FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

「KEEP GOING」@ 【ORENGE COUNTY BROTHERS 】

私が参加しているバンド、「KEEP GOING」がライブやります。

オレカン19-12-15

   ★ 相鉄線 天王町駅近く、「オレンジ・カウンティ・ブラザース」において、12月15日(日)です。
   
   ★ 19:30 オープン
   
   ★ 19:00 スタート
   
   ★ チャージ 500円+ドリンク

出順は追ってお知らせします。

MEN-YA【DAISUKE】 横浜市南区

2017年7月以来の MEN-YA【DAISUKE】です。

開店当初とはメニューの組み立てが異なり、〔黒のらぁ麺〕醤油、〔白のらぁ麺〕塩 と言うのが基本線になっているようです。
んで、私が喰いましたものは〔黒のらぁ麺〕 700円。
IMG_0072 DAISUKE (1)

基本的な仕様は、初訪問時に喰った〔香味拉麺〕と同じですね。
しかしスープの色合いは全く異なり、濃い醤油色です。
なんでも、醤油ダレに古式醤油を使っているそうで、こうなるんでしょう。
コクの深い醤油味と品の良いダシ汁がマッチしているんですが、アッサリとし過ぎずかなりの迫力も持っていますね。

麺は細目のストレート。
IMG_0072 DAISUKE (3)
やや「ぽきっ」とした食感に茹で上げてあります。
低カンスイなんでしょうかね?
色白で麺肌はなめらか。
つるつる感触でススリ込み爽快。
変わっていなければ、麻生製麺製のハズです。

チャーシュウは肩ロースですか。
IMG_0072 DAISUKE (2)
薄めのスライスで喰いやすいが、おおきな訴求力は無いな。

すこし色黒のメンマはやや甘めの味付けで、ちょっとスジっぽいな。
大判の海苔は薄くてスープに溶けやすいが、香りはイイよ。

キクラゲはこのラーメンに必要かな?
他に小さめの刻みネギ。

二年ぶりに喰いましたが、相変わらずのハイレベルなラーメンですね。
御馳走様でした。

IMG_0072 DAISUKE (5)

【末廣家】 横浜市神奈川区

2014年12月以来、なんと5年振りに【末廣家】に行きました。
この間、何度か行ってはいるんだけど、臨休だったり混んでいるのを見てやめたりしてたんだよね。

喰いましたものはモチロン基本の〔ラーメン〕 700円。
IMG_0066 末廣家 (2)
家系スタンダードなルックスですが、チャーシュウが一反もめん状態。
5年前はこんなにデカくなかった。
年月のあいだに成長したんですね。

スープからはチー油の良い香り。
家系のラーメンにおいて、油くささ鶏くささが無く、やや甘い香りのチー油の時は、大体アタリの事が多いと私は感じてます。

ひと口飲むと、ゲンコツによる力強い動物系のダシが濃厚でパワフル。
しかし重過ぎず、むしろ軽快感のある飲み口は醤油ダレのキリリとした味わいとの合わせワザの成せるトコロか。

酒井製麺製の太麺は、強いスープとしっかりタッグを組んでいます。
IMG_0066 末廣家 (4)
久し振りに訪れたので、茹で加減は「普通」
それでも強いコシと、なめらかな喉越しが十分に感じられる麺です。

薄いケド、面積“大”のチャーシュウ。
IMG_0066 末廣家 (3)
肩ロースなのかな?
下の方に少し脂身が見えます。

【吉村家】ゆずりの製法でしょうかね、かすかに燻煙香があります。
パサつきは無く、低温調理のような肉質感が楽しめるモノで、家系店としては珍しい部類じゃないかな?

大判の海苔はかなり厚みがあり、スープに溶けにくい。
ホウレン草は多目だが、ややクタリ気味。
他に輪切りネギ。

最近喰った家系のラーメンの中では、最も好み。
さすがに「家系総本山 吉村家直系店」と名乗るだけのことはありますね。

御馳走様でした。

IMG_0066 末廣家 (5)

【はま寿司】瀬谷三ツ境店 横浜市瀬谷区

年の瀬も近づいて、なんだか身辺騒がしい。
イベントやバンド活動もソコソコあるし、お疲れ気味なんだよね。
こんな時はサッパリした物が喰いたいとAya。

んで、【はま寿司】瀬谷三ツ境店に行きました。

サーモンの3カン盛り。
IMG_0057 はま寿司 (1)
この時期の鮭・鱒は上質な油がのってオイシイな。

マグロの赤身。
IMG_0057 はま寿司 (2)
ちょっと、水っぽかった。
解凍が悪かったのか?

ビンチョウ。
IMG_0057 はま寿司 (3)
コチラは脂が感じられながらも、さっぱりした味わい。

ハマチは1カンでの提供。
IMG_0057 はま寿司 (4)
かなり脂が強いです。

アン肝とタラ白子は冬になると喰いたくなるんだなぁ。
IMG_0057 はま寿司 (5)
しかし、タラ白子は無かったよ、残念。

御馳走様でした。

喜多方ラーメン 【坂内】石川町店 横浜市中区

夏以来の喜多方ラーメン【坂内】です。

夏は季節物の冷やしラーメンだったけど、今は普通に温ラーメン。
IMG_0063 坂内 (1)
基本の〔喜多方ラーメン〕 680円 税込み。

東北ラーメンの多くは、東京ラーメンが元になっていると言うのが一般的な定説ですけど、圧倒的に違うのが麺。
この極太平打ちピロピロ麺が年に数回無性に喰いたくなるんですわ。
IMG_0063 坂内 (3)

