FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

「Cat’s LIVE 2018」

CatsLIVE2018.png

今年もやります!
今年は会場を関内大通の【スリーエス】さんに変更し、ロックあり、ポップあり、ラテンありで6ユニットが演奏します。
お楽しみに。

チケット発売中。
電話で予約いただければ、取り置きもします。

みんな来てね。

ラーメン酒場 【大黒家】 横浜市中区

二郎系のラーメンばかり喰っていて、基本のラーメンを喰ったことがないこの店。
今回、やっと気が向いて基本のラーメンを喰いました。

〔ラーメン〕 680円。
IMG_9867 大黒 (1)
ルックスはスタンダードな家系。
乳化度の高い白濁スープの表層には油が浮き、飲み口は少々ヘヴィ。
動物系ダシはガツンと主張し、醤油ダレはマイルド。

IMG_9867 大黒 (3)
太めで短くカットされた麺には、ネジレも付いてスープをよく持ち上げるね。
家系タイプ初食なので特に固さ指定はしませんでしたが、やや固めで小麦粉の香る茹で加減は好み。

IMG_9867 大黒 (2)
チャーシュウは肩ロース肉かな。
ちょっとショッパイな。
ホウレン草はクッタリしてます。
大判の海苔は四枚あったけど、これはミスか?
小さめの輪切りネギはいっぱい。

ライスをサービスしていただいたので、雑炊風にして喰いました。
IMG_9867 大黒 (4)

特にウィークポイントは無いんだけど、私としてはこの店ではやはり〔二郎系ラーメン〕を喰っていた方が良いな。
御馳走様でした。

〔よこすか海軍カレーうどん〕 エースコック

横須賀だけで販売されている(ほかで見たことがないから、たぶんそうだと思う)カレーうどんです。
エースコックさんが明治時代の海軍カレーのレシピを元に作ったようです。

IMG_1534 海軍カレーうどん (1)

アピール書き(クリックで拡大)
IMG_1534 海軍カレーうどん (2)

麺リフト。
IMG_1534 海軍カレーうどん (3)
平打ちで軽くウエーブが付いているところなんか、マルちゃんのカレーうどんにも似ているね。
うどん麺は平打ちにしないと、湯戻しに時間がかかっちゃうんでしょうね。

味わいとしては、まぁ普通のカップのカレーうどんですわなぁ。
店売りの海軍カレーなどには、ちょっとした古臭さがあって、それが良いノスタルジックさに成っているんですけど、この〔海軍カレーうどん〕は、よくあるインスタント・カレーうどんと言うカンジ。

まっ、悪くは無いんだけど、過度な期待は禁物ということですか。
御馳走様でした。

博多長浜ラーメン 【風び】つきみ野店 神奈川県大和市

大和市つきみ野の旧国道16号沿い(私は勝手につきみ野ラーメンストリートと呼んでいます)に2013年の11月1日にオープンした博多ラーメンの店。
超濃厚な豚骨スープが恋しくなった時に、たびたび通っています。

基本の〔ラーメン〕
IMG_9814 風び (2)
写真でもわかる通り、多めの脂がスープの表層を覆っています。
コラーゲン中心であるため、重めの飲み口ではありますがクドさはありません。
しかし時間が経つと、口の周りの「ぺたぺた感」は出てきますよ。

味わいとしては、まさに骨々しい!
醤油味の液状の骨を飲んでいるという感覚かな?

IMG_9814 風び (4)
麺は定番の極細ストレート。
特に指定しなくても、やや固めの茹で加減で好み。

麺量は博多系としては、若干多めかな?
やはり替え玉が欲しくなる量です。
しかし、今回はチャーハンも頼んでいるのでパス。

IMG_9814 風び (3)
チャーシュウは、バラ肉のンロールが二枚。
薄めにカットされていますが、醤油ダレによる味付けは、ほどほどに効いてます。

IMG_9814 風び (1)
この店の名物(私はそう思っている)である赤いチャーハン。
ニンジンを細かくきざんだモノが入っていて、赤い・・・っうかオレンジ色とも言えるかな。
以前はもう少しニンジンの粒が大きかったんですけど、前々回の訪問時あたりからより小さい粒になったね。
この店は街道沿いでファミリーも多いから、子供向けの対応なのかな。

