FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

【珍来】六町店 東京都足立区

足立区六町で仕事してました。
んで、昼食は「TX 六町駅」近くの【珍来】

こんなPOPがありました。
IMG_0363 珍来 (2)
ならば、頂きましょう。

〔こってり醤油ラーメン〕 730円。
IMG_0363 珍来 (1)

スープの表面には多めの背脂が浮いています。
味わいは、鶏ガラ・豚骨ダシの醤油味。

コレは、たぶん基本の醤油ラーメンに背脂を加えただけのように思われます。
お手軽にバリエーションを増やすためのラーメンでしょうかね。

麺は太めの縮れ。
IMG_0363 珍来 (4)
モッチリした食感は良いな。

チャーシュウは脂身の多い肩ロースかな。
IMG_0363 珍来 (3)
存在感は希薄。

メンマは細裂きで、甘めの味付け。
海苔はスープに溶けやすいな。
他に輪切りネギ。

御馳走様でした。

IMG_0363 珍来 (5)

生そば 【あずま】川島町店 横浜市旭区

旭区川島町のコーヒー屋跡に、そば屋が出来た。
たしか、3月10日くらいのオープンだと思う。

この日は大雨で、遠出はシンドイから近くで済ませようと行ってみました。

私が喰いましたモノは〔海老天丼セット そば〕 900円 税抜き。
IMG_0355 あずま (4)

そばのアップ。
IMG_0355 あずま (6)
同価格で三玉まで増量出来ます。
んで、コレが三玉。

かなり色白だよ。
更科系に近いモノだろうか?

一本そのまま喰ってみると、あまり蕎麦粉が主張しない。
藪系の力強い味わいではないな。

そばつゆは、甘めだがスッキリした味わい。
そのままでも飲めそうだ。

天丼のアップ。
IMG_0355 あずま (7)
海老天は三本。
たいていの店は二本だよね。
コレはウレシイ。

コチラAyaの〔かつ丼セット うどん〕 830円 税抜き。
IMG_0355 あずま (3)
残念ながら、うどんの増量は出来ません。

うどんは、やや細めながら強いコシを持っています。
カツ丼は豚肉三切れのハーフサイズ。
玉子は固めに仕上げてあります。

後で調べてみたら、博多うどんの【ウエスト】の経営なんですね。
ただしうどんは、博多独特のコシ無しクニャクニャではなかった。
関東人向けにアレンジされているようです。

【ウエスト】の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1911.html

普段使いに便利な店だな。
また寄らせていただきます。
御馳走様でした。

なお、ものすごい雨のため店舗写真は何枚撮影してもイイのがなかった。
よって掲載見送り。

新店・初訪 五穀みそらーめん 【味噌之介】根岸駅前店 横浜市磯子区

2020年12月10日、JR根岸駅からほど近いトコロにオープン。
以前は家系の店があった店舗で、私は未食のまま閉店しました。

私んチからの徒歩圏には、ほぼ関心のある店が無くなったので自転車コロガシて、根岸まで行きましたよ。

初春の陽気の中、のんびり自転車ころがして40分ほどで到着。
店内は広く、メニューやPOPがキチンとしてる。
従業員もマニュアル語のような接客。
あるいは資本の経営なのでしょうか?

喰いましたモノは、基本と思われる三元豚の炙りチャーシュウを乗せた〔元祖味噌らーめん〕 680円 税別。
IMG_0390 味噌の助 (4)

「五穀味噌」って何だろうなぁ・・・・・?
ってコトで調べてみたら、通常の米・麦で作る味噌に対して、粟・きび・丸大豆などを加えた製法で作るそうです。
しかし、作り手によって微妙に内容や、配合比率は異なるようです。

さて、スープの味わいは、かなりショッパメの味噌味。
色合いも濃いめで、白味噌中心のようなクドい甘さはありません。
油分も多めで重量感になっているね。
かと言って、飲みづらいワケではないので、安心してください。

麺は中太の縮れ。
IMG_0390 味噌の助 (6)
北海道の味噌ラーメンほど強い縮れではないね。
特に指定しなければ、柔らかめの茹で加減です。
色白で、カンスイは少なめですかね?
製麺所はワカリマセンでしたが、自社工場を持っているかもしれません。

自慢の炙りチャーシュウは大き目。
IMG_0390 味噌の助 (7)
香ばしくて、厚みもソコソコにあります。
かじり付いて、噛みちぎる肉の感触が楽しめます。

メンマはサクサクで甘め。
モヤシは多過ぎなくて良いね。
多めの輪切りネギは重いスープと対称な軽快さを与えるな。

それから面白いのがキャベツが参加していること。
IMG_0390 味噌の助 (8)
味噌ラーメンでは、初めてかも。

調べてみたら、東京西都東大和市にある 「株式会社ミリオンスマイル」 が経営しているんですね。
この【味噌之介】は同社が経営する【味噌屋蔵之介】の別ブランドだそうです。
しかし、【味噌屋蔵之介】は今のトコロ埼玉県や東京西部にしかないから、あまり馴染みがなくピンと来ないな。
商品内容は極めて似通っているので、あるいは店名だけが違っているのかもしれません。

