FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

麺処【こって牛】 新店 初訪 東京都品川区

2月12日に東急大井町線中延駅近くに出来た新店。
開店当初は夜のみの営業だったが、3月から昼営業も始めているハズなので行ってみる。

変わった店名だが、こって牛とは暴れ牛を指すそう。
転じて、勇猛さを表したり、少々のことには動じない人、あるいはそんな状態を指す場合もあるそうだ。
西日本ではわりとポピュラーな言葉らしい。

大阪からやって来たこの店は牛骨スープがウリ。
と言っても、大阪にこの店の本店があるわけではなく、大阪出身の社長が奮起してこの地に作ってしまったラーメン屋。

開店と同時に入店すると元気な大阪弁がお迎え。
オヤジさんはコテコテの大阪人であり、社長命令で無理やり引っ張ってこられたそうだ。
「700円も、800円もするんはラーメンとちゃう!! ウチなら500円でやったろやないけぇ! 大阪の心意気を見せたりぃや!」
と言う、社長の厳命を受け、この地で頑張るそうだ。

店は鰻の寝床型で細くて狭い。入ってすぐに立ち喰いスペース。
奥にイス席が四つあるが、ラーメン原理主義者である私は立ち喰い席を希望。
ラーメンが生まれた明治の昔、ラーメン屋の多くは屋台であり、立ち喰いが普通であった。
その頃の麺喰いスタイルを継承したい私は、普段からレンゲ不用ドンブリ持ち喰いであり、カウンターやテーブルは要らないのである。

10.04.30 こって牛 (1)

もちろん注文したのは〔牛そば〕
先客一名なので7分ほどで商品は来た。
10.04.30 こって牛 (2)
真っ白なスープです。
麺は見えない。

店のオススメの喰い方通り、まずはスープを味わう。
北海道ラーメンの店にタマにある牛乳ラーメンと言われても納得できる味だ。
牛骨や内臓肉から取ったダシ汁ゆえに、もっとホルモンっぽい味わいを想像していたが、大間違い。
実に飲みやすいが、牛らしさは十分伝わる。

10.04.30 こって牛 (3)
麺は、九州ラーメンなみの極細麺。
でも、茹で加減は柔らかめ。
厨房に背を向けていたので製麺所は分からない。

10.04.30 こって牛 (4)
具の、しぐれ煮はコンビーフのような食感。甘めの味付け。
半割りの茹で玉子は、味付けがされていないようで、煮玉子や味付け玉子ではなく、半熟茹で玉子と言う解釈で良いかな。

総評
牛を使ったラーメンといえば、【がんこ】系や【雪濃湯】がすぐに思い浮かぶが、【がんこ】はすんごくサッパリしたダシ汁に濃い目の塩味であり、【雪濃湯】(初期店名は“醍醐”あるいは“紅醍醐”)は家系ラーメンのスープを牛骨ダシに差し替えたコッテリ味のモノであった。
どちらも、個性的な味わいであったが、それらともまた違う牛骨ラーメンがまた現れた。(埼玉の【鬼火山】は未食)

大阪の心意気で、どこまで踏ん張ってくれるか、楽しみである。
70点 500円。

10.04.30 こって牛