行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

再訪 手打らーめん 【岩間】 千葉県白井市

初訪問時、印象の良かった【岩間】を再訪。

〔醤油らーめん〕 500円。
IMG_1001岩間 (1)
初訪問時は、具材が「中央寄せ集め型」だったけど、今回は割りと分散してるね。
まぁ、タマタマだったのかな。

濃い茶色に濁ったスープからは、ほんのりと魚介系の香り。
鶏ガラ中心と思われるダシに、甘味のある醤油ダレが適度に効いており、好み。

IMG_1001岩間 (3)
量220gで腹一杯に成る麺は、中細程度の麺線。
やや固めの茹で加減でイイね。
自家製。

IMG_1001岩間 (2)
バラ肉ノンロールのチャーシュウは、大きな特徴な無いものの、このラーメン内でのバランスは良い。
半割り味玉もショッパ過ぎないね。

御馳走様でした。
また機会があれば、他のラーメンを喰ってみます。

喜多方ラーメン 【坂内】石川町店で〔和風冷やしラーメン〕 横浜市中区

この夏の初冷やしラーメンは、【坂内】石川町店。

IMG_0986坂内 (1)
御飯はサービス。
チャーシュウは温められたものが別添え。

キレイに澄んだスープには氷が三個。
IMG_0986坂内 (2)

きっちり冷えたスープからは、ほのかにゴマ油の香り。
醤油の香りとも合わさって、食欲をそそりますな。
穏やかな表情を持ち、ゴクゴク飲めるスープです。

麺は喜多方スタンダード。
IMG_0986坂内 (4)
幅広の平打ちで、縮れネジレがスープを持ち上げます。
冷水で締められている為、温ラーメンよりも更に強いコシが楽しめます。

チャーシュウを三枚使って、ミニ・チャーシュウ丼を作成。
IMG_0986坂内 (5)
スープを少量かけると、ワサビの効果もあってか肉茶漬け風になりオイシ。

御馳走様でした。
また来ます。

【はま寿司】横浜岡野店 横浜市西区

【はま寿司】は回転寿司の中でも、最もCPが高いと私は思っています。
この日は実家への贈り物のオミヤゲ購入と、昼食を兼ねて行ってきました。

当ブログには何度か登場しているので、寿司は省略ね。

〔とんこつラーメン〕 380円 税別。
IMAG3923はま寿司 (1)
2017年の5月以来だけど、かなり変わりました。
以前はアッサリしたスープだったんですけど、今回のモノはとても濃厚な豚骨中心の味わいに成ってますね。
乳化度が高くトロミも有り、コラーゲンが多く滲出しているようです。

麺は、ほぼストレートの細目。
IMAG3923はま寿司 (3)
やや固めの茹で加減は好み。
麺量は、サイドメニューですから通常のラーメンの半量ほどでしょうか。
しかしスープの重量感もあいまって、「喰った感」はありますね。

チャーシュウはペラペラで貧相なモノ。
IMAG3923はま寿司 (2)

まぁ、コレは致し方ないか。
半割り味玉は、すこしショッパイ。
他に、細ネギ小口切り。

寿司には、割りとアッサリしたものを合わせた方が良いと思うのですけど・・・・・
まぁ、ここら辺は個人の好みの問題ですか。

御馳走様でした。

再訪 沖縄そば 【ちばりよ食堂】 横浜市磯子区

磯子区滝頭の沖縄そば店【ちばりよ食堂】に行きました。
三年振りの再訪です。
ホントはもっと早く行きたかったんですけどねぇ、なかなかタイミングが合わなくて・・・・・

初訪問時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-2502.html

現在のメニューの一部(クリックで拡大)
IMG_0965ちばりよ (1)
この中から、ソーキそばとじゅうしーのセットを頂きました。

発注後、7分くらいで到着。
IMG_0965ちばりよ (3)
デザートにミカンが付いてます。

ソーキそばのアップ。
IMG_0965ちばりよ (4)
ちょっと湯気でかすんじゃった。

軽く濁ったスープは、カツオダシが効いてます。
豚骨も使っているハズですが、大きく前面には出てこない。
塩加減もちょうど良く、ゴクゴク飲める優しいスープです。

IMG_0965ちばりよ (6)
麺は色白の平打ちで、かなり幅広。
柔らかめの茹で加減ですが、この幅で固めだと、きしめんチックに成っちゃうかもね。
適度な「むにゅ感」でイイと思いますよ。

ソーキはデカくて存在感ありあり。
IMG_0965ちばりよ (5)
やや甘めの味わい。
ホロホロと崩れる肉の感触で、軟骨の部分も柔らかくなって喰いやすいな。
もっとも、私は固めの軟骨でも喰っちゃうケド(笑)

じゅうしーは、沖縄の炊き込みご飯。
豚骨ダシで炊き上げ、ラードなども使うため、コッテリしてますが、クドくはないね。
ヒジキなどの海藻も使うため、ほんのりと磯の香りがします。
コチラのじゅうしーは薄味で、私好み。

御馳走様でした。
また来ます。

IMG_0965ちばりよ (7)

初訪 本格派みそらーめん 【金太楼】 茨城県坂東市

茨城県坂東市で仕事。
昼食は、仕事場に行く途中で見かけた【金太楼】にします。

味噌ラーメン推しの店なので、まずは店の方針通りに行ってみますか。

この日は腹が減っていたので、〔味噌ラーメン〕と〔Aセット〕にしました。 650円+165円。
IMG_0958金太楼 (3)
餃子と御飯と小皿が付いて165円はお得だね。
あっ、この店も【Cat’s】餃子パーティの前に行ってます。