総評
重量感のある味噌ラーメンですが、抑え目の価格がウレシイね。
税抜き表示なのがネックですが、今後改正されるはず。
69点。

IMG_0390 味噌の助 (9)

新店・初訪 ラーメン 【とも】 横浜市神奈川区

2020年11月22日、一時閉店した【まるは坦々麺】跡にオープン。

【まるは坦々麺】は一度訪れたが、満席で喰わなかったなぁ。
けど、店名変更して鴨居の方でやっているそうですよ。

さて、私達が店に到着した時は満席でした。
しかし、すぐに5~6人のお客さんがバラバラと退店して、その後に着席できました。

〔しょうゆラーメン〕ふたつと〔チャーシュウごはん〕を発注。
先客さんが団体さんだったので、厨房は少々混乱ぎみ。
待ち時間10分ほどで出来上がりました。

IMG_0345 とも (2)
茶濁スープに麺と具は、ほぼ水没。
具材の配置は、海苔を頂点として一列タテ並び。

スープを一口すすると、動物系のダシ風味とさわやかな醤油の香りが喉の奥から。
鶏ガラと豚骨が元になっているのでしょうかね。
無化調だそうです。

醤油ダレは「横浜醤油」を使っているそうです。
この店から北に1キロほど行ったトコロに「横浜醤油」って在るケド、そこかなぁ?
若い頃、松見町で仕事をしていたことがあるんで、何度か前を通ったコトがあります。

自家製の麺は細目のほぼストレート。
IMG_0345 とも (3)
やや固めの茹で加減で好みだなぁ。
麺肌もツルツルで、喉越しがイイよ。
圧延を丁寧にかけているのでしょうね。

大振りのチャーシュウは、フチが醤油で染まっている。
IMG_0345 とも (4)
脂身は無く、肉の詰まった食感がイイ。
だが、部位がワカリマセン。
ロース系統なのでしょうか?

メンマは材木タイプで甘めの味付け。
海苔は大判だが、スープに溶けやすい。
他に輪切りネギ。

〔チャーシュウごはん〕 300円。
IMG_0345 とも (5)
醤油香る角切りチャーシュウに、御飯が多め。
立派に一人前のドンブリ飯になっています。

この店、二階もあるんですね。
けど、リフトは無くて従業員さんたちは忙し気に階段を上り下りしてました。

総評
スープの味わいは、昔どこかで出会っているような気がします。
ただ、それが思い出せない。
「ラーメン塾」だろうか???
ともあれ、安心できる味わいのラーメンです。
70点、700円。

IMG_0345 とも (7)

【丸源】成田店 千葉県成田市

千葉県成田市に居ました。

昼になって、近所を探すと【丸源】があった。
成田に居て【丸源】と言うのもシャクだが、まぁしかたがない。

喰いましたモノは〔からあげランチ〕 790円 税抜き。
IMG_0340 丸源成田 (1)
この時は腹が減っていて、唐揚げが特に喰いたかったんだよねぇ。

基本の〔肉そば〕のアップ。
IMG_0340 丸源成田 (2)

IMG_0340 丸源成田 (3)

IMG_0340 丸源成田 (4)

スープの味わいは、いつも通りの【丸源】味です。
大規模チェーン店の強みであるセントラルキッチン方式および、徹底したマニュアル管理ですからね。
ただ、この時は少々醤油ダレが強いカンジでしたが、ちょっとしたブレの範囲内でしょう。

御馳走様でした。

店舗写真撮り忘れました。

サクラとロープウェイ

朝のサイクリングで見かけました。

大岡川の桜が開花してました。
 桜 (2)

 桜 (1)

 桜 (3)
見て回った範囲では、まだ数本ですけどね。

告知は見ませんでしたが、今年も大岡川桜まつりは中止でしょうね。
サビシイことです。

北仲通北第二公園に行ってみたら、何度目かのロープウェイのテスト運転をしてました。
IMG_0331 ロープ (1)

正式名は、YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)
4月22日より運航開始予定。

IMG_0331 ロープ (2)

再訪 【吉み乃製麺所】大和店 神奈川県大和市

初訪門時、印象の良かったアゴダシのラーメンを喰いました。

〔飛出汁らーめん〕 800円。
IMG_0184 吉み野製麺所 (3)

アゴダシの効いたスープは茶濁して、いかにも濃厚さを漂わせたルックス。
ですが、飲んでみると意外なほどに優しい醤油味。
重量感はあるんですが、軽快さも併せ持つと言ったら良いですかね。


麺は中太のやや縮れ。
IMG_0184 吉み野製麺所 (4)
「ぱつん」とした歯切れのよさを持ち、喉越しも滑らか。
自家製麺です。

低温調理と思われるチャーシュウは肩ロースかな。
IMG_0184 吉み野製麺所 (5)
大き目で、京都ラーメンのように薄くスライスされています。
適度に脂身もあるが、ややスジっぽい部分もあった。

半割り味玉は、黄身がゼリー状に固化したもので、適度なしょっぱさがイイな。
初訪問時メンマは細裂きだったが、今は幅広のモノに変わっていました。
甘めの味付け。
多めの白髪ネギはウレシイな。

二郎系と思われる〔賄いらーめん〕なるものが登場しておりました。
次回はそれを喰ってみますよ。

御馳走様でした。

IMG_0184 吉み野製麺所 (9)