FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

食彩 【まかない】 横浜市旭区

IMG_2363 まかない (1)
【まかない】で飲んだくれてました。

レバニラ炒め。
IMG_2363 まかない (2)
この料理の呼称、実はニラレバ炒めが正しいそうです。
「天才バカボン」の影響で、レバニラ炒め煮と言う呼び方も広まったとか。
私はレバニラ炒めと言っちゃいます。

チヂミ。
IMG_2363 まかない (3)
来る「チヂミ・パーティ」に備えての予備知識を得るためです。
私は、今までの人生において一回しか喰ったことがないので、その調理法などがワカラナイんです。
付属のタレがウマイ。
これも研究しなければ。

ネギチャーシュウ。
IMG_2363 まかない (4)
御主人手作りのチャーシュウは、赤いフチのオールドタイプ。
コレをチヂミに乗せて喰うと、また旨かった。

御馳走様でした。

中華料理 【六町飯店】 東京都足立区

足立区の中華料理店 【六町飯店】です。

〔鶏肉とカシューナッツ炒め定食〕 税抜き700円 を喰いました。
IMG_1533 六飯

税金を足しても756円です。
近頃では、ラーメン一杯750円も珍しくないので、この価格でこの内容なら大満足ですわ。

鶏肉とカシューナッツ炒めは、比較的おとなし目の味付け。
だが、カシューナッツと鶏肉は多目でうれしいな。
御飯が足りなければ、おかわり出来ます。

御馳走様でした。
またきます。

マルちゃん 〔鴨だしそば〕 2号

鶏の水炊き鍋を喰った残り汁で、マルちゃんの〔鴨だしそば〕を作ってみました。

IMG_2341 自作鴨だし

具は鶏肉と長ネギ。
水炊きのスープには鶏の旨味とコラーゲンがたっぷり溶け込んでますから旨くないワケがない!
鴨肉の野趣あふれる味わいとはまた違う、鶏の優しい味が楽しめるそばに成りました。

御馳走様でした。

この日で閉店 カフェ&レストラン 【ほわいとべあ~】 横浜市旭区

鶴ヶ峰駅前にある洋食屋さん、【ほわいとべあ~】が2019年1月26日をもって閉店してしまうと言う情報を得て、最後の駆け込み食をしてきました。

〔ハンバーグステーキ〕 ライス、味噌汁付き 1050円 のハズなんですが・・・・・
IMG_2269 ほわいとべぁ~ (1)
通常のハンバーグを注文したのですが、料理人さんが間違って「チーズ乗せ」で作ってしまったとのこと。
少し得ですから、モチロン引き取りました。

粗挽肉のゴロゴロ感が嬉しいタイプです。
IMG_2269 ほわいとべぁ~ (2)
ソフトに整形されており、箸でも喰いやすいな。
多目の自家製デミグラスソースは赤ワインの香り高く、それでいて私達にはなじみやすい味わいです。

〔焼きカレー〕 880円。
IMG_2269 ほわいとべぁ~ (3)
御飯にカレーとチーズを乗せ、鉄板で焼きあげたものです。
当然、熱々ですから慌てて喰うとヤケドします。

IMG_2269 ほわいとべぁ~ (5)
カレールゥは、小さく切られた肉と野菜が入る日本式です。
いかし、スパイスは強く効いて香りはインドカレーに近いかな。

街の洋食屋さんが、またひとつ無くなってしまいました。
寂しいね。

御馳走様でした。
そして長年の営業、お疲れ様でした。

IMG_2269 ほわいとべぁ~ (6)

【銀だこ 大衆酒場】大塚店 東京都豊島区

JR大塚駅南口には、ゴチャゴチャした昭和ノスタルジックを感じさせる飲食店街がある。

そんな中で仕事をして、昼近くになると右からは焼き鳥のにおい、左からはお好み焼きのにおい、背後からは歯医者さんの消毒薬のにおいなどに包まれる。
腹減ってるんだか? 病院にいるんだか? 頭はカオス(笑)

