行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

自作 ゆし豆腐そば

今年もやりました。

IMG_0417ゆし豆腐そば (1)
マルちゃんの袋物インスタント〔沖縄そば〕を使って、
ゆし豆腐そばを作りました。
IMG_0417ゆし豆腐そば (2)

豆腐は普通にスーパーで売っている絹ごし豆腐、紅ショウガは【すき家】のテイクアウト時に頂いた余り物。
かつおダシと、ほんのり感じられる昆布ダシ。
平打ち太麺は、マルちゃんのカップうどんのよう。

結構それらしくなるものです。
御馳走様。

〔辛ラーメン〕 農心

IMG_9284辛ラーメン (3)

【Cat's】のお客さんである I子さんから、
「SINさんに、SHINラーメンをあげる」
っうことで頂きました。

早速、作ってみた。
いつも通りの具無しですけど、薬味の輪切りネギだけ入れてます。
IMG_9284辛ラーメン (1)
赤みを帯びたスープには、唐辛子片が浮いてます。

ダシ風味は鶏ガラだと思うんですけどねぇ、辛味にマスキングされてよくわからない。
韓国のインスタントラーメンですからねぇ、牛関係のダシも使われているのかもしれない。
辛さは、飛び上がるような辛味ではなく、私としてはちょうど良いカンジ。
醤油味も良いあんばい。

フリーズドライのシイタケ、ネギ、ニンニクもイイね。

IMG_9284辛ラーメン (2)
麺は、太目で強い縮れを持つ。
太さに見合うコシがあります。
縮れもスープを良く持ち上げますなあ。

初めて喰ったのは、30年近く前。
その時は、あまり良い印象ではなかった。
だから、長いブランクがあいたワケです。
しかし、今喰ったものは、確実に進化してます。

御馳走様でした。
またお願いします。

マルタイ〔屋台とんこつ味棒ラーメン〕

九州ラーメン風の棒ラーメン、最近あまり見かけなかったんです。
あっさり醤油ラーメン風のモノばかり店頭に並んでいたというカンジがします。

久々に見かけたので早速作りました。
IMG_8251棒ラーメン
いやぁ、やっぱりコレだわ。
私が子供の頃、オフクロが作ってくれたのは、この九州風ばかりであったと記憶しています。
というか、その頃はコレしか無かったんじゃないのかなぁ?
私の記憶違いであったなら、ゴメンナサイ。

御馳走様でした。

マルちゃん 〔沖縄そば〕

私のお気に入りのインスタント袋物〔沖縄そば〕
最近はすっかり小売店様の店頭に見えなくなりました。
残りわずかなので、心細いです。

IMG_8203沖縄
今回は、なぜか揚げ玉なんぞ乗せてみました。
紅ショウガは【すき家】のテイクアウト(笑)

コレ喰ってたら、そろそろ店売り沖縄そばが喰いたくなってきた。
このところ、沖縄そばの新店が出来ないですね。
んじゃ、沖縄でも行くかぁ(←ウソ)

マルちゃん 〔沖縄そば〕

袋物インスタントの沖縄そばを見付けました。
IMG_7470.jpg
「沖縄限定発売」と書いてありますが、コッチでも売っちゃうのね。
ありがたいですけど。

早速、作ってみました。
IMG_7475.jpg
いつも通りの具無し。
ぱっと見は、普通の醤油ラーメンみたい。

スープの味わいは、かつおダシの効いた塩味。
豚骨の風味も感じられるけど、これがパッケージに謳うソーキのことかな。
指定通りの湯量で作ると、沖縄そばとしては、やや濃いめの味付けになるよ。
私はもっと薄い味わいがイイなぁ。

IMG_7476.jpg
麺は、平打ちのやや縮れ。
これは、沖縄そばの実店舗に多く採用されているものに近いね。
ただし、指定通りの茹で時間だとかなり柔らかめに茹で上がってしまう。

御馳走様でした。

中華そば 〔ホープ軒〕 アイランド食品

数か月前から見かけるようになりました、この生麺タイプのアイランド食品製〔ホープ軒〕
もちろん、東京に数多くある【ホープ軒】をモデリングした商品です。
しかし、あのギットリ背脂をどこまで再現出来るのかとても興味がありました。

