行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

【すき家】で朝飯

【すき家】で朝食を喰いました。

〔玉子かけご飯朝食〕
IMG_0799すき

写真にも見える「たまごかけ醤油」と言うのが妙にウマイんです!
他の定食にも出してほしいくらいです。
でも使う量は、ほんの少しね。

ラーメン喰いの私は、塩分過多になりがちです。
ラーメンをやめるのは耐え難いので、せめてほかの料理では出来るだけ塩分を減らしています。
味噌汁も全部飲むのは止めています。
ちょっと残念なんだけどね。

御馳走様でした。

【伝説のすた丼屋】横浜日ノ出町店 横浜市中区

肉が喰いたくなった。
肉と言えば私は豚肉。
決して牛肉ではない。
おっと、牛丼屋には行きます、なんたって手軽で楽ですから。

っうことで〔すた丼〕喰いました。
IMG_0216伝説 (1)

IMG_0216伝説 (2)

秘伝のニンニク醤油ダレで豚肉とネギを炒め煮にしたものがアタマなんですが、近頃どうもニンニクの風味が弱くジャンクさが薄らいできたように感じます。
私が初めてすた丼を喰った数年前は、もっとお下品だったと思うんですけどねぇ。
洗練されてほしくない喰い物の一つなんだわね。

御馳走様でした。

【磯丸水産】有楽町日比谷店 東京都千代田区

有楽町での昼食は常に「難民」になる危機感に付きまとわれる。
そんな時の安全策はキャパの大きい店。
【磯丸水産】に直行しました。

いつもドンブリものだけど、今回はちょいと目先を変えて〔アジフライ定食〕 920円。
IMG_0238磯丸

肉厚で大きいアジフライが二枚。
トロロ昆布のうどんまで付いてます。
他に漬物と冷やヤッコ。

この内容で1000円以下ですから、文句の出るワケがない。
腹一杯に成りました。

御馳走様でした。

カレーハウス 【CoCo壱番屋】六町店 東京都足立区

この辺りには、有力なラーメン屋が無い。
中華料理屋さんなら、何軒か在るんですけどね。
んで、同僚に誘われるままにカレーの【CoCo壱番屋】へ。

〔ポークカレー〕 400g、辛さは「普通」で。
IMG_0193COCO壱
ツマラナイ絵ヅラだわね。
私はトッピングとか、まず頼まんのでね。
しかし、まぁ味の方は安心できる「ココイチ味」ですわ。

過ごしやすい日々が続いているので、汗をかきたくない、と辛さは「普通」にしました。
どうしても物足りなければ、卓上の辛味調味料で調節できるしね。

しかし食後は、やはり汗がダラダラでした。
真冬でも汗をかく、それが私です。
かき氷を喰っても汗をかく、それが私です。

御馳走様でした。

中華料理 【唐家村】 横浜市中区

久し振りに、鶏肉とカシューナッツ炒めを喰いに行きました。

〔鶏肉とカシューナッツ炒め定食〕 750円。
IMG_0141唐華村 (1)

IMG_0141唐華村 (2)

オイスターソースと中国醤油が中心の味付けでしょうが、少々薄目の味わい。
鶏肉と野菜は多いんだけど、肝心のカシューナッツが少ないなぁ。

しかしこの店、御飯のおかわりは出来るし、ソフトドリンクも一杯飲めるし、価格も割りと抑えめ。
コスパは良いでしょう。

コチラAyaの〔黒酢の酢豚定食〕 750円。
IMG_0141唐華村 (3)

大きめの豚肉がゴロゴロ。
レンコンが入るのは珍しいね。
黒酢のマイルドな酸味は、刺激が少なくてウレシイな。

御馳走様でした。

お食事処 呑み処 【越前】 横浜市旭区

鶴ヶ峰の【越前】で飲んでました。
この店は蕎麦を中心として、定食も多数あり飲みも出来ます。

私は大好きな馬刺しで飲んだくれ~。
IMG_0048 越前 (2)

