FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

新しいパソコン

買ったんですけどねぇ・・・・・
ネットに繋がらなくて、28日に交換してきます。

しかし、パソコン無しの生活も良いものですね。
司馬遼太郎の「関ケ原」を一気読みしました。
ケータイもパソコンも廃止してみようかなぁ。
なんてコトも考えました。

だけど、そうなると迷惑がかかる人もいるんだよなぁ。
それがイタイところです。

Ayaのウチから書きました。

PCがブッ壊れました

更新が滞ることを御了承ください。

Ayaのパソコンから書きました。

自作ラーメン

日清の〔ラ王〕醤油味を使ってラーメンを自作してみました。

IMG_0856 自作

具は生卵とメンマ、肉っ気は無し。
薬味に炒りゴマと輪切りネギ。

〔ラ王〕は元々、袋ラーメンの中でも高級感を持っているので、出来上がりの姿もなかなかイイじゃん。
味わいも、モチロン好みです。

御馳走様でした。

チャーハン・ラーメン 【黄金】伊勢佐木モール店 横浜市中区

準ローテイション店の【黄金】です。

今回初めて基本のラーメンを喰ってみました。
 黄金 (2)
〔ラーメン〕 560円。
今の世の中では驚く安さです。

 黄金 (4)
麺は中細縮れで平打ち気味。
強いネジレも付いています。

チャーシュウは脂身の多い肩ロースで二枚。
 黄金 (3)

スープの味わいは、オーソドックスな中華清湯の醤油味。
穏やかな感触で飲みやすいですが、近頃の感覚でみると少々物足りない。
総量は十分で腹に溜まります。

やはりこの店では、調理麺を喰っていたほう良いかな。
御馳走様でした。

新店・初訪 宮崎辛麺 【桝元】大和店 神奈川県大和市

宮崎辛麺の元祖である【桝元】が大和市の国道467号沿いに出来たので、喰ってきた。
11月1日オープン。

卓上メニュー(クリックで拡大)
IMG_0810 枡本 (1)
少々お高い価格設定。

んで、オモシロイのがタッチパネル式の注文方法だが、アレコレ試しながらやっていると結構時間がかかる。
口頭注文のほうがずっと早いと思うよ。

っうことで、私が喰いましたのは基本の〔元祖辛麺〕 3辛。
IMG_0810 枡本 (3)

元になっているスープは鶏ガラのダシですかね。
すっきりした感触です。
ソコに溶き玉子や挽肉、唐辛子、ニンニクなどが絡み、複雑玄妙な味わいになっています。

辛さは、3辛だと私に丁度良い加減だな。
もう一段上げてもイイかと思いましたが、基本的な味わいが崩れるかもしれないなぁ。

IMG_0810 枡本 (4)
麺は「コンニャク麺」にしました。
と言っても、コンニャクではないんです。
蕎麦粉と小麦粉で作られています。
だが食感はコンニャクそのもの。
プルプルしていて、強いコシを持っています。

IMG_0810 枡本 (5)
溶き玉子とニラいっぱいが私にはウレシイ。

ドンブリの底にこんな文字。
IMG_0810 枡本 (7)
スープまで完飲みした場合に現れるのね。


コチラAyaの〔トマト辛麺〕
IMG_0810 枡本 (6)
辛さは1辛にしたので私にとっては、ほぼ辛くない。
トマトの味わいのほうが強く前に出ています。
でもコレはこれで、ミネストローネっぽくて、オイシイね。

総評
今まで三回ほど宮崎・大分の辛麺を喰いましたが、今回がイチバン満足度が高いな。
70点。

IMG_0810 枡本 (8)

【大阪王将】天王町駅前店 横浜市保土ヶ谷区

天王町の沖縄料理屋さんを再訪したら、日曜休みでした。
んで、近くの【大阪王将】にターゲット・チェンジ。

私はラーメンと半チャーハンのセット。
IMG_0803 大阪王将 (1)
ラーメンは何種類かあって選べるんですけど、トンコツラーメンを選択。
白濁スープの九州風ですね。
けど、クドさはなくて非常に飲みやすい。
塩分濃度も適度。

麺は中細やや縮れ。
IMG_0803 大阪王将 (4)
少し固めの茹で加減は好み。
長めにカットされているので、一気すすり込みは爽快です。
製麺所はわからないケド、大きなチェーン店ですから自社工場製かもしれませんね。

