FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ギターコレクション (4) ’79 FENDER STRATOCASTER OLYMPICWHITE

さあ、連休を利用してギターの改造とC整備を行ってやるよ。

関連記事 ANTIGUA ストラト D 整備の記事はコチラ。
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1427.html

IMG_4769 - コピー
'79 FENDER STRATOCASTER OLYMPIC WHITE

このストラト、ボディカラーがクリームホワイトに見えるけど、購入時は純白でした。
30年以上使った経年変化なんですねぇ。
オイラが19歳の時にフェンダー社の輸入総代理店である銀座の山野楽器で購入。
当時のフェンダー社の希望小売り価格は25万円だったけど、たしか23万8千円くらいで購入。
その頃のオイラは昼は学生、夜はハコバンだったから遊んでるヒマはなく、金が溜まる一方のネカチモだったのです。
しかし、なにぶん昔の事なので、価格については確かかどうか分かりません。

改造と言うのは、フロントポジション用に探していた Bill Lawrence のピックアップ L-250が手に入ったので交換してやるのです。
あっ、ちなみに ANTIGUA のストラトも少し前にフロント・ピックアップを L-250に交換済みです。

それから、C整備はパーツ単位までの分解はしなくて、各部のクリーニングおよび緩んだネジの締め直しと、ピックアップ・アクションや弦高、トレモロユニットの調整などを行ってやります。
ネックコンディションや、オクターブピッチは弦交換(A整備)のたびに見てやっているけど、その程度のメンテナンスは当然B整備およびC整備にも含まれるので、このC整備は年に一回くらいは行ってやります。

まずは細部を見ていきます。

IMG_4798.jpg

IMG_4808.jpg

CBS買収後のいわゆるデカヘッド。
だいぶ変色して飴色というか茶色。
弦を外してから、ストリングガイドや、糸巻のネジを締め直してやります。
弦を張ったままだと小さなガタつき等が感知できない為です。

IMG_4790.jpg
糸巻はシャーラーのミニ6。
ミニ6には裏側のネジ止めが二点と一点のものがあるようで、コレは二点止め。
生産時期による違いなのでしょうか。
元々付いていたフェンダー・キィのネジ穴は塞いで塗装するべきなのですが、クリア・ラッカーで薄利防止をしただけ。

IMG_4809.jpg
シリアルナンバーは S908106。
1979年製と思われますが、前回の ANTIGUA よりは先の製造みたいで、ロゴマーク・デカールの貼り付け位置や、ブリッツの形状が微妙に異なります。

左が今回の OLYMPIC WHITE で右が ANTIGUA です。
IMG_4854.jpg

IMG_4811.jpg
ブリッツおよびナット周辺のアップ。
弦ミゾが黒ずんでいるのは、炭素系潤滑オイルを塗っているため。
フレットは一度打ちかえているので純正品ではありませんが、かなりオリジナルに近いモノ。
指板面には、自作のスキャロップド加工がしてあります。

IMG_4775.jpg
各ポジションのブリッジ側ほど深く、また6弦側よりも1弦側の方が深くなるように削ってあります。
指板のフチは塗装の剥がれが激しいな。
今回は塗料を用意していないので次回のD整備の時にでも補修してやりましょう。

IMG_4812.jpg
12ポジション付近。
せっかちな性格の為、木工やすりのアシが残っています。
もっと丁寧に前の番手のアシを消すようにやらなければイケマセン、本当は。

IMG_4820.jpg
ネックジョイント付近。
手が当たるところは、ほとんどトップコートが磨滅して着色部が露出しています。
まぁ、有名な話なんですが70年代の半ば頃からのフェンダー製はこのトップコートの変色が激しいんですよ。
下の着色部は結構キレイな白色です。
んで、この白色の上に黄変したトップコートが乗っているからクリーム色に見えちゃうんです。
プリCBS時代は全くトップコートをかけない仕上げもあったようで、そのためコンディションの良いモノの中には鮮やかな純白が残っていたりする個体もあり、他のカラーも同様でしょう。

IMG_4819.jpg
サーキットはスタンダードなワン・ヴォリューム ツー・トーンに5ポジションセレクター。
ピックアップ・レイアウトはリアとセンターが Bill Lawrence L-250。
製造年代の違いによるものか、リアの方がややグレーがかった色合い。
フロントがセイモア・ダンカンの SSL-1 VINTAGE STAGGERED STRATO。
この SSL-1、ポールピースがスタガード、いわゆるデコボコポールピースと呼ばれるタイプ。
軽く歪ますと、とても良いカンジの音なんですが、やはりノイズが気になるので 今回 L-250に交換してやるんです。

IMG_4779.jpg
ブリッジサドルは ANTIGUA と同じくグラフテック社のストリング・セイバーを使用。
オリジナルの金属製と比べると、柔らかい材質の為、若干音のレスポンスが鈍くなるようですが、まぁ許容範囲内。
テレキャスのような「ぱきーん」とハジける音が好きな方は金属製の方が良いでしょう。
私はアーミング時の安定性と、弦切れ対策を優先しての選択で、こうなりました。

IMG_4781.jpg
コンターの様子。
肘が当たる個所や、カドはやはりトップコートが剥がれて白色が出てます。
プリCBSの70年代前半のモノはこのコンター加工が深いんです。
もっと削ったほうが総重量が軽くなると思うんですがねぇ。
私の持っている三本のフェンダー製ストラトは、どれも重いんです。
もっとも、ストラップで吊り下げた時にヘッド落ちしちゃうと困るんですが・・・・・