んで、この日の昼食は【銀だこ 大衆酒場】にしました。
IMG_2217 豚丼
〔豚丼〕並 税込み580円。

とにかく安い!
他に、カツカレー 680円、タレカツどん 580円、しょうが焼き定食 580円などもあります。

さてこの〔豚丼〕、甘めのタレで焼き上げた豚バラ肉が7~8枚のってます。
そして真ん中にシシトウが一本。
御飯の量は標準的。
漬物と味噌汁も付いてますから、満足しました。

このタレ付け焼きというのは、帯広豚丼のスタイル?
本格的な帯広豚丼は喰った事がないのでわかりません。
私が過去に喰ったのは牛丼屋のモノばかり。

しかし、神奈川県大和市の大和駅前に十勝豚丼の店、横浜市東神奈区の東神奈川駅近くにも豚丼の専門店があるのでそのうち喰ってみるよ。

御馳走様でした。

マルちゃん 〔鴨だしそば〕

スーパーでこんなものを見つけました。
IMG_2251 鴨だし (1)
コレって、私は知らなかったんだけど、前からあった?

早速作ってみました。
IMG_2251 鴨だし (2)
なんとまぁ、豪華に具沢山。
ローストの合鴨肉に、ネギ、揚げ玉。
ラーメンは、ほとんど具無しで作るのにねぇ、私っつう人は。

鴨ダシがどう言うものなのかよく分からないんですけど、そばつゆはかなり甘めですね。
麺はマルちゃん自慢のノンフライで、食感が良く蕎麦粉の香りも感じられます。

ちゃんとした蕎麦屋さんに行って、ちょうだいくださいで頂けば千円千五百円はするものが手軽に喰えるんですから、ありがたいですね。

御馳走様でした。

居酒屋 【目利きの銀次】根岸駅前店 横浜市磯子区

バンドのメンバーと飲み。

まずは「IWC」(時計屋じゃないよ、プロレスでもないよ)脱退記念に鯨のユッケ。
IMG_2208 銀次 (1)
久し振りに鯨を喰います。
だが、クジラクジラしてなくて何の肉喰ってんだ? と言う印象。
ちょっと残念。

刺身の盛り合わせ。
IMG_2208 銀次 (2)
マグロ赤身、びんちょう、ネギトロ。
赤身がおいしゅうございました。

フライ盛り合わせ。
IMG_2208 銀次 (3)
左からエビ、マグロ、レンコン。
マグロのフライっていうのもオイシイものだね。

他に2~3品喰って、バクダン飲んだらいい気分。
御馳走様でした。

居酒屋 【のんだくれ亭】 横浜市旭区

バンドの練習の後、近所の居酒屋へ飲みに行く。
ちょっと、御無沙汰しちゃった【のんだくれ亭】です。

まずは焼き鳥。
IMG_2180 のんだくれ (1)
左から、鶏ネギ、砂肝、鶏皮。
塩加減がイイですね。
特に、皮は焼加減もイイ!

肉豆腐。
IMG_2180 のんだくれ (3)
大振りの豆腐がうれしい。

ぼんじりと正肉タレ焼き。
IMG_2180 のんだくれ (2)
ぼんじりに唐辛子をタップリかけて喰うのが好きなんだなぁ。

他に二品ほど喰って、飲んでイイ気分。
御馳走様でした。

【ゆで太郎】鶴ヶ峰店 横浜市旭区

朝早くからチープなカレーが喰いたくなり、【ゆで太郎】鶴ヶ峰店に行きました。

私は
『喰い物はシンプルなのがイチバン』
と考えているので、カレーライスの単品を頂きましたが、いつものことなので面白みがない。
そこでAyaの喰ったものを掲載。

カレーとそばのセットに半トンカツを付けたモノ。
IMG_2173 ゆでた
彼女は、単品ではなく色々とオプションパーツを付けるのが好きなんです。

さてお味の方はと言うと、私のカレー単品ともどもいつもの安心できる「ゆで太郎味」で、納得および満足で帰ってきました。
それから、またサービス券が来ちゃったから、「ゆで太郎頻度」が上がる日々になるかもしれません。
毎回アップはしませんけどね。