そして【坂内】のラーメンは、普通でもチャーシュウが5~6枚乗るのも大きな魅力。
IMG_0063 坂内 (2)
サービスのライスを使って、ミニ・チャーシュウ丼を作ったり出来ますからね。

自分でバリエーションを作れる喜多方ラーメンの【坂内】
これからも長く付き合いたいな。

御馳走様でした。

食彩 【まかない】 横浜市旭区

相鉄線 鶴ヶ峰駅より徒歩5~6分。
アットホームな居酒屋さん【まかない】で飲んでました。

今回紹介するのはコレ。
IMG_0062 まかない

商品名は失念しましたが、プチトマトを豚バラ肉で巻いて焼いたものです。
コレがうまかった。

トマトの酸味と、塩味のバラ肉。
なんともミスマッチなベストマッチ(言い方が変だけど、わかってください)

御馳走様でした。
また来ます。

【大阪王将】天王町駅前店 横浜市保土ヶ谷区

2019年10月1日、相鉄 天王町駅前にオープン。
【松原家】の跡地ですね。
それにしても【松原家】、1年と言う短命に終わりましたね。

あまり餃子には関心の無い私ですが、餃子がウリの店ですから、セット物と単品のラーメンを頼んで二人でシェアしました。

〔王将セット〕 税抜き 1000円。
IMG_0048 大阪王将 (3)
基本の〔中華そば〕に餃子6個と小サイズのチャーハンが付きます。

〔中華そば〕のアップ。
IMG_0048 大阪王将 (5)
2011年の3月に【大阪王将】トツカーナモール店で喰ったモノと基本線は変わってませんね。

鶏ガラ主体と思われるスープは、軽い飲み口の醤油味。
中華王道の鶏ガラ主体の清湯です。
まろやかな鶏のダシと、キリリとした醤油ダレがマッチして飲み口に物足りなさはありません。

麺は細目のやや縮れ。
IMG_0048 大阪王将 (7)
断面形状が平打ちに近いもので、ネジレも付いているのでスープの持ち上げが良好。
茹で加減は、やや柔らかめですが、このラーメンはコレでイイんじゃないかな。

チャーシュウは・・・・・部位がわからない。
IMG_0048 大阪王将 (6)
肩ロース肉なのだろうか?
あるいは、サク取りの仕方が違うの?

コチラ、〔五目あんかけラーメン〕 税抜き 690円。
IMG_0048 大阪王将 (4)
Ayaは今の時期、カラダがあったまるこのラーメンが大好きです。

固めの餡の中には、イカ、エビ、白菜、ニラ、キクラゲ、ネギなど。
炒め煮にされているので、具材から出た味が上乗せされています。
奥行きのある味わいでウレシイね。

餃子は、まぁ普通だわね。
チャーハンは、浅い焼き加減ながら、米粒のパラリ感もあるし味付けもイイよ。

久し振りの【大阪王将】でしたが、満足できました。
御馳走様でした。

IMG_0048 大阪王将 (8)

鍋後きしめん

鶏鍋の後の残り汁で、きしめんを喰いました。

残りの鶏肉も追加。
IMG_0076 きしめ (1)

幅広で厚みもある麺は、しっかりした喰い応え。
IMG_0076 きしめ (2)

鍋つゆはカツオダシの醤油味。
鶏肉と白菜から出た甘味が上乗せされ、オイシ。

御馳走様でした。

山手線と併走する相鉄 12000系電車

IMG_0078 相鉄

大崎-五反田 間で遭遇しました。

私達に、なじみのある電車が都内で見られるなんてね。
でも、代々木あたりでは迷惑がられているそうです。

【日の出らーめん】 横浜市中区

ド迫力のつけめんが喰いたくなった。

しとしと雨の降る日でしたから、「雨の日2倍スタンプ」を持って【日の出らーめん】へ。
今回でハンコの枠がすべて埋まりました。
次回は無料で好きなラーメンが一杯喰えます。
ありがたや~。

喰いたかった〔剛つけめん〕
IMG_0040 日の出 (1)
おなじみの姿ですが、この太麺はいつ見ても驚くわなぁ。

見た目は、うどんそのものだよね。
IMG_0040 日の出 (3)

つけ汁の中には、ゴロゴロチャーシュウ二個とキャベツ、輪切りネギ。
IMG_0040 日の出 (2)

ドロドロで甘目のつけ汁は、極太麺とガッチリ組んで仕事をしてますね。
動物系の油分は完全に乳化し、つけ汁の中に溶け込んでいます。
よって、クチビルには若干のネバ付き感があります。
コラーゲンがタップリというコトでしょう。

そしてアゴの鍛錬に最適な、やや固茹での極太麺。
豚肉の質感を残したゴロゴロチャーシュウも圧巻。

超強力なつけ麺が喰いたくなったらまた来ます。
御馳走様でした。

IMG_0040 日の出 (4)

横浜ラ~メン 【曙家】 横浜市中区

私の準ローテイション店である【曙家】に行きました。

喰いましたものは、モチロン基本のラーメン。
IMG_0034 曙家 (1)

コチラ、取り放題の切り落としチャーシュウ
IMG_0034 曙家 (2)

適量投入。
IMG_0034 曙家 (3)
この店のラーメンは基本ショッパ目の味わいです。
サービスチャーシュウも濃い目の味付けですから、いい気になって大量投入すると、とてもショッパイラーメンになってしまいます。
要注意。

麺は「固め」で頼みました。
IMG_0034 曙家 (4)
写真からも、その茹で加減がわかるでしょ(←わかるか!)

【たかさご家】の系統に属する店ですから家系本筋よりは、ややライト。
しかし、動物系のダシ風味などは十分に訴えてきます。
そして、いつも通り元気にショッパイ。

次の機会には、「味薄め」にしてみるかな。
御馳走様でした。