IMG_0048 越前 (1)
赤身中心で、肉質がしっかりしてます。
薬味の玉ネギの辛さが良く合うね。

店名の通り御主人は福井県出身で、福井の地元料理などもあります。
〔へしこ〕と言う若狭産鰯の粕漬も喰いましたが、ショッパかった~、日本酒に合いそうです。

御馳走様でした。

回転寿司 【ぐるめ亭】西谷店 横浜市旭区

生牡蠣、あんきも、鱈白子。
冬になると喰いたくなります。
魚のイイ居酒屋に最近行けてないので、寿司屋さんで代用しますか。

旭区西川島町の【ぐるめ亭】に行きました。

あんきも軍艦。
IMG_0051 ぐるめ亭 (2)
紅葉おろしが乗ってます。
ポン酢のジュレが有ればなおイイ。

えんがわ。
IMG_0051 ぐるめ亭 (1)
魚肉とは思えない弾力のえんがわ。
脂の乗りがイマイチだったけど、2皿喰っちゃいました。

鱈白子はありませんでした、残念。
他に、3皿ほど喰って満足。

御馳走様でした。

【磯丸水産】有楽町日比谷店 東京都千代田区

有楽町で仕事。

午前中の作業がズレ込んで12:00を回ると、飲食店はどこもかしこも超満員。
コンビニだって、店内行列がトグロを巻く。
昼食難民になるのはカナワンから、キャパの大きい店に行く。

【磯丸水産】の〔まぐろヅケ丼〕です。
IMG_0170 磯丸有楽

発注後、2分くらいで来る。
マグロのヅケだけ仕込んでおけば後はのせるだけなので、先の待ち分が無ければ早いな。

マグロは、ちょっとスジが多いけど、まぁ味わいは良い。
ワサビの辛さが強烈で、少しむせび泣く(笑)

御馳走様でした。
また来るでしょう。

餃子の【王将】石川町店で中華飯 横浜市中区

昨日、演奏する前の昼食で【王将】に行きました。
演奏前は、腹七分目が良い。
【こびとさん】に着く頃は、そうなっているでしょう。

【王将】ですから、ラーメンも有るのに、こんなもの喰ってます。
〔中華飯〕
IMG_0106 中華飯
【王将】では中華丼のことを〔中華飯〕と呼びます。

私ゃ、数年に一遍くらい中華丼が喰いたくなるんだよねぇ。
この日がそうだったようです。

味わいは、まぁ無難なセン。
固めの餡は、時間が経ってもチャピチャピになりにくく、良いね。

Ayaは、いつもどおり豪勢に〔サンマーメンセット〕に小サイズの〔酢豚〕を付けて喰ってました。

御馳走様でした。

とんかつ 【松乃家】下永谷店 横浜市港南区

Ayaは【松乃家】未食です。
この日、ラーメンじゃないモノが喰いたいとの彼女のリクエストで【松乃家】下永谷店へ行きました。

Ayaの【松乃家】デビューは〔ロースかつカレー〕 630円。
IMG_1460 松乃家 (1)
辛さ抑えめで、彼女には合ってますね。
私は、ほとんど辛さを感じません。

IMG_1460 松乃家 (2)
私は、いつもの〔ロースかつ丼〕 530円。
Ayaが豚汁が欲しいとのことで、味噌汁を〔豚汁〕に変更。

【松乃家】はちょっと値上げしましたけど、量は多いし、まだまだCPは良いね。
御馳走様でした。

【崎陽軒】の季節のお弁当〔冬〕を頂きました

お弁当〔冬〕 700円。
IMG_1430 崎陽軒
Ayaが、タケノコの煮物を数個喰っちゃってから撮影(笑)

茶飯を中心に、お約束のシウマイ、冬らしさを表す白大福など。
私は、おかずをつまみに酒を飲んでました。

Cちゃん、ありがとうございました。
またお願いします。

地元飲み

久し振りに、なじみの焼肉居酒屋【ひょうたん】石川町店。

〔豚カルビ〕と〔豚カレー味〕
IMG_0003 ひょうたん石 (1)
豚好きの私たちはこうなります。

〔大根サラダ〕
IMG_0003 ひょうたん石 (3)

山の高さはこれくらい。
IMG_0003 ひょうたん石 (2)
おっと、ラーメンじゃなかった(笑)