〔味噌ラーメン〕アップ。
IMG_0958金太楼 (4)
黒ゴマ、白ゴマがイッパイ。

スープの味わいは、オールドタイプの味噌ラーメンに近いかなぁ。
ずっしりとした重量感と言うよりも、割りとライトで飲みやすさがある。
ニンニクがかすかに感じられ、油分も多いようですが、クドさにはならない。
いまハヤリの味噌ラーメンとは異なるが、悪くないな。

麺は中太くらいのやや縮れ。
IMG_0958金太楼 (5)
やっぱり、強く縮れた麺の方が味噌ラーメンらしいと思うが、まぁ、大きなお世話ですか。
茹で加減はやや固めで、イイよ。
麺箱は未確認なので、製麺所はわかりません。

一見してチャーシュウが見当たらなかったので、かき回してみたら有りました。
IMG_0958金太楼 (6)
でも、二つにちぎれかかっているよ。
小さく、存在感は希薄だね。

適量のモヤシはよく火が通されている。
メンマは業務用ですかね?
甘めで、ややスジっぽいなぁ。
お目のゴマは、少々うるさい。
他に輪切りネギ。

総評
それほど強くはないが、無難にまとまった味噌ラーメンです。
価格は良心的でキャパも大きいので、また来るでしょう。
64点。

IMG_0958金太楼 (1)

つけ麺 【はま紅葉】 横浜市中区

京急日ノ出町駅にほど近いトコロに在るつけめん専門店【はま紅葉】
三回目の今回は、細麺を喰ってみます。

発注より6分後くらいに到着。
IMG_0952HAMA.jpg

細麺と言っても、他店の中太くらいの麺線ではありますね。
IMG_0953HAMA.jpg
この店でイチバンはじめに喰った平打ち麺の幅を少し狭くしたものでしょうか?

チャーシュウはつけ汁の中にゴロゴロタイプが三個。
IMG_0955HAMA.jpg

甘めのつけ汁には、動物系のダシがガツンと効いてます。
乳化した油分も多めで、コラーゲンも溶け出しているのでしょう、唇に「ペタペタ感」もあります。

細麺はつけ汁の絡みが良いが、口の中での存在感としては、やはり太麺には及ばないと言う恨みがあるわなぁ。
楽に喰え過ぎてしまうと言ったらイイかな、そんな感覚だね。
人間なんて勝手なモノだから(笑)

御馳走様でした。
また来ます。

【竹岡らーめん】清見台店 千葉県木更津市

「神ラー会」の強化合宿で訪れて以来、8年振りの【竹岡らーめん】清見台店に行きました。

強化合宿の時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-554.html

基本の〔らーめん〕に御飯と餃子、小皿が付くセットを注文。
IMG_0933竹岡 (1)

ちなみに、この訪問は【Cat’s】餃子パーティの前ね。
まぁ、多くの方はご存知でしょうけれども、実食した日とブログUPの日は必ずしも一致しておりません。
また、出来るだけ時系列に沿うようにしているけど、逆転していることもあります。

〔らーめん〕のアップ。
IMG_0933竹岡 (2)
ほぼ水没して、よくわからないねぇ。

前回喰った時は、とても醤油ダレが薄味だったけど、今回は大丈夫。
ちゃんとキレのある醤油味です。
ダシは・・・・・おっと、竹岡式のラーメンにダシは無いのであった。
チャーシュウを煮た醤油ダレを麺の茹で湯で割ったスープは、不思議とコクがあり、サッパリしながらも物足りなさは無し。

IMG_0933竹岡 (4)
麺は細めの縮れ
もちろん乾麺です。
すこぉし固さを残した茹で加減がイイね。

IMG_0933竹岡 (3)
チャーシュウはバラ肉二つ折りタイプ。
6~7ミリの厚さがあり、喰った感も楽しめます。
メンマはスジっぽいなぁ。
竹岡式ラーメンの特徴である玉ねぎのみじん切りは、もう少し大きめだと嬉しいんだが。

御飯を使って、ミニ丼を作っちゃいました。
IMG_0933竹岡 (5)

同じチェーン店でも、バイパス店とはチョットした違いがあります。
しかし、使い勝手の良い竹岡式のラーメン店です。

御馳走様でした。

IMG_0933竹岡 (6)

【しゃぶ葉】希望ヶ丘店 横浜市旭区

およそ一年半振りに【しゃぶ葉】に行きました。
当ブログには何度か登場しているので、しゃぶしゃぶはカンタンにね。

あまり喰うことのない牛肉も喰ってみた。
IMG_0941しゃぶ葉 (1)
だが、やっぱり豚肉のほうがウマイね。
私はブタ野郎ですから。

普段、野菜不足に陥りがちな私ですから、この時とばかりに野菜を喰います。
IMG_0941しゃぶ葉 (2)

そして仕上げはラーメンを作りました。
IMG_0941しゃぶ葉 (4)
まずは素ラーメン。

しゃぶしゃぶ用のカツオだしを使って、そこに醤油を加えたスープです。
IMG_0941しゃぶ葉 (5)
アッサリしてオイシですねぇ。

お次は、肉のせラーメン。
IMG_0941しゃぶ葉 (3)

他にカレーなども喰って、腹一杯。
ご馳走様でした。

【雪濃湯】 神奈川県川崎市

2014年7月以来。
4年近くも御無沙汰してましたか。

毎度おなじみ基本のラーメンである〔醍醐〕 680円。
IMG_0929雪濃湯 (1)
乳化度の高い茶濁スープからは、いつも通りの良い香り。
コレが、ダシの素材である牛骨・牛肉由来なのかはわかりませんが、醤油の香りと合わさった甘い香りです。

