FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

新店情報

クソ暑いから、私が外に出るのは深夜か早朝です。

踏切から鶴ヶ峰駅を撮ってみた。
IMG_0330 鶴ケ峰 (5)
電車が無い時間だから、こんなコトもできます。


さて、店主さんの体調不良で休んでいた【麺 s 慶】ですが、そのまま閉店し【ニュータン】に成りました。
IMG_0330 鶴ケ峰 (3)
8月15日開店予定。


駅から少し離れた住宅街にある飲み屋さんが閉店し、「ラーメン居酒屋」に成るというウワサがあります。
IMG_0330 鶴ケ峰 (6)
情報不足で、詳しいことが分かりません。


ラーメン屋じゃないけれど、【いきステなりステーキ】の跡店舗は【スシロー】が経営する寿司居酒屋に成ります。
IMG_0330 鶴ケ峰 (2)
「ココロット」の中の回転寿司が閉店して以来、鶴ケ峰には気軽に喰える寿司屋が無かったから、コレはありがたいな。

鶴ケ峰も変わって行くね。

【日高屋】鶴ヶ峰店 横浜市旭区

那須塩原の地は昼暑いけど、日が沈めばちゃんと気温が下がってくる。
東京や横浜はコンクリートやアスファルトに囲まれているせいか、夜になっても暑いまんま。

んなワケで那須から帰ってきて、まず喰ったのが【日高屋】鶴ヶ峰店の〔和風つけめん〕でした。
IMG_0300 和風つけめん (1)

つけ汁は、基本のラーメンのスープに大量の節粉を加え、酸味や甘味を追加したモノのようですね。
ある程度予想が出来たが、まぁ、大筋ではその通りだった。
【日高屋】の基本線から逸脱してないから、コレはコレで良しですかね。

麺は温ラーメンに使うものと一緒でしょう。
IMG_0300 和風つけめん (2)
角断面を持つ中細縮れです。
キンキンに冷たかったらうれしかったんだが、この時はややヌルかったのが残念。

つけ汁の中には、細切りチャーシュウと輪切りネギ。
IMG_0300 和風つけめん (3)
なぜメンマが麺皿なのでしょうかね?
ここら辺が分からないけど、まぁいっか。

御馳走様でした。
ラーメン不足がやや落ち着きました。

【きずな亭】那須ガーデンアウトレット店 栃木県那須塩原市

那須塩原で仕事二日目。

そろそろラーメンが喰いたい。
だが、このショッピングモールには、【花月】しかないんです。
那須に居るのに【花月】はないよ。

てんで、昼食は【きずな亭】
うどんもあればウナギもあるし、カレーにハンバーグ。
要するになんでもアリな店ですから、 「総合食堂」 とでも言えましょうかね。

んで、喰いましたものは〔鶏唐南蛮定食〕 980円 (税抜き)
IMG_0297 きずな亭 (1)

鳥唐揚げが、熱いしデカイ!
タルタルソースがうまい。
御飯も多目で嬉しいです。
味噌汁はちゃんとダシが効いている。

御馳走様でした。

IMG_0297 きずな亭 (2)

ホテルの朝食

那須塩原駅前のホテルに泊まっていました。

IMG_0292 ホテル (2)
窓からは、新幹線が見えます。

朝食はバイキング形式ではなく、キメ出し一発。
IMG_0292 ホテル (1)
好き嫌いの多い人は困るでしょうね。
私は果物以外は何でも喰いますから大丈夫。

メシを喰ったら、これから暑熱の中に出ていかねばなりません。

『イヤだなぁ』

海鮮居酒屋 【はなの舞】那須塩原駅西口店 栃木県那須塩原市

那須塩原駅の西側には【はなの舞い】しかなかった。
もう少し探索範囲を広げれば、他の店もあるかもしれないけれど、暑いので長く歩くのはイヤだ。

んで【はなの舞い】に入店し、夕食がわりの飲み。

突き出しの・・・・・ん~、何て言えばいいのかなぁ?
IMG_0285 華の舞い (1)
シュウマイを煮たものです。
餃子に倣うならば「水焼売」???

少しトロミのある醤油味のスープに浸った焼売は、やや崩れ気味。

刺身の五点盛り。
IMG_0285 華の舞い (2)
内陸部の那須塩原だけど、とりあえず私はサカナを喰わないとおさまらない(笑)

っうことで次もサカナで、なめろう。
IMG_0285 華の舞い (3)
鯵がメインのようです。
軽い味噌味でマイウ。

他に二品ほど喰って飲んで、ホロ酔い加減でホテルに帰り、明日に備えてシッカリ寝ました。

カレーうどん 【千吉】那須ガーデンアウトレット店 栃木県那須塩原市

栃木県の那須塩原に来ています。
観光じゃないよ、仕事だよ。

昼食で喰ったのは、カレーうどんの【千吉】
〔千吉カレーうどん+牛丼〕セット 1000円 を発注。

待ち時間 7~8分で出来ました。
IMG_0281 千吉 (1)
カレーうどんのスープが、かなり白っぽいでしょ。
カレースープとは思えないくらい、明るいクリーム色です。
味わいも、まさにクリームシチュウのようでありながら、カレーのスパイス感、辛味はちゃんと持っています。