〔牛ハラミ〕
IMG_0003 ひょうたん石 (4)
ハラミは内臓肉だけど、筋肉質。
横隔膜だからね。
豚好きでも、タマに牛肉も喰います。


二軒目は、少し離れたトコロにあるバー【グランカーブ】へ。

一杯目は〔オールドエヅラ〕の12年。
IMG_0007 グランカーブ (1)

二杯目は〔イエローストーン〕
IMG_0007 グランカーブ (2)
ホントはこれの7年物がスキなんだけどね、今は輸入してないみたい。

Ayaは〔サングリア〕
IMG_0007 グランカーブ (3)
今まで飲んだサングリアの中でも、かなりウマイ方だそうです。

イイ気持ちで、ウチに帰りました。
御馳走様でした。

【すき家】の牛丼

私は主として〔牛丼〕より牛肉を摂取しております。
逆に考えれば、それだけで十分とも言えますか。

この日、朝食としてJR王子駅前の【すき家】で牛丼を喰ったら、ちょうど具材の補充時間帯に当たったらしく、玉ネギがサクサクの状態で出てきました。
IMG_1386 すき家
黒っぽくなってトロトロの溶けそうな玉ネギも好きですが、このサクサクしてまだ辛味が残っている状態の玉ネギもまたウマイ!
少しだけトロトロの玉ネギも入っていて、なんだか得したような気分。

ご馳走様でした。
さぁ、寒風のなかで仕事すっか。

【伝説のすた丼屋】横浜日ノ出町店 横浜市中区

御存じ〔すた丼〕です。
IMG_1320 伝説 (1)

豚肉好きの私にとっては、ウレシイ存在です。
しかし、同じ豚肉好きでもAyaは滅多に食べません。
ニンニクが強過ぎるためです。

だけど私としては、近頃の〔すた丼〕はニンニクも醤油ダレも、肉質も昔に比べるとオトナシクなっていると感じます。
多摩西部で初めて喰った頃は店内外までニンニクのニオイが漂い、御飯の上の肉は醤油色に染まり、総量も多かったように思います。
ジャンク度の低下ですが、コレも御時世でしょうか?

ともあれ、個性的な肉丼ですからこれからも喰い続けて行きます。
御馳走様でした。

とんかつ 【こころ】 横浜市保土ヶ谷区

2014年の春以来です。
「Cat’s LIVE」の会場を保土ヶ谷区から中区に移したので、立ち寄る機会が少なくなっていたんですわ。
しかし、変わらずCPはイイですね。

〔新潟タレカツ丼〕 800円。
IMG_1194 こころ (3)

IMG_1194 こころ (4)
小粒のパン粉を使い、カラリと揚がっているので、その食感は舌に「ちりちり」と感じます。
薄く叩き延ばされた肉とコロモのバランスも良いです。
軽くソースをくぐらせた味わいも程良く、御飯とのマッチングも良好。

コチラAyaの〔三元豚ロースカツ定食〕 価格失念。たしか千円ちょっとだったと思う。
IMG_1194 こころ (2)
Ayaは脂身が苦手なんですが、この肉の脂は軽くて苦にならず、その甘味もウレシイとのこと。

御馳走様でした。
また来ます。

IMG_1194 こころ (5)

【磯丸水産】有楽町日比谷店 東京都千代田区

この日は有楽町で仕事。
近くの日比谷公園では海鮮を中心とした喰い物イベントをやってました。
しかし、すんごい行列だし、価格は1000円が普通、まぁイベント価格だわね。
ソッコーでパスして、線路沿いの【磯丸水産】へ向かう。
似たようなものが、コッチなら600~800円台で喰えるんですから。

IMG_1275 磯丸
〔まぐろユッケ丼〕 730円。

魚はいいんだけどね。
タレも、まぁ良い味わい。
だけど量が少ないなぁ。

なんとなく不満の残る食事でした。

【平禄寿司】伊勢佐木町店 横浜市中区

夏以来の【平禄寿司】伊勢佐木町店。
ちょっとした変化があったので、

IMG_1168 平禄

まず、突き出しが付くようになりました。
写真は切り干し大根だね。

それから価格は変わらずだが、シャリ、ネタともに小さくなったような気がします。
実質的な値上げかぁ?

