行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

【寿々㐂家】曙町店 横浜市中区

【寿々㐂家】といえば、保土ヶ谷区上星川の行列店です。

1990年に創業。
本牧家から派生した同店は、たちまち人気店となり、土・日などは行列がなかなか切れない状態となりました。
当然、私も何度か行っては、行列を見てあきらめています。

しかしある時、別の用件で近くを通りかかると、店前に行列が無い!
その頃は、家系本牧派の巨魁として押しも押されもせぬ存在でありましたから、ココはチャンスとばかりに飛び込みました。
【寿々㐂家】創業から、10年が経った2000年7月11日のことでした。

しかし、その時の印象としては、
『フッツーの家系じゃん、なんでこんなに大行列になるのか? オイラにゃ納得できねぇ!』
と、言うものでした。

それから更に10数年、国道16号を通るたびに目にする人の並びに、
『ココは、私の行く店ではない』
との思いが積み重なり、意識の底の方に沈潜していったのです。

ところが、そんな眠った意識を呼び覚ますコトが起こりました。
【寿々㐂家】が私んチの近所、中区曙町に支店を出すというのです。

告知よりも幾分早まり、2016年2月24日曙町店はオープンしました。
しばらくは本店同様の行列状態が続いて、特に土・日は近所の【二郎】と争うほどの人気ぶりでした。

6月中旬のある日、仕事を終えて伊勢佐木町のラーメン屋に向かってチャリンコを走らせていたら、曙町店に空席をいくつか発見。コレはチャンスとばかりに、急遽方針変更して入店実食しました。
本店・支店ともに本来のターゲット外であり、スキを見ての偶然入店となりました(笑)
しかし、ラーメン喰うのに必死に成りたくない私としては、これでイイのだと納得しております。

基本の〔ラーメン〕 700円 味付け、麺の固さ、油の量等は全て普通でお願いしました。
IMG_7291.jpg

IMG_7293.jpg

IMG_7292.jpg

大人気店のラーメンですから、多くを語るのはやめておきます。

ネット上では、本店に比べて力不足であるとか、麺あげのザルが違うので茹で具合が気にイラナイなどの意見がありますが、私が喰ったのは16年前のたった一回だけ、しかも本店。
記憶も薄れているし、当時のアナログ日記にも、上記の空色強調文以上のことは書いてありません。
世の中の食材も、人々の意識も嗜好も変わっているハズの現在ですから、同じ土俵での評価はナンセンスでしょう。

ただ本店実食時には感じられなかった「退きぎわの良さ」と言うようなものを感じたのです。

私が現在好きな家系のラーメンは、新杉田の【杉田家】
まぁ、味は作り手や時間帯により多少のブレ幅があるのはしょうがないですが、キリリと立った醤油ダレとチー油の豊かな香りが気にいっています。
それに、10数年以上通い続けた【吉村家】が新杉田を去る時に残していった「忘れ形見」という心理的作用もあるとは思いますが。

そんな【杉田家】のラーメンですが、一杯のラーメンが喰い終わりに近づいていく時の心の葛藤と言うのがあります。
ある種の「危険なニオイ」を感じ取ってしまうとでも、言いますかね。

『今日はずいぶんショッパイからなぁ、スープ全飲みはやめておくか』
とか、
『アブラがちょっとクドいねぇ、昨日揚げ物喰っちゃったから、スープは半分だけにしておきましょう、でもウマいスープだなぁ、ホントは全部飲みたい、イヤイヤ、やっぱやめておいたほうがイイ』

家系じゃないケド、【二郎】のラーメンを喰っている時でも
『このブタの脂身は、喰いたいけれど喰わない方がイイんじゃないかなぁ』
等と、フト考えちゃうんですね。

私は、30歳代の頃まではスープまで一滴残さず完食完飲がラーメン喰いのスタイルでした。
『全部、胃に納めてこそ、そのラーメンの評価が出来る』
と、考えていたのです。

ところが、歳を重ねると段々にそんなコトは言ってられなくなりました。
若い頃は、まったく気に成らなかった血圧