行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

開港記念バザー

毎年恒例の開港記念バザーに行ってきました。
だが今年は時間が無く、のんびりと見て回るわけにもいかない。
目的のモノを買って喰って、さっさと引き上げました。

〔佐世保バーガー〕と〔肉巻きおにぎり〕
IMG_1096開港記念 (1)

佐世保バーガーぱかっの図。
IMG_1096開港記念 (2)

いやぁ、それにしても暑い暑い。
日本の夏は年を追って、より暑くなっている。
コレは、私に対するイジメです。
早々と引き上げて正解ですわ。

ご馳走様でした。

IMG_1096開港記念 (3)

中華料理 【盛香園】 横浜市中区

この前、鶏肉とカシューナッツ炒めを自作したけど、味わいは悪くないものの、どうにも見栄えの良くない出来になってしまいました。

『これはイカン』と思い、更なる研鑽のためにプロの作る「ホンモノ」を観察・研究すべく中華街に喰いに行ってきました。
っうか、単に喰いたかっただけなんだけどね(笑)

〔鶏肉とカシューナッツ炒め定食〕 900円。
IMG_0907盛香園 (2)
中華街のランチ価格としては高めですが、この内容なら文句なし。
メインデッシュに御飯にスープに、小皿が四品ついてます。

更に言えば、スープはフカヒレ入り!
IMG_0907盛香園 (4)

〔鶏肉とカシューナッツ炒め〕のアップ。
IMG_0907盛香園 (3)
う~ん、さすがにプロはキレイに作るなぁ。

合わせ調味料の醤油は弱めですね。
あるいは淡口醤油を使用か?
しかし、色合いの割りにはちゃんと塩っ気もあるし、ほんのりオイスターソースも感じられ奥行きとなっています。
そして、なんと言ってもカシューナッツが多めなのがウレシイ。

コチラAyaの〔酢豚定食〕 価格失念。
IMG_0907盛香園 (1)
酢っぱ過ぎない味付けが好きです。
大振りの豚肉もゴロゴロ。

価格は高めだが、品質もイイと思います。
御飯おかわりしちゃいました。

御馳走様でした。

インディアンダイニング&バー 【ナマステ】 横浜市保土ヶ谷区

瀬谷にあるインド・ネパール料理店【ナマステ】
その2号店です。

前からその存在には気づいていたが、今回やっと喰いました。

まず、サラダとラッシーが到着。
IMG_0870ナマステ (1)

IMG_0870ナマステ (2)

続いて、カレーとナン。
IMG_0870ナマステ (3)
辛さは普通よりも一段上のクラスで頼みましたが、そんなに辛くないね。

IMG_0870ナマステ (5)
マトンの肉は大振りのモノが4個。

IMG_0870ナマステ (6)
私のスタンダードであるマトン肉のナン包み喰い。

肉は、よく煮込まれ口の中でほどけます。
だが肉質感はちゃんと残り、マトンの臭みもカレーの前では、ほぼ皆無。
ナンは香り良く、焦げた部分のパリパリ感も好きだなぁ。

コチラAyaの〔べジタブルカレー〕
IMG_0870ナマステ (4)
カレーに野菜の甘味も出て、とても喰いやすいな。
特に豆のほっくりした食感が落ち着くね。

さて、そろそろ日本式のカレーも喰いたいな。
ご馳走様でした。

IMG_0870ナマステ (7)

〔カレーパンサンド〕 フジパン

また変なものを喰ってしまった。

IMG_0950 かれぱさ (1)

パンをパンで挟んじゃいましたか!!
IMG_0950 かれぱさ (2)

コレって、例えて言えば白メシの上に赤飯をかけたようなモノ!?
でも、まぁ味わいは悪くなかったよ。

佐世保バーガー 【アンクル・サム】 神奈川県座間市

去年の私は「開港記念バザー」の佐世保バーガーを喰い逃してます。
「江戸の仇を長崎で」とばかりに、横浜公園での喰い逃しを座間市相武台前駅近くのハンバーガーショップで取り戻すべく、行ってきました。

