしき揚げ麺のカリカリ具合が、喰い進むにつれてシンナリしてくるのも面白い変化を楽しめます。

総評
時間差で、辛味よりもシビレ感が前に出てくる坦々麺です。
これが四川坦々麺らしさなのかな?(私は四川で坦々麺を喰ったことがないので)
ベビースターなどは、日本的な良さを感じさせますね。
なかなかイイまぜそばだと思います。
70点。

IMG_1502 ほうきぼし (1)

喜多方ラーメン 【坂内】石川町店で〔和風冷やしラーメン〕 横浜市中区

この夏二度目の【坂内】の冷やしラーメンを喰いました。
あっ、ちなみに私はウルトラ・スーパー・超々暑がりなので、2月から11月までが夏です。

私は前回と同じく、普通の冷やしラーメンを食ったので、画像は割愛。
コチラ、Ayaの〔和風冷やしラーメン〕に味玉とチャーシュウ丼を付けたお姿。
IMG_1463 坂内冷やし (3)

4個の氷が浮いたスープからは湯気ならぬ冷気が立ち上がり、すっきりした醤油味に加えてゴマ油の香りが心地良いね。
チャーシュウは別皿で温められています。
これにほんの少しワサビを付けて喰うとウマイねぇ。

チャーシュウ丼は、高菜と切り落としチャーシュウを和えたものが乗っています。
端っこ部分のチャーシュウは、よく醤油ダレが染みてるし、焦げもありよい風味。

この冷やしラーメン、夏だけじゃなくても喰いたいなぁ。
御馳走様でした。

再訪 横浜家系 【黄金家】 横浜市中区

初訪問時印象の良かった【黄金家】を再訪問。

モチロン基本の〔ラーメン〕ですが、再訪の今回は麺固めでお願いしました。
IMG_1549 黄金家 (1)
発注後6~7分後に到着。

黄色いチー油が目立ちますね。
スープは変わらず動物系のダシ風味が強く訴えてくるもの。
ややインスタントラーメンちっくな味わいも感じましたが、コレは家系にはタマにあることだね。

IMG_1549 黄金家 (3)
長多屋製麺生の麺は本流に比べるとやや細めながら、固めの茹で加減にすると小麦粉の香りも感じらます。
少し歯にきしむような食感があるが、通常よりは低加水なのかな?
やはり、家系にはもっちりとした歯ごたえが欲しいトコロだが・・・・・

二枚入っているチャーシュウだが、変わった?
IMG_1549 黄金家 (2)
モモ肉のような脂身の少ないものになっています。
単なる切り分けによる違いでしょうか?
フチは赤く染まり、見かけは移転前の【吉村家】っぽいね。

海苔はスープに溶けにくいしっかりしたもの。
ホウレン草はややクタり気味。

私が好きだった頃の【吉村家】DNAを色濃く持つラーメンなので、このまま通ってみます。
御馳走様でした。

油そば専門店 【ぶらぶら】伊勢佐木町店 横浜市中区

あまりクドくない油そばとして気に入っている【ぶらぶら】
夜の伊勢佐木町店に久し振りに行ってみました。

基本量が少なめですから、大盛りにしました。
IMG_9890 ぶらぶら
大盛りでも、このくらいの総量。
夜に喰う分には、そんなに量は要らないから十分なんです。
楽に喰い切れるから、イイね。

そして、締めは麺を少し残して卓上に用意されている鶏ダシを多めに加え、ラーメン風にして喰いました。
御馳走様でした。

中華料理 【天龍】マリナード店 横浜市中区

今年6月以来の【天龍】

喰いましたモノは、暑くても〔タンタンメン〕
IMG_1485 天竜 (1)

IMG_1485 天竜 (3)

IMG_1485 天竜 (2)

すっきりした辛味と、芝麻醤のコクが嬉しいスープです。
中華鍋で炒め煮にされたニラと挽き肉、溶き玉子も入って熱々。

こんなラーメンだけど、暑い中、時々喰いたくなるんだよねぇ。
御馳走様でした。

【べにはま】 横浜市中区

今年4月以来の【べにはま】

今回は、14:00くらいに行ったので、〔じゅうしー〕はありませんでした。
そこで〔沖縄そば〕を単品中盛りで頂きました。
当ブログには何度も登場しているので軽くね。