IMG_4782.jpg
ボディ裏。
バックパネルには
「警告! このギターはビル・ローレンスのピックアップで武装している」
と言う、例の勇ましいステッカーが貼ってありますが、かなり擦り切れ気味。

IMG_4787.jpg
ジョイントプレートは三点止め。
マイクロ・ティルトと言うネックの仕込み角調整機能は、ネック取り付け強度の低下を招きました。
コレを嫌って従来の四点止めに改造する人もいるほど。
私も演奏中に、当時のハードロック・バンドがよくやる激しい「ネック振り」をしていて、
「こきっ」
となって、一気にチュウニングが大狂いとなり、激パニに陥ったことがあります。
以来、マイクロ・ティルト機能は使わず、ネックポケットの底にベタ付けの状態にしてあります。

さあ、それではピックガードを外しましょう。
IMG_4821.jpg
ANTIGUA 同様の激しい変色がみられます。
しかし、ANTIGUA とは違ってキャビティ内の導電塗装はまったく施されておりません。
ピックガード裏の電装パーツ付近のアルミ箔によるシールドも最小限で、ピックガード裏全面に施されたタイプではありません。
フェンダー社は、これで十分と判断しているのでしょう。

でもね、私はコレじゃ不十分と感じて、ピックガード裏全面と、キャビティ内側全面に料理用のアルミホイルを両面テープで張っていた時期があるんです。
でも、ピックガード裏のシールド材とのアース落としを接触通電にしていたので、演奏中にピックガードに指を置くと「しゃりしゃり」と言うノイズが出てしまい、ほどなくして剥がしてしまいました。

IMG_4824.jpg
キャビティの様子。
アルミ箔を貼っていた名残りの両面テープ跡が見えます。
フロント・ピックアップ・キャビティの底に書かれた赤いマジック書きは何でしょうね。
小文字の h にも見えるし、ヘッド側から見れば数字の 4 とも読めないことはない。
ボディ・デイトの丸いシールは、上から塗装がかけられて読めません。
リア・ピックアップ・キャビティの底は私が掘り込みました。
L-250 は通常のシングルコイルタイプよりも背が高いため、配線がつかえてしまうからです。

IMG_4825.jpg
ボディに貼られたシリアルナンバーのシール。
元々はピックガードの裏に貼られていたハズですが、今はココについてます(笑)
なんと、ヘッドのシリアルナンバーと一致してます。
一致する方が珍しいケースだと私は思うんですけど、そのへん、どうなんでしょう?
もう一本のハードテイル(アームレス)のストラトも調べてみないと・・・・・

IMG_4827.jpg
センターに付いている80年代中頃に作られた L-250。
現在のモノとは違い、ガラス・エポキシで固められているため、中の構造がよく分かります。
現行品は黒いエポキシ樹脂です。
ブレードタイプのポールピースを挟んで、縦に(ボディに対して90度に)二つのコイルが組み込まれているため、背が高く(厚く)なっちゃうんです。

IMG_4829.jpg
電装パーツはほぼオリジナル。
CRLの5ウェイ・セレクタースイッチに、ヴォリュームとトーンは CTSの250K Aカーブ。
コンデンサーはフロント&センター共用のセラミック・コンデンサーで、0.05マイクロファラド。
配線材はほぼベルデン。
一部にグリーンのビニール被覆線が使われていますが、コレも今回ベルデンに取り替えてやります。

IMG_4838.jpg
これがベルデンの線材。
入手した L-250 はフロント・ポジションに使うには短いリード線だったので、この線材で延長してやります。

IMG_4833.jpg
長さの足りないリード線に、重ね合わせ接合でハンダ付け。
接合部には熱収縮チューブをかぶせて保護。

IMG_4835.jpg
更に接合部全体を、右側に少し見えている黒い一回り大きめの熱収縮チューブで覆ってやって、延長工事は終了。

IMG_4830.jpg
取り外したセイモア・ダンカンの SSL-1 VINTAGE STAGGERED STRATO。

各ポールピースのカドが面取りしてあるなど丁寧な作り。
リード線はシールド線ではなく、二本の単線。
ここらへんはフェンダーに合わせてのことでしょうか。

二十年以上にわたって働いてくれて、ありがとう。
長年、お疲れさんでした。

IMG_4836.jpg
L-250の方は延長したリード線をセレクターとアース部にハンダ付けしてやって配線終了。
後はグリーンのビニール被覆線を交換してやる。

次に、ピックガードをボディにビス三本で仮り組付けしてやってから、新しい弦を張り出音をチェック。
逆位相になってたりすると、ハーフ・ポジションにした時に鼻をつまんだようなフェイズアウト・サウンドになっちゃうからね。
ヴォリュームやトーンの効き、セレクターの働きもチェックしてやって、配線に誤りが無いコトを確認したら全部のビスで本組み付け。

IMG_4841.jpg
三つのピックアップが全て、L-250になりました。(製造年代により音にも微妙な違いがあるんだけどね)

C整備にも含まれる、オクターブ・ピッチ、弦高、トレモロユニットのクリーニングおよび調整などを終えて、ギター全体をワックス磨きしてやって今回の整備は終了。

IMG_4843.jpg
ほぼ同一の仕様となった二本のストラト。
今後も私のメインギターとして頑張ってもらいます。
でも、頑張らせるには適切な手入れが必要。
自己流の私のリペアが適切かどうかはワカラナイ。
プロからみれば笑っちゃうようなコト、憤慨するような部分もあるかもしれません。
が、今のところ各ギターに不都合は顕れてないから、良しとしましょうか。

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]