まずセットの付属品が来ました。
IMAG3723 アンクルサム (3)
スープはコンソメで、ややショッパイな。
ドリンクはコーラ。
サラダは酸っぱいフレンチ風ドレッシング。
私とAyaの注文を合わせたものですが、どうせ取っ換え引っ換え喰うのですから、ドレが誰のでもイイ。

私の〔ビーフハンバーガーとLLセット〕 880円 到着。
IMAG3723 アンクルサム (4)

「ぱかっ」の図。
IMAG3723 アンクルサム (6)

まぁ、特に変わったトコロはないね。
それに大きさも、普通のハンバーガーサイズで、佐世保バーガーと言えば “デカイ” が刷り込まれている私はちょっと戸惑う。
しかし佐世保バーガーの条件としては、大きさについては特に言及されていないんで、コレはコレでイイ。

マヨネーズとケチャップのソースがタップリで、喰っているうちに後ろ側からはみ出してきます。
付属のナプキンで包んで喰うやり方もあるけど、私はそのままがイイ。
手も顔もべちゃべちゃになって喰うほうがウマイに決まってる。
口の周りに付いたソースをなめ取り、手の指をチューチューするのが締めのウマさとなるのです(笑)
顔や手は洗えばいいのです。

コチラAyaの〔アボカドバーガーとオニポテセット〕 860円。
IMAG3723 アンクルサム (5)
私としては、アボカドには醤油がイイんだけど、マヨネーズでした。
Ayaはチーズにアレルギーがあるんだけど少量ならOKということで、そのまま喰ってました。

大規模チェーン店とは、一味も二味も違うハンバーガーです。
再訪したいな。

ご馳走様でした。

IMAG3723 アンクルサム (7)

【ゆで太郎】鶴ヶ峰店でカツカレー 横浜市旭区

【ゆで太郎】鶴ヶ峰店は、06:30からやっているので便利。
朝からステーキでも焼肉でも喰える私は、暑くなりそうな日は朝食をガッツリ喰います。

この日は、〔カツカレー〕
IMG_0939 カツカレ (1)

IMG_0939 カツカレ (2)
トンカツの肉は、結構厚い。

カレーの味はチープですが、私はそんなカレーも好き。
御馳走様でした。

うまいもの居酒屋 【すっとこどっこい】石川町店 横浜市中区

安くて、割りと品質もいいチェーン店居酒屋【すっとこどっこい】で飲んでました。

まずはマグロ赤身刺し。
IMG_0757 すっとこ (1)
私とAyaは、マグロは赤身こそ最高だと思っています。

串焼き盛り合わせ。
IMG_0757 すっとこ (2)
左からつくね、レバー、鶏ネギ、豚カシラ。

とん平焼き。
IMG_0757 すっとこ (5)
中には、キャベツの千切りが詰まってます。

他に二品ほど喰って、焼酎を飲んで良い心持ち。
御馳走様でした。
また利用させてもらいます。

【すき家】で朝食

世の中は、もう暑いですねぇ。
私の嫌いな夏です。
昼の食欲減退に備えて、朝食をしっかり摂っておきます。

〔玉子かけごはん朝食〕
IMG_0721 TKG (1)

IMG_0721 TKG (2)
紅ショウガ添え七味唐辛子回しかけの図。

これでスタミナ補強は万全のはず・・・・・だろうか?
今年こそ夏廃止を強く望む。
御馳走様でした。

「餃子ぱっかん」を買いました

来る 6月2日の【Cat’s】における「餃子パーティ」にそなえての秘密兵器です。
IMG_0898 自作餃子 (5)
使い方は・・・・・言わなくても、わかりますよね~。

私は勝手に「餃子ぱっかん」と呼んでいますが、正式な商品名ではないよ(笑)
念のため。

んで早速、本番に備えてのリハを開始。
具材は、もっとも基本的な豚挽肉、白菜、ネギのみ。
皮は、一般市販品。

私は餃子を作るのは初。
Ayaに教わりながら、やりました。

まずはコレ、失敗作です。
IMG_0898 自作餃子 (6)
皮の合わせ目がズレているし、中身が多すぎてハミ出しちゃいました。
オマケに、気付かず皮を二枚使いしてます。

コレは成功作。
IMG_0898 自作餃子 (3)
具は、あまり多く入らないことが判明。
多いと、皮も破れやすくなります。

コチラ、手で包んだもの。 具を入れた中央付近が少しヨレてますけど。
IMG_0898 自作餃子 (4)
具を多く入れたい場合は、手作業の方が上手に出来ます。
やはり、人間の感覚と言うのはスバラシイ!

