FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

お知らせ

私のバンド 「Drunk CatⅡ」 がライブやります。

オレカン
クリックで拡大

  ★ トコロは相鉄線天王町駅下車、洪福寺交差点近くの【オレンジ・カウンティ・ブラザーズ】

  ★ チャージ:500円、要ドリンクオーダー。

「Drunk Cat’s」はトップで、19:00 出演予定。
みんな来てね。

【すき家】横浜羽衣町店 横浜市中区

台風が通過した翌早朝、朝食を摂りに出てみたが、当たり前だがドコも営業していない。
【吉野家】も【すき家】も【ゆで太郎】も【日高屋】関内店も、その他便利使い出来る店は皆休業。

コンビ二も、ファミマとローソンは大半が休業している。
セブンイレブンは、やっている店舗が多いようだ。
そんな中で【すき家】横浜羽衣町店だけは営業してました!

当然ながらココしかやってないから、人が集中して混雑している。
従業員さんは、たった一人だ。
一人で全てをこなさなければならないから、テンパッてパニック状態。

入店・発注の後30分経過してから提供されたパニック牛丼がコチラ。
IMG_3627 すき

まぁ、品質には問題ありません。
いつも通りのオイシサでした。

台風が迫っています

状況を見守り続るため外に出られません。
バケツと手桶を用意して、イザと言う時にそなえます。
ものすごい雨が来た時には、無駄だと思うけど少しでも抵抗したい。

夕食には、頂いた〔更級そば〕を作ります。
IMG_3606 更級 (1)

IMG_3606 更級 (2)

IMG_3606 更級 (3)
そばつゆには揚げ玉を入れました。

更科蕎麦は、ソバの実の胚乳の中心部のみを使うので、色白です。
味と香りは、他のそばに比べるとやや上品。
田舎そば風の色黒でワイルドな香りに慣れていると、少し物足りなさを感じます。

御馳走様でした。

なお、幸いにも浸水被害はありませんでした。
地震が来たときには、
『なんで? このタイミングでかよ~』
と、おそろしかった。

ラーメン 【岩佐】下鶴間店 神奈川県大和市

つきみ野のリサイクルショップに用があり行った。
しかし、求めるモノは見付からなかった。

昼食は近くのラーメン屋さんを探します。
すると、【岩佐】下鶴間店が浮上した。

中央林間駅前の本店には、2011年7月にうかがっています。
二郎系で塩味のスープ と言うのが特徴だったんだけど、あれから8年。
現在はどうなっているんでしょうかね?

〔がっつりラーメン〕 750円。
IMG_3518岩佐 (1)

山の高さはこれくらい。
IMG_3518岩佐 (2)

乳化度の低いスープは、割りとすっきりした醤油味。
特に指定はしなかったんだけど、そうすると醤油味になるようですね。

油分はあるんだけど、楽に飲める。
刻みニンニクを溶かすと、かなりインパクトのある味わいに変化するね。
二郎系というには少し力不足だが、コレはコレで悪くない。

麺は菅野製麺製の極太。
IMG_3518岩佐 (4)
ゴワゴワ、ワシワシの食感がいいな。
ネジレも付いた角断面の形状は、スープを良く持ち上げる。
麺量は、普通のラーメンより少し多い程度だと思うが、私には適量。

チャーシュウはバラ肉のノンロールタイプが二枚。
IMG_3518岩佐 (3)
特に大きな特徴は無いが、このラーメンの主役は麺だと思うので、コレでよいのかも。

野菜はモヤシ7:3キャベツくらいの比率。
ささがきネギも多めにあってウレシイ。

本格的な二郎系を期待しちゃいけません。
でも私は満足できたラーメンでした。

御馳走様でした。

IMG_3518岩佐 (5)

【岩佐】駅前店 訪問時の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1039.html

横浜ラ~メン 【曙家】 横浜市中区

私のローテイション店から、家系の麺屋【-ARK-】が無くなってしまってから4ヶ月近くが経過。
この間、【臥竜】と【黄金家】の二軒で回してました。
やがて、準ローテイション店に浮上してきたのが【曙家】です。

基本の〔ラーメン〕 680円にサービスの角切りチャーシュウを加えた姿。
IMG_9901 曙 (1)

