行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ギターコレクション (5) ’79 FENDER STRATOCASTER ANTIGUA

このところ、ヒトのギターの面倒ばかり見てやっていた。
自分のギターを放うりっぱなしにしてちゃぁイカンよな。

っうことで、夏休みを利用して
1979年製 USA FENDER STRATOCASTER ANTIGUA のD整備を行ってやるとしよう。

と、同時に私のギターコレクションの紹介でもあります。
順番から言うと
「ギターコレクション (4) ’79 FENDER STRATOCASTER OLYMPIC WHITE」
が先になるんだけど、D整備を行ったのを機会にソチラをふっ飛ばしての逆順となりました。
あはは、オリンピックホワイトはそのうちやるさ。 

因みに、D整備と言うのは航空機の整備で使われる言葉で、それにならって私が勝手に言っているだけです。
楽器に使う言葉ではないのです。

内容は国や航空会社によって少しずつ違うけど、何年かに一度行うパーツ単位にまでバラバラにして徹底的にクリーニングや、補修、劣化部品の交換などを行う最も大掛かりな整備のことです。

このアンティグアは5,6年前にこのD整備をやったけど、私は明確に何年毎と決めている訳ではないので状態が悪くなってきた頃の、気圧配置も安定した御日柄の良い日に決行するのです。

コイツです。
アンティグア (1)
この4年間ぐらいメインギターとして働いてくれたので、ラッカー塗装の経年変化や劣化、各所に痛みなどが発生しているハズ。

まずは、細部を見てくださいね。

アンティグア (11)
弦をはずしたヘッド。
いわゆるラージヘッドとか、デカヘッドと呼ばれるタイプです。
フェンダー社がCBSに買収されて経営組織や商品内容の大幅な変更を余儀なくされた時期にこのようなデザインになりました。
細身のオールド・クローシャン・ヘッドと呼ばれるモノの方が今でも人気は高いね。

特徴的なのが、指板前方に飛び出している銀色のパーツでブリッツと呼ばれるトラスロッド操作用のモノ。
CBS買収以前は(プリCBSと呼びます)ネックエンドでトラスロッドを操作していたけど、ネックを外すか、弦を緩めてピックガードを外さないと操作が出来なかったため、このようなカタチに改善されました。(後年、ブリッツタイプではない埋め込み式のものも出てきた)

ヘッドの表面はかなりキズだらけだし、塗装の劣化も見られるので軽くサンドペーパーで研磨してコンパウンドなどで仕上げてやりましょう。
それにしても、USAフェンダー製のギターはヘッド表面だけ違う塗料が塗られているらしく、焼けによる経年変化が激しいね。ほぼ茶色になってます。

アンティグア (12)
ヘッド裏。
コチラはメイプル地肌にクリア塗装をした普通の色合い。

糸巻きは、シャーラー社のMINI6に換えてある。
小さなボディだが、さすがのドイツ製。
高い加工精度で信頼できるスグレもの。

菱形のステッカーはビルローレンスのPUを買ったらオマケに付いていたモノ。
「警告!このギターはビルローレンスのピックアップで武装している」
なんて勇ましいことが書いてありますな。

アンティグア (14)
フェンダー社のロゴとシリアルナンバー。
ロゴは金フチの黒文字。
プリCBSのモノは、いわゆるスパゲティ・ロゴと呼ばれるウニョウニョした字体でした。

シリアルナンバーより、1979年製であることが推測できる。
しかし、パーツによりシリアルナンバーは異なっており、厳密な製造年月日を割り出すことは不可能。
また、そんなことをするのもナンセンス。
理由は後述。

アンティグア (16)
私自身が加工したスキャロップド・フィンガーボード。
かなり深い彫り込みで、リッチーさんよりはインギーさんのに近いかな?
アンティグア (17)

アンティグア (13)
ナットとブリッツ周辺。

ナットの弦ミゾが黒ずんでいるのは、グラファイト系の潤滑油を塗っているため。
もちろんアーミングによる音程狂いに対する措置です。

弦ミゾ磨滅による弦高低下のため、何度か底上げしてしている。
ナットの手が当たる側の角が落としてある点は心憎い工夫。
ブリッツは、ほぼ同時期製造のオリンピックホワイトのものとは微妙に形が異なる。