こんだけ作っちゃいました。
IMG_0898 自作餃子 (1)
手包みや、失敗作、皮二枚使いも混じってます。

早速焼いて喰いました。
だが、はしゃいで喰ったので写真撮り忘れ(笑)

私の晩酌用に6個残したものを、数時間後に焼いて喰いました。
IMG_0898 自作餃子 (7)
作り置きしたものは、皮がクタっとして型崩れが起きますね。
やはり、作りたてをすぐ焼いた方が良いようです。
スーパーで売っている〔生餃子〕は、なぜ大丈夫なのでしょう???
皮も手作りした方が良いのかな?

それから皮二枚使いは、埼玉県北部や栃木県で多く見かける「モッチリ皮タイプ」のようになって、コレはこれで悪くない。
ケガの功名ですか。
本番までに、もう少し試行錯誤をかさねて、品質向上をめざします。


              2018年6月2日
       【Cat’s】 粉モノシリーズ第3弾!!
   
「餃子パーティ&ちょこっとジャズライブ」
   
        出演者: 「うっちゃんズ」
        参加費: 1名1,000円で餃子食べ放題!!
   
        変わり餃子も作っちゃいます。
        何? チョコレート餃子??・・・・・お、恐ろしい。

焼肉 【安楽亭】伊勢佐木町店 横浜市中区

タマには焼肉で昼食でもぉ。
いつもの私は、
焼肉で飲んでますからねぇ。

てなワケで伊勢佐木町通りの焼肉屋さん【安楽亭】へ。

ランチのセットメニューの中から、もっとも基本的な〔豚カルビ定食〕を選択。
まずは、スープと飲み物(セルフで取りに行きます)
IMAG3517焼肉 (1)
コーンポタージュスープがウマイ。

豚カルビ肉に御飯とみそ汁、サラダ、パイナップルが付いてます。
IMAG3517焼肉 (2)
肉はそんなに高品位なモノではないだろうけど、まぁタレと焼き方で、ほぼ良し悪しが決っちゃうと私は思っています。
とにかく肉は『焼過ぎ厳禁!!』
少し生っぽいカンジが残っているくらいで、私は喰っちゃいます。

焼肉丼!
IMAG3517焼肉 (4)

御飯をおかわりして、腹一杯。
ご馳走様でした。

スタミナカレーの店 【バーグ】吉野町店 横浜市南区

長者町のカレー店【やましょう】に行ったんですが、閉店してました。
ココの大盛りカツカレーが喰いたかったんだけどなぁ。
『幻の味』となってしまった。
残念。

さて、こうなるとAyaの頭の中はもうカレーモードですから、カレー喰わずにはおさまらない。
私は、すぐにどんなモノにでもシフトチェンジ出来るんですけどねぇ。

さいわい、この日はチャリでサイクリングでしたので、吉野町のスタミナカレーの店【バーグ】に向かう。

〔スタミナカレー〕焼き(玉子のことです、生もできます)
IMG_0711バーグ吉野町 (2)

【オムカレー】
IMG_0711バーグ吉野町 (3)
プレーンオムレツがのって、キャベツの千切りが付いてます。

【バーグ】のカレーは、特別高品位と言うほどのものではありません。
やや甘味が強く、粘性も高い日本式の家庭のカレーに近いと言ってイイでしょう。
しかし、やはり家庭では出しにくい長時間の煮込みや、スパイスの調合などによって奥行きを持たせていますね。
本格的なインドカレーや、ネパール、パキスタン料理の店が近ごろ急増していますが、それらとは違い私達にとてもなじみやすいカレーと言えますかね。