スープの味わいは、【たかさご家】のDNAを正統に引き継いでいます。
家系の本流よりは若干ライトながら、重量感もある程度併せ持ったダシ風味です。

そして、いつも通り醤油ダレはちょっとショッパイ。

【たかさご家】グループの中でも、特に好みだった曙町店の特徴を多く持っていると私は思っています。

麺は太目の縮れで、この系統は酒井製麺のハズですが麺箱の確認は出来ていません。
IMG_9901 曙 (3)
今回は、三回目の実食というコトで、「固め」で頼んでみました。
すると、かなりモサモサ感を感じる茹で上がりで、噛み締める弾力は無くなりましたが、かわりに小麦粉の香りが豊かなったようです。

チャーシュウは肩ロースと思われる大き目のモノ。
IMG_9901 曙 (2)
今回は、少しスジっぽいのが気になった。

ホウレン草は多めでウレシイな。
大判の海苔二枚は、薄いが味と香りはイイよ。
他に、輪切りネギ。

いずれ正ローテイション店に昇格することは確実なこの店です。
しかし、そうすると家系は【黄金家】との二軒体制になってしまうな。
バランスを考えると、端麗系を一軒加えようかと思案しています。

御馳走様でした。

IMG_9901 曙 (4)

バウムクーヘン 【ストラスブール ノバ】 横浜市港南区

港南台からの帰り、風変わりな造りの建物を見かけた。
IMG_3513 バウム (1)
ナニこれ!!

よーくみると、「バウムクーヘンハウス」と書いてある。
どうやら、バウムクーヘンがウリなお店らしい。

早速、買って帰りました。
IMG_3513 バウム (2)
おしゃれな箱入り。

中はこうなってます。
IMG_3513 バウム (3)
このバウムクーヘン、ちょっと変わったカタチなんです。
写真を撮り忘れたど、上の店舗写真の通り、一部くびれた形状なのよ。
んで、そのくびれ部分からカットしたのがコノ写真。

喰います。
IMG_3513 バウム (4)

ん~、ウマイんだが、このレヴェルなら他にもイイ店はイッパイあるなぁ。
と言う、印象。
このカタチだけは他に無いと思うけど・・・・・
価格は、大きさによって異なるんだが、このワンエリア(って言うのかなぁ?)のカットは 300円。

御馳走様でした。

熱血系 麺侍【誠】 横浜市港南区

2019年4月1日、【きたくり家】港南台店より改名して、麺侍【誠】という店になった。

【きたくり家】港南台店は、2007年06月30日に喰ってます。
その頃の記録では、2007年6月21日オープンとなっているが、ネット上には2006年オープンとの説もあり。 
まぁ、いずれにしろ17年以上前のことなので記憶は薄れてます。
記憶は薄れているが記録には、やたら『ショッパ~い』と言う記述が見られる。
そして、“新家系”と謳っていた。

さて、【きたくり家】が改名した【誠】は、今現在どうなの?
興味がわいて訪れてみたよ。

〔醤油とんこつラーメン〕 750円
IMG_3501 誠 (3)
発注より5分くらいで到着。
店内は7分の客入りだが、店員は小慣れているためかスムーズな仕事ぶりだな。

ウズラの玉子が乗った家系壱六派スタイル。
【きたくり家】時代は、半割り茹で玉子だった。

スープはトロミもある濃厚なモノだが茶色く濁り、壱六派に多くみられるクリーミーで白いタイプではない。
チー油がとてもイイ匂いで、私は好きですね、こう言うタイプ。

懸念されたショッパさは無いね。
イイ塩梅の醤油ダレだわ。

IMG_3501 誠 (5)
麺は平打ち気味の太めで、ネジレも付いている。
特に固さ指定はしなかったが、弾力は強く、歯をはね返してくる。
スープの持ち上げもイイ。
大橋製麺製。

IMG_3501 誠 (4)
チャーシュウは肩ロースと思われるが、ペラいなぁ。
スープと麺の迫力には、つりあわない。

ホウレン草は、クタリ気味のモノが少し。
海苔はシッカリした硬質のものが二枚。

総評
チャーシュウは弱いが、かなり私の好きなラーメンでした。
“新家系”は廃して、“熱血系”に成ったが、熱血はあまり感じない。
70点。

IMG_3501 誠 (7)