中盛りになると、さすがにドンブリがデカくなりました。
IMG_1480 紅はま (1)

麺は幅広の平打ち。
IMG_1480 紅はま (3)
少しゴワッとした歯応えで、喰いでがあるし、中盛りの量も腹にこたえるね。

IMG_1480 紅はま (2)
豚の三枚肉が二枚。
脂身は多いけれどクドくはなく、赤身はしっかりして喰いやすい。

カツオダシの効いたスープは、どんどん飲めるな。
沖縄かまぼこは優しい味わい。
紅生姜は、その刺激がキリリと引き締める役割か。

〔じゅうしー〕がなかったのは残念だったけど、沖縄そばを十分に堪能できました。
御馳走様でした。

IMG_1480 紅はま (4)

新潟発祥 【なおじ】足立六町店 東京都足立区

新潟発の背油ラーメンをウリにしている【なおじ】だけど、意図的に店舗ごとに違うラーメンを提供していると言うのが私の印象。
過去には関東で4店舗くらいに増えたけど、その後、お家騒動などもあって減少。
近頃じゃぁ、どうなっていたのかはワカラナイんです。
別に、追っかけていたワケじゃないからね。

んで、この【なおじ】グループのニューフェイスが2018年2月15日、足立区保塚町にオープン。
久し振りに新潟ラーメンを食ってみるかと、行ってみましたよ。

基本の〔背脂中華そば〕 800円、ちょっと高いなぁ。
IMG_9873 なおじ (1)
長大なチャーシュウがなんといっても目を引くね。

スープを一口飲んでみると、まず煮干の香りがガツンと来ますね。
そして柔らかな醤油の味と、背脂の甘味がバランスよく押し寄せてきます。

このラーメンの特徴である背脂ですが、「なりたけ系」のような大量でギトギトなカンジではないですね。
粒も小さく量もほどほどで、クドさはないのが好印象。

麺は中太のやや縮れ。
IMG_9873 なおじ (3)
黄色みが強く、カンスイ多目でしょうか?
強靭なコシを持ち、迫力のあるスープと良いバランス。
やや長めにカットされており、喰った感は十分ですわ。

長~いチャーシュウは、バラ肉の炙りタイプ。
IMG_9873 なおじ (2)
見た目のインパクトはそりゃあ強い。
でもね、味付けは薄く、炙りによる香りもそんなに立ってない。
厚みはソコソコあるんで、喰いではあるんだけどね。

メンマは穂先タイプで、柔らかく喰いやすい。
大き目の玉ネギは、辛みと食感がこのスープを時折引き締めてくれるね。
半割り味玉は、適度な硬さで流れ出さないのがイイ。

久し振りの【なおじ】でしたが、新潟背脂ラーメンの一端に触れることができました。
御馳走様でした。

IMG_9873 なおじ (4)


私の【なおじ】歴は以下の通り。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-245.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-286.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-617.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1860.html

現在の関東地方では、御茶ノ水店と足立六町店しかないようです。

味噌らーめん専門店 麺や【山道】 横浜市南区

今年3月以来の【山道】

喰いましたものは、もちろん基本の〔味噌ラーメン〕 700円。
IMG_9828 山道 (1)

味噌スープはいつもながらの力強さ。
どっしりとしたダシの中に、味噌ダレが「ガツン」と主張します。
麺は、その力をあやまたず受け止める存在感を持ち、具材も価格の割りには豪勢。

サービスの半ライスには、具を少しづつ乗せて雑炊風にして食いました。
IMG_9828 山道 (5)

これからも、変わらないで居て欲しい味噌ラーメン専門店です。
御馳走様でした。

【ハングリーピッグ】 横浜市中区

このところ、二郎系のラ-メンは日の出町の【臥竜】ばかり行ってました。
タマにはね、以前足しげく通った【ハングリーピッグ】ものぞいてみるかと、行ってみました。


喰いましたものは、もちろん基本の〔ラーメン〕小。
IMG_9820 ハングリ (1)

山の高さはこのくらい。
IMG_9820 ハングリ (2)

麺は、おなじみの極太色黒でゴワゴワ食感。
IMG_9820 ハングリ (4)