御馳走様でした。

【かつや】横浜市沢町店 横浜市旭区

この日はAyaが「カツ丼が喰いたい」と言い出す。

ブタ野郎である私に否やは無い。
んで、近くの【かつや】横浜市沢町店へ。
ココはいつでも込んでいるんだが、この時は割りと素直に入店できた。

喰いました、基本の〔カツ丼〕(梅) 税抜き 490円。
IMG_2157 かつ家 (1)

IMG_2157 かつ家 (2)

まぁ、誰でもが知っているであろう【かつや】だから、クダクダしくは書かないけど、その割りには私は知らなかったコトがあるんです。
ココのカツどんには「松」「竹」「梅」のランクがあるんですね。
今までは、まったく気にせずに、メニューも良く見ずに、ただ「カツ丼」と頼んでました。
で、どう違うのかと言うと、トンカツの肉の量と玉子の量が増えるんですね。

次に喰うときには、少し贅沢してみっか。
などど考えてしまう私でした(笑)

御馳走様でした。

食彩 【まかない】 横浜市旭区

Ayaの旧友さんたちの集まりがあり、私ももぐり込んできました。

もつ煮込み。
IMG_2166 まかない (1)
味噌味でもつがタップリ。
唐辛子を多めに振るとイイね。

豚肉の角煮。
IMG_2166 まかない (2)
甘めのタレがよくマッチしてます。

鮭の切り身焼き。
IMG_2166 まかない (3)
塩鮭かと思ったら、なんと粕漬けなんです!
この店の御主人は、ひとひねりしてくるなぁ。

牛ロースステーキ大根おろし添え。
IMG_2166 まかない (4)
大根おろしでさっぱりと頂くと、牛肉もイイもんですね。

おごげ。
IMG_2166 まかない (5)
私、おこげ料理って人生初食!
ウマイものですねぇ。
この日のナンバーワンですわ。

ゴマ団子。
IMG_2166 まかない (7)
熱々の状態だと、よりゴマの香りが強いな。
餡はくださがないスッキリさ。

写真の撮り忘れもあり、以上が全てではありません。
だいたい、後半は酔いのため記憶がアヤフヤ。

御馳走様でした。

アジア・エスニック料理 【らぷし】 東京都豊島区

ラーメンとカレーばっかり食っている私です。
イヤイヤ、他の物も喰っているんですよ。
でも、やっぱりラーメンとカレーが一番面白味があると思うんですわ。

豊島区の【らぷし】です。
んで、またカレー。
IMG_2025 らぷし (2)
鶏肉入りホウレン草のカレーです。
商品名は〔サグチキン〕 850円。
古くからホウレン草を使ったカレーがあることは知っていたが、喰うのは初です。

IMG_2025 らぷし (3)

一口喰ってみるとホウレン草と言うよりも、なんだか海苔のような味と香りがノドの奥から感じます。
こりゃ、どういうことかいな?
でもね、落ち着いてみるとやっぱりカレーなんですよ。
面白いな。

鶏肉は、ホロホロと崩れるような食感で喰いやすい。
御飯も多めで、腹に溜まります。

御馳走様でした。

IMG_2025 らぷし (5)

とんかつ 【松乃家】伊勢佐木町店 横浜市中区

いよいよ年の瀬ですなぁ。
昼は繁忙の極みが予想されるので、朝にシッカリ喰っておきます。

とんかつ 【松乃家】伊勢佐木町店の〔玉子丼〕
IMG_2086 玉丼 (1)

IMG_2086 玉丼 (2)

キチンと固まった玉子に長ネギ、玉ネギ。
割り下は甘め。
今回、御飯が少し柔らかすぎる炊き加減で、ちょっと残念。

御馳走様でした。

天丼・天ぷら定食 【ゝ松】伊勢佐木町店 横浜市中区

朝の伊勢佐木町をブラブラしていたら、こんな置き看板。
IMG_2068 天丼 (2)
天丼・天ぷら定食の 【ゝ松】ですが、なんと天丼が値下げしてます!
今年の10月に喰った時には500円だった。
このサービス天丼は、値下げして品質は変わったのか???