IMG_0929雪濃湯 (3)
麺は強い縮れ・ネジレの付いた太めのモノ。
強い弾力が歯をハネ返します。
私は長年、南太田をはじめとした【醍醐】、【赤醍醐】各店(今は無い)
そしてこの【雪濃湯】に通っているけど、製麺所がいまだにわかりません。

IMG_0929雪濃湯 (2)
チャーシュウはバラ肉のンロール。
醤油ダレの香りが強く訴えてくるタイプですが、味付けとしては、それほど濃くないので食べやすいな。

ホウレン草はクッタリしてますが多めでウレシイ。
海苔も香りがしっかりしてます。

もっと頻繁に喰いたいけど川崎の西部は、なかなか行く機会がなくなってねぇ。
何度も言うけど、近くに出来てくれないかなぁ。

ご馳走様でした。

どう見ても、二階の飲み屋さんのほうが目立ってる(笑)
IMG_0929雪濃湯 (4)

中華料理 【天龍】マリナード店 横浜市中区

このクソ暑いのに辛いラーメンが喰いたい!!
大汗かくんだから止めとけばイイのにねぇ。
とかなんとか言っても、やっぱり喰いたい。

んで、関内駅地下街の【天龍】に行きました。

〔タンタンメン〕 590円。
IMG_0923天竜 (1)
前回は去年の7月に、このラーメンを喰っていますね。

IMG_0923天竜 (2)

中華鍋で炒め煮にされたスープは熱々です。
唐辛子のカプサイシン効果もあって、すぐに汗が噴き出してくる。
頭に汗止めのタオルを巻いても、2分もすれば飽和状態になり、タオルで取り切れない汗と、顔から出る汗はアゴの先端からしたたり落ちる。
落ち行く先は、私のズボンの股間あたりですから、ラーメンを喰い終わった頃は「オモラシした子」みたいに成っちゃうコトがたびたびありました。
そこで、首にナプキン代わりの第二のタオルを付けて長めに伸ばし、股間に落ちる汗を受けとめます。

食後チャリンコでウチに帰るまでに、もうひと汗かきますから、第三のタオルも必要。
と言うことで、私は夏にラーメンを喰う際は三本のタオルを持ち歩いてます(仕事の時は5本ね)

こんな風に苦しい戦いを毎年続けながら、なおラーメンおよび辛いラーメンを喰い続けるのは、執念でしょうか? 怨念でしょうか?(笑)
はたまた単なるバカなのか(激笑)
いずれにせよ、戦いはこの先激化するワケですから、せいぜいカラダに気をつけて喰い荒して行きましょう。

ご馳走様でした。

久し振りなので、店舗写真。
IMG_0923天竜 (3)

北海道らーめん 【みそ熊】 東京都北区

王子に居ると、ついつい吸い込まれてしまう店の一つが北海道ラーメンの【みそ熊】です。
比較的安価な680円と言う価格で、十分なパフォーマンスを持っている〔味噌ラーメン〕が、その目的です。

もう何度か当ブログの歯登場してますので、軽くふれますね。

IMG_0881味噌くま (2)
前回と比べると、少しモヤシが減ったかな?

IMG_0881味噌くま (4)
麺は、黄色みと縮れが強いモノ。
北海道麺らしいですね。

IMG_0881味噌くま (3)
チャーシュウは肩ロースでしょうか。
割りと厚みがあります。

白味噌中心のブレンド味噌ダレなので、甘味の感じられる味噌ラーメンです。
重量感もありますが、シツコ過ぎない点もイイですね。

御馳走様でした。
また寄らせてもらいます。

【味山河】本店 横浜市旭区

何かと御用繁多である。
昼食は近所で済ますことにする。

つぅことで2月以来の【味山河】

しかし基本の〔ラーメン〕は、なんと三年振り。
IMG_0878味山河 (1)
モヤシの入る家系は、【平松家】時代からの伝統?

スープの味わいは家系スタンダードなんだけど、今日はちょっと味噌のような香りがする。
まぁ、醤油と味噌は親戚関係にあるし、たまり醤油なんてのは、かなり味噌に近い香りのモノもあるからね。
醤油ダレ由来の香りなんでしょうけど、少し多めになっちゃったのかな?
ちょっとショッパかったです。

IMG_0878味山河 (3)
基本の〔ラーメン〕が久し振りなんで、と肉固さ指定はしなかったけど、コシのある茹で加減で好みです。
変わってなければ、増田製麺製のハズだよね。

IMG_0878味山河 (2)
チャーシュウはバラ肉の二つ折りタイプのハズだが、今日あたったのはハジっこのほうかな?
小さいが、二枚ありました。

海苔は薄いんだけど、スープに溶けにくいね。
香りもイイし、高品位なモノですかね。
ホウレン草はクタり気味。
モヤシは濃いめの味わいのスープに対して、口の中をスッキリさせてくれます。

御馳走様でした。
また来ます。

ラーメン 【達磨家】藤沢店 神奈川県藤沢市

家系のラーメン屋で、牛乳ラーメンをやっていることがわかった。
私は水の次に牛乳が好きであるから、これは放っておけない!

