行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ZIPPO コレクション(10) 「よみがえれ! カナダ」

今回はZIPPOの修理である。

ふつうZIPPOの修理と言えば愛知県一宮市にあるジッポーサーヴィスに郵送して修理してもらうのだが、ジッポーサーヴィスにはひとつのルールがあって、製造後25年を経過したものはインサイドユニットに関しては修理を行わず新品に交換される。
古いものは一箇所を修理しても他の部分も痛んでいることが多いので、その後また不具合が発生するくらいなら、中身丸ごと取り替えちゃえ という方針によるものである。

だんがぁ~、ここでひとつ困ったことがある。
昨今のヴィンテージ・ブームでバース・イヤーやら、外ヒンジやら(私は買えません)ブラック・クラックルやら(買えません)を持っている人の多くは、買った時のインサイドユニットで使いたいというのが普通であろう。
現行生産品ならいざ知らず、せっかく高い金出して買ったのに修理に出したら中身が現在のものになって帰ってきたのでは悲しい。もちろん元のインサイドも一緒に返送されることが多いようだが・・・
もともとZIPPOはファクトリー・オリジナルでもインサイドとケ-スの製造年が違うものが普通に存在するし、大きい場合は数年以上違っていることもある。
「気にしなさんな」と言われても、ヤッパ入手した時のヤツがイイっ!!
と言うことで自分で修理する!



カナダ (7)
フリント口の周辺、チムニー内側、カム・ステイまわりに錆びが出ている。      

カナダ (8)
刻印は
      ZIPPO MFG.CO.CANADA.LTD
            ZIPPO
       NIAGARA FALLS.ONTARIO

私の1970~1975年くらいに作られたカナダ工場製 #250はカムスプリングの先端が折れてしまい、リッドがキチンと閉まらない。
インサイドを抜き取りカムを立ててやっても、チムニーに付かない位置で止まってしまうのだ。
カムスプリングの交換手術をおこなうことにする。
(製造年に幅があるのは、この頃のカナダ製に製造年刻印は無く、各部の特徴から判断するしかないためです)

カナダ (0)

カナダ (1)

カムスプリングの交換には、まずカムを外さなければならない。
そのためにはカムリベットのカシメをほどく必要がある。カムスプリングを留めているアイレット(ハトメ)も同様だ。
できるだけオリジナルのパーツを使いたいので損なうことがあってはならない。

道具から作る。
マイナス・ドライバーの先端を斜めにそぎ落とし、刃物で言うところの“片刃”の状態にする。
小さな平ノミを作るわけだが、あまり鋭利だとカシメ部を削り取ってしまうのでドライバーは安物でいい。
20数年前にもこの道具でホイールピンのカシメをほどくことに成功しているのできっと上手く行くはずだ。

カナダ (2)
今回、カムスプリングを提供してもらうのは1992 NOUVEAU を買った時にオマケでもらったZIPPO風オイルライター、いわゆるニセジッポーだ。
コイツの貼り物の跡をはがし、カムクリップを直してやったら私の手持ちのアーマーよりいい音がするし、ホイールは親指が痛いほどにヤスリ目が立っていて豪快に火花が散る。
オイルを入れたらなかなかに使えるヤツになりそうだが、カンベンしろよ。
しかし、後日バラす物を修理するなんて・・・壊れたものを見ると放っておけないエンジニアのサガか。
使用痕跡が無い新品状態なので固着部分は無く、楽にカムリベットを抜き、アイレットも無事外すことが出来た。もちろんカムスプリングも損なうことなく獲得。

ZIPPOのほうは楽ではない。
カムリベットはすぐに抜き取れたが、この時カムステイにキズがつくのはしょうがない。
年代物ゆえ、アイレットまわりに錆も発生しており、燃料タンク側からの作業でもあり難行する。
途中、ドライバーの刃先が鈍ってくるから、金工ヤスリと砥石で刃を立てながら、カシメ部分を慎重に上にめくりあげてゆく。
だが、ついにスカートの一部が折れ脱落した。腐食が進んでいたようだ。
もう再利用は不可能である。あとはチムニー側から力技でむしり取る。
カムスプリングも腐食がひどく、穴の片側がボロボロ崩れた。
これじゃ使用中に折れても無理はないな。
ヴィンテージZIPPOにはこういうコトがあるから怖い。
カナダ (3)

カムスプリングを取り去った後、チムニー内側とプレート上面をクリーニングしてやるが、錆の完全除去は出来なかった。気休めに556を塗ってやる。着火すればすぐ燃えちゃうんだが。
カナダ (4)

次はニセ君から奪い取ったカムスプリングとアイレットを装着する作業だ。
カムスプリングの全長や穴の直径はほぼZIPPOと同じで安堵する。
アンビルバイスに固定した木の丸棒でチムニー側から強く押しつつアイレットのスカート部をカシメ直してやる。
ノミ・ドライバーとモデルガン分解用の金属ピンでカシメるのだが、またもやスカート部が一部折れた。
アイレット全周のうち、270度分くらいで荷重を支えることになるのだが大丈夫だろうか?

カムの装着はカムスプリングの力に抗しての作業なので、結構てこずる。
途中、カムが二回飛んだ。ピンセットでつまんだカムリベットも二回落とした。
やっとのことでカムリベットを通し終えれば、後のカシメは楽だ。
カナダ (5)
『は~~~っ、手術終了』

やはり270度分のカシメでは不十分らしくカムスプリングがプレートにシッカリ固定されていなくて、少しグラグラする。
しかし、カムは立ててやるとピッタリとチムニーに付き、これはイケそうだ。
ケースに入れてやり、恐る恐る開閉テストをする。

『うん! 大丈夫だ!!』

弱っていた元のカムスプリングの時に比べて、開閉音も大きくなり、開閉の位置もピタリと決まる。
元々ヒンジの緩みは無く、着火性、耐風性も問題ないので、実に快適。

手のかかる子ほどカワイイ。
大病を乗り越えて復活したこの子は、私にとって忘れられない愛娘(カナちゃんと命名)となった。

カナダ (6)

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]