チャーシュウはバラ肉かなぁ?
IMG_0803 大阪王将 (3)
小さいし、味付けも薄めなので存在感は希薄。

他に、幅広のメンマ、少量のモヤシ、輪切りネギ。


弾む焼豚 〔いつかの初恋オムライス〕 695円+税
IMG_0803 大阪王将 (5)

店の前に大きくアピールしていたのでAyaはコレを喰いました。
中華屋さんのオムライスというのも、初の体験かもしんないなぁ。

内容はと言うと、まぁケチャップライスなんですけど、大き目のサイの目に切られたチャーシュウがゴロゴロ入っているんです。
こりゃぁウレシイね。

御馳走様でした。
また来ます。

店舗写真ですが、正面から撮ると信号柱がジャマなんですよねぇ。
IMG_0803 大阪王将 (6)

新店・初訪 北海道ラーメンとカレー 【すずや】 神奈川県相模原市

2020年9月14日、淵野辺と上溝をむすぶ県道57号沿いに出来た北海道ラーメンとカレーを提供する店。

もちろん、カレーラーメンも有ります。
というコトになると、Ayaは放っておけない。

まずは、〔チャーシュウおにぎり〕 三個 190円。
IMG_0796 すずや (2)
ほぐしチャーシュウが一杯入った味付き御飯のおにぎりです。
コレはウレシイ。
私もAyaも大喜びです。

私が喰いました〔醤油ラーメン〕 780円。
IMG_0796 すずや (3)

スープのダシは鶏ガラ中心ですかね?
豚骨も使っているかも。

穏やかな醤油味で、とても飲みやすいな。
落ち着けるし、親しみやすいラーメンスープになっています。

麺は中細程度の太さで、強く縮れています。
IMG_0796 すずや (6)
おかげで、スープの持ち上げはとても良いな。
やや固めの湯で加減も好感触。
ただ、茹で湯の中での攪拌が悪いのかナァ?
短くちぎれている麺も多い。

ここらへん、改善の余地が有りそうですね。
製麺所は洞爺湖製麺だそうです。

チャーシュウは肩ロースですかね?
IMG_0796 すずや (5)
大きな主張は無いけど、スープ、麺とは合っていると思います。

メンマは幅広のサックリタイプ。
やや甘めの味付け。
半割りユデタマゴは、黄身が流れ出す状態で、私はあまり好まない。
モヤシが少しと、他に多目の輪切りネギ。


コチラ、Ayaの〔カレーラーメン〕 850円。
IMG_0796 すずや (4)
スープが少なくて(無いのかも?)、茹で上げた麺にカレールーをかけてあるようです。
そして、福神漬けが添えてある。
カレーだから、当たり前と言えば当たり前ナンだけど、今まで無かったなぁ、コレは。

カレールーは、小さな挽肉が入っているみたいで、イギリス式?
辛さはそれほどでもない、調節できるのだろうか?

んで、この〔カレーラーメン〕には御飯が付いて来るんです。
残したカレールーに御飯を投入して喰うことが前提となっているワケです。
コレはAyaにとっては嬉いね。

総評
なかなかユニークなカレーラーメンでありました。
カレーライスも喰ってみたいけど、再訪できるかナァ?
69点。

IMG_0796 すずや (1)

中華丼

テレビを見ていたら、中華丼が出てきた。

こりゃぁ、もう
『中華丼が喰いたい!!』
と、叫んでしまった。

そしたら、その日の晩にAyaが作ってくれました。
IMG_0780 中華丼

カット野菜+豚肉+塩味の餡スープ。
ウズラの玉子三個入り。

大変おいしゅうございました。
御馳走様でした。

横浜家系 【黄金家】 横浜市中区

私のローテイションの店ですが、一月近くもあいだを空けてしまいました。

おなじみのホウレン草増しです。
IMG_0789 黄金家 (1)

ホントに軽く湯通ししただけのホウレン草ですから、パリパリの食感。
茎の部分にも、ホウレン草のクセが残っています。

スープはしっかりとした動物系ダシの醤油味。
この日は、ややショッパめでした。

麺は本流よりも細めですが、モッチリとした弾力はきちんと持っています。
量も家系としては標準的。

御馳走様でした。
また来ます。

IMG_0789 黄金家 (4)