と言うことで、藤沢の【達磨家】藤沢店へ。
ココは【BOMBA家】の跡だね。
さすがにプロレスのリングは無くなっています。

〔牛乳ラーメン〕 800円。
IMG_0861 達磨家 (1)

スープが多少泡立って、モヤシが入っているけど基本のラーメンとそんなに変わらない見た目だね。
スープの味わいは、それほど牛乳が前に出ているわけではありません。
家系壱六派のスープを更にクリーミーにして、醤油ダレは少し抑えめにしたカンジです。
のど越しの奥から、ほんのりとバターのような香りが戻ってくるのが、牛乳を使っているという証しですかね。

IMG_0861 達磨家 (4)
麺は太めのやや縮れで、家系スタンダード。
濃厚なスープをまとって上がってきます。
とても強い弾力が歯をはね返してきて、スープとの絡みからスープパスタを喰っているような感覚にもなります。
丸高製麺製。

IMG_0861 達磨家 (3)
チャーシュウは、肩ロースかな?
脂身とスジが感じられるけど、気にならない程度。
肉質はしっかりして、好みです。

大判の海苔三枚は薄手ですけど、香り良いな。
ホウレン草は、シャッキリとした茹で上がり。
モヤシは適量でイイね。
他にウズラの卵と輪切りネギ。

コチラAyaの頼んだ基本の〔ラーメン〕
IMG_0861 達磨家 (2)
まさに壱六派のスタンダードと言った白っぽいスープ。
濃厚だが飲みやすく仕上がっています。
そして、やはり丸高の麺がイイね。

これで藤沢駅の南北に牛乳ラーメンを提供する店が二軒になった。
あまり頻繁には来れないけど双方ともガンバって欲しいものです。

ご馳走様でした。

IMG_0861 達磨家 (6)

中華料理 【幸楽】 横浜市泉区

湘南台方面に行く時に、いつも気になっていたんだよね。
「わたおに」に出て来る中華料理屋と同じ店名だし、駐車場はいつ見ても混んでるし、タマには外待ちの人も見えたし。
そこでサンマーメンが喰いたかったこの日、行ってきました。

私達が現着したのが、ほぼ開店時間。
さいわい待ち人も無く、スムースに入店。

〔サンマーメン・半チャーハンセット〕 1000円。
IMG_0856 幸楽 (1)
発注より7~8分後に提供されました。

メインの〔サンマーメン〕 アップ。
IMG_0856 幸楽 (2)
なかなかイイつらがまえ。

スープはスタンダードな中華系清湯がダシのようです。
だが、何かよくわからないケド、香草のような香りが喉越しの後に感じられるんだなぁ。
私の気のせいでしょうか?
元々バカ舌なんで、あまりアテにならないんですが(笑)

醤油ダレは、地味だけど物足りなさにならない程度に効いてます。
片栗餡による甘味もあるね。

IMG_0856 幸楽 (4)
麺は中細程度のやや縮れ。
はじめは固めの茹で加減で、喰い進むにつれて良くなってきます。
熱いスープと餡によるダレを上手にコントロールしているよう。
厨房内が見えなかったので、製麺所はわかりません。

IMG_0856 幸楽 (3)
固めの餡の内容は、豚肉、白菜、モヤシ、ニンジン、ニラなど。
しっかり火を通してあるらしく、トロミの状態が長く続きます。

チャーハンは深めの焼き加減かな?
やや色黒で、クッキリとした醤油の香りが立っている。
粗挽きの黒胡椒の香りもいいな。

総評
なかなか良い、サンマーメンと半チャーハンでした。
繁盛しているのもうなずけます。
中華料理屋さんですが、麺料理にも重点を置いているようで、再訪したいです。
68点。

IMG_0856 幸楽 (5)

【とん桜】 横浜市南区

この日は休日で、鎌倉街道を自転車でブラブラと南下しておりました。

なんとなく家系または家系似のラーメンが喰いたかったんだよね。
そこで、この頃来てなかった【とん桜】にしました。

激しく腹が減っていたので、基本のラーメンにプラスして〔Dセット〕 400円も頂きました。
半餃子と半ネギチャ飯が付いて計 950円。
と言うことは、基本の〔ラーメン〕が 550円です!
コレは、今時ありがたいね。

発注後、7分くらいで出来上がりました。
IMG_0848とん桜 (2)
ゼイタクしちゃったな、と言うセット(笑)

ラーメンの味わいは、変わってませんね。
軽い家系と言えると思いますが、決して物足りなさはない。
結構乳化の進んだスープですが、油っこさには繋がらず、飲みやすい。
醤油ダレは適度に効いて、これまた程良いカンジ。

IMG_0848とん桜 (4)
麺は太目の縮れで、家系としては長くカットされています。
久し振りなので、特に固さ指定はしませんでしたが、やや固めの茹で上げは好み。

IMG_0848とん桜 (3)
肩ロースと思われるチャーシュウですが、大きな特徴は無いものの、このラーメンとしてのバランスは良いでしょう。
肉質感もあります。

そして、この辛味ニラがこの店では必須。
IMG_0848とん桜 (5)
【とんぱた亭】譲りで、店側は「壺七味」と呼んでますね。
ラーメンに少量投入すると、全体が引き締まります。
餃子にも使ってみたが、GOOD!

半ネギチャ丼は、切り落としチャーシュウを使っているので、ややショッパ目。
ネギは風味の豊かなモノでした。

近頃、家系本流ではない家系っぽさも好きになってきた。
御馳走様でした。

IMG_0848とん桜 (6)

【日の出らーめん】 横浜市中区

雨の日はつけめんが喰いたい。
なぜだろう?
わからないケド、【日の出らーめん】に行きました。

いつもは〔剛つけめん〕だけど、今回は券売機を眺めるうちに目に付いた〔真つけ麺〕 790円 を喰ってみます。
どこらへんが “真” なのかな?

