FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

「神奈川のラーメンを盛り上げよう!会」小田原ツァー

さてさてさぁて、いよいよ「神奈川のラーメンを盛り上げよう!会」の小田原ツァーを決行。
一昨日よりの春嵐もおさまり、朝からドピーカンの晴天はまさにラーメン日和。

ところで、当ブログでは「神奈川のラーメンを盛り上げよう!会」を勝手に「神ラー会」と縮めさせていただきます。「神盛会」では、なんか宗教団体みたいだし(笑)
マーコさん、事後承諾でお願いします。


   ★今回のテーマ★

    「小田原 系ラーメンの謎を解け」
   
   ★今回の参加メンバー★
   
   ☆マーコさん
   ☆kurashさんご一家(×2.5)
   ☆まくりんさん
   ☆かめさん
   ☆SIN&Aya         以上7.5名。



   ★小田原系ラーメンとは★
 
   ■概説■
    湯河原駅近くにある70年以上の歴史がある店【味の大西 本店】が元祖と言われる。
    他説も有るよう。
     【大西】は多店舗展開を続け、直接の支店の他、支店より派生した孫店も多く、現在   
    の小田原系ラーメンの根幹を成している。(情報提供:マーコさん)
     

   ■特徴■
    濃い色合いをしたスープは、豚骨・鶏ガラ中心。コンブや野菜を使う店もある。
    麺は平打ち縮れ麺で柔らかめに茹でる(自家製麺の店が多い)
    具はチャーシュウ、メンマ、モヤシが主体。
    ワンタン、ワンタンメンがメニューに入っている店が多い。
    『ワンタンチャーシュウメンこそが小田原系の真髄』との見方もある。


うんちくはコレくらいにしてツァースタート。
予定よりもだいぶ早く伊勢原に集合して、いざ西進!
富士山も我々の前途を祝福してニコニコと笑っている(?)
コピー ~ 09.03.15 おだツァ

コピー ~ 09.03.15 おだツァ (1)さて、国府津インターを過ぎて前方に鴨宮・小田原の市街地が見えてくる。
「ん? なんか変だな」とマーコさん。
第一目標の【四川】は御殿場線に沿って北上したところにある。明らかに、行き過ぎである。
カーナビの到着地を見てみると、な、なんと他店へのナビゲーションになっていた。
私の操作ミスである。皆さんご迷惑をおかけしました(てへてへ・・・汗)

そんなこんなもあったが、なんとか開店の11:00より10分くらい前に到着。(運転のAyaが飛ばしまくりました。お疲れさん)
はい、コチラが【四川】 ロッジ風のなかなかオサレな建物です。
09.03.15 おだツァ (6)担々メンの専門店で、新たなこの地域の御当地ラーメンになるかもしれない可能性を持った店。
だんが、辛いものが苦手のAyaと、少食の私は本来の目的である小田原系ラーメンのために胃袋を温存しておかなければならないのでパス。 まくりんさんもパス。

そこで、パス組の三人は先行して第二目漂の【しら鳥】へ向かう。
この店は以前から小田原系を検索すると、よく出てきた店なので是非とも喰っておきたかったのだ。


【しら鳥】 初訪 神奈川県小田原市
開店と同時に入店し、もちろん基本のラーメンを注文。
私達の後からも次々とお客さんがやってくる。 やはり地元では絶大な人気。
調理場はご主人一人なので、しばらく待ってラーメンは来た。
なんてこったい! 手ブレしちまった。
09.03.15 おだツァ (7)小振りの牡丹型ドンブリには兄弟店である「いしとみ」の文字
濃い醤油色のスープ表面には油が浮き、コッテリそうなルックス。

さっそく味をみる。
『見た目よりサッパリしているが、ダシはシッカリし、醤油味はキリリと立っている』
ちょっとした焦げ臭さのあるスープだが、これは何に由来するものかわからない。

麺は喜多方麺の幅を狭くし、厚みも減らしたようなもの。
やや、柔らか目の茹で加減。
プルプルした食感が唇を揺らす。
09.03.15 おだツァ (8)