アンティグア (18)
三点どめのジョイントプレート。
コレはネックの仕込み角度を変えられるマイクロティルトと言う機構を内蔵しているため。
フェンダー社のHPを見ると、微妙な弦高調整は、この機構により行うように書いてある。
面白いアイデアだと思うが、ネック取り付け強度が低下するため不評だった。
激しいアクションなんかをやると「こきっ」って横ズレするんだよね。
そのため私はネックポケットの底にベタ付けした状態にしてます。

アンティグア (2)
トレモロユニットの裏ブタをあけたところ。
スプリングは三本の斜めがけ。
リバーブ共鳴を防ぐため、スプリングとフタのあいだにスポンジを挟んである。

アンティグア (3)
このスプリングがひどいんだ。
イナーシャブロックに引っ掛ける爪の長さがまちまちだし、爪の向きをそろえると反対側の丸い部分は向きが、これ又まちまち。
日本製だったら考えられない大雑把さだわね。

アンティグア (7)
電装品をピックガードごとハズしたところ。
経年変化による色焼けが激しいね。

キャビテイ内には丁寧に導電塗料が塗られている。
この電磁シールドを意図した導電塗装、オリンッピックホワイトの方には全く施されていない。
同時期の生産なのに仕様がまったく異なる。謎だ。

アンティグア (6)
ピックガード裏のコントロール部分。
セレクタースイッチは CRLの5ウェイ
ヴォリュームとトーンは CTSの250K Aカーブ。
フロントのトーンだけ、国産のモノに交換してます。
キャパシターはメーカーがわからんけど、0.05マイクロファラドのモノをフロントとセンターで共用させて一つで済ませている。
配線材はベルデン。
この線材、被覆が熱に弱いので手早く半田付けしてやることが肝要。
半田は普通の市販品。
ケスターなどの高品位モノではないです。
半田は必要十分にして最少の量で使うというのが私の基本方針なので、半田の質が音にそれほど影響するかが疑問なのです。

ノイズ低減目的のアルミ箔シールドは、ピックガード裏全面ではなくコントロール部分のみで、三角形っぽい形になっている。
このくらいで十分というフェンダー社の判断なんでしょうかね。
過度のノイズ対策は、アルミ箔や導電塗料に静電容量を発生させてしまい、ハイ落ちの原因ともなるようです。

オリンピックホワイトの方には、一時期キャビティ全面に料理用のアルミホイルを貼っていた時期もあるのですが、接触式のアース落としに不備があり、ピックガードに指を置いて弾く際にシャリシャリと言うノイズが発生してしまったことがある。
ノイズ低減なのに逆効果(笑)
やがて、剥がしてしまったが、それ以来センターとリアのハーフトーンが私好みのプリプリした音に変化したように感じた。

「ノイズも音のうち」
取り過ぎるとツマラナイ
というところでしょうか。

アンティグア (8)
PUアクションの状態。

フロントとセンターはもう少し下げたいが、もうネジから外れて落っこちそう。
私はクリーン・トーンはホントに歪の無い音で出したいのでPUアクションがかなり低いです。
中にはピックガードやエスカッションより低いセッティングになっているギターもある。

PUはフロントがオリジナルのフェンダー製、センターとリアはビルローレンスのL-250。
このL-250、実はダブルコイルだが、出てくる音は中域に粘りのあるシングルコイルの音です。

アンティグア (10)
ネックポケットのボディとネックの接点は最もつまりやすいカドの部分に余裕を持たせて削ってある。
ここら辺は老舗ならではの工夫だね。

フロントPUキャビティの底に見える丸い部分はボディ製造デイトを書いたシールが貼ってあるのだが、導電塗料をオーバーラップさせているので読めない。

アンティグア (9)
ピックガード裏に貼られたシール。
ヘッドとは異なるシリアルナンバー。
このように各部分を別工程で制作し、最終ラインで一本のギターに組み上げるのでネック、ボディ、電送パーツなどでそれぞれシリアルナンバーが違っているのです。