チャーシュウは分厚いものが一枚。
IMG_9820 ハングリ (3)

甘めのスープには背油も入り、重量感満点。
しかしクドさにはならず、力強さと飲みやすさが渾然一体。

麺量は、【二郎】本流に比べれば少なめですが、私にはちょうど良い。

チャーシュウは分厚く、噛み応えのあるもので好み。
野菜はほとんどがモヤシ。

一年以上の御無沙汰をしましたが、カネシの醤油を使っている分、【二郎】本流に近いインスパイアであると感じます。
と言っても、【二郎】自体が各店で大きく味わいもメニュー組み立ても異なりますから、あとは個人の好みでしょうかね。

御馳走様でした。

IMG_9820 ハングリ (5)

らーめん 【一番ぼし】 神奈川県大和市

この店、移転前は厚木基地の方に在ったよね(大和市代官あたりかな)
2013年7月に現在の場所に移転してきたから、移転後5年も経過してからの再訪です(笑)

実はね、色々とトラブルに遭遇して予期していたのとは違う場所での昼食となっちゃったのです。
でも、私は転んでもタダでは起きない体質。
ハプニングも面白がっちゃうコトができる、得な性格だと思っています。

〔醤油とんこつ〕 700円。
IMG_9792 一番ぼし (1)
茶濁して乳化度の高いスープは、重量感にあふれています。
麺線やキクラゲが入る点などから九州系ラーメンをアレンジしたものであることが推測できるね(ここら辺の感想は、初訪時とほぼ一緒ですけど)
私も真っ白なスープよりは、この方が馴染みやすいな。

強いスープの底力に反して、豚骨系のニオイはほぼ無く、飲み易さすら感じます。
カツオ節を中心としていると思われる魚介系も奥行きを感じられてイイね。
醤油ダレがキッチリ効いていますが、ショッパ過ぎず好み。

IMG_9792 一番ぼし (4)
麺は極細やや縮れ。
北部九州のようなボキボキ感は無いが、やや固目で喉越しがイイ。
しなやかさも併せ持っており、一気すすり込みが爽快です。

IMG_9792 一番ぼし (3)
チャーシュウは肩ロース肉でしょうか。
持ち上げたらバラけた。
味付けは薄めだが、肉の繊維感を残し、噛み応えもあるよ。

それから、面白いのが大根おろし。
重めのスープに、さわやかさを与えているね。
キクラゲのコキコキ感も、飽きさせないアクセントとして良いな。
他に、輪切りネギ。

辛子高菜と紅生姜投入の図。
IMG_9792 一番ぼし (5)
この辛子高菜、結構辛いです。
大量使用は、要注意だな。

こちらAyaの〔昭和らーめん〕 600円+味玉。
IMG_9792 一番ぼし (2)
このラーメンは、懐かしい味わいです!
豚骨は使っているのかどうかわからないケド、いわゆる鶏ガラ醤油と言った味わいですね。
実に安らぐラーメンです。

移転前初訪時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1325.html

IMG_9792 一番ぼし (6)

ラーメン酒場 【大黒家】 横浜市中区

二郎系のラーメンばかり喰っていて、基本のラーメンを喰ったことがないこの店。
今回、やっと気が向いて基本のラーメンを喰いました。

〔ラーメン〕 680円。
IMG_9867 大黒 (1)
ルックスはスタンダードな家系。
乳化度の高い白濁スープの表層には油が浮き、飲み口は少々ヘヴィ。
動物系ダシはガツンと主張し、醤油ダレはマイルド。

IMG_9867 大黒 (3)
太めで短くカットされた麺には、ネジレも付いてスープをよく持ち上げるね。
家系タイプ初食なので特に固さ指定はしませんでしたが、やや固めで小麦粉の香る茹で加減は好み。

IMG_9867 大黒 (2)
チャーシュウは肩ロース肉かな。
ちょっとショッパイな。
ホウレン草はクッタリしてます。
大判の海苔は四枚あったけど、これはミスか?
小さめの輪切りネギはいっぱい。

ライスをサービスしていただいたので、雑炊風にして喰いました。
IMG_9867 大黒 (4)