09.03.15 おだツァ (9)具のチャーシュウは肉のミッシリ詰まった感がウレシイ。
肩ロースかモモ肉と思われる。
もうひとつ、脂身の多いものも入っていた。
どちらもかなりの厚みがあり、二枚と言うよりは二個。
Ayaのドンブリに入っていたチャーシュウはまさにハジッコの部分で、ゴロッとした塊り。
よく味が染みていて彼女は大喜び。

モヤシはシャキッとしており、軽く湯通ししたものだろう。
量は多過ぎなくて好み。
メンマは少し甘味が強いなぁ。ちょっとワザトらしい味付けだ。
ほかに、海苔、輪切りネギ。

総評
以前に喰っている【圭山】や【わだ】より良い印象。
店構えはあまりパッとしないが、なかなかの実力店とみた。
次々と来店するお客さんのほとんどはワンタンメンやワンタンチャーシュウメンを頼んでいた。
次なる機会があればワンタンメンを喰ってみたい。
69点 650円。
09.03.15 おだツァ (10)



【四川】実食組と合流して第三目標の【味の大西 真鶴店】に向かう。
ここでも、ちょっとしたナビトラブル発生。早く使いこなせるようにならなければ!!
真鶴半島を二週して(一周目は見過ごし)地元の人の助けも借りて到着。
私とAyaとまくりんさんとかめさんはパス。
09.03.15 おだツァ (11)この店、奥側が斜面になっていて、相模湾が見渡せます。オーシャン・ビューです。

第四目標【麺の蔵】もパス。
でも後で、かめさんに麺の写真を見せてもらい、喰っておけば良かったと後悔。
選択により、きしめんに近い幅広麺を味わえるのだそう。
09.03.15 おだツァ (12)



【味の大西 本店】 初訪 神奈川県足柄下郡
第五目標である大西本店は喰いますよ!
なんたって小田原系の元祖と言われる店だから、腹はまだ一杯だが通り過ぎるコトはできない。
ココでは小田原系の真髄とも言われるワンタンメンを注文。
Ayaは前から狙っていた〔カツ丼〕を注文。 そう、この店はカツ丼の評価も高いのである。
マーコさん情報によると大西の前身は肉屋さんなのだそうだ。

09.03.15 おだツァ (13)
さて、やってきたワンタンメンは大き目の牡丹型ドンブリに入り、麺とモヤシがドンブリの上辺より盛り上がっている。 もちろん大盛りで頼んだわけではない。
Kurashさんは基本のラーメンにしていたが、ドンブリはこれより小さく、スープの色合いもやや薄い。
『ややっ、やややっ。ここでひとつヒラメイタ!』
私達がよく目にするワンタンメンの多くは基本のラーメンにワンタンを加えたスタイルである。
トッピング追加によるラーメンの変形バージョンと言っていいだろう。
だがここ大西では違う!
先述のように麺の量も、具材の量および配置も全く異なり・・・つまり、なんだ、そのぉ~
『ラーメンとワンタンメンはまったく別の料理なのだ』 (が~~~ン)←ショックを受ける音。ここで皆さんはデスクに頭をぶつけてください。携帯で見てる人は何でもいいから近くの痛そうなもの。デスクについて携帯で見てる人は・・・・・もうどうでもいいや。
ここらへんが、「小田原系ラーメンの謎を解け!」と絡んできて、謎解きのkeyのひとつになるのではないかと言う気がする。とてもする。しきりにする。

味のほうはそれほど驚くようなものではない。
豚骨中心ではあるが割と薄めの味付けで、醤油味もおとなしく、どこか輪郭がボヤケた感じ。

麺は、やはり平打ち縮れ。大量。
柔らかめの茹で加減で、ややカップヌードルチック。
09.03.15 おだツァ (14)

09.03.15 おだツァ (15)チャーシュウは脂身の少ない小振りのもの。やはりモモ肉かな。
そして注目のワンタンだが、これ餃子の中身と同じもの?
ニンニクが効いているし、ニラらしき緑色のものも見える。
6個入りでした。
09.03.15 おだツァ (16)

このワンタンメン、私一人では喰いきれないのでAyaをはじめ希望する方におすそわけ。
Ayaのカツ丼も皆で味見しました。
小皿に取り、おすそ分けしてもドンブリに残った量は普通の店のカツ丼一人前と同じくらい。
おそるべし、大西のカツ丼。
09.03.15 おだツァ (17)