写真は〔えんがわ〕
商品名に「ヒラメの」と付かないトコロがポイント。
〔えんがわ〕とされている物のほとんどは、大型カレイの「おひょう」ですからね。

私んチ近所の回転寿司としては、最もCPがイイと思っています。
御馳走様でした。
また来ます。

【すき家】で「つゆだくだく」

「つゆだく」はあんまり良い印象じゃなかった。
ならば「つゆだくだく」は・・・・・

IMG_1217 だくだく (1)

IMG_1217 だくだく (2)

もっとつゆが増えるかと思ったが、そうでもない。
牛ダシ醤油味の雑炊みたいになるかを期待したんだけどね。
しかし、こりゃ塩分糖分過多になるわ。
やっぱり普通が最もよろしいようで。

ステーキ&ハンバーグ 【いわたき】鶴見店 横浜市鶴見区

JR南武線 小田栄駅の近くに5月にオープンした二郎系の店に行ったんだけどね。
開店と同時に入店する予定だったんだが、店の場所がわからず探しているうちに開店時刻をだいぶ過ぎちゃった。
ようやく、見付けて店の前に行くと店内はもう満席。
止めました。

んで、貝塚の方に在る同じく二郎系の店に行くも定休日 ( ノД`)シクシク…
ラーメンなんて必死になって食うモノじゃないから、もう帰ります。

と、国道15号を南下していると、総持寺入り口交差点近くにステーキ&ハンバーグの【いわたき】が在るのが目に付いた。

「そういやぁ、【いわたき】って、千葉なんか走っているとタマに見かけるけど喰ったことが無いや」
「たしか、この店って、むかぁしからココに在るよね」

よし、いっちょ喰ってみるか。
と入店。

システムは、メインデッシュを頼むとサラダバーやドリンクバーが付いているという方式で、【カウボーイ家族】なんかと同じですね。
でも、この【いわたき】鶴見店は少なくとも、20年以上前から見ていたと思うから、こういうシステムの元祖的な存在なのかも 。
ただ、昔から同じシステムであったという証左はありませんが。

メインディッシュが届く前にサラダバーカウンターに行って、サラダとカレーを作ります。
IMG_0981 いわたき (1)
ビーフカレーですが、この牛すじ肉が手のカレーとしては珍しく多めに入ってます。
でね、なぜかカレーソースに酸味がある。
ファミレスや各種フードコートでは、よくこう言うタイプに出会うんですけど、この酸味の正体は何なんでしょうかねぇ。
サラダはバランスよく取ったつもりなんですけどコーンが多め(笑)
こう言うシステムの店では、メインデッシュが来る前に腹一杯になってしまうことがありがちなので、セーブして喰います。

これが私の〔ハンバーグ〕
IMG_0981 いわたき (2)
あれま、付け合わせにコーンがタップリ。
サラダと合わせて「こぉんこぉん」になっちゃったよ、私ゃキツネじゃない(笑)

ハンバーグは粗挽き肉のゴロゴロ食感がウレシイ豪放なタイプ。
ゴミグラスソースには、結構赤ワインの味が出てます。
ほのかな酸味と芳醇な香りが高いんですが、塩分は高めかな。
物足りなさは皆無で、イイね。

こちらAyaの〔三元豚ソテー〕
IMG_0981 いわたき (3)
シッカリした肉質の豚肉です。
それに加えて、脂身がとてもオイシイ。
なのにAyaは脂身が苦手なので、すべて私にくれます。
私としてはとても有り難いが、肉の旨さと言うのは脂の旨さだと思うんですけどねぇ。
もったいないコトをしてると思うんですが、まぁ嫌いなものは仕方がない。

リーズナブルな価格で、手軽にステーキ・ハンバーグを頂ける店ですね。
御馳走様でした。

伊勢料理 【志摩】 横浜市西区

横浜に伊勢うどんを出す店があると知ったのは、ちょうど「伊勢志摩サミット」が行われていた頃だから、昨年の5月くらいでしょうか。
その頃はいろいろなメディアで、伊勢志摩が紹介されていましたね。
んで、麺喰い人・長物喰い人である私は、前々から伊勢うどんに興味があったんですけど、サミット開催期間とその前後は混むだろうと避けていたワケです。