特にウィークポイントは無いんだけど、私としてはこの店ではやはり〔二郎系ラーメン〕を喰っていた方が良いな。
御馳走様でした。

博多長浜ラーメン 【風び】つきみ野店 神奈川県大和市

大和市つきみ野の旧国道16号沿い(私は勝手につきみ野ラーメンストリートと呼んでいます)に2013年の11月1日にオープンした博多ラーメンの店。
超濃厚な豚骨スープが恋しくなった時に、たびたび通っています。

基本の〔ラーメン〕
IMG_9814 風び (2)
写真でもわかる通り、多めの脂がスープの表層を覆っています。
コラーゲン中心であるため、重めの飲み口ではありますがクドさはありません。
しかし時間が経つと、口の周りの「ぺたぺた感」は出てきますよ。

味わいとしては、まさに骨々しい!
醤油味の液状の骨を飲んでいるという感覚かな?

IMG_9814 風び (4)
麺は定番の極細ストレート。
特に指定しなくても、やや固めの茹で加減で好み。

麺量は博多系としては、若干多めかな?
やはり替え玉が欲しくなる量です。
しかし、今回はチャーハンも頼んでいるのでパス。

IMG_9814 風び (3)
チャーシュウは、バラ肉のンロールが二枚。
薄めにカットされていますが、醤油ダレによる味付けは、ほどほどに効いてます。

IMG_9814 風び (1)
この店の名物(私はそう思っている)である赤いチャーハン。
ニンジンを細かくきざんだモノが入っていて、赤い・・・っうかオレンジ色とも言えるかな。
以前はもう少しニンジンの粒が大きかったんですけど、前々回の訪問時あたりからより小さい粒になったね。
この店は街道沿いでファミリーも多いから、子供向けの対応なのかな。

食後のペタ感はあるものの、惹かれるラーメンです。
御馳走様でした。

IMG_9814 風び (5)

麺どころ 【魁】 横浜市保土ヶ谷区

この日は暑かったけど、星川・和田町あたりをぶらぶらと散歩。
新しい九州ラーメン屋も目についたが、そそられない。

んで、6年振りに【魁】に行ってみた。
ずいぶん御無沙汰しました~。

店内の片隅には製麺機。
IMG_1396 魁 (2)
「鳥居式ラーメン塾」の講師だった方の独立店だからね。

ということで、基本の〔つけめん〕 800円。
IMG_1396 魁 (3)

麺は今の多くのつけ麺屋さんのモノに比べると若干細いですかね。
IMG_1396 魁 (5)

つけ汁の中には角切りのチャーシュウが二個。
IMG_1396 魁 (4)
赤身と脂身のバランスが良いね。

つけ汁は今や当たり前の濃厚豚骨魚介だが、イヤミにならない程度の濃厚さ。
甘味が強く、酸味は程々。
スープ割りはセルフなので、薄めにして飲む私にはありがたいな。

ネット上では、店主が無愛想だとか言われてるけど、私には気になりませんね。
ベッタリした接客よりは、よほど楽です。
製麺技術も流石のハイレヴェルだし、長い間放っておいてゴメンナサイでした。

御馳走様でした。

久し振りなので店舗写真掲載。
IMG_1396 魁 (1)

中華料理 【萬来軒】 東京都足立区

このクソ暑いのに足立区六町の【萬来軒】に行くと、タンメンが食いたくなる。
当ブログには何度か登場しているので、軽くふれます。

IMG_9852 萬来軒

オーソドックス過ぎる鶏ガラダシの塩味。
野菜はモヤシ、ニンジン、ニラ、ハクサイ、キクラゲなど。
なかでもニラ多目なのが私の好みに合っている。

当たり前すぎる街中華屋さんのタンメン。
安心できます。

御馳走様でした。

【はま寿司】横浜岡野店 横浜市西区

当ブログには何度も登場しているので、寿司は初めて喰ったものだけね。

鶏唐揚げ軍艦。
IMG_9803 はま寿司 (2)
酢飯に合うか疑問だったけど、まぁ、悪くは無いね。

カニマヨ。
IMG_9803 はま寿司 (7)
三杯酢に合うカニ肉だから、マヨネーズだって鉄板の組み合わせですわな。

濃厚鶏白湯ラーメン。
IMG_9803 はま寿司 (4)
白濁したスープは、やや鶏クサイな。
けれど、まぁ嫌な匂いではナイから許せるね。

タレは塩ダレか白醤油でしょうか。
じんわり来る優しい味わいです。

IMG_9803 はま寿司 (6)
麺は細めのほぼストレート。
九州の麺に似た食感です。
あるいは、初夏の頃にやっていた九州系ラーメンからの流用?