食後のペタ感はあるものの、惹かれるラーメンです。
御馳走様でした。

IMG_9814 風び (5)

天丼専門店 【てん天】 東京都北区

王子駅近くの【てんつくてん】に行ったら、閉店してました。
あ~ら、残念。
結構、ココのラーメン好きだったんだけどねぇ。

んで、駅の近くをウロついていたら、安く天丼を提供している店が目についた。
基本の〔天丼〕が529円だって!?
喰ってみますよ。

先客さん一組二名、口頭注文後払い製。
7~8分後に到着しました。
てんIMG_9884 (1)

てんIMG_9884 (2)

てんIMG_9884 (3)

内容は、エビ、イカ、キス、海苔、野菜はピーマンとカボチャ。
天丼としては標準的メンバーだわな。
薄めのコロモは「かりっ」と揚がり、重さも無く喰いやすいね。

タレは濃いめの江戸風だが、ちょっと甘味が過ぎるかな?
御飯も固めの炊き上がりで、タレ飯にはイイ。

この価格で、天丼が喰えるんですから大きな不満は無いよ。
御馳走様でした。

てんIMG_9884 (4)

【日高屋】でラーメン喰わなかった

〔レバニラ炒め定食〕
IMG_9834 日高レバニラ (1)

IMG_9834 日高レバニラ (2)

私は内臓肉が好きでね。
レバーだけじゃなくて、「ミノ炒め定食」とか「ガツ炒め定食」なんかがあってもイイ。
でも、聞いたことが無いなぁ。
と言うコトは、作ってみたことがあると言う人が居ても、何らかの不都合があって商品には成らないんでしょうね。
あるいは、ごく限られた地域にわずかに生息していたとしても、一般化はしないと。

『世の中に無いものは、自分で作る』
のが私ですから、そのうち作ってみるかもしれません。

てなコトを考えながら、この〔レバニラ炒め定食〕を喰ってました。
ご馳走様でした。

麺どころ 【魁】 横浜市保土ヶ谷区

この日は暑かったけど、星川・和田町あたりをぶらぶらと散歩。
新しい九州ラーメン屋も目についたが、そそられない。

んで、6年振りに【魁】に行ってみた。
ずいぶん御無沙汰しました~。

店内の片隅には製麺機。
IMG_1396 魁 (2)
「鳥居式ラーメン塾」の講師だった方の独立店だからね。

ということで、基本の〔つけめん〕 800円。
IMG_1396 魁 (3)

麺は今の多くのつけ麺屋さんのモノに比べると若干細いですかね。
IMG_1396 魁 (5)

つけ汁の中には角切りのチャーシュウが二個。
IMG_1396 魁 (4)
赤身と脂身のバランスが良いね。

つけ汁は今や当たり前の濃厚豚骨魚介だが、イヤミにならない程度の濃厚さ。
甘味が強く、酸味は程々。
スープ割りはセルフなので、薄めにして飲む私にはありがたいな。

ネット上では、店主が無愛想だとか言われてるけど、私には気になりませんね。
ベッタリした接客よりは、よほど楽です。
製麺技術も流石のハイレヴェルだし、長い間放っておいてゴメンナサイでした。

御馳走様でした。

久し振りなので店舗写真掲載。
IMG_1396 魁 (1)

中華料理 【萬来軒】 東京都足立区

このクソ暑いのに足立区六町の【萬来軒】に行くと、タンメンが食いたくなる。
当ブログには何度か登場しているので、軽くふれます。

IMG_9852 萬来軒

オーソドックス過ぎる鶏ガラダシの塩味。
野菜はモヤシ、ニンジン、ニラ、ハクサイ、キクラゲなど。
なかでもニラ多目なのが私の好みに合っている。

当たり前すぎる街中華屋さんのタンメン。
安心できます。

御馳走様でした。