ご馳走様でした。
また来ます。

IMG_0711バーグ吉野町 (4)

【包丁や】 田町芝浦店 東京都港区

田町で仕事。
昼食は、雑居ビルに入っている居酒屋さんのランチメニューから頂きます。

〔鶏唐揚げ定食〕 価格失念。
IMG_0599包丁や (1)
鶏モモ肉の大きめのから揚げが5個、千切りキャベツに少量のパスタが付け合わせ。
生卵と味付け海苔も付いてます。

唐揚げは濃いめの醤油味が付いてます。
コロモは口中の天井に痛いくらいのサックリした揚がり具合です。
揚げたての熱々だが、油っぽくない点もイイね。

御飯と味噌汁はセルフでおかわり自由なんです!
んで、御飯を貰ってきて、生卵を溶いてかけ回し、唐揚げを一個乗せました。
IMG_0599包丁や (2)
コレだって立派な「親子丼」・・・・・でしょでしょ。

御馳走様でした。

【もつしげ】吉野町店で飲み 横浜市南区

南区吉野町のライブハウス【こびとさん】に用があり、その帰りに寄りました。

冷やしトマト。
IMG_0596もつしげ (2)
フレンチ風のドレッシングと辛味の強い玉ネギがトマトに良く合いますね。
暑い日にスッキリしたい時など最適。

豚カシラとバラ肉の塩串焼き。
IMG_0596もつしげ (1)
皿には溶き辛子が付いてますが、豆板醤風の辛味調味料で喰うのが好きです。
タレ焼きだと辛子がイイ。

焼き豚足。
IMG_0596もつしげ (3)
豚足喰うのは何年振りかなぁ・・・・・だが、焼き豚足は初めてですわ。
辛味の有る酢味噌で喰います。
熱で溶けだした脂がウマイなぁ。

御馳走様でした。
また来ます。

私のパソコンはネットアクセス不調のため、Ayaのパソコンから予約投稿しました。

【松乃屋】イセザキモール店で玉子丼 横浜市中区 

早朝サイクリングで、こんなものを見付けた。
IMG_0685玉子丼 (1)

『玉子丼かぁ~、最近喰ってないなぁ~』
っうか、最後に喰ったのは子供の頃だと思う。

喰ってみます。
IMG_0685玉子丼 (2)
味噌汁がついて300円以下というのはありがたいね。

IMG_0685玉子丼 (4)
内容は、長ネギの輪切りと玉子のみ、実にイサギヨイ。

甘めの割り下と、マイルドな玉子が良いカンジ。
細切り海苔は、ヘナヘナだけど、香り良し。
御飯の量も朝食には適度。

ご馳走様でした。

中国西安料理と刀削麺・火鍋 【XI'AN】有楽町店 東京都千代田区

痺れる辛さをもとめて、また【XI'AN】有楽町店に行ったんです。
またもや麺は喰わずに、こんなものを喰ってました。

〔海老とカシューナッツ炒め定食〕
IMG_0545シーアン (1)

IMG_0545シーアン (2)

鶏肉とカシューナッツ炒めとはことなり、甘味、酸味中心の味付けですか。
エビチリソース煮にカシューナッツを加えたカタチなんですね。
んで、やっぱり花椒(ホアジャオ)が効いているよ。
何かツブツブしたモノが有ったので噛み潰したら、猛烈に舌がシビレた~。

次こそは麺を喰おうと、いつも決意している店の外観がコレだぁ。
IMG_0545シーアン (3)

【吉野家】伊勢佐木町店で新豚丼 横浜市中区

【吉野家】がね、豚丼の味を改良したと言うので喰ってきました。

新〔豚丼〕 350円。
IMG_0494新豚丼 (1)
なんだか全体が白っぽい見た目で、頼りないなぁ。

IMG_0494新豚丼 (2)
豚肉は元々牛肉に比べると淡い色合いだけど、タレの主張も弱いんじゃないの?
この豚丼よりは、私が作る豚丼の方が数段良いな。
あと、もう一回くらい喰ってみるけどね。