朝ラーを喰いに出かけてきたんだが、瞬時にターゲット変更。
入店して即座に発注。
待つこと6~7分で出てきた天丼がコレ。
IMG_2068 天丼 (1)

内容はと言うと、海老天、鶏天、ナス、ピーマン、玉ネギ。
500円の時は海老天×2だったから、少し内容を落としたか?

でもこの価格で天丼だから、有難く頂きました。
御馳走様でした。

【ステーキガスト】多摩境店 東京都町田市

今年の8月に本牧の【ステーキガスト】に入って印象が良かったので、通りがかりだけど多摩境店に行ってみました。

メインディッシュはハンバーグと白身魚フライ・ソーセージを選択。
IMG_1167ステガス (4)
税抜き699円。
んで、このメインディッシュを頼めばサラダバーが喰い放題ですからオトク。

第一回獲得品。
IMG_1167ステガス (3)
そうめんに、コーンスープ、パン三個、カレーライス。

カレーライス盛り過ぎた。
他のものが喰えなくなりそう(笑)
さすが、イヤシイ系の人間である私。

でもなんとか、メインディッシュと貰ってきたものは全部喰いきりました。
おまけに最後にアイスクリームまで喰っちゃいました(激笑)

御馳走様でした。

えっ、喰い物の感想を述べてないって?
ソレは聞かないのが、お約束。
んなワケないか。

そーめんがイチバンうまかったです。

テイクアウト専門カレー 【パルファン】 東京都豊島区

またまた【パルファン】のカレーを喰っちゃいました。
当ブログには何度も登場しているので軽くね。

〔牛スジカレー〕のプレーン。
IMG_1950 パルファン (2)

サラサラなカレーなので、今回はスープカレースタイルで喰い進めます。
黒米のプチプチした食感が好きだなぁ。
カレーの辛さは調整できないけど、物足りなさは無いです。
オバちゃんも相変わらず愛想がイイし、満足です。

御馳走様でした。

手作り生ハンバーグ屋さん 【FireBurg】関内店 横浜市中区

タマには、ハンバーグでもぉ。
っうことで、【FireBurg】 へ。

基本の〔ハンバーグセット〕 580円+税。
IMG_1988ファイヤ

その日の朝に手ごねで作るハンバーグはフレッシュで、粗引きの肉のゴロゴロ感が好きだなぁ。
御飯にサラダ、味噌汁まで付いてこの価格です。
更に御飯はおかわりできます。感謝。

御馳走様でした。
また来ます。

とんかつ・かつカレー 【どん八】 横浜市中区

年に数回、喰いたくなるんだよね、このカレー。
IMG_1471 どん八 (2)
〔カツカレー〕 Sサイズ 720円。
Mサイズにチャレンジして撃沈以来、ずっとSサイズにしてます。

コチラAyaの〔ヒレカツカレー〕 Sサイズ 670円。
IMG_1471 どん八 (1)

家庭のカレーとは違うんだけど、かと言ってそれほど高級感があるワケじゃない。
そのなじみやすさと、破壊的な量に惹き付けられるんだわ。

このカレーを喰ったら、【バーグ】のカレーを喰いたくなった(笑)
カレー・ループ?

御馳走様でした。

テイクアウト専門カレー 【パルファン】 東京都豊島区

豊島区の明治通り沿いにある、小さな持ち帰り専門のカレー屋さん【パルファン】
幹線道路沿いと言う立地にもかかわらず低価格で、なおかつ侮れないカレーを提供してくれています。

今回は、プレーンの〔牛スジカレー〕を大盛りでいただきました。
IMG_1944 パルファン (1)
御飯は、黒米入りを選択。
前回は白飯とのハーフ&ハーフで喰いましたが、一発でこの黒米入りが気に入ったんです。
この黒米がナッツのような食感でオモシロイんです。

IMG_1944 パルファン (3)

大きめの牛スジ肉が3~4個。
IMG_1944 パルファン (4)