総評
スープの味わいについては先ほどの【しら鳥】のほうが私の好みにあっている。
66点 900円。 カツ丼 950円。
09.03.15 おだツァ (18)


この後、用事が有るかめさんとはここでおわかれ。
残ったメンバーは、しばらく腹休めに芦ノ湖観光。
海賊船にのるか? 乗らない。そこまでの時間的余裕は無い。
んじゃ、足漕ぎボートに乗るべ。とマーコさんとAya。
だが、30分×××円は高い。15分で〇〇〇円にしてよ。 とマーコさんはボート屋に交渉。
結局ダメでやめたけど、なかなかやるな、この若者。(笑)



【蔵一】 初訪 神奈川県箱根町
芦ノ湖を後にして向かうは仙石原にある第六目標の【蔵一】
喜多方ラーメンの店だが、小田原風ラーメンも出す。
しかし、私とAyaはかなりギブアップ状態なので、二人でチャーハン一人前を注文。
なぜチャーハンかと言うと二人ともチャーハン好きだし、さすがにラーメンばかりが通過した口の中をリフレッシュしたいがため。
それに、ここの御飯物にはすべてミニラーメンが付くので本企画の主旨からはハズレないでしょ。

ところが、このチャーハンが残念。
ゴワゴワ モサモサしたタイプで、良くない。
旨いチャーハンを探すのは旨いラーメンを見付けるよりはるかに難しい と言う最近の私の思いを再確認することになった。
ミニラーメンは、まぁ、やめておきましょう。
09.03.15 おだツァ (21)

Kurashさん、まくりんさんは醤油ラーメン、塩ラーメンを頼んでいたが、オーダーミスで醤油と味噌が到着。
店のオバちゃんは盛んに謝り、「良かったら食べちゃってよ」と味噌ラーメンを残していった。
んで、私もこの突発的サービス品の味噌ラーメンのスープだけを頂いてみたが、どうも【どさんこ】などにみられる古いタイプの味噌ラーメンのようだな。 あまり感心できない。
あとの、醤油、塩も味見してみるが、どれもみな薄味だな。

マーコさんが喰っていた〔ソースカツ丼〕はトンカツの脂身が多いものの、サックリした揚がり具合と、甘めのソースが御飯にマッチして、なかなかおいしゅうございました。

総評
ちゃんとしたラーメンを喰ってないので評価不能。

09.03.15 おだツァ (19)

と、この店を出る頃には完全日没。
宮ノ下交差点と箱根湯本までの大渋滞で大きくスケジュールが遅滞している。
第七目標の【ブッダガヤ】は九州ラーメンなので優先順位が低く省略。
第八目標の【いしとみ】は臨休。こういうこともありますよ。
補欠目標であった店に向かう。
09.03.15 おだツァ (26)



【神龍】 初訪 神奈川県茅ヶ崎市
またもや湘南大橋手前の渋滞に巻き込まれ店に着いたのは21:00近く。
博多ラーメンだから量も少ないだろうと判断し、私も喰うことにした。

店内に入ったとたんに豚骨臭。こりゃ期待できそう。
基本のラーメンをデフォで注文。

博多ラーメンらしい短時間の調理時間で到着。
すっごい濃度です。このスープ。
色合いもよくある博多系より茶色が強い。

スープの味わいは醤油ダレは弱めでダシで食わせるタイプ。
豚骨の溶かし汁といった感じだ。
表面には油が張っている。危険なので、スープは少しだけ飲むこととする。
09.03.15 おだツァ (28)

09.03.15 おだツァ (29)麺は正統博多流の極細ストレート。
博多ラーメンとしては柔らかい茹で上がりだ。

09.03.15 おだツァ (30)具のチャーシュウはバラ肉ノンロールタイプだが、小さく存在感はない。
他に、いずれも少量の、モヤシ、キクラゲ、青ネギ。
まぁ、博多ラーメンはそんなに具に力を注がなくても良いのだ。(と、私は思う)

総評
トロミの強いスープはインパクト十分。
だが、後で皆さんに伺うと「ショッパかった」との意見がある。
どうやら元ダレの量にバラつきがあるようだな。
67点 600円。
この店を最後に今日のツァーは解散しました。
09.03.15 おだツァ (31)