御馳走様でした。

「大岡川さくらまつり」

IMG_0578大岡川 (4)

昨日は、毎年恒例の「大岡川さくらまつり」に行ってきました。
桜の状態は7~8分咲きというトコロでしょうか。

まず喰いましたものは〔豚肉巻き〕
IMG_0578大岡川 (1)
豚バラ肉でもち米を潰したものを巻いてあります。
味と食感はイイが、少々喰いにくい。

お次は〔じゃがバター〕
IMG_0578大岡川 (2)
大型のジャガイモをホットケーキミックスのような生地で包み、揚げてあります。
ほんのりした甘さと、バーターの塩分がベストマッチ。

〔豚バラ串焼き〕
IMG_0578大岡川 (5)
醤油味のタレ焼きです。
甘ショッパさがウレシイ。

〔お好み焼き〕
IMG_0578大岡川 (6)
豚バラ肉入りです。
ホントに私たちは豚肉ばっかり喰っているなぁ。
「豚男」と「豚女」ですわ(笑)

好天に恵まれ、青空に桜が良く映えていました。
満開は今週の中頃ですかね。

IMG_0578大岡川 (3)

とんかつ・かつカレー 【どん八】 横浜市中区

暑い季節になってきました。
Ayaと港方面にサイクリング。

昼食は昨年の8月以来の【どん八】に行きました。

私の〔ロースカツカレー S〕
IMG_0480どん八 (2)

Ayaの〔ヒレカツカレー S〕
IMG_0480どん八 (1)

似たような絵ヅラですけど、ヒレの方が少しカツのサイズが小さいね。
トンカツは厚くも薄くもなく、ごくごく普通。
カレーだって、特筆されるべき特徴もなく・・・・・
でも好きなんだなぁ、このカレー。

量が多いのはもちろん魅力的なんですケド、本格では無い良さに惹かれるんです。
落ち着けるんです。

御馳走様でした。
また来ます。

中国西安料理と刀削麺・火鍋 【XI'AN】有楽町店 東京都千代田区

刀削麺がある店だけど、刀削麺は喰わずに〔マーボー豆腐定食〕なんぞを喰っちゃいました(笑)

IMG_0454シーアン (1)
レンズが湯気で、くもり気味でスマンす。

このマーボー豆腐が辛かった!!
普通、中華料理屋や中華ファミレスなどのマーボー豆腐は、大概辛くない。
家族連れなどの来店も多いため、無難な味付けにしているのだと思います。
しかし、有楽町のこの立地では平日に家族連れ、しかも子供連れなどは極めて少ないと考えられます。
そこで、この容赦ない辛さなのかな?
などと考えてしまいました。

特に、山椒の痺れる辛さ“麻”と言うヤツですな。
コレが強烈で、良い意味クセになりそう。

久し振りに「痺れるマーボー豆腐」を喰って満足です。
御馳走様でした。

IMG_0454シーアン (2)

お食事処 呑み処 【越前】 横浜市旭区

鶴ヶ峰の【越前】で馬刺しをサカナに飲んだくれ~。
IMG_0442越前 (1)
馬刺しはタテガミもうまいが、やはり赤身がイイな。
牛肉と違い、低温でも溶ける馬肉の脂質は「マー油」と呼ばれ、昔は薬としても珍重されてましたね。

こちらカツ丼のアタマ。
IMG_0442越前 (2)
〔ソースかつ丼〕の上の部分だけ作ってもらいました。
ロースとヒレの組み合わせです。
軽く潜らせたウスターソースが、肉の旨さを引き立てます。

御馳走様でした。
また来ます。

生蕎麦 【亀屋】 東京都港区

麻布十番の駅より歩くこと15分以上、とどめの坂(仙台坂)を登ると見えてくるのが、こじんまりと佇む蕎麦屋さん。
この【亀屋】さんは、麻布と言う土地ながら割りと庶民的な価格だし、店も小さくて6~7人も入ればもうギュウギュウ。
店構えは、白木造りで、小奇麗。