今回、やっと作ってみます。
IMG_6660.jpg

IMG_6661.jpg
スープに使う湯の量が多過ぎたなぁ。
全体に白っぽくて、よくわからない絵ズラになってしまった。

乳化度の高い醤油味スープは、どっしりとした動物系のダシ風味と重量感を持つモノ。
やや甘味を感じるが、ソコは「化学の力」かぁ?
しかし、小さく少ない背脂は、やはり実物のホープ軒とは異なり迫力不足。

IMG_6662.jpg
麺も、もう少し太い方がいいな。
固めに茹で上げてみたが、やや物足りない。
量は標準的ではあるが、【ホープ軒】には及ばない。

大塚の【ホープ軒】のようなタイプもあるから、いちがいには言えない。
この商品は、吉祥寺【ホープ軒】をモデルとしているから、背脂の主張は抑えめであったタイプとも考えられる。

御馳走様でした。

オミヤゲラーメン 〔喜多の舞〕 その2

【Cat’s】のお客さんである、Kねださんから頂いたオミヤゲラーメン〔喜多の舞〕
今回は味噌ラーメンを喰ってみました。

IMG_5738.jpg
私としては、珍しく具入り!!!
スーパーで売っているパックの三点セットのやつです。

見た目は醤油ラーメンのように見えるよね。
でも味わいは、やはり喜多方の鶏ガラ・豚骨をあっさりと煮出した、割りとスッキリ目の味噌味です。
スープ表面には、油滴と薄い油の層があるんだけど、サラリとしていて飲み口も軽やか。

IMG_5739.jpg
前回の醤油味では、麺にやや弱さを感じたんだ。
そんで、何気なくパッケージの作り方を読んでいたら、
「麺は茹でる前に軽く手揉みしてください」
なんてことが書いてあった。

んで、やってみた。
軽くなんてケチなことは言わないで、ぎゅうぎゅう揉んでやった、モチロン麺が潰れない程度にね。
そしたら、ネジレが付き、縮れはより強くなり、ホントの喜多方ラーメンっぽくなりました。
スープの持ち上げが、かなり良くなったようです。

私は、あまり取り説とか、マニュアルとか読まない方なんだけど、タマには読んでみるものですなぁ。
御馳走さまでした。

オミヤゲラーメン 〔喜多の舞〕

【Cat’s】の常連のお客さんであるKねださんよりオミヤゲに頂きました喜多方ラーメン。

【Cat’s】の営業前に「まかない」として作りました。
IMG_5706.jpg
いつも通りの具無し。
ネギだけ入れてみた。

IMG_5705.jpg

スープは喜多方スタンダードのアッサリしたもの。
鶏ガラダシ中心と思われるが、もう少し油感が欲しいな。

麺は平打ち縮れだが、やや細め。
指定時間の3分マイナス20秒で茹で上げたら、中芯に小麦粉感の残る歯応えのある食感。
Ayaと二人で、あっちゅうまに喰っちゃいました。

御馳走さまでした。
またお願いします。

冷凍食品 〔横浜あんかけラーメン〕 マルハニチロ

商品名は「横浜あんかけラーメン」ですが、まぁサンマーメンですわ。
商品パッケージの外観は撮り忘れたんですけど。

んで、コレ、ウマいんです。
IMG_5539.jpg

IMG_5541.jpg

凍結状態の具入りスープから作るんですが、このスープがちゃんとトロミを持っていて、そのトロミがいつまでも続くんです。
モヤシを中心とした野菜類もシャキッとしてるし、麺も細めながらコシが強く良い食感。

日本の冷凍食品のテクノロジーって世界一だそうです。
御馳走さまでした。

寿がきや 〔台湾ラーメン〕

コンビニで、袋物インスタントの台湾ラーメンを見付けた。
台湾ラーメン発祥の地、愛知県の寿がきやの製品です。
コレは期待しちゃうぞ!

IMG_4721.jpg

商品内容はこんなカンジ。
IMG_4722.jpg
フリーズドライの麺と、かやく入りスープの素、液体スープと言う構成です。

作ってみました。
IMG_4723.jpg
台湾ミンチは無いけど、ニラがいっぱいでウレシイ。

そして、スープがかなり辛いです。
辛いもの好きの私でも、油断してひとススリしたら、ムセるくらいの辛さ。
友人の※より、本家【味仙】のモノは、かなり辛いと聞いてましたからコレでイイんですかね。

IMG_4724.jpg
麺は細で強い縮れ。
フリーズドライですからコシも強く、すすり心地もなかなかです。

インスタント・ラーメンとしては、かなりインパクトの強い商品でした。
っうか、家庭でコレを子供に喰わしたらマズイんでないかい?