チャーシュウ代わりの鶏胸肉。
IMG_9803 はま寿司 (5)
ほぐし身になっているので喰いやすいね。

御馳走様でした。
また来ます。

初訪 らあめん 【広】 東京都千代田区

「広島ラーメン」を提供する店がアキバに在る。
との情報を得たのは、三年前のこと。
“広島ラーメン”である!
断じて、尾道ラーメンではない。

尾道ラーメンならば、チェ~ン店である【柿岡屋】や、町田市鶴川の【正ちゃん】他で何回も喰っているけど、広島のラーメンと言うと多くの場合、辛味つけめんを想起するんじゃないかな。
この辛味つけめん、東京駅や目黒、はたまた私んチの近所の中区福富町には【わかば亭】と言う店も在ったんだけど、すぐに閉店しちゃいました。
私が最後に喰った広島つけめんは、町田の【kirimaru】だなぁ。

その時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1961.html
この店、今はもう無いです。

さて、この【広】ですが板橋区蓮根の らあめん【元】の店長を努めていた方が出したお店。
独立後、出身地広島のラーメンを出したいとの思いから開いたそうです。
豚骨、鶏ガラ、野菜等を使った広島豚骨醤油ラーメン、辛味つけめんを提供しています。

店前の置き看板(クリックで拡大)
IMG_1267 広 (4)

喰いましたものは基本の〔らあ麺〕 700円。
IMG_1267 広 (1)
写真ではかなり黄色が強くなってますが、もう少し茶色い色あいのスープです。

店前の置き看板には「あっさり」と書かれていましたが、かなり多目の油が浮いています。
でもクドくは無いね。
「豚骨醤油」とのことですが獣臭は無く、ダシ風味もしっかりしています。

ほんのりとした甘味は、野菜から出るものでしょうかね?
すっきりとした甘さで、口の中にイヤミが残りません。

IMG_1267 広 (3)
麺は色白細めのほぼストレート。
北九州の細麺に似ていますが、加水率が違うのかなぁ?
あるいは茹で時間?
プツプツと切れずに、少し伸びた後に切れるような感触です。

IMG_1267 広 (2)
チャーシュウは脂身の多い豚バラ肉ノンロール。
この色あいからみて、低温調理でしょうか?
肉質がしっかりし、噛みちぎる感触がウレシイ。
三枚入り。

モヤシは西日本に多い細い物で、「まっぺモヤシ」でいいのかな?
細さの割りにシャッキリとした歯ごたえ。
輪切り青ネギはたっぷりで、私にはありがたいな。

総評
広島豚骨醤油ラーメンを初めて喰いました。
総じて良い印象。
次の機会があれば、辛味つけめんも試してみたい。
70点。

IMG_1267 広 (5)

新店・初訪 【YUKIMURA NOODLES & COFFEE】 横浜市戸塚区

戸塚で評価の高いラーメン店である【幸村】
その【幸村】がカフェみたいな店を出すという情報が入ったのが、今年の2月頃だったかね。
んで、3月10日に開店しました。
もう半年以上が経過したから、もの珍し混雑も落ち着いただろうと、行ってみました。

750円 900円
〔魚介醤油ラーメン〕
IMG_1283 YUKIMURA (5)
やや濁った暗褐色のスープには、細かい粒々が一杯。
スープを一口飲んでみると、どうやらコレは魚粉のようですね。
ダシは動物系と魚介系の合わせだと思いますが、かなり魚介が前に出ている。
と言っても、一時期、飽き飽きしていたほどの魚アピールではない。
魚々したのが苦手なAyaも大丈夫でした。

IMG_1283 YUKIMURA (9)
麺は、黒い粒が見えるから全粒粉入りでしょうね。
中細程度の麺線ですが、芯に粘りのあるコシを持ち、喉越しもいいね。
長めにカットされているので、一気すすり込みは爽快。