カツ丼とそばのセットを喰いました。
価格は確か900円。
IMG_0391 蕎麦亀屋 (1)

カツ丼の卵にはよく火が通され、半熟部分はほぼありません。
こういうのが好きなんだ、私は。
今の親子丼やカツ丼の卵がほぼ半熟なのは、回転を良くするのと、時短でしょ。

割り下は甘めの多め。
玉ネギも良く煮込まれ、トロトロの茶色になってます。

トンカツは大きくもなく小さくもなし。
IMG_0391 蕎麦亀屋 (2)
まぁ、ごくごく普通で、大きな特徴は無いけど安心できるモノだな。

IMG_0391 蕎麦亀屋 (3)
蕎麦は色白の細めで、更科系なのかな。
カツオダシが効き、醤油強めのそばつゆと良いマッチング。

久し振りに、ちゃんとした蕎麦屋さんの蕎麦を喰いました。
ご馳走様でした。

IMG_0391 蕎麦亀屋 (4)

【はま寿司】三ツ境店 横浜市旭区

あん肝と白子を求めて行っちゃいましたよ。

マグロ赤身。
IMG_0344 はま寿司 (1)
定番だから、まず喰います。

牛タタキ。
IMG_0344 はま寿司 (2)
牛肉の握りと言うのも、イイもんだね。

そして私の大好きな、あん肝。
IMG_0344 はま寿司 (5)
ジュレのポン酢が付いてます。
私はフツーに醤油で喰うのがイチバンだったりする。

カリフォルニアロール。
IMG_0344 はま寿司 (8)
私初めて喰いました。
早い話がアボカド裏巻き???

残念なことに、鱈白子はありませんでした。
御馳走様でした。

【ユウジの台所】 横浜市保土ヶ谷区

このトコロ御無沙汰しておりました 創作料理の【ユウジの台所】に久し振りに行ってきました。

いつも手の込んだお通しです。
IMG_0296 ユウジ (1)
左から、ゴボウのマヨネーズあえ、玉子焼き、枝豆、ベーコンロールとかぼちゃ、タコ刺し、チーズクリーム添えバゲット。

マグロの赤身刺し。
IMG_0296 ユウジ (2)
やはりマグロでイチバンうまいのは赤身です。

カキのガーリックオイル焼き。
IMG_0296 ユウジ (5)
この日は生食用が入荷しなかったそうですが、コレも十分ウマイ。

ポークシチュウ。
IMG_0296 ユウジ (4)
豚もも肉をドミグラスソースで煮込んであります。
肉の繊維がほどける食感。

Ayaが大好きな、オニオングラタンスープ。
IMG_0296 ユウジ (3)
甘さは玉ネギから出る自然なモノ。

とんぺい焼き。
IMG_0296 ユウジ (6)

中には千切りキャベツがたっぷり。
IMG_0296 ユウジ (7)

いつも手の込んだ料理を食べさせて頂き、ありがとうございます。
また来ます。
御馳走様でした。

【海鮮三崎港】伊勢佐木町店 横浜市中区

冬になると喰いたくなるものの一つが鱈白子。
居酒屋なんかには「白子ポン酢」というカタチであるんですけど、タマに寿司屋にも軍艦巻きになってあります。
しかし、この前の西谷の【グルメ亭】には無かったなぁ、残念。

っうことで伊勢佐木町の回転寿司屋さんを当たってみたら、ありました。

〔冬の五貫盛り〕 税抜き580円。
IMG_0372 三崎寿し
左より、アナゴ、鱈白子軍艦巻き、タラバガニ、真鯛、ハマチ。

念願の鱈白子なんですけど、あんまり味が無かった (´;ω;`)ウゥゥ
あの特有のトロ感とか、ちょっとしたクサミが無くて、ただのフニャフニャ感だけ。
また、残念に当たってしまった。