ご馳走様でした。

自作マヨラーメン

ケンミンショーで見たマヨラーメンが喰いたい!
身近に無いから、自分で作る。

ベースにしたのは、普通の醤油味の袋物インスタントラーメン。
ドンブリの底にマヨネーズを仕込んでから、茹で上げた麺とスープを注ぎ込みました。

IMG_4299.jpg
いつも通りの具無し。
軽く撹拌したけど、マヨネーズは完全に溶けずに、小さな粒状になるんですね。
まっ、主成分の卵がスープの熱で固化するのでしょう。

IMG_4304.jpg

味わいは、普通の醤油ダレはカドが取れ、とてもマイルドになっています。
マヨネーズの酸味もやわらぎ、油クドさも感じられません。
こんなカンジになるとは、とても意外でした。

マヨラーのAyaにも奨めてみます。
御馳走様でした。

五木食品 〔博多辛子高菜とんこつラーメン〕

スーパーであまり見たことのない棒ラーメンを発見。
IMG_4276.jpg
マルタイの新商品でしょうか?
いや、熊本県の五木食品の製品でした。

今や棒ラーメンは、マルタイだけではないんですね。
ただ、「棒ラーメン」と言う言葉はパッケージのどこにも見当たりません。
あるいは、マルタイが商標権を持っているのかも。
即購入。

作ってみた。
IMG_4272.jpg
コレが良かった!!

軽くピリ辛を感じる白濁スープがウマイ!
もちろんインスタントラーメンですから、万人向けに強い個性を持たせられないので、店売り博多ラーメンの様なアピールは有りません。
でも、飲みやすく油分も少な目で親しみやすいね。

IMG_4273.jpg
麺は極細ストレート。
初食なので、指定茹で時間の二分三十秒をきっちり守って茹で上げましたが、それでもちゃんと九州ラーメンらしいポキ感はあります。

気に入ったので、また買いに行こう。
ご馳走様でした。

インスタントの紀州〔和歌山ラーメン〕

ウチのAyaさんは、よく喰います。
私の三倍は喰います。
なのに、スリムです。
そこがワカラン。

この日も、外で飲んで帰ってきてからポテトグラタンを喰い、それでも足りないらしく、私の備蓄食料の中から袋物インスタントラーメンを作って喰ってました。

IMG_3633.jpg
和歌山ラーメンをモデリングしたものです。

ですが、Ayaさんは溶き卵ラーメンにしてしまいました(笑)
IMG_3634.jpg
低温熟成乾燥の麺は、力強いコシがあります。
スープに関しては、あまり和歌山ラーメンに似ていません。
もっとも、玉子の影響を大分受けているせいでしょうが。

ご馳走様でした。

マルタイの棒ラーメン

私がイチバン好きな袋物インスタントラーメンは〔チャルメラ〕醤油味。
次が〔サッポロ一番〕の塩ラーメン。
インスタントラーメンの誕生から現在まで、幾多のメーカーから多くの銘柄が現れては消えていった。
そんな中で、ど定番となっているコレらが好きなんて、私はわかりやすい人間です。

ところが、ここに忘れてはいけないもう一つの勢力がある。
マルタイ食品の棒ラーメンです。

福岡市西区に本社を持つマルタイ食品は九州系のラーメンだけで、8つもの種類を販売しています。
でも、関東では大きなスーパーなどに行かないとなかなか出会えません。

ここら辺でも当たり前に売っているのが、基本と思われる〔マルタイラーメン〕と〔屋台九州味棒ラーメン〕
アッサリタイプの〔マルタイラーメン〕に出会ったのは、割りとオトナになってから。
私は、どちらかと言うと子供の頃から〔屋台九州味棒ラーメン〕の方を多く喰ってきました。
んで、九州の会社だから、コッチが基本と思っていたのですが、会社のHPを見ると〔マルタイラーメン〕の方が基本になってますね。

正月の「ラーメン不足」に備えて購入しておいた〔マルタイラーメン〕を作ってみました。
IMG_3415.jpg
淡い色合いのスープは、あっさり鶏ガラ醤油味。
大きな主張はありませんが、とても落ち着ける味わいです。