もう一年以上が経過したから、ホトボリも冷めた頃だろうと、行ってきました。

〔伊勢うどんと手ごね寿司〕のセット 770円。
IMG_0854志摩 (1)

伊勢うどんアップ。
IMG_0854志摩 (2)

うどんリフト。
IMG_0854志摩 (3)
ドンブリ底にたまっているつゆは真っ黒です。
うどんも黒く染まって上がってきます。

うどんは極太で、長さは20センチくらい。
箸にひっかけて持ち上げると2~3本でも、ずっしりと重い。
熱々極太だから、口の中での存在感は抜群。
しかし、噛んだ感触はクンニャリ。
申し分のないコシの無さです(笑)

うどんつゆは、話に聞いていたほど甘くはなくて、むしろ酸味があるね。
ダシ風味はそれほど感じられないけど、この酸味はサバ節でも使っているのかな?

手ごね寿司のアップ。
IMG_0854志摩 (4)
マグロのヅケと玉子焼き、薬味に大葉。
マグロにはしっかり味がしみ込んでいます。
もう少し量が欲しかったなぁ。

初めて食った伊勢うどんでしたが、私は好感触。
うどん好きのAyaは、いまひとつだと言う感想でした。

ご馳走様でした。

うまいもの居酒屋 【すっとこどっこい】石川町店 横浜市中区

久々に石川町駅ガード下の【すっとこどっこい】

白レバー。
IMG_0784すっとこ (1)
蒸しかな? 焼きじゃぁないでしょう。
調理方法がわからない。
とても柔らかく、かつジューシーに仕上がってます。
ゴマ油と塩で喰うのが好き。

マグロ赤身刺し。
IMG_0784すっとこ (2)
とても品の良い赤身です。
マグロは商品管理が難しいんだけどね、この店はちゃんと出来ているな。

ねぎチャーシュウ。
IMG_0784すっとこ (3)
このチャーシュウがうまかった。
低温調理のようです。
しかし、コレをラーメンに入れても良いラーメンには成らないような気がする。

焼きナス。
IMG_0784すっとこ (4)
秋ナスはウマイね。
生姜タップリで喰うのがスキ。

カキフライ。
IMG_0784すっとこ (5)
今年の牡蠣は良い出来なのかな?
そろそろ生牡蠣が喰いたいな。

マグロユッケ。
IMG_0784すっとこ (6)
この店では必ず喰います。
ゴマ油が効いたタレがイイな。

御馳走様でした。
また来ます。

手作り生ハンバーグ屋さん 【FireBurg】関内店 横浜市中区

格安な価格でハンバーグが頂ける店 【FireBurg】関内店に行きました。

〔ハンバーグセット〕 580円。
IMG_0727fireburg (1)
その日に作った手作りハンバーグをその日に売り切ると言う方針。
冷凍ではない生の肉の新鮮さを感じられる・・・・・かな?
私の馬鹿舌では、そんなコトまでわからない、と言うのが本音ですわ(笑)

IMG_0727fireburg (2)

でも、イヤシイ系の人間である私を満足させてくれる「おかわり一杯は盛り放題」
と言うシステムは有難いですね。
そこで、「日本昔話盛り」
には、しませんでした。
そんなにバカ喰い出来る歳ではない(激笑)

御馳走様でした。
また来ます。

めん処 【一ぷく】橋本店 神奈川県相模原市

高校球児の夏はとっくに終わったが、私の夏はまだまだ続く(2月から11月までが私にとって夏です)
この日は朝から晴れて気温が上がる予想。
朝のうちにシッカリ喰っておきます。