ラーメン 【ばんだい】吉川店 埼玉県吉川市

埼玉県吉川市にいました。
昼食は、車で走っていて見つけた【ばんだい】にしました。

私は過去に旭区善部町店で〔こってり中華ラーメン〕と言うのを喰いましたが、基本のラーメンを喰ったことがない。
そこで、今回は基本を喰ってみます。

〔中華そば〕 600円。
IMG_0770 ばんだい (1)
ホントにこりゃぁ、スタンダードな「中華そば」のスタイルですね!
三色雷紋のドンブリに、ナルト入りと言うオールドタイプの代表的な顔つき。
私ゃ、こう言うのスキです。

そして味わいのほうも、鶏ガラ中心と思われるアッサリ醤油味。
油分も結構あるんですけど、クドくはないよ。
ラクに飲めるスープです。

麺は中細のやや縮れ。
IMG_0770 ばんだい (4)
少し固めの茹で加減ですね。
コレで、カンスイのニオイがあったら、もっとウレシイんですけどね。

チャーシュウはバラ肉二つ折りで、厚みも有ります。
IMG_0770 ばんだい (3)
醤油が香り、肉の質感も感じられます。

幅広のメンマは、サックリタイプでやや甘めの味わい。
海苔、ナルトは可不可なく。
他に多目の輪切りネギ。

久し振りに懐かしいタイプのラーメンを喰いました。
御馳走様でした。

なお、店舗写真撮り忘れにてゴメン。

自作 ほうとう

山梨県のほうとうを頂きました。

作ってみました。
IMG_0775 ほうとう

豚肉とカボチャをタップリ入れました。
スープは味噌味。
上手に出来たよ。
オイシかった。

御馳走様でした。

ラーメン 【魁力屋】都岡店 横浜市旭区

短いスパンだけど、また【魁力屋】に行っちゃいました。

何が喰いたかったのかと言うと
IMG_0763 魁力屋 (4)
アジフライ(笑)

ラーメンはいつも通り。
IMG_0763 魁力屋 (1)

IMG_0763 魁力屋 (3)

IMG_0763 魁力屋 (2)

次の機会は、ラーメン喰わずに「アジフライ定食」でも喰ってみるか。
御馳走様でした。

味噌らーめん 【山道家】 横浜市西区

南区睦町の【山道】が無くなって、代わりに二郎系の店に成っちゃったよ。
少し残念ではあるが、次の店に期待しましょう。

んで、【山道】のDNAを正統に受け継ぐ【山道家】に行きました。

コチラ、Ayaの喰った〔味噌ラーメン ネギ増し〕 え~と、いくらだったかなぁ、覚えていない。
IMG_0747 山道家 (2)


私の〔味噌ラーメン〕 700円。
IMG_0747 山道家 (1)

IMG_0747 山道家 (4)

IMG_0747 山道家 (3)

うん、やはりこれだ!
この店の味噌ラーメンがイチバン私に合っている。

御馳走様でした。
また来ます。

IMG_0747 山道家 (6)

初訪 茨城タンメン 【カミナリ】 茨城県牛久市

JR常磐線 ひたち野うしく駅から歩いて10数分、「茨城タンメン」を歌う店に行ってきました。
さて、少し前から見かけていたこの店、「茨城タンメン」とはどんなモノでしょうかねぇ?

卓上のメニュー(クリックで拡大)
IMG_0739 イバタン (2)
基本である〔茨城タンメン〕は 630円と比較的安価ですが、税抜き価格です。
もちろん、コレを喰いました。

発注後、8~9分後に届いた〔茨城タンメン〕がコチラ。
IMG_0739 イバタン (3)
どこら辺が「茨城」なのかな?
早速、喰ってみました。

スープは塩味です。
ダシは鶏ガラ中心のアッサリしたタイプですが、野菜を炒めてダシ汁を注ぐ方式でしょうね。
野菜の味も上乗せされて、スッキリしながらも奥行きと品の良さが感じられます。

チー油なんでしょうか?
油分もソコソコにあり、物足りなさに成らないのはイイね。

麺は細目の縮れ。
IMG_0739 イバタン (4)
横浜タンメンは、平打ちの太めですから、この点が大きく違いますね。
柔らかめの茹で加減で、野菜と一緒に喰うとモツレてしまうし、存在感はやや弱いな。

キャベツ中心の野菜が多め。
IMG_0739 イバタン (5)
ニンニクと味噌を合わせたモノかなかな?
少量のタレが、かかっておりました。

豚バラ肉が二枚。
IMG_0739 イバタン (6)
もう少しくれ。

総評
それほど大きな「イバラキアピール」
は見当たらなかったけど、無難に喰えるタンメンです。
次の機会があれば〔濃厚タンメン〕も試してみたい。
68点。

IMG_0739 イバタン (1)