麺は茹で時間を指定より数十秒早くすると、ぽきんとはじけるような食感を楽しめます。
そして棒ラーメンですから、茹で上がり後もかなり長めなんです。
一気ススリ込みが爽快です。

自作ラーメンは具無しの方針ですが、今回はチャーシュウと大きめに切った刻みネギを入れてみました。
ネギの香りが優しいスープとマッチして、しみじみした良い味わいとなりました。

御馳走様でした。

自作 【純連】風???ラーメン

オランダ産高級ラードが手に入ったので、インスタントの味噌ラーメンに使ってみました。
ひょっとすると【純連】の味噌ラーメンに似たカンジになるかなぁ、と思って。

ベースはごく普通の一般市販品袋物インスタント味噌ラーメン。
それに、大匙一杯程度のラードを投入してみた。

IMG_3021.jpg

IMG_3022.jpg

無数の油滴がスープ表面を覆います。
しかし、クドさはなく、グイグイ飲める。
コレが高級ラードの証し?

でも味わいは、【純連】には似ていない、当たり前か。
スープが冷めにくくなっている点は、北海道味噌ラーメンの保温効果に近いようです。

これからイロイロと試してみましょうかね。

〔たらばがにラーメン〕

IMG_0203.jpg
北海道土産のインスタントラーメンです。

さっそく作ってみました。
いつも通りの具無しです。
IMG_0205.jpg
基本的には、アッサリ目の醤油味ラーメンなんですが、ものすごくカニの風味が効いています。
Ayaはギブアップ。

麺は、写真でもわかるかと思いますが、指定茹で時間通りに茹でてもかなりコシのある状態に茹であがります。
カニの風味に負けない力を持たせているのでしょうかね。
麺量も適度で、朝シェアして喰うラーメンにはちょうどイイな。

御馳走様でした。

〔マルちゃん製麺 豚骨味〕を作ってみた

IMG_6128.jpg

麺はイイのだが、スープにあまり九州ラーメンらしさを感じない。
このシリーズは、醤油と塩がイイみたいだ。

あっ、そうだ、うどんも出ましたね。
ゼヒとも試してみますよ。

マルタイの冷やし棒ラーメン

責任者、出てこいや~ 的なあつさである

そこで、マルタイ棒ラーメンの冷やしタイプを作ってみた。
IMG_5550 (640x481)

IMG_5551 (1000x750)
具は無し。
薬味の刻みネギと氷を入れてみた。

写真でもわかるでしょうけど、明らかに麺の茹で時間が足りない。
バリカタ、ハリガネを通り越して生茹でである。
失敗作。

もう一食あるから、次は上手に作るぞ!

日清 〔ラ王〕 醤油

ラ王 (1)

マルちゃん正麺以来、続々と出てきた高品位袋麺。
今回は、〔ラ王〕の醤油味を喰ってみた。

KND氏より頂いた井出商店のラーメンを喰った時の残りのチャーシュウメンマセットがあったので入れてみた。あと、太目に切った白髪ネギも。
ラ王 (2)
キレイなスープですねぇ。
透明度が高く、無数に浮く油滴はキラキラと輝き、懐かしい醤油ラーメンのたたずまいだ。
しかし、味わいの方はやや真面目過ぎるかな。
オーソドックッスな鶏ガラダシなんだが、少々インパクトに乏しい。
マルちゃん正麺の醤油味の方が、現代には訴える力があると思う。

ラ王 (3)
麺はやはりパイオニアである日清、さすが!
やや固めに茹でてみたが、小麦粉の香りが感じられる点が確かに生麺に迫るものがある。
麺量はやや少なめかな?
少食の私でも食い足りなさが残る。

あと味噌味も買っているのだが、店売りラーメンも新店が多く消化できていないし、次々と出てくる高品位袋麺なので追い切れないなぁ。
一日一食しか喰えない人間はこういう時にツライ。

ご馳走様でした。

〔マルちゃん正麺 味噌味〕

マルちゃん正麺の他の味を試してみたいケド、五つも要らない。
と話していたら、【Cat's】のお客さんで、たまに出演者でもあるSんじ君が味噌味をひとつくれました。
ありがたやありがたや。

正麺味噌 (1)

正麺味噌 (2)

スープは、昔の【どさん娘】チェーンみたいな味わい。
古いタイプの味噌ラーメンに近いと言える。
スープは味噌味だけど、麺は特に変えてなくて、どの商品も同じみたいだよ。
味噌ラーメンはもう少し強い縮れが欲しいトコロだな。
しかし、やはり麺の食感はこの〔マルちゃん正麺〕独特のモノ。