ちなみに、【きたくり家】初訪問時のラーメン写真はコチラ。
きたくり

【かつや】横浜市沢町店 横浜市旭区

カツ丼が喰いたくなって、旭区市沢町の【かつや】にいった。
そしたら、すんごいモノを見つけてしまった。

〔全部のせカツ丼〕 690+税。
IMG_3564 かつや

内容はと言うと、ロースカツ、ヒレカツ、メンチカツ、エビフライ二本。
左はじに見えているのはマヨネーズ。

揚げ物オンパレードです!
絶対ムネヤケするな。
デブのもとだな。

でも、喰っちゃったもんね。
案の定、数時間後に腹具合が・・・・・

しかし、オイシかったです。
御馳走様でした。

【リンガーハット】イセザキモール店で 長崎ちゃんぽん 横浜市中区

3~4ヶ月ごとに喰いたくなるのが【リンガーハット】の〔長崎ちゃんぽん〕です。
その中毒性は、じんわりながら確実性の高いモノと言えましょう。

〔長崎ちゃんぽん〕 麺増量1.5倍 640円。
IMG_3577 りんが (1)
20円値上げしました。
消費増税の影響ですかね。

IMG_3577 りんが (2)

品質はと言うと、いつもながらの安定した味と量。
比較的低価格で、腹一杯になれるのがウレシイですな。
これからも引き続き利用させてもらいます。

御馳走様でした。

麺屋 【江武里】 神奈川県大和市

2014年、浅草に開業した麺屋【武蔵】出身の人気店【江武里】
2019年5月6日、店主の地元である高座渋谷に移転してきました。
んで、私達は6月に行ってるんですけど、フラれました。
んで今回リベンジ。

店内のウンチク書き(クリックで拡大)
IMG_3493 江武里 (1)
何だか高級そうな食材を、ふんだんに使ってますねぇ。

喰いましたモノは、基本である 〔江戸醤油ら~麺〕 750円。
IMG_3493 江武里 (2)

まずはスープから味をみます。
一口すすって、ブッたまげ~!
これが動物系を使っていない味なんでしょうか!

すんごくオイシイ魚味なんです。
まったく臭みが無く、ウマミだけが醤油ダレを盛り立てている。

麺はカネジン食品製の「江戸麺」
IMG_3493 江武里 (4)
全粒粉使用の中細やや縮れ。
ちょっとピン甘な写真だけど、黒い粒が見えますかね?
強い弾力と香り、喉越しもイイよ。

チャーシュウはバラ肉ノンロール。
IMG_3493 江武里 (3)
普通の煮豚ではなく、蒸し豚だそうです。
蒸した後、タレに漬け込むそうで、ちょっとショッパめの味わいです。

大振りの乱切りにされたネギは、香りも辛味も強い。
海苔も寿司海苔のような香り高いもので高品位。
ミツバはちょっとした苦味が良いアクセントになるね。

総評
私が今まで喰った魚系のラーメンの中では、もっとも好きな味だな。
自宅の近くだったらなぁ、毎日行きそう。
73点。

IMG_3493 江武里 (5)

居酒屋 【さくら】 横浜市旭区

夜中に腹が減った。

鶴ヶ峰では深夜までやっているラーメン屋は【日高屋】くらいか。
でも行ってみたら満員に近い状態。
やめます。

んで、チェーン店居酒屋ではあるが、あまり行かない【さくら】に入った。

私とAyaは無類のチャーハン好き。
IMG_3534 さくら (5)
まず腹を満たす。

お次は〔ふわとろレバー〕
IMG_3534 さくら (1)
低温調理したものだろうか?
トロケル食感がイイな。
でもコレは鶏レバーのようだ、私は豚レバーの方が好きなんだけどね。

〔ぜいたくポテサラ〕
IMG_3534 さくら (2)

ポテサラが卵焼きで包まれているんです。
IMG_3534 さくら (3)
こりゃオモシロイ。

〔豚バラしそ巻き〕
IMG_3534 さくら (4)
ショッパかったぁ。

腹が落ち着いて、帰ったら世界陸上をやっていた。
結局、寝たのは夜明け近く。

この頃寝不足気味の私です。

新店(?) 味噌らーめん 【山道家】 横浜市西区

【山道家】と言う店が西区浜松町に出来たらしい。
味噌ラーメンがウリだという。

『えっ、まさか・・・・・? 南区睦町の【山道】の関連店?』
店名が似てるし、味噌ラーメンウリという点も一緒だし。

だとしたら、放っておけないよ!
私は【楓】よりも【大公】よりも、ましてや行列で喰えない【すみれ】なんぞよりも【山道】の味噌ラーメンのファンなのです(純・すみ係 未食というワケではないよ)