総括
「神ラー会」で訪れた7軒のウチ、私が実食したのは四軒。

ラーメンが3杯。(ミニラーメンは0.5もないし、ワンタンメンは0.3杯分くらい引き取ってもらったから)
チャーハン半分。
カツ丼二種少し。
スープ一口×3

私としては頑張った。いつも頑張らない主義の私が頑張った。

小田原系ラーメン二つのうち高評価なのは元祖ではなく、孫に当たる【しら鳥】だった。
だが、なんとしても再訪し喰ってみたいかと言うと、それほどでもない。
ついでがあれば寄ってみたい と言う程度だ。
地元横浜にはもっと良いラーメンが数多くあるから、電車や車を使ってまでラーメン求めて出かけるというコトはないだろう。

小田原系ラーメンは一点集中ではなく広い地域に分散している。
近隣での激戦という状態は今回見られなかった。
横浜や東京には激戦区となっている場所が数多く存在する。
そういう所では競合による淘汰のスピードが異様に速い。
地方都市と言うこともあり、そういった激しい戦いにも遭遇せず、「現在はやりの味」からの影響も受けにくいため、古くに成立したスタイルが保存されているのではないだろうか。

といっても、私は小田原系ラーメンを全否定するつもりは無い。
なんせ、単なるラーメン好きですから、そんなコトできません。
ちょっと見えかけた「ラーメンとワンタンメンは別物」と思えるフシも、「小田原でラーメンといえばワンタンメンのこと」という考え方も立派な食文化である。

かつて、戦国時代にこの地より起こり関東を制覇した後北条氏のように小田原系ラーメンが関東の覇者となることはないだろうが、独特のスタイルと味わいをいつまでも存続させていってほしいものである。

補足
今回パスしたが、いつか喰ってみたい店。
新たな予感をカンジさせる【四川】
特徴的は幅広麺の【麺の蔵】
これらは、個人的に機会があれば行ってみたい。

最後に「神ラー会」の今回参加のみなさん、お疲れ様でした!

comment

#No title
お疲れ様でした。
別の機会にブッダガヤ制覇しましょう。
ayaさんにもよろしくお伝えください。
#No title
運転お疲れさまでした。
またよろしくお願いします。

  • by:かめ
  •  | 2009/03/16/08:24:16
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
>kurashさん かめさん
お疲れ様でした。
運転のAyaにも伝えておきます。
きっと、このブログを見るでしょうけど。

>ブッダガヤ
いつか機会を作って行ってみたいです。

  • by:SIN
  •  | 2009/03/16/19:35:23
  •  | URL
  •  | Edit
#お疲れ様でした
 大変楽しく拝見いたしました。まさにラーメン三昧の最高の一日だったのではないでしょうか。とともにお疲れ様でした。

 小田原は職場があるところ(実は昨日は仕事が急に入ってしまいまして、駐車場整理をしていました。)でして、「いしとみ」「ぶっだがや」は行った事があります。SINNさんの仰るように、その土地に根ざしていて、地元の方が多く訪れるという食文化が確かにあると思います。

 また飲み会があったら誘ってください。また次の企画には都合をつけてぜひ参加させていただきたいと思います。

 それと幹事をされ、今回もお誘いをいただいたkurush様、お疲れ様でした。
  • by:いへいたです
  •  | 2009/03/16/20:05:08
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
>いへいたさん
休なお仕事でしたか。
次回、ご一緒できるといいですね。

ラーメン三昧は楽しくて、苦しくもありました。
下向くと出そうでした。

飲みに関しては、実は花見の企画が持ち上がっています。
  • by:SIN
  •  | 2009/03/16/20:33:23
  •  | URL
  •  | Edit
#行けたら良かったのですが・・・
こんばんは
小田原ツアーお疲れさまでした

私は仕事帰りに喜今日屋に行って来ました
シフト制なのでなかなか参加できないですが
都合がつけばぜひ参加したいと思っております
  • by:しげきんぐ
  •  | 2009/03/17/21:16:15
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
>しげきんぐさん
いずれ、お会いできると思ってますよ。

>喜今日屋
愛甲石田までは通常の仕事範囲で行ってるので、そのうち喰えると考えています。
  • by:SIN
  •  | 2009/03/17/23:26:37
  •  | URL
  •  | Edit

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]