発注後、7~8分後に到着。
IMG_0816 日の出 (2)
見た目は〔剛つけめん〕とあまり変わらないよね。
ただ、つけ汁がずいぶん泡立っているなぁ。

麺も同じものでしょう。
IMG_0816 日の出 (3)

つけ汁の中には、穂先メンマがイッパイ。
IMG_0816 日の出 (4)

だけど、チャーシュウは小さくカットされたものが数個。
IMG_0816 日の出 (5)

う~んと、どこが “真” なのかわからないままに喰い終わりました。
価格は同じで、チャーシュウに替えてメンマを増やした?
だったら〔メンマつけめん〕でいいじゃないか。

納得いかなかったケド、御馳走様でした。

初訪 四川担々麺 麺屋 【清星】 横浜市中区

2017年6月1日、日ノ出町駅からすぐ近くのトコロにオープン。
【横浜市中区宮川町3丁目ラーメン】の跡ですわな。

出来たばかりの頃に見に行ってるんですが、その後なんとなく足が向かず、放置してきました。
んで『最近中華担々麺を喰っていないな』
と思い、行ってみました。

メニューの一部。
IMG_0834 清々 (2)

本場中国では、担々麺は汁無しが普通のようですが、ここはニッポン。
喰い慣れた汁有りの方を、基本と考えて選択してみました。

〔清星特製担々麺〕 830円。
IMG_0834 清々 (3)

お店で熟成させている香味醤油ダレと芝麻醤を使ったスープは、見た目ほど辛くありません。
むしろゴマの風味が前に出ており、コレは好みだなぁ。
ラー油も自家製だそうで辛味よりも香りが訴えてきますね。
それから、少量使われているらしい四川花椒がちょっとした「シビレ」を感じさせてくれます。

なお、無化調だそうです。

IMG_0834 清々 (5)
麺は細めのやや縮れ。
九州北部のラーメンに近い麺線でしょう。
しかし、茹で加減は適度の固さでイイな。

IMG_0834 清々 (4)
肉のそぼろは、甘ショッパく味付けされています。

他に多めのナッツも加わり、全体的な食感の中で面白いアクセントになっています。
今まで、何度かナッツの入った担々麺を喰ったことがありますが、いずれも少量で存在感は希薄なことが多かった。
他に、糸唐辛子、青菜がありますが、いずれも強い主張はありません。

私の好きな伊勢原市の【桂花楼】の担々麺にくらべると、オトナシさが拭いきれないな。
ただし【桂花楼】には、もう何年も行ってないので、現在では比較困難と言うのが正直なところですけど・・・・・

御馳走様でした。
次は、普通のラーメンを喰ってみますか。

IMG_0834 清々 (1)

再訪 麺処 【てんつくてん】 東京都北区

2012年7月に初訪、なんと6年ぶりの再訪です。

その時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1405.html

現在の商品構成。
IMG_0810 くるりんぱ (2)
前回喰った〔醤油らー麺〕は70円値上げしてます。
まぁ、このくらいはやむなしか。

さて今回は、〔とんこつ醤油らー麺〕を喰ってみます。
先客さん一名は喫食中で、発注より5分後くらいに配膳。
IMG_0810 くるりんぱ (3)
なるほど、背脂ラーメンになるのですね(上写真のメニュー横にも小さく書いてありますが)

多めの背脂に覆われたスープ表面は、真っ白。
コレは、都内北部でよく見かける【千石自慢】の系統によく似たルックスだな。

味わいも、やはり似ていますね。
豚骨中心と思われるダシ汁はそれほど濃厚と言うワケではないが、キリリとした醤油ダレと背脂の甘さ、こってりさがこのスープの大きな主軸となって、このラーメンを特徴づけていると言ってイイでしょう。

IMG_0810 くるりんぱ (5)
麺は中太のやや縮れ。
デフォでもやや固めに茹で上げられて、スープの力を受け止めます。
中芯部の歯をはね返す弾力は「喰った感」に大きく貢献してるな。

IMG_0810 くるりんぱ (4)
手振れピン甘に成っちゃったけど、チャーシュウは肩ロースかな?
煮込んでから表面を焼く製法ですかね。
フチが黒く焦げており、なかなか香ばしい。
味付けはそんなに強くない。

色白幅広のメンマは、さっくりした歯ざわり。
モヤシは多過ぎず、私には向いている。
海苔は香りが良いね。
他に輪切りネギ。

比較的低価格なのは、ありがたいね。
王子近辺は、強豪ラーメン店も有るので、頑張って欲しいモノです。

御馳走様でした。

IMG_0810 くるりんぱ (1)

ラーメン酒場 【大黒家】 横浜市中区

昨年の11月以来御無沙汰していた、ラーメン酒場 【大黒家】に行きました。
日ノ出町駅近くに【臥竜】が出来て、すっかりそちらにシフトしていたからね。

喰いましたものは、〔二郎系ラーメン〕 700円です。
IMG_0807 大黒 (1)

IMG_0807 大黒 (3)

IMG_0807 大黒 (2)

この店では、基本であろう家系風のラーメンを喰ったことが無い私。
だって、二郎系を喰うのが目的で行っているんですから、コレでいいのです。

多くのラーメン【二郎】そのものは、どこも行列店だから、まったく行く気にならない。
代替として、“二郎風”のラーメンを提供している店に行っているワケです。
私んチ近所で、その代表格であったのがこの店と【ハングリーピッグ】ね。
それに【臥竜】が加わりました。
今は【臥竜】がイチバンのお気に入りなんですわ。

んで久々に、他にも行ってみようと【大黒】にしたんです。
まっ、結果としては以前と変わりなく、私好みの二郎系で、満足しました。

御馳走様でした。

日本蕎麦 【志波田】 横浜市瀬谷区

蕎麦屋でラーメン行ってみます!

相鉄線 瀬谷駅南口から徒歩数分、5分はかからないと思うよ。
老舗の蕎麦屋さん【志波田】です。

この店の面白いトコロは、客席と調理場が通路を挟んで分かれていて、従業員さんに注文を伝えると一度外に出て行くように見えちゃうのね。
んで、注文の品が出来上がると、その通路側から持ってきてくれます。
まるで別の店から持ってくるようなカンジで、ちょっとオモロカシイ。

さて私が喰いましたものは、基本の〔ラーメン〕 税込み 600円。
ちょっと待てよ、蕎麦屋さんで“基本のラーメン”と言うのは間違ってるか (;^ω^)
うんとねぇ、他に〔タンメン〕、〔チャーシューメン〕、〔五目そば〕があるので基本と書くしかない?