JR横浜線 橋本駅密着の駅ソバ屋さん【一ぷく】でカレーライスとミニそば(冷やし)のセット 550円。
IMG_0841.jpg
かなり手ブレにて失礼。

カレーはレトルトっぽいなぁ。
御飯がところどころダマになってるし。

蕎麦は、茹で置きは当たり前だけど、短くちぎれているものが多い。
蕎麦つゆは、カツオだしに加えてサバ節なども使っているのかな?
かすかな酸味があります。

まぁ、価格を考えれば妥当な線?
御馳走様でした。

天丼・天ぷら定食 【﹅松】伊勢佐木町店 横浜市中区

以前紹介した【﹅松】ですが、本日早朝通りかかるとオープンしてました。
IMG_0800・松 (1)
9月30日に開店したようです。

IMG_0804・松 (5)
オープン記念で〔天丼弁当〕がテイクアウトだと390円とのこと(通常価格 490円)

早速買って帰りました。
IMG_0804・松 (6)
箸と丼つゆ付き。
イートインの場合これに味噌汁が付きます。
箸袋は店名も何も無しの無地、ここら辺で経費削減→低価格化を図っているんですかね。

IMG_0804・松 (7)
内容は、エビ、鶏ささみ、ナス、ピーマン、玉ネギの5品。

自転車で10数分の道のりにもかかわらず、天ぷらはカラリと揚がっており、油くささもありません。
丼つゆは、かなり甘めです。
私は、もう少し甘さを抑えたほうが好みなんですけど・・・・・
まぁ、ゼイタクは言えません。

【てんや】よりも10円安い価格で勝負に出た松屋フーズの新業態 【﹅松】
24時間営業ですが、この営業時間がいつまで続くかな(失礼)

御馳走様でした。

居酒屋 【のんだくれ亭】 横浜市旭区

マグロユッケ。
IMG_0688のんだくれ (1)
甘ショッパのタレと卵黄が混ざり、ねっとりとした味わいに、ネギの辛味がいいね。

豚バラ玉ネギ。
IMG_0688のんだくれ (6)
玉ネギが挟まると、また違った味わいになります。

ぼんじり。
IMG_0688のんだくれ (5)
鶏のお尻の肉です。
アブラたっぷり。

豚軟骨。
IMG_0688のんだくれ (7)
サービスで出していただきました。
鶏軟骨よりも、はるかに固く噛み応え十分。
残っている肉もウマイ。
だが、どこの部位かわからない。
食道軟骨なら、豚の場合もっと大きいと思うんですけど。

焼きおにぎり。
IMG_0688のんだくれ (8)
これがデカイんだ!
腹一杯に成りました。

御馳走様でした。

めん処 【一ぷく】橋本店 神奈川県相模原市

この日は暑くなりそうでした。
朝食にしっかりしたモノを頂きます。

JR橋本駅密着の、めん処 【一ぷく】橋本店にしました。
隣の【日高屋】同様、ホームからも出入りできる造りになっています。
勿論、店内を通り抜けることは出来ません。

〔朝そば〕 冷やし 330円。
IMG_0651いっぷく

かつおダシと昆布ダシの効いたそばつゆです。
かすかに酸味もあるね。
甘さは控えめで、私好み。

蕎麦は茹で置きでしょうから、コシなど期待してはいけない。
大きめの油揚げは、かなり甘めに煮込まれていました。

御馳走様でした。

IMG_0510朝そば橋本

やきとり 【〇金】関内店 横浜市中区

ココ【〇金】は4年くらい前に出来たんですけど、なかなか行く機会が無くて今回初訪。
時間制飲み放題の店なんです。
詳しいことが知りたい人は、調べてみてね。

まずは〔馬刺し〕
IMG_0629〇金 (1)
う~ん、かなり物足りない量です。
価格を考えれば仕方がないか(税抜き 580円)

レバー焼きとベーコン巻きトマト。
IMG_0629〇金 (2)
トマトをベーコンで巻いたものは初めて喰ったが、面白いね。

ポテトサラダ
IMG_0629〇金 (3)
玉ネギやコーンのマヨネーズあえに、丸ごとの茹でジャガイモ、明太子、茹で玉子などを自分で崩して合わせます。
これは面白がってやっちゃったよ!
味も悪くない。

焼きチーズカレー
IMG_0629〇金 (4)
熱々の石の器に御飯とチーズ生卵等が盛り付けてあり、ひたすら掻き混ぜると玉子が固まり、出来上がりはチーズ入りドライカレーのように成ります。
コレも楽しめるが、慌てて喰うとヤケド必至(笑)

