FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 横浜の【新福菜館】はココかもしんない

早速調査してきました。
住所などから推定すると、たぶんココじゃないかなぁ。

IMG_5715.jpg
鶏SOBA・MAZE SOBA 横濱 【まなみ】の跡地です。
店舗付近には、特に何の告知もありません。

この店の鶏白湯ラーメンは、ハヤリモノとは違って、面白かったんです。
んで、まぜそばも喰ってやろうと思っているウチに閉店しちゃいました。
早かったね~。


新たに出来る【新福菜館】の住所は、求人サイトなどによると「横浜市中区伊勢佐木町2-60」となっています。
この【まなみ】跡地はRDBや食べログでは、「横浜市中区伊勢佐木町2-61」です。
この程度の違いは、よくあることで、さして珍しくもないし、ラーメン屋の後はまたラーメン屋になるコトが多いから、この店舗になる可能性は高いものと思われます。
ただ、いまだに【風の子】の電飾看板が置いてるのはなぜ?
この店舗、【風の子】に戻ったの??

なお今現在、展開・増殖中の【新福菜館】は、すべてフランチャイズのようですね。
このニューフェイスの【新福菜館】も、株式会社 徳力という会社が運営するようです。
アキバは、あんまり良くなかったが、麻布十番は好印象でした。
この、伊勢佐木町に出来る店も良い店が来て欲しいな。

【新福菜館】麻布十番店 東京都港区

六本木での仕事は続いてます。
今回は、仕事が終ってから麻布十番まで足を延ばして【新福菜館】麻布十番店に行きます。
歩いても1.3Kmくらいだからね、私の散歩としては短い方。

麻布十番に【新福菜館】が出来ると聞いたのは、2014年の12月下旬頃だったっけねぇ。
しかし、私にとってはあまり縁の無い土地ですからね、今までチャンスをうかがっていたのですよ。
2015年1月31日にオープン。

この麻布十番店は東京1号店という位置づけでイイのかな?
関東1号店は、かつてラー博に在ったわけで。
その後センター北のモザイクモール内に移転したけど、その店は関東2号店とカウントするべきかどうか、そこらへんよくワカラン。
あと、お台場のラーメン国技館に出店していたこともあるね。

さて、この麻布十番店、店舗の建物自体はかなり古く、店内も汚くは無いケドやっぱりくたびれたようなカンジ。
でも、私ゃ、こういう雰囲気が嫌いでは無い。
というか、キンキラの未来ちっくとか、オシャレな店よりはコッチの方が好きです(笑)

モチロン基本の〔中華そば〕 700円を喰います。
IMG_5686.jpg
見た目はこの前の秋葉原店とよく似ているが、九条ネギが少ないです、対してこっちはモヤシが多め。

スープの色はお決まりの京都ブラック。
見た目に反して、醤油っからさは表に出ず、鶏のウマミが詰まった味わい。
小さな油滴が無数に浮くが、油のクドさは無く、醤油のカドを取ってマイルドにしてくれているみたいだ。
だが、セン北時代に味わったモノは、もっとイイ意味での雑味と言うかワイルドさがあったように記憶しているんだけど。
まぁ、時代も移り変わり、都会的に洗練されたとも受け取れますかな。

IMG_5689.jpg
麺は中太ほぼストレート。
加水率がは低めでしょうかね?、ポキッとした食感。
秋葉原店と同じく長くカットされています。

この麺をね、噛み切らず一気にすすり込むのが好きなんです。
あたりにはスープが飛び散る恐れもあるので、周りに気を使わねばなりません。
この時は、カウンターの左端に私、先客さんは右端と奥のテーブル席だったので、遠慮せずに決行。
「ずごごご~っ、ずびっ、ずるずるっ」
お下品な音を立てて喰ってこそラーメンおよび、日本の麺類はウマイ!
西洋人には理解出来ないでしょうけど・・・・・

IMG_5688.jpg
チャーシュウもお決まりのペラタイプで、くしゃくしゃだが、醤油ダレの香りが立ってます。
秋葉原店のより、だいぶ力があるな。
他に、シャキシャキのモヤシと九条ネギは適量で、腹一杯になりました。

御馳走さまでした。

IMG_5691.jpg


関連記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-454.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-470.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-767.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1162.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1277.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-2636.html


この記事を書く数日前には、ついに横浜にも【新福菜館】が出来るという情報が入ってきました。
場所は、なんと伊勢佐木町。
私にすれば庭先ですから、早速調査してきます。

新店 拉麺 【弁ten】 初訪 横浜市中区

いつの間にか中区の弁天通に出来ていた新店です。
2015年11月19日オープンだそうで、この前の中区曙町 麺屋【M】より先なんだが、逆順になっちゃったね。
近所の相生町に在る鉄板焼き・お好み焼きの店【漢】(おとこ)の鉄板】が経営しているラーメン店だそうです。

店の入り口横には、「漢」と書かれた大きな縦断幕。
店内外は、まるで小料理屋のようなキレイな造り。
御主人と思われる方は、白のコック服。
ネット情報では、この御主人、以前 故 佐野実氏の下で修行されていたとのこと。

基本と思われる〔醤油〕 750円を発注。
食事時から少しハズれた時間帯でしたので、先客無し。
待ち時間5~6分でラーメン到着。

なるほど、確かに佐野氏のDNAを引き継いでいるのを感じますね。
IMG_5707.jpg
最近ハヤリの、小口径で背の高い逆三角形のドンブリで登場。

スープは穏やかな醤油味。
鶏ガラ中心ですかね? 佐野氏直伝だとすれば、名古屋コーチンを使っているのかも。
鶏由来と思われる、さわやかな油の香りも立ち上がっています。
とてもアッサリしていながら、複雑な味わいにもDNAを感じますが、まったく同じではなく、こちらのラーメンは幾分わかりやすい味の構築といって良いでしょうかね。

IMG_5709.jpg
麺は、やや縮れの細め。
デフォでは、柔らかめに茹で上げられています。
柔らかではありますが、芯にちょっとした弾力があり、しなやかでノド越しの良い食感。
細麺では定評のある三河屋製麺製。

IMG_5708.jpg
チャーシュウは、バラ肉ノンロール。
フチが黒くなっているのは茹でてから、追い焼きする製法でしょうか?
薄味で、特に大きな主張はありませんが二枚。
メンマは材木タイプが二本。
サックリした歯触りの、甘めのもの。
他に、ささがき長ネギ、細ネギ小口切り。

総評
家系および家系モドキが乱立しているこの地域ですが、【勝治】【R&B】【花ひらいて】などに続く新たな淡麗系の旗手になるかもしれませんね。
他のメニューも期待大だから、再訪するでしょう。
72点。

IMG_5711.jpg