FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

【丸千茶寮】 初訪 東京都品川区

2010年8月4日にオープン。もう一年だね。

日本発ロンドン在の有名なレストランが、かかわっている店ということで昨年少し話題になったね。
【NOBU】→【dinings】と言ったらわかりやすいか。
東五反田で仕事になったので、今回やっと行けました。

とてもオシャレできれいな店内はラーメン屋とは思えぬ造り。
女性一人でも気軽に入れるでしょう。

基本の 〔醤油味〕 を注文。
先客さん一名にはすでに商品が出ているので、待つこと4分くらいで来た。
早いね。

丸千茶寮 (2)
店側による “水炊きら~めん” という呼び方にならえば、鶏白湯という分類でいいと思うが、他の鶏白湯を提供している店のモノに比べると、かなり茶色味の強いスープ。

とても強い鶏味の主張があり、コレは確かに博多水炊きのスープを応用したものでしょう。
少し鶏くさいトコロもあり、これが苦手な人にはツライかな。
でも、ストライク・ゾーンの広い私には全くおっけい!

元ダレの味わいはほど良く効いており、私には好みの味付け。
しかし、薄いと感じる方もいるかもしれない。
その場合には卓上に元ダレが用意されているので安心。
この元ダレ、塩ダレで透明なトロリとした液状。
珍しいですね。

丸千茶寮 (3)
麺は博多ラーメンのような極細ストレート。
固めに茹で上げられ、ポキポキした食感は好み。

丸千茶寮 (4)
チャーシュウは少し柔らか過ぎる。
味付けは、ほのかに中華系香料も香る品の良いモノが二枚。
メンマは少し筋が残るものの、味付けは好み。
他に多目の分葱、薬味の輪切り唐辛子。

総評
博多ラーメンのスープを博多水炊きのスープに差し替えたと言うトコロでしょうか?
だが、とても上品に仕上がった鶏白湯ラーメンであり、満足しました。
73点 680円。

夏メニューとして 〔まぜそば〕 もあるので、(冷やし中華は要らないな) また訪れてみたい。
御馳走様でした。

丸千茶寮 (5)

丸千茶寮

【おがわ】 初訪 横浜市青葉区

青葉台の【しかた】へ行ったのだが、店前に四人の待ち人を見てやめる。

そこでセカンドオプションの【おがわ】へ。
この店、存在は知っていたけど、どんなラーメンなのか下調べは一切なし。

基本と思われる〔支那そば〕を注文。
ほかに〔しょうゆらーめん〕と言うのもあるんだけど、ダシやタレが濃いめだそうです。
それを聞いて濃い味好きのAyaは〔しょうゆらーめん〕を注文。

待つこと6~7分で商品は来た。
おがわ (1)
『おっ、このルックスと煮干しの香りは・・・・・』
あきらかに永福大勝軒での修行経験者か、そのインスパを狙ったものだな。

スープの味わいは穏やかな醤油ダレに、鶏ガラ中心と思われるダシ風味と前に出過ぎない煮干しの香りがマッチしたモノで、とても好み。
ジンワリした優しさを持ついくらでも飲みたくなるスープだ。

おがわ (2)
麺は細めの縮れ。
中芯部にコシが感じられる茹で加減で良いです。
あまり自信が無いケド、草村商店のものではなさそう。

おがわ (3)
チャーシュウは肩ロース?
薄めの味付けと小ささであまり存在感はない。
他にナルト、水菜、細裂きメンマ、輪切りネギ。

総評
全くの飛び込みだったけど、とても好みのラーメンです。
総量は永福系にはおよばないけど、私にはこのくらいでイイ。
Ayaの〔しょうゆらーめん〕も味見させてもらったけど、私にはその違いがはっきりとは解りませんでした。
70点 750円。

おがわ (4)

【下前商店】で〔ワンタンメン〕 横浜市中区

このところ梅雨のやり直しのような天気が続いてくれていて
ウレシイ!!!!!
昨日あたりは中区・南区周辺を自転車で4~5時間もウロウロしてしまいました。
このまま秋になれ~。
と、願うが、私の願いゴトはたいていかなわない。
そんな中、今日はちょっと晴れ間の多い空模様。

遭難をする危険性もあるので近場にしましょ。

私の知っている昔ラーメンの中では、一番好みにあっている【下前商店】を久々に訪問。
今日は、ちょっと目先を変えてワンタンメン840円を発注。

狭い店内は八分の客入り。
かなり待たされて(怒!)ラーメン到着。
下前商店 (1)

下前商店 (2)

下前商店 (3)

下前商店 (4)
ワンタンは、具を中央にセットし、皮の両側を絞るカモメ型(私の命名で、世間一般には何と呼ばれているのでしょう?)
肉多めだが、かならずしも肉々しいのが好みではない私は、ちょっと疑問。
ワンタン発祥の本家である大陸には、まったく具の無いワンタンと言うやり方もあるようで、ワンタンと言うのは皮を喰うモノで、具は付け足しと言うのが正しいと認識しているからです。

元々、
「雲を呑むような食感」
と言う事で、“雲呑”とも表記されることが具無しであった頃を物語っているみたい。

ともあれ、スープや麺はいつも通りの完成度の高さで、私的には満足できるものでした。
御馳走様でした。

下前商店