ほんなら確かめに行ってみんべ。
ハイ、着きました。
【福萬軒】と言う中華料理屋さんがあった跡だね。

喰いますものはモチロン基本の〔味噌ラーメン〕 700円。

待つ間に観察するとカウンター上にはサービスの漬物。
IMG_3554山道家 (1)
【山道】ではキムチだったけど、こっちは高菜漬けだね。

それから、カウンター内の従業員さんは、やっぱり【山道】で見たことのある人です。
間違いなしの関連店だが、二号店?
まさか【山道】を閉めちゃって、コッチに移転じゃないよね。
私んチからだと、【山道】のほうが近いんで。

発注より6~7分後に〔味噌ラーメン〕到着。
IMG_3554山道家 (2)
うん、同じルックスです。

重量感あふれる動物系ダシ風味もしっかり出ています。
ほんのりと甘味がありながらクドさのない合わせ味噌による味付けもイイよ。

麺も黄色みが強く、縮れもキツイ北海道麺らしさのあふれるもの。
IMG_3554山道家 (4)
【山道】とおなじ「サッポロ製麺」の麺箱が出入り口付近にありました。

色黒のチャーシュウも一緒だよ。
IMG_3554山道家 (3)

サービスライスには、先述の高菜漬けを乗せて頂きました。
IMG_3554山道家 (5)

浜松町周辺の選択肢が増えて嬉しいな。
この辺りには、味噌ラーメンの有力店が無かったしね。

御馳走様でした。

IMG_3554山道家 (6)

横浜家系ラーメン 【壱角家】関内本町店 横浜市中区

毎月1日は安売りの【壱角家】

行ってみたら、50円値上げしてました。
IMG_3548壱角 (1)
消費増税の影響でしょうね。
でも、まだまだ安いから喰います。

おなじみの姿。
IMG_3548壱角 (2)

味わいの方はと言うと、可もなく不可も無くと言う量産型家系タイプ。
でも、今日はすいぶんショッパかったなぁ。
まぁ、ちょっとしたサジ加減の違いでしょう。

まったく、何もかも値上げするのに給料は上がらない。
キビシイ世の中になったもんです。

御馳走様でした。

夜の店舗写真を撮ってみた。
IMG_3548壱角 (3)

コッペパン専門店 【こぺてりあ】座間店 神奈川県座間市

座間郵便局のそばで、こんな店を見つけました。
IMG_3444 こぺ (1)

コッペパンの専門店ですか。
IMG_3444 こぺ (2)
店前のメニューの一部。

ずいぶん沢山の種類がありますねえ。
しかし私としては、絶対にハズせない〔あんマーガリン〕 150円 と、ちょっと贅沢な 〔やわらかハムカツ〕 390円 を購入。
相模原麻溝公園に行って喰いました。

〔やわらかハムカツ〕のアップ。
IMG_3444 こぺ (4)
厚めのハムカツとセン切りキャベツ。
マヨネーズで味付けしてあります。

〔あんマーガリン〕のアップ。
IMG_3444 こぺ (5)
つぶあんの甘さと、マーガリンの塩気がマッチ。

子供の頃、学校の近くには必ず、「ジジみせ」、「ババみせ」と呼ばれる店が在りました。
店名はあるのだが、ダレもその店名で呼ばない。
もんじゃ焼きや、ちょっとした駄菓子、あるいは文具も併せて売っている店もあった。

主人は大抵年配のオバちゃんで、コッペパンを買い、餡とかジャム、あるいはピーナッツバターなどと申告すると、目の前で塗り付けて手渡してくれた。
でも、その量はいつも悲しいくらいに少なくて、腹を減らした子供は常に物足りなく感じたものです。

お祭りの屋台の焼きそばと並んで、
『大人になったら腹一杯喰ってやる!!』
と、決意した喰い物のひとつでした。

そんな記憶がよみがえってきたよ、〔あんマーガリン〕で。

この【こぺてりあ】、「ジジみせ」 「ババみせ」スピリッツをおしゃれにブラッシュアップしたモノのように私は感じたんです。
それに店名がカワイイね。
この店名でなかったら、寄らなかったと思う。

御馳走様でした。