スープカレーに近い粘度の低いカレーは、ほど良い辛さ。
玉ネギやニンジンは溶けかかってトロトロ。
そこに黒米が「かりっ」とした感触を与えてくれます。

オバちゃんの愛想も良いし、御飯も大盛りに更に少し増量してくれたし、カレーも独特でいいな。
御馳走様でした。

牡丹鍋

知人のKねださんから猪肉を頂きました。

そこで早速、牡丹鍋にして喰いました。
豆腐が白トビしちゃった写真でスマンス。
KIMG0052 牡丹鍋
丹沢の山奥などで出会う、味噌味の鍋にしました。
クサミも無く脂身は甘く、喰いやすいです。
そして、豚肉には無い強いスジや、詰まった赤身などに野生を感じます。

御馳走様でした。
またお願いします。

朝の「10分どん兵衛」

やっと私の活動しやすい気温になってきました。
そこで、良く晴れた日には早朝サイクリング。

港までの途中に在るコンビニで〔どん兵衛〕を買って湯を入れ、波止場に着く頃には「10分どん兵衛」の出来上がり。
IMG_9857 どん

波止場の風景を見ながら喰うのは気分がイイものです。
この日は、大桟橋に巨大豪華客船 「ダイヤモンド・プリンセス」が停泊してました。
IMG_1922 ダイプリ (1)
水陸両用バスの「スカイダック」が近くを通ります。

「ダイヤモンド・プリンセス」のすぐ横を通過。
IMG_1922 ダイプリ (2)
「スカイダック」だってバスだから、そう小さくはないんだけど、さすがに全長 290m 115,875 トンの巨体との大きさの違いはこの通り。

港はイイなぁ。
船はイイなぁ。
で、ご馳走様でした。

インド・ネパール料理 【Everest kitchen】戸部店 横浜市西区

この日は、西区役所の近くに在る店に行ってみたんですが、店前に4~5人の待ち人。
2015年5月頃 五反田より移転してきた店で、川崎溶き玉子ラーメン類似の商品が目当てでした。
だが並ぶのはマッピラと、旧東海道のほうへ向かいました。

横浜駅方面へ向かえば何かあるだろうとブラブラ。
ラーメンじゃなくてもイイし。

そんで見付けたのが【Everest kitchen】
こんなトコロにも在ったんだぁ。
街道に面してなくて、横道に在るので少々わかりにくいなぁ。

さて、喰いましたもの。
私は大好きな〔マトンカレー・セット〕
IMG_1801 エヴェレスト (1)
飲み物とサラダが付きます。
私はラッシーを選択。

カレーの中にはマトン肉が4~5個。
IMG_1801 エヴェレスト (3)

お約束であるマトン肉のナン包み喰い。
IMG_1801 エヴェレスト (4)

こちらAyaの〔ポークカレー〕 ナンを胡麻ナンに変更。
IMG_1801 エヴェレスト (2)
ナンに胡麻がびっしりと付いてます。
が、喰っていると落ちて、あたりが胡麻だらけになる。
胡麻はカラダにイイので、せっせと集めて喰いましたが。

カレーは私の中では、もうすっかりおなじみとなったインド・ネパール式の本格的なモノ。
私は「3辛」にしましたが、丁度よい辛さ。
Ayaは「1辛」ですが、それだとほぼ辛くない。

価格は、ランチタイムだと中心価格帯は800円台くらいかな。
ナン、ライスはお替りできるのでCPは良いでしょう。

御馳走様でした。

IMG_1801 エヴェレスト (5)

創作ダイニング 【Antenna】 横浜市旭区

相鉄線 鶴ヶ峰駅の南側バスロータリー近くに在るダイニングバーの【Antenna】に行きました。

ココは鶴ヶ峰でも数少ないオサレなバー。
でも、そんなに高くないし、遅くまでやっているから有難い。

まずは大好物の馬刺し。
IMAG4368 あんてな (1)
赤身とタテガミの部分を交互に盛り合わせてます。
タテガミと言うのは、馬の鬣(←こんな漢字なんだ! 書けねーよ)の毛根近くの皮下脂肪が多い部分です。
ほぼ脂身で、醤油など強くはじいてしまう。
でも馬の脂だからね、全くクドくないんです。

赤身は柔らかく、けど肉質感がありサッパリ。
ショウガやニンニクが良くあいます。

マグロとアボカドの・・・・・ん~、なんだっけなぁ、商品名失念。
IMAG4368 あんてな (2)
まっ、とにかくマグロがウマイ、アボカドもウマイ。
それから、醤油とマヨネーズって、合わせて喰うとよりウマイ。

