FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

これを観てきた

「猿の惑星 創世記 (ジェネシス) 」

tc1_search_naver_jp[1]

「猿の惑星」と言えば、私の中ではSF映画の最高傑作のひとつ。
あと、二つ挙げるとすれば、「ブレード・ランナー」と「遊星からの物体・Ⅹ」二作目だね。

「猿の惑星」 第一作目のあのエンディング、あれは子供心にもショッキングだった。
おりしも、時はベトナム戦争の真っただ中、しかし米ソ間では1960年代末からの緊張緩和政策、世に言う「デタント」の時代に入った頃ではあるが、まだまだ全面核戦争の危機が世界を覆う危険性の満ちた時代だった。

そんな世状の中で作られた「猿の惑星」シリーズは以下のようになっている。

  第一作 「猿の惑星」      1968年
  第二作 「続・猿の惑星」    1970年
  第三作 「新・猿の惑星」    1971年
  第四作 「猿の惑星・征服」  1972年
  第五作 「最後の猿の惑星」  1973年

第一作目、第二作目までは良かった。
第三作目あたりから、
「観てるモンをバカにしてんのかい!!」
との印象を、これまた子供なりに感じてしまった。
あの衝撃の一作目を侮辱されているような気がして、腹立たしかった。
十何歳の少年が・・・・・だよ!

と言うことで、興味を失うと何も記憶しない私としては、第四作目以降は観たけど、ほとんどその内容を覚えていないのが実際のところなのです。

さてさて、時は流れて2011年8月。
宮崎アニメの「コクリコ坂から」を見に行った時、本編上映前の宣伝として観た 「猿の惑星・創世記 (ジェネシス) 」
コレにやられたね。

主人公であるチンパンジーの「シーザー」の目の表情。
コレに魅入られたね、私ゃ。
『絶対に観たい!』
と、思ったのでした。

この映画の中のお猿さんたちは全てC.Gだそう。
だけど、生き生きしてるんだ。

その製作上の陰には、第三の役者とでも言うべき人物、アンディ・サーキス氏が居る。
彼は、その世界では超有名人。
モーション・キャプチャーを使った数々の作品で高い評価を得ている “名優” なのだ。
彼なくして、この映画の完成はおぼつかなかっただろう。

人間以上の知能を持ってしまった猿を彼は演じている。
その動きは、人間ではないし、まして猿そのものでもない。
今まで誰も見たことがない “シーザーの動き”なんだな。
見たことがないモノに感服するしかない説得力を、彼の演技は持っている。


反逆を決意した猿たちが人間を襲う場面で、過剰な攻撃に対してシーザーは
「殺すな!」
と、つねに叫び続けている。(そう言っているハズだと私は思う)
もはや 人間以上の知能を持ってしまったシーザーは、ちょっと上から目線。
人間は人間同士で殺し合いをするが、猿は猿を殺さない。
ましてや、人間を殺してしまったら、彼らと同じレヴェルにまで自分たちを堕とすことになってしまう。

シーザーはこの映画の中でけっして殺戮を望んでいない。
痛めつけるだけで十分。
と考えているみたい
しかし不可抗力によって死に至らしめてしまう場面はあるが・・・・・


そして最後にちょろっとだけ出てくるシーンがパンデミック(汎発流行)の恐ろしさを伝えている。
汎発流行って、ちょっとわかりにくい言葉だなぁ。
世界的蔓延 爆発的流行 等とした方が危機感があって適切なんじゃなかろか?
まぁ、イタズラに危機感を与えすぎてもマズイけれど・・・・・

さて、ここまで書いて、上の方の文章とやっと繋がるんだ。
第一作目が作られた頃の世界情勢。
そう、第一作目では件の惑星が核戦争により滅亡したことを思わせるような部分があったと私は記憶している。
パンデミックによる伝染病での人類の滅亡とは、一本の線上に並ばないんだ。
ひょっとして、もう一本この映画の続編が作られるのではないかと言う気がする。


いやぁ、映画についてこんなに長々と書いたのは、はじめてです。
それだけ、思い入れが強かったと言うことで御容赦願いたい。