御馳走様でした。

【すき家】で朝飯

【すき家】で朝食を喰いました。

〔玉子かけご飯朝食〕
IMG_0799すき

写真にも見える「たまごかけ醤油」と言うのが妙にウマイんです!
他の定食にも出してほしいくらいです。
でも使う量は、ほんの少しね。

ラーメン喰いの私は、塩分過多になりがちです。
ラーメンをやめるのは耐え難いので、せめてほかの料理では出来るだけ塩分を減らしています。
味噌汁も全部飲むのは止めています。
ちょっと残念なんだけどね。

御馳走様でした。

【伝説のすた丼屋】横浜日ノ出町店 横浜市中区

肉が喰いたくなった。
肉と言えば私は豚肉。
決して牛肉ではない。
おっと、牛丼屋には行きます、なんたって手軽で楽ですから。

っうことで〔すた丼〕喰いました。
IMG_0216伝説 (1)

IMG_0216伝説 (2)

秘伝のニンニク醤油ダレで豚肉とネギを炒め煮にしたものがアタマなんですが、近頃どうもニンニクの風味が弱くジャンクさが薄らいできたように感じます。
私が初めてすた丼を喰った数年前は、もっとお下品だったと思うんですけどねぇ。
洗練されてほしくない喰い物の一つなんだわね。

御馳走様でした。

【磯丸水産】有楽町日比谷店 東京都千代田区

有楽町での昼食は常に「難民」になる危機感に付きまとわれる。
そんな時の安全策はキャパの大きい店。
【磯丸水産】に直行しました。

いつもドンブリものだけど、今回はちょいと目先を変えて〔アジフライ定食〕 920円。
IMG_0238磯丸

肉厚で大きいアジフライが二枚。
トロロ昆布のうどんまで付いてます。
他に漬物と冷やヤッコ。

この内容で1000円以下ですから、文句の出るワケがない。
腹一杯に成りました。

御馳走様でした。

カレーハウス 【CoCo壱番屋】六町店 東京都足立区

この辺りには、有力なラーメン屋が無い。
中華料理屋さんなら、何軒か在るんですけどね。
んで、同僚に誘われるままにカレーの【CoCo壱番屋】へ。

〔ポークカレー〕 400g、辛さは「普通」で。
IMG_0193COCO壱
ツマラナイ絵ヅラだわね。
私はトッピングとか、まず頼まんのでね。
しかし、まぁ味の方は安心できる「ココイチ味」ですわ。

過ごしやすい日々が続いているので、汗をかきたくない、と辛さは「普通」にしました。
どうしても物足りなければ、卓上の辛味調味料で調節できるしね。

しかし食後は、やはり汗がダラダラでした。
真冬でも汗をかく、それが私です。
かき氷を喰っても汗をかく、それが私です。

御馳走様でした。

中華料理 【唐家村】 横浜市中区

久し振りに、鶏肉とカシューナッツ炒めを喰いに行きました。

〔鶏肉とカシューナッツ炒め定食〕 750円。
IMG_0141唐華村 (1)

IMG_0141唐華村 (2)

オイスターソースと中国醤油が中心の味付けでしょうが、少々薄目の味わい。
鶏肉と野菜は多いんだけど、肝心のカシューナッツが少ないなぁ。

しかしこの店、御飯のおかわりは出来るし、ソフトドリンクも一杯飲めるし、価格も割りと抑えめ。
コスパは良いでしょう。

コチラAyaの〔黒酢の酢豚定食〕 750円。
IMG_0141唐華村 (3)

大きめの豚肉がゴロゴロ。
レンコンが入るのは珍しいね。
黒酢のマイルドな酸味は、刺激が少なくてウレシイな。

御馳走様でした。

お食事処 呑み処 【越前】 横浜市旭区

鶴ヶ峰の【越前】で飲んでました。
この店は蕎麦を中心として、定食も多数あり飲みも出来ます。

私は大好きな馬刺しで飲んだくれ~。
IMG_0048 越前 (2)

IMG_0048 越前 (1)
赤身中心で、肉質がしっかりしてます。
薬味の玉ネギの辛さが良く合うね。

店名の通り御主人は福井県出身で、福井の地元料理などもあります。
〔へしこ〕と言う若狭産鰯の粕漬も喰いましたが、ショッパかった~、日本酒に合いそうです。

御馳走様でした。