IMG_1283 YUKIMURA (8)
チャーシュウはバラ肉二つ折りタイプ。
やや、ショッパめの味付け。
それほど大きな特徴は無いけど、スープ・麺とのバランスは良いでしょう。

穂先メンマは柔らかく、甘めの味付け。
岩海苔は、香り良し味良しでも、もっと沢山欲しいくらいだ。
他に、大目の輪切りネギ。

〔ランチB〕には水餃子と小ライスが付きます。
IMG_1283 YUKIMURA (7)
水餃子の「ちゅるん」とした食感と、タレの甘酸っぱさがイイね。

〔魚介豚骨ラーメン〕
IMG_1283 YUKIMURA (4)
コチラは、基本のスープに豚骨ダシを加えたもの。
重量感が出ているが、クドさは無いよ。
軽快でありながらも、迫力を失わないバランスの取り方が、この店は上手だね。

〔ランチ C〕に付くチャーシュウ丼。
IMG_1283 YUKIMURA (3)
切り落としチャーシュウに、甘めのタレを絡めてあります。
ネギ多目がウレシイ。

総評
【幸村】本店で喰った最後は、もう9年も前。
2号店を出すのが遅過ぎたんじゃないの?
と言う気もするが、相変わらずの評判だし、この店も【幸村】の名に恥じぬ品質でした。
71点。

IMG_1283 YUKIMURA (1)

中華料理 【六町飯店】 東京都足立区

足立区六町に居ました。
昼食は駅近くの【六町飯店】

〔牛バラ煮込み太麺と半チャーハン〕セット 850円。
IMG_9877 六町版 (1)
おっ、こりゃぁ豪華な内容だわ。

ラーメンのアップ。
IMG_9877 六町版 (2)

看板どおりの太麺。
IMG_9877 六町版 (4)
強いコシを持っています。
麺量も多目。

IMG_9877 六町版 (3)
牛バラ肉は八角の香り付けがなされた中華風。
もう少し量が欲しい。

良さげでしょ。
ところがね、スープがまったくダメなんだコレが。
味付けが薄過ぎて、卓上の醤油を投入してみたが、ダシ感も乏しいので、効果無し。

半チャーハンや、付け合せは良いだけに、残念。

御馳走様でした。

北海道らーめん 【伝丸】木更津太田店


この日は木更津の山の中で仕事をしていました。
昼食はふもとの町まで下ります。

街道すじに何軒かのラーメン屋がありますが、どこも満員。
やがて【伝丸】を見付けたんで、キャパの大きいココなら大丈夫だろうと入店。
木更津に居て【伝丸】と言うのも悔しいが、しょうがない。

暑いので〔肉つけ麺〕 税込680円
IMG_1425 伝丸 (1)

つけ汁は、基本的な醤油ラーメンのスープをアレンジしたモノでしょうか?
わずかに酸味と甘味を加えたモノのように感じます。
味わいは悪くないけれど、面白みには欠けるなぁ。

IMG_1425 伝丸 (2)
麺は色白の太め平打ち。
低カンスイだとは思いますが充分なコシがあり、つけ汁との相性もイイですね。
キッチリ冷たかったらイイんだけど、少しヌル目の温度だったのが残念。

IMG_1425 伝丸 (3)
つけ汁の中には豚バラ肉がいっぱい。
ささがきに切られたネギも多めでウレシイな。

アッサリ喰えるつけめんで、暑い日でも喰いやすく助かりました。
御馳走様でした。

IMG_1425 伝丸 (4)

初訪 麺屋 【ななほし】 神奈川県川崎市

2014年12月17日、溝の口駅からちょっと離れたトコロにオープン。
と言っても、徒歩10分以内だと思うけど。

実はね、宮前区神木本町の方に在る沖縄料理屋さんに「ゆし豆腐そば」を求めて行ったんだけど、あいにくの臨休でフラれました。
んで、溝口駅の近くにもう一軒、沖縄そばをやっている店をピックアップして探してみたんですが、その店も休み
みなさんも経験がありませんか?
何故だかフラれる時は、立て続けにフラれる。
ダメな時は何をやってもダメ。