まぁ、とにかく発注後、6~7分で出来上がりました〔ラーメン〕がコチラ。
IMG_0798 志波田 (4)

スープの味わいは、安心できる鶏ガラ醤油。
蕎麦屋さんらしく、ほんのりと鰹ダシの気配も感じるけど、やはりそばつゆも少しブレンドしているのかな?
醤油ダレはカドが取れてかすかに甘味もあり、飲みやすいな。

IMG_0798 志波田 (6)
麺は細めのやや縮れ。
少し固めに茹で上げられていて、好み。
多くの中華料理屋さんや、蕎麦屋さんは柔らか目の茹で加減が多いので、これはウレシイ。
厨房が見えないので、製麺所はわかりません。

IMG_0798 志波田 (5)
チャーシュウはスープの熱で反っちゃいましたが、肩ロースですかね。
強めの醤油味が付いています。
肉質もしっかりしていて、イイな。

蕎麦屋さんらしく、飾り切りしたカマボコも参加してます。
IMG_0798 志波田 (7)

メンマは、ちょっとゴリ感のあるもので、まぁ業務用ですか。
キヌサヤも珍しくてイイね。
輪切りネギは多め。

コチラAyaの〔かつ丼セット〕 税込み 1150円。
IMG_0798 志波田 (3)

蕎麦は細めで色白。
更科系かな?
蕎麦つゆは濃いめの味わいで、若干の酸味が有るけど、魚系のダシ由来だろうか?

トンカツの肉は厚めでイイな。
割り下も濃い目の味わいだな。
玉子は、しっかりと固めてあるオールドスタイル。

コーヒーも出してくださいました。
IMG_0798 志波田 (8)

昼飲みしている方もいました。
地域密着型の蕎麦屋さんだね。
中華料理屋さんや、ラーメン専門店とは少し違ったラーメンを楽しめました。

御馳走様でした。

IMG_0798 志波田 (9)

再訪 横浜ラーメン【味王 板東橋店】 新店 初訪 横浜市南区

この店、初訪は2009年11月だから、なんと 8年もたってからの再訪です。
っうか、8年も継続営業しているということは、回転の激しいこの辺りのラーメン屋としては大したものですよ。

この日は、とんでもなく腹が減っていたので〔とんこつラーメン・半チャーハンセット〕 800円を発注。
待ち時間8分ほどで出来上がりました。
IMG_0765 味王 (2)
ランチサービスの細切り昆布を付けてもらいました。

スープの味わいは家系スタンダードだけど、少し主張が弱いかな。
乳化度の高いダシ汁は白っぽく濁り、油分も多いが、ダシ感、醤油感ともに控えめ。

IMG_0765 味王 (4)
麺は太めのやや縮れ。
短めにカットされており【本牧家】の影響下のように感じられるが、この店の出自は不明。
店主は某家系店での修行経験ありとしかわからなかった。
なお、製麺所は増田製麺。

IMG_0765 味王 (3)
チャーシュウは肩ロースと思われるもので、フチが黒くなっている。
煮込んでから、外側を焼く製法でしょうか?
味的に大きな惹きは無いが、全体にはなじんでいる。

ホウレン草はクタリ気味。
海苔はスープに溶けやすいね。
細切り昆布はおいしゅうございました。
他に輪切りネギ。

半チャーハンは餃子の皿で出てきた(笑)
IMG_0765 味王 (1)
深めの焼き加減で、味付けも良いね。

〔とんこつラーメン〕単品だと 630円と言う価格は今時ありがたいね。
地味だが、地元で支持されているお店と言うカンジだね。

ご馳走様でした。

IMG_0765 味王 (6)

初訪 八王子らーめん・つけ麺専門店 元祖【敏々亭 びんびん】高尾店 東京都八王子市

店舗の軒看板を見ても、どこが屋号なのかワカラナイなぁ。
“敏々亭”なのか、“びんびん”なのか?
両方書いとけば間違いないダロ(笑)

まっ、とにかく、このお店八王子市の子安町に本店が在り、他に横山町にユーロード店もあります。
この高尾店は三店舗目ね。

久し振りに八王子ラーメンが喰いたくなり、高尾野駅周辺に来てみたんだが、ファーストターゲットの店は見つからなかった。
んで、この【敏々亭】にターゲット変更し入店。

喰いますモノはモチロン基本の〔八王子ラーメン〕
IMG_0741びんびん亭 (3)
うん、シンプルでイイ!

スープは鶏ガラ中心と思われるダシに濃い口醤油を合わせたモノでしょうね。
基本的には、いわゆる「東京ラーメン」なんです。
しかし大きな違いが、薬味の玉ネギと、その辛味を緩和するラードの使用。

サッパリした醤油味のスープでありながら、刻み玉ネギのちょっとした辛さ、油滴となって浮くラードが作る油感がバランスよくまとまっています。

IMG_0741びんびん亭 (5)
麺は、細めのやや縮れ。
固めに茹で上げられ、口の中で弾ける感触がありますが、時間とともにその感触は薄れて行くので早めに喰いましょう。
厨房が見えない造りなので、製麺所はわかりません。
しかし、八王子ラーメンを提供する店は尾張屋滝井製麺所を使っているコトが多いですね。

IMG_0741びんびん亭 (4)
チャーシュウはモモ肉ですかね?
脂身が少なく、サッパリしてます。
が、肉の質感はちゃんと残しながら、口の中でほどける。
味付けは控えめ。