御馳走様でした。

コーヒープラザ 【TREE TOP】 東京都豊島区

このトコロ、お気に入りのカレーを喰いに【TREE TOP】へ。

店前の写真付きメニューを掲載します(クリックで拡大)
IMG_1845 ツリト (1)

今回は基本と思われる〔ポークカレー〕を大盛りだけど、少し減らしてもらいました。
IMG_1845 ツリト (2)
プラス50円で中盛りがあったらイイんだけどねぇ。

写真でもわかると思うけど、デカイ玉ネギが入っていた、ウレシイ!
やや甘味のあるカレールゥは、トロミが強いイギリス式 ≒ 日本式。
私にはなじみやすく、とても喰いやすいカレーだね。

通常の大盛りよりも若干減量だが、やっぱり腹一杯。
御馳走様でした。

中華料理 【六町飯店】 東京都足立区

「つくばエクスプレス」六町駅出入り口のまん前。
道路を渡る時に目に入るビルの二階に【六町飯店】はある。
昼食どきだから、自然に吸い込まれた。

〔レバニラ炒め定食〕 700円 税抜き。
IMG_1554 六飯レバ
リーズナブルな価格だが、内容は充実。

甘辛ショッパク炒められたレバニラに御飯が進む。
おかわりしちゃいました。

ココでふと思ったのだが、レバニラ炒めって中華料理???
日本料理のような気がする。

御馳走様でした。

上池袋周辺でカレー喰い荒らし

仕事場の周辺に有力なラーメン屋が無い!
よって、カレーばっか喰ってました(笑)

コーヒープラザ 【TREE TOP】 東京都豊島区

再訪の今回は〔ドライカレー〕 750円+大盛り 100円。
IMG_1718 スリートップ
腹が減っていたので大盛りにしたら、すんごい量です。
後半苦しくなりながら、やっと完食。

ところで「ドライカレー」って店によって、かなり違いますよね。
ホントに水気が無くてカレーピラフのようなモノ、白飯に水気の少ないカレールゥを乗せたもの(私が若い頃通った横浜駅西口の【ハロウィン】はこのタイプでした)、はたまた普通のカレーみたいで、やや水分の少ないものなど。

この【ツリートップ】のドライカレーは最後のタイプです。
ほぼ普通のキーマカレーのよう。
んで、挽肉は大歓迎!



テイクアウト専門カレー 【パルファン】 東京都豊島区

〔牛スジポパイカレー〕 価格失念(550円だったかなぁ?)
IMG_1815 パルファン (1)
ライスは、白米と雑穀御飯のハーフ&ハーフにしてもらいました。

明治通り沿いの小さなお店なんですが、基本の〔牛スジカレー〕が450円と安いんです。
んなワケで、若干いぶかしみを持って臨んだのですが、どっこい、良いカレーだと思います。

水から、食用油、野菜、肉なども全てオーガニックな物にこだわり、それでいて物足りなさの無いカレーです。
辛さはそれほどでもなく、スパイスと牛スジのダシ感で喰わせるタイプですかね。

スパイシーな中に滋味深さも感じられ、量的にも満足でした。



アジア・エスニック料理 【らぷし】 東京都豊島区

ガッパオやナシゴレン、カレーうどんなんかもあるお店です。
だが私は〔チキンと季節の野菜スープカレー〕 850円を頂きました。
IMG_1821 らぷし (2)
スープカレーですから、ぱしゃぱしゃです。
当たり前ですけど。

鶏肉はホロホロに煮込まれています。
モモ肉だと思いますが、パサつかず喰いやすい。

スープカレの辛さは、私にとってはピリ辛程度。
ナスがとてもうまかった。
あと、コンソメスープも薄味ですが、奥行きがありGOOD。



以上、三店舗は辛さの調整が出来ないようですが、頼めばやってくれるのかなぁ?
御馳走様でした。

食彩 【まかない】 横浜市旭区

今月は、いろいろとイベント続きでくたびれたなぁ。
んなワケで、近所の居酒屋さん【まかない】でお疲れさん会。

〔カシューナッツと鶏肉炒め〕
IMAG4777まかない (1)
ヤングコーン、ニンニクの茎などが入っていてヘルシーだわ。
前回は、キクラゲ、ピーマンが入っていたね。
その時にある野菜を合わせるのでしょう。