てなワケで、沖縄そばをターゲットからハズすことにしました。
そして評判の良さそうな店から選んだのが【ななほし】でした。

メニューの一部です。
IMG_1413 ななほし (1)
ちょっと見えづらいところがあります、ゴメンナサイ。

味噌ラーメンがウリの店なんだけどね、醤油優先主義の私達ですから、喰いましたものは
醤油味の〔らーめん〕 700円。
IMG_1413 ななほし (3)
なんだけど、スープは茶濁し、味噌ラーメンのような面持ちですね。

しかし、一口スープを飲んでみると、かなり軽い口当たり。
今や気にもならなく成った「またおま系」なんですが、ちょいと違うか?
見た目の割りには楽に飲めるカンジで、ドロ系魚介豚骨という雰囲気ではありません。

醤油ダレは穏やかに効いて、強い主張ではありませんが、物足りなくもない。
程良い押し出しとでも言いますかね。
だが意地悪く言えば、もう少し個性も欲しいか。

IMG_1413 ななほし (5)
麺は太目のやや縮れ。
コシの強さと滑らかな喉越しを併せ持ち、スープとのマッチングも良好。
量は150gとのことで、近頃のラーメンとしては、やや少なめに感じてしまう。

IMG_1413 ななほし (4)
チャーシュウはバラ肉ノンロール。
ホロホロの茹で加減で脂身もトロリとしてます。
しかし肉の食感は残っているので、好み。

茹でキャベツは、しっかりと火が通され喰いやすいね。
メンマは、甘めでサックリとした食感。
海苔はスープに溶けやすいな。
大きめに刻まれた長ネギもイイな。

総評
楽に喰える点はイイね。
少し弱いポイントもあるが、地元ではすっかり受け入れられているようです。
席数も多く、使い勝手が良いからでしょうね。
これからも頑張って欲しいものです。

IMG_1413 ななほし (7)

新店 初訪 横浜家系 【黄金家】 横浜市中区

『もう家系はいらん』
と、思っている中区、南区の界隈だが、このたび気になる家系の店が新規オープンした。

京急 黄金町駅から、市営地下鉄 阪東橋駅に至る道の枝道に入ったトコロに在る【黄金家】である。
2018年8月16日オープン。

なんでも、ビルの新築工事でやむなく閉店した【永楽家】に似ているラーメンを提供するそうだ。
私は気に入っていたラーメンだったのだが、上記の理由により短いつきあいで終わった。

もし【黄金家】が【永楽家】主人による「出直し店」、あるいは【永楽家】のDNAを受け継ぐならば大歓迎だ。
が、私は出来るだけラーメン屋の従業員とは接触したくないという方針を採っている。
よって、主人の顔もまったく覚えていないんだが、要はラーメンが気に入ればそれでイイ。

てなワケで、私としては異例な早さで新規店の実食をしてみたよ。

もちろん喰いました物は基本の〔ラーメン〕 680円。
18-14-46 黄金家 (1)
玉子は、店先のチラシを提示して頂いたサービス品。
初食なので、好みは全て普通でお願いしました。

スープはちゃんと店内で炊き出しています。
チラシには
「生の骨からダシを取った・・・・・」とアピール。
ゲンコツが主体で、他に鶏ガラ、野菜などであろうと思われます。
味わいとしては、近頃の直系スタンダードに近いか?
醤油のキレはもうひとつだが濃い目の味わいです。

スープ表面に浮く油は多めだが、クドくはない。
現在の「炊かないスープ」が流行る前の家系味と感じました。

18-14-46 黄金家 (3)
麺は長多屋製麺製の太めやや縮れ。
直系よりは若干細いかな。
普通茹でだと、もっちりした感触が楽しめるね。
だが、ココのスープには、やっぱり酒井の太麺が合うと思うのですけど、無理なのかなぁ。

18-14-46 黄金家 (2)
チャーシュウは肩ロースですかね。
味付けは、ショッパめで、少しの脂身とスジがある。
不揃いな切り方をした物が二枚だが、この切り方、昔の【吉村家】に似てるな。

ホウレン草は、少しクタリ気味。
大判の海苔はスープに溶けにくいしっかりした物。
他に輪切りネギ。

総評
厨房で働く二人の男性は【永楽家】で見たことがあるような無いような。
結局、わからないと言うことです。
だが、ラーメンはかなり好みなので、しばらく通ってみます。
69点。

18-14-46 黄金家 (5)