FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ZIPPO コレクション(9) 1992 NOUVEAU

422979541_136[1]

2007年4月30日、ひょんなことから 1992NOUVEAU を手に入れた。
今までは製造年順に紹介してきたが、今回は飛び越し。
以下はその顛末記。



大通り公園のフリマを覗いていたら、なんと!!1992 NOUVEAUを見付けた。
かなり使い込んだもので、表面のヘアラインが一部鏡面のようになっている。
上部ダミーヒンジは欠落しており、本ヒンジもゆるみがひどくガタガタだ。
底面のみハイポリッシュで、1932レプリカの後期型をもとに加工したものだというのがよくわかる。
刻印はロゴが細いタイプで、後のセカンドリリースや1933ファーストリリースとの大きな相違点。
逆さスタンプ。

当然欲しいが、フリマでは相手の言い値で買うことはないのが普通。
オヤジは
「デカジッポだよ、1932だよ。一万円といいたいが、八千円でどうだ?」
と言ってくる。どうやら、1992 NOUVEAUと言うものを知らないらしい。
「ダミーヒンジが一個無いじゃんか、それじゃ八千円は・・・」
と私。
だが、いかにも『コレほしいなぁ』という感じを見せながら散々イジリまわし、しぶしぶという演技もしつつ、元の場所に置く。
「今来たところだから、一回りしてまた来るわ」
とオヤジに告げ、歩き始めると背中に声をかけてきた。
「いくらまでなら出るんだ?」
とオヤジ。
『これこれ、コレを待っていたのよ』
と内心思う。
「また来ると言って、ホントに来たヤツはいねぇんだ」
さすがに、よくわかっている。プロである。

さあ、ここからはプロとの対決であるから、気を引き締めてかからにゃなりませんな。
「まったく、関内あたりの客はレベルが低いなぁ、このデカジッポの価値がわからないなんて」
さっそく挑発に出てくるオヤジ。
私としては、ここはまず低いところから出てみよう。
「ビンボなんでね、そう簡単に買い物できないんだよ」
「だからな、7千円五百円でいいよ」
きたきた、下げてきた。
私は、ここで少し方向をそらす。
「おじさん、これはZIPPOではないね」
かたわらにあったZIPPO風オイルライターを取り上げてみる。
「コレを使って、ダミーヒンジを修理できるんじゃないかと、今思ったんだ」
「そうかい、デカジッポを買ってくれるんなら、七千円でそんなもん付けてやるよ」
よいよい、どんどん下がるぞ、なんとか五千円台まで持って行きたい。
ここで私は沈黙する作戦をとる。

ここまでの間、私は「もう少しマケてよ」とか「もうちょっとお願い」などの言葉を発してはいない。
ひたすら「これが欲しいのだが、どうにもならない」を演じる。
私の沈黙の間、オヤジはさかんにこのデカジッポの素晴らしさをまくしたてる。
ここら辺が潮時だろう。
「俺も、コイツのよさは分かっているよ。ホラッ」
と使用中の1933レプリカ・ファーストリリースを取り出してオヤジに見せた。
「俺はZIPPO使いだから・・・」
オヤジ、私がZIPPO有段者なのを知り、ちょっと驚きながら、
「これでどうだい?」
と手で“六”を表すしぐさをした。

ニセジッポとふたつあわせて六千円で買い取った。
五千円台にはならなかったが、双方よく戦った。

左が1992 NOUVEAU 右はニセジッポ、カムクリップが曲がっていてリッドが閉まらない。
422979541_175[1]

422979541_132[1]

徹底的にクリーニングしてから研磨をかけて、その後ダミーヒンジを作ってアロンアルファで貼り付けてやった。ニセジッポから切り出すのは無理と判断して、実はコレ、プラ板に銀色塗料。
ヒンジ摩滅によるリッドのせり出しも直してやった。

綿を詰めなおし、ウイックの長さを点検、十分な長さだったので、そのまま使うことにした。
その時、内部から、25セント硬貨を発見。
これ、なんのマジナイ? あるいは、前のオウナーがアメリカ人だったとすると、サイフを落とした時などの非常用?

ニセジッポーのほうは、カムスプリングを取り出して、カナダZIPPOに移植してやろうと思う。
ということで、次回は
「よみがえれ!カナダ」