カレーうどんの大人気店である【古奈屋】のスープも良かったケド、このスープもかなり独自性を持ったものですね。

IMG_0281 千吉 (2)
ウドンは極太で、茹で加減は柔らかめ。
コシはあるんですが、讃岐うどんを期待すると、間違いです。
量は少な目かな、御飯物とのセットにして丁度良かった。

具材は、少量の油揚げと豚肉。
薬味に、輪切りネギ。

なかなか好みのカレーうどんでした。
辛さが調節できると、ウレシイんだが・・・・・

御馳走様でした。

IMG_0298 千吉

お土産シュウマイ

三浦市三崎の中華料理屋【牡丹】のシュウマイです。

五個入りで600円(?)
IMG_0303 シュウマイ (1)
Ayaが釣りに行って、お土産として買ってきてくれました。
餃子よりもシュウマイが好きな私には、と~ってもアリガタイ。

一個がすんごくデカいんです。
IMG_0303 シュウマイ (2)

んで、デカいシュウマイと言うのは、私の過去の経験から言うと、大抵の場合うまくないモノが多いと感じてました。
しかし、このシュウマイは違ってました。

大粒の豚挽き肉がゴロゴロとした食感。
キャベツか白菜と思われる野菜もタップリ。
そして、ゴマ油の香りが効いてます。

【崎陽軒】の〔シウマイ〕でしか満足したことのない私ですが、このシュウマイには納得できました。

御馳走様でした。

居酒屋 【一平】 横浜市旭区

トコロは相鉄線 鶴ケ峰駅前。
路地の奥に昭和感あふれる飲み屋さんがあります。

【一平】です。
遅くまでやっているので(26:00頃まで?)周辺の飲食関係の方々が仕事を終えてから集まります。
まぁ、私とAyaもそのクチなんですけど(笑)

ウーロンハイに突き出しのイクラおろし。
20200711_001357 一平 (1)
イクラの塩気がありますから、何もかけずに喰ってもオイシ。

豚カシラ肉の串焼き。
20200711_001357 一平 (2)
甘めのタレ焼きですから、唐辛子を多く振って喰うとウマウマ。

顔見知りの商店主さん達が次々と来るので、Ayaの話もはずみます。
御馳走様でした。
また来ます。

中華そば 【青葉】中野本店 東京都中野区

【青葉】はですねぇ、この本店で三回、相模原に在った頃にも数回喰ってるんですけど、つけめんを喰ったコトが無かった。
てんで、今回はつけめんを喰ってみる気になりました。

〔つけめん〕 800円。
IMG_0246 青葉 (1)
なぁるほど、こうなったかぁ。
割りと、そっ気ない姿ですねぇ。

つけ汁は、節物がドカンと訴えてくる醤油味。
わずかな酸味と甘味があります。
しかし、【青葉】の特徴をしっかりと持っており、この点は好感触。

麺は、中太のやや縮れ。
IMG_0246 青葉 (3)
まずはそのまま喰ってみたら、歯に染みるくらい冷たく締められています。
こりゃぁイイね。
つけ汁も冷製の方がイイんじゃないかと思ったよ。

チャーシュウはつけ汁の中。
IMG_0246 青葉 (2)
肩ロースでしょうか?
結構厚みがあり、味付けも醤油が香る濃いめで存在感アリ。
だけど、ちょっとスジがあったよ。

具材は他に、メンマと細ネギ小口切り。

【青葉】らしさをキチンと持ったつけめんです。
総量も程良いな。
暑い日に最適な選択だったと思います。

御馳走様でした。

IMG_0246 青葉 (4)

横浜ラ~メン 【曙家】 横浜市中区

私の現在のローテイション店になっている【曙家】です。
しかし残念なことに、サービスチャーシュウの食べ放題を7月いっぱいで終了するそうです。

IMG_0250 曙家 (1)
代わって8月からは、ランチタイムのライスが無料になるそうです(写真がちょっと欠けてますケド)


そこで、サービスチャーシュウ投入の最後の姿。
IMG_0250 曙家 (2)

ラーメンは、いつも通りの変わらぬ味わい。
【たかさご家】曙町店のDNAを色濃く残したモノです。

御馳走様でした。

炭火イタリアン 【GRUGRU】 横浜市旭区

鶴ヶ峰に新しく出来たイタリアン・バルに行ってみました。

ピザとイタリア式トンカツライスを注文(メニュー名失念)
どちらも1000円くらいだったかな。

まずはピザについてくるサラダ。
IMG_0239 GRUGRU (1)
デカイ半円形はカブのようです。
小さい丸いのはズッキーニでしょうか?
どちらも初めて喰うのでよくわからん(笑)
当然ながら、コレがオイシイのかマズイのかもわからん。

ピザ。
IMG_0239 GRUGRU (2)
コレはオイシかった。
ミニトマトの酸味が強くてね、久し振りにトマトらしいトマトにであった。
トマトソースも、力強い味わいです。
ニンニクが多めに入っているのでしょう。

メインディッシュ。
IMG_0239 GRUGRU (3)

トンカツは、「カトレット」に近いね。
少ない油で揚げ焼きにする手法ですか。
カリカリなコロモがいい。
御飯は少なめで、私としてはやや喰い足りない。

デザートのチョコレート・ムース。
IMG_0239 GRUGRU (4)
カカオの香りが鮮烈なチョコレート味で、好きです。

全体に上品な量です。
鶴ヶ峰にそぐわない雰囲気の店だと思うんですが、ガンバッて欲しいね。

御馳走様でした。

IMG_0239 GRUGRU (5)