〔トマト玉子炒め〕
IMAG4777まかない (2)
火を通したトマトのウマさと、優しい玉子の味わいに気持ちがほっこりします。

他に数品喰って、腹一杯でホロ酔い。
御馳走様でした。

再訪 curry house 【八仙花】 東京都豊島区

去年の夏に見つけて気に入ったカレー屋さん、curry house 【八仙花】に再訪。

説明書きを見てください。
IMG_1523 八仙花 (1)
初訪問時は、ポークビンダルーを喰いました。
その時は、今まで味わったコトの無かったオモシロい辛味に一発でノックアウトされました。

そこで今回は基本的なものに戻して、スパイシーチキンとマッサマンカレーをハーフ&ハーフでお願いしました。
こんな風に半分づつの組み合わせも出来るんです。
IMG_1523 八仙花 (2)

チキンカレーは、かなり強い辛味を持ち、スパイスが前面に出ています。
鶏肉はホロホロになるまで煮込まれています。
IMG_1523 八仙花 (3)

一方、マッサマンカレーの中にはシメジのようなキノコがいっぱい。
辛さはそれほどでもなく、マイルドな印象。

そして付け合わせのポテトサラダみたいなモノが、妙にウマイ。
ジャガイモが元になっているんですけど、いろんなものが合わせてあるようです。

面白いカレー屋さんです。
私んチの近所に欲しいな。

御馳走様でした。

IMG_1523 八仙花 (4)

天丼・天ぷら定食 【ゝ松】伊勢佐木町店 横浜市中区

早朝から天丼が喰いたくなり、チャリンコ転がし伊勢佐木町へ。
天丼・天ぷら定食の店 【ゝ松】は24時間営業です。

〔天丼〕 500円。
IMG_1747 、松 (2)

IMG_1747 、松 (3)
サービスの揚げ玉を少々投入。

エビが二本でこの価格だから【てんや】よりもオトクだわね。
だが、向こうは天丼の専門店。
こっちは【松屋】の別業態。
何か違いはあるかな?

イヤ、タマにしか喰わない天丼ですから、そんな違いがわかろうハズもない私です(笑)
『エビ二本で満足』
との感想をいだいて帰宅。

はい、私って簡単なヤツです。
御馳走様でした。

コーヒープラザ 【TREE TOP】 東京都豊島区

まったく情報無しで初訪して、印象の良かった【K’s Garden】に行ってみたら、工事中。
どうやら閉店して、次の店になるようです、残念だなぁ。

【K’s Garden】の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-3476.html

お目当ての店が無くなり、途方にくれた・・・・・ワケでもなく、前回【K’s Garden】に来た時にカレー屋さんが近くにあることを覚えていました。
早速入店。

店内は山小屋風のウッディな造り。
大きな軒看板には、「コーヒープラザ」とありましたから、喫茶店でもあるようです。

壁には、こんなアピール書き。
IMG_1675 スリートップ (2)
ただ、カレーショップ【富士】って何?
聞いたコトないぞ(私はカレヲタではないから浅学ですけど)

発注後、5~6して届いたカレーがコチラ。
IMG_1675 スリートップ (1)
店の内外にはインドカレーを思わせる告知がいくつかあるんですけど、コレは日本式のカレーだね。
一皿にサラダも盛り付けられている点などは、金沢カレーとの類似性もうかがえる。

日式カレーではあるが、さすがに手間暇かけて作られているだけあって家庭のカレーとは一味違うな。
まず、スパイスの個性が十分に引き出されているようです。
辛さはそれほどではないにしろ、キリリとした存在感のあるカレーであると言えます。

同行のN氏が喰っていた〔ドライカレー〕もよさそう。
次の機会には喰ってみます。

日本人にはなじみやすいカレーでした。
御馳走様でした。

IMG_1675 スリートップ (3)