八王子ラーメンの特徴である玉ネギにみじん切りは、大きめに刻まれています。
この店では、北海道 栗山町産の玉ネギを使っています。

メンマは、やや色黒でスジっぽい。
大判の海苔は、スープに溶けにくく、香りも良いね。

〔チャーシュウ丼〕
IMG_0741びんびん亭 (2)
細切りのチャーシュウに海苔、白ゴマが振られています。
甘くないタレが少量かけられていて、好み。
タマに焼き鳥のタレみたいなものに出会うけど、アレはなんとも困ります。

総評
久し振りの八王子ラーメンでしたが、シンプルな中に奥行きも感じられイイな。
イマドキとしては安い価格も好印象。
68点 600円。

IMG_0741びんびん亭 (1)

自作 冷やし中華

この夏初の冷やしモノは、自作に成りました。
Ayaと分業で作りました。

冷やし中華とチャーハンです。
DSCI1977 自作 (1)

冷やし中華のアップ。
DSCI1977 自作 (2)
麺茹では私が担当。
具材はAya。

チャーハン。
DSCI1977 自作 (3)
コチラは、全面的に私が調理。

どちらも良くできました。
と、私は思っています(笑)

そ~は言ってもねぇ、冷やし中華は“シマダヤ”だし、チャーハンとカレーは不味く作るほうが難しいと言われてますからねぇ。
まっ、私達はそんなに凝った料理は出来ませんが、料理をするのは好きです。

ご馳走様でした。

【ゆで太郎】鶴ヶ峰店で朝ラー 横浜市旭区

この日は、朝から何かと忙しい。
昼食もちゃんと摂れるか、見当もつかない状態。
ならば、朝からシッカリいっときましょう。

そんな時、06:30 からやっている【ゆで太郎】鶴ヶ峰店はありがたい。

〔中華そば〕 390円。
DSCI1980 ゆでたろラー
少し味見をしてから、受け取りカウンターにある天カスを追加した姿。

さっぱりした鶏ガラだしのスープは、朝の腹にも優しいね。
でも天カスを追加したら、かなりのコッテリ度。
「たぬきラーメン」に成りました。

忙しい時は、また利用させてもらいます。
御馳走様でした。

新店情報

ラーメン 【楽萬家】 横浜市中区

【新福采館】の跡です。
ガラス扉には「改装中」との貼り紙。
経営元は前店と同じだろうか?

IMG_0946 新 (1)

そして、この看板には四隅に韓国風の文字?、あるいは記号?
IMG_0946 新 (2)

う~ん、なんだかヨクワカラナイ。
開店してみりゃワカルさ。


ラーメン 【かわむら家】 横浜市中区

コチラは、「ラーメン横丁」に移転した【唐桃軒】の跡です。
IMG_0946 新 (3)
家系っぽいねぇ。
もう、この辺りには家系はイラナイんだがなぁ。
開店してみりゃワカルさ。

どちらの店も、開店予定の告知などはまだありません。

初訪 麺酒坊 【林】 横浜市緑区

2017年5月頃オープンしたこの店、飲めるラーメン屋と言うスタイルです。

メニュー(クリックで拡大)
IMG_0790 林 (1)
ラーメンは、味噌、醤油、塩とありますが味噌に力を入れているようですね。
そこで、私は〔味噌らーめん〕、醤油至上主義守義者のAyaは〔醤油らーめん〕を頂きます。

〔味噌らーめん〕 こってり。
IMG_0790 林 (2)
デフォでコーンがたくさん乗っているのは、ウレシイな。
そして大判の海苔が二枚、コレはどこかで見たことがあるな。
味噌ラーメン専門店の【ど・みそ】によく似ています。

スープは、かなりコッテリした味噌味。
ダシ汁が濃厚豚骨系なんでしょうね。
最近ハヤリの味噌ラーメンと言ってイイと思います。
スープ表面には、油膜もありますが喰いにくいと言うほどでもない。

IMG_0790 林 (5)
麺は、黄色みの強いやや縮れの中太。
少し固めに茹で上げられ、好み。
味噌ラーメンとしては、もう少し縮れが強い方が良いように思われますが、コッテリタイプだとシツコクなるかな?
厨房は見えず、製麺所未確認。

IMG_0790 林 (4)
チャーシュウはバラ肉二つ折り。
脂身のトロケル感触も程好く、赤身には肉質感もありイイな。
強めの、醤油ダレによる味付け。

大判の海苔はスープに溶けにくく、シッカリしてます。
モヤシは軽く火を通してある。
ニラの苦みと、コーンの甘味は良いコントラストです。

コチラ〔醤油らーめん〕 Ayaは味玉を付けてました。
IMG_0790 林 (3)
アッサリ目のスープは穏やかな醤油味。

〔味噌らーめん〕には無いホウレンソウや、白髪ネギが、よりアッサリ感を増幅して良い仕事してますね。
味玉を半分貰いましたが、しょっぱ過ぎず喰いやすい。

IMG_0790 林 (6)
麺は、細めの縮れ。
マッチングは良好です。

総評
やや甘味があり、濃過ぎない味噌味の塩梅は私の好み。
価格も味噌ラーメンとしては、やや安価で良心的だね。

醤油は少し魚介を感じる点が、Ayaには合わないそうです。
私は無問題なんですけどね。
68点。

IMG_0790 林 (7)

新店・初訪 鶏そば十番 【156】(ICHIKORO)横浜ワールドポーターズ店 横浜市中区

ゴールデンウィークに入る直前のある日、朝の市中見廻りでチャリンコを転がしている時に気付きました。
「ワールドポーターズ」の【大ふく屋】が閉店し、替わりに 鶏そば十番 【156】と言う店に成るようです。