鶏唐揚げ
IMG_0629〇金 (5)
ジューシーなモモ肉のから揚げが三個。

飲み物は、ドリンクカウンターまで行って自分で作ります。
勿論、時間内なら何杯飲んでもイイ。

良い気分になり、腹も一杯。
御馳走様でした。

Asian Kitchen 【AYERA】 横浜市保土ヶ谷区

この日Ayaはお店のお客さんであるK禧 さん、M島さんと鶴ヶ峰の農園でブルーベリー狩り。
私は、くだものキライの人間ですから昼食から合流。

和田町の【ヒマラヤキッチン】に行ってみたら、変わってました。
【AYERA】あえらと言う店名です。
しかし、店頭の写真付きメニューを見ると【ヒマラヤキッチン】の頃とあまり変わらないよう。
厨房設備も基本的に以前と同じようですから、【ヒマラヤキッチン】のDNAは継承されているみたいです。

私は、いつもの〔マトンカレー〕 850円が健在だったので発注。

5分後にまず、サラダが到着。
IMG_0579あえら (1)
飲み物はドリンクバー方式に成っていました。
私はまずコーラを頂きました。

その後、カレーとナンが到着。
IMG_0579あえら (2)
【ヒマラヤキッチン】の頃と変わらぬでっかいナンが目を引きます。
立ち上がらないとカメラのフレームからアウトします(笑)

私の定番であるマトンのナン包み喰いを敢行。
IMG_0579あえら (3)
マトンの引き締まった肉質感と、ナンの甘さ、カレーの辛さがマッチして、イイカンジ。
カレーの辛さは大辛である「3辛」にしましたが、私にはちょうど良い。

IMG_0579あえら (4)
追加で〔フライドソーセージ〕も貰いました。
しかしコレは普通にソーセージを炒めたモノだった(正体はシャウエッセンか?)
ただ、付いていたトマトソースがおいしくて、ナンにも使っちゃいました。

なんでも、5月頃にオーナーが交代し従業員も一部入れ替わったそうです。
それに合わせて、メニューの組み立てが少し変更されたよう。
ナンとライスのおかわり自由が無くなったのは残念。

御馳走様でした。

IMG_0579あえら (5)

【ゆで太郎】鶴ヶ峰店 横浜市旭区

テレビを見ていたらカツカレーをやっていた。
もう頭の中は『カツカレー喰いたい』の一色(笑)
自宅に居る時なら、迷わず【どん八】だが、今は鶴ヶ峰に居ます。
ならば、駅前の【ゆで太郎】

〔かつカレー〕単品 650円 の食券を買ったのですが、今は半そばが付くのが標準になったようです。
以前は、ホントの単品で確か600円だった。
IMG_0543ゆでたろ (1)
そばの天かすは、カウンターでのセルフトッピング。

トンカツの肉は結構厚いね。
IMG_0543ゆでたろ (2)

チープなカレーが大好きな私にはウレシイ味わいなんですわ。
高校時代の学食の〔カレー丼〕を思い出すなぁ。
普通サイズの御飯茶碗に御飯を盛り、カレーをかけたもので、当時80円でした。
ビンボな高校生には強い味方だった。
今、また喰いたいけど無理な話か。

御馳走様でした。

【グラッチェガーデンズ】大和深見店 神奈川県大和市

ピザが喰いたくなりました。
そこでピザ喰い放題がある【グラッチェガーデンズ】
二俣川店は閉店して別の店になってしまったので、リサイクルショップに用もあることだし大和深見店に行きました。

スープとサラダとべーコンチーズピザ。
IMG_0539グラッチェ (1)

メインディッシュは青菜のペペロンチーノ。
IMG_0539グラッチェ (2)
ホウレン草がサックリ炒められてオイシイ。

海老ドリア
IMG_0539グラッチェ (3)
小海老が一杯でウレシイな。

イカのフリッター。
IMG_0539グラッチェ (4)
ゲソばっかりだが、私はゲソ好きなので問題無し。
Ayaは憤慨してました(笑)

このあと、ピザを7~8枚喰いました。
ほぼ一枚分になるかな。

御馳走様でした。