あとは、豚骨を残すのみ。
ご馳走様でした。

〔マルちゃん正麺 醤油味〕

マルちゃん正麺 (2)

東洋水産の〔マルちゃん正麺 醤油味〕を喰ってみました。
これ、5個でワンパックになって売っているのだけれど、バラ売りしてくれればいいのにねぇ。
確か鶴ヶ峰の相鉄ローゼンでは一時バラ売りを見かけたけど、私の地元ではやってくれているスーパーなどが無いのです。

早速、作ってみました。
マルちゃん正麺 (5)
スープはニンニクの効いた醤油味。
クッキリとした醤油の味わいに加えて、鶏ガラ中心と思われるダシ風味がイイネ。

マルちゃん正麺 (6)
そんで、やっぱり麺が優れてますね。
“正麺”と名付けるだけのことはある!
太めの麺線で、やや縮れ。
まずは、指定時間通りに茹でてみましたが、若干柔らかめながら、コシが抜けずに噛み応えのある食感。
今までのインスタント麺にはなかったような感触で面白い。

他の、“豚骨味”“味噌味”も試してみます。
ご馳走様でした。

マルタイの〔熊本ラーメン〕

棒ラーメンでおなじみのマルタイが出している熊本ラーメンを作ってみた。

熊本

いつも通りの具なし。
熊本 (2)
でも、なんか、地味でキタナイ絵ヅラになっちゃったなぁ。
原因は、添付マー油に入っている焦がしニンニクがゴミみたいに見えるからだな。

味の方は、きっちりニンニクの効いた熊本ラーメン風に仕上がっていて、なかなか侮りがたいモノだと思います。
ご馳走様でした。

まいばすの袋インスタントラーメン

イーオングループのコンビニみたいなスーパーみたいな店【まいばすけっと】
最近急激に増殖してるね。

そこで見つけた袋物インスタントラーメンで、商品名は〔とんこつラーメン〕
コレなんと税抜きで47円です。

まいばすラーメン (1)

作ってみました。
私の方針通り具は無し。
まいばすラーメン (2)

まいばすラーメン (3)
商品名からもわかるけど、九州ラーメンを模したモノ。
調味油が付いてて、コイツは結構豚骨のクサミを持っている。
しかし出来上がると、クサミは薄れマイルドな豚骨ベースの白濁スープとなり、飲み口が良いが、迫力には欠ける。

まっ、47円ですからゼイタクは言いません(←上の方で言ってるじゃんか!)
ご馳走様でした。

〔熊本もっこすラーメン〕 五木食品

九州の人にはなじみ深い五木食品のインスタントラーメンである。
コッチでも大きなスーパーなどでは手に入るようになって有難いね。

肥後もっこすラーメン (1)

インスタントラーメンにはあまり手を加えることのない私だが、今回はチャーシュウとメンマを参加させてみました。
肥後もっこすラーメン (2)
黒マー油入りということで、人吉のあの店をモデリングしているのかな?
スープの味わいはマイルドで、まぁ、当たり前だけど万人向けな仕上がり。
マー油にもう少しニンニク風味があったほうが良いけど、十分にうまいラーメン。

麺はもちろん極細ストレート。
指定茹で時間よりマイナス30秒で引き上げたら、私好みのやや固めになりました。
ちょっとポキポキする食感に満足。

【Nんつッ亭】等にまで出かけなくても、この味を得られるのはウレシイな。
ご馳走様でした。

名古屋の味 Sugakiya 〔和風とんこつラーメン〕

鶴ヶ峰の【ザ・プライス】で地方のインスタントラーメンを集めて販売していた。
二銘柄買ってきたが今回は愛知県で圧倒的な人気を持つ Sugakiya のラーメンを喰ってみる。

すがきや

すがきや (1)
まっ白なスープです。
“和風とんこつ”と銘打ってあるが、豚骨感はあまり感じられず、主な主張は化調と塩気。
スープの色味のため、よく解らないでしょうけど油分は結構ある。
私は化調礼賛派でも否定派でもない。
コレはコレでアリな味です。

すがきや (2)
麺は細め縮れ。
指定時間どおりに茹で上げたが、中芯部にコシがあり良いね。
麺量も適度。

ご馳走様でした。