鶏そば十番 【156】と言えば、麻布十番に本店が在る鶏白湯ラーメンがウリの店です。
西麻布で仕事があった時に何度か店の前を通りましたが、いつも混んでいて喰いませんでした。

2015年9月には町田店を出し、ついに横浜にも来ましたか。
経営は先の【大ふく屋】と同じ株式会社「Team86」のようです。

さて、この横浜ワールドポーターズ店は 2018年4月27日オープン。
ゴールデンウィークの混雑を避けて、本日行ってみたら先客さんは二組4名。
すいていたから、入りました。

基本の〔純鶏そば〕を発注。
口頭注文後払い制です。

さて、到着したこのラーメン。
IMG_0916 156 (2)
何か変だな。

こんな形のドンブリなんです。
IMG_0916 156 (3)
レンゲ不用ドンブリ持ち喰いの私にとって、変形ドンブリは扱いにくい物なんですが、まぁこの位なら大丈夫か?

乳化度の高い白濁スープからは鶏の香りが漂います。
一口飲んでみると、喉越しの後からも鼻に抜ける「戻り香」があります。
ややトロミもあり、コレは私の分類基準だと「中濃鶏白湯」だな。

醤油ダレの気配は薄いが、味的には十分ですから色合いの薄い醤油、あるいは塩を元ダレに使用しているのかな?
ダシ汁は、鶏ガラ、モミジ、ネック、と野菜を6時間炊き込んだものだそうです。

IMG_0916 156 (5)
麺は、細めのほぼストレートで、やや色黒。

噛んでみると、北九州のラーメンともまた違う「ぱつん感」があります。
なんちゅうか、粘りのある「ぱつん」とでも言いましょうか。
歯を立ててから、暫くのあいだ抵抗を示し、その後イヤイヤ切れて行くと言ったカンジです。

麺の色合いから察するに、絹挽きの全粒粉を使った製麺なのかな?

チャーシュウの替わりの鶏肉。
IMG_0916 156 (4)
フチには粗挽きの黒コショウが付いています。
肉自体の味付けは、それほどでもないが、この黒コショウがアクセントになるね。

半割りの味玉は、ちょっとショッパ目。
メンマは極太だが、歯でさっくり切れる。
ほかに、多めの水菜、輪切りネギ。

総評
税抜き価格:780円 税込み価格:842円。
町田店などは、券売機による税込み:780円の販売価格のようです。
どうせ税金を払わなければ売ってくれないんだから、始めから税込み価格表示のみにしてもイイんじゃないかなぁ。
「ワールドポーターズ」はテナント料も高いだろうから、こうなるの?
この点が、ちょっと引っ掛かったので評価点は71点です。

ラーメン自体は、レベルが高いと思います。

IMG_0916 156 (6)

ラーメンショップ 【城門】 神奈川県三浦市

三年振りに三浦海岸の【城門】に行ってきました。

前回訪問時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-2439.html

喰いましたものは城門ラーメンと半チャーハンのセットである〔城門セット〕 1080円 と、〔シュウマイ〕を二個。
発注後、まずは〔シュウマイ〕から到着。
DSCI1983 城門 (1)
この店で〔シュウマイ〕を喰うのは初めて。
大振りで、豚肉が多いですね。

数分後、ラーメンと半チャーハンが来ました。
DSCI1983 城門 (2)
以前と変わらぬルックス。

麺は細めのほぼストレート。
DSCI1983 城門 (4)

生姜を利かせた熱々の溶き卵スープは、トロミもありヤケド注意です。
でも、私は細い麺のノビとトロミが無くならないうちにと、急いで喰います。
冷房の効いた店内でも、汗びっしょりになります。
まぁ、アイスクリームを喰っても汗をかく私ですから(激笑)

半チャーハンは、ザーサイ付き。
DSCI1983 城門 (3)
浅い焼き加減ながら、ほどける米粒の感触が良いね。

久し振りの〔城門ラーメン〕、堪能しました。
御馳走様でした。

DSCI1983 城門 (5)

再訪 つけ麺 【はま紅葉】 横浜市中区

初訪時、印象の良かった【はま紅葉】を再訪。

選べる三種類の麺の中から、今回は「太麺」を選択。
発注より7~8分後に出来上がりました。
IMG_0750 はま紅葉 (1)

太麺は、ほぼうどん!
IMG_0750 はま紅葉 (3)

角切りのチャーシュウは、少し縮んだ?!
IMG_0750 はま紅葉 (2)

濃厚で重量感のあるつけ汁は甘めで、うどん麺の自力と対等に勝負できる強さがあります。
強い麺と強いつけ汁のおかげで、食後の「喰った感」は大いに満足。

だが、この店で用意されている麺は、もう一つあります。
細麺にしたら、果たしてどうなるのか?
また、近いウチに寄ってみますね。

御馳走様でした。

初訪時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-3469.html

【丸亀製麺】加平店 東京都足立区

この日は暑かった。
私にとっては、20℃以上は夏日。
25℃以上は真夏日です。

そんなワケで、冷やしモノが喰いたかったので【丸亀製麺】に入店。

うどんを冷やしで貰って、かき揚げその他をトッピング、稲荷寿司とサケのおにぎりも頂いた。
IMG_0739丸亀製麺 (1)
それぞれの単品価格はそれほど高くないから、アレもコレもと取っているウチにすぐ700~800円になっちゃうんだよね。

ネギとおろし生姜は取り放題なので、私は生姜多めにしました。
キレイに澄んで、色合いも薄いうどんつゆですが、塩分濃度はかなり高そう。
鰹と昆布のダシも十分に感じられます。

久し振りに、サケのおにぎりを喰ったけどウマかったなぁ。

御馳走様でした。