例えば、楽器じゃないけど私の好きなZIPPOも、ケースとインナーユニットの管理記号で製造年月がわかるけど、モノによってはケースとインナーの製造時期に一年近いギャップが生じているなんて言うコトも珍しくない。
となると、この品物が何年何月に造られたモノかなんて細かく追及するのは無意味なワケです。
コレは、大量生産される工業製品の宿命と言ってもいいかな。

ギターなんて、最終検品段階で不都合が見つかり、前の工程に差し戻され同一ロットのモノよりも何カ月も遅れて市場に出る、なんてことも考えられるしね。
このアンティグアとオリンピックホワイトの違いもそこらへんに理由があるのかもしれないな。

アンティグア (5)
ボディから外したブリッジユニット。
これらの金属パーツは金属磨きでクリーニングしてやる(よーこちゃんの会社のだね)

サドルはグラフテック製の極めて摩擦係数の少ないモノに交換。
これもアーミング対策。

アンティグア (4)
ボディに固定する6個のスタッド穴の周囲には長年の使用でバリが立っていた。
スムーズな動きを阻害する要素は全てエリミネートしておきたいから、ダイヤモンドやすりで丁寧に削り取る。
イナーシャ部分にあるマジック書きは、検品合格を表す丸印なんでしょうか?

アンティグア (15)
導電塗装がピックガード裏のアルミシールドと接触する部分。
オリンピックホワイトもこうやって木ネジでしっかりと締め上げられる部分を接点とすれば良かったんだね。

アース線もキチンと導電塗装に木ネジで接触し、その後アームユニットへと向かっている点はさすがだ。
導電塗装が青白く光っている部分は、PUの配線が集まるためキャビティの深さが足りなくなって後から彫り込んだ模様。
そんなコトはじめっから分かれよな~。
すんごいヤッツケ仕事だなぁ~(激笑)

アンティグア (22)
パーツを外し、つるぺろになったヘッド前面。
ブリッツだけはネックコンディション維持のためそのまま。
これから研磨に入ります。

アンティグア (20)
糸巻きもバラバラにしてクリーニングおよび注油。
ケースの側面など、結構汚れているんだよね。

アンティグア (21)
ストリングガイドとか、ストリングリティナーと呼ばれるパーツ。
弦の接触する面は弧を描くようになっており、接触面を極力減らすとともにスムーズな動きをするように工夫されている。
この接触面も研磨してやります。

アンティグア (19)
ボディ前面は、経年変化の激しいラッカーだから溶けかかったように柔らかくなってます。
粗目のコンパウンドから、極細目のコンパウンド、仕上げにギターワックスとかけて、トップコートの表面を一皮むいてやる。
ピックガードで隠れてしまう部分や、ボディ裏面などは手を抜いてます。
ラッカーの劣化がひどくて、ワックスをかけても白くなってしまう箇所も、丁寧にコンパ運動してからワックスをかけてやれば気にならない程度まで復活します。

ボディの輝きがよみがえりました。

私は、ギターの傷や塗装の剝れ等はむしろそのギターの生きてきた歴史、いわば貫禄だと思ってあまり気にしない方だが、劣化したラッカーのネバ付くような感触はイヤなので、今回この処理をしました。

アンティグア (23)
ヘッドにパーツを組み付け。
クリーニング後の金属パーツの輝きが違うね。

電送パーツも組み付け、弦を張りオクターブピッチを調整し、トラスロッドと弦高も若干調整してやり完成!
アンティグア (24)
どうです、とてもキレイにリフレッシュできたでしょう?!

なに?
ほとんどカワランとな。
そーです、写真はこの記事トップにあるものと同一物です(ウソだけど・・・・・ちゃんと完成後に撮ってます)
しかし、各部のクリーニングや研磨でアーミングによるチューニングの安定性や、劣化したラッカーの悪感触がかなり改善され、より弾きやすくなったように感じます。


使い手の心をくすぐるように良く考えられている部分と、おもわず笑っちゃうようなアバウトな仕事が混在するこのストラト、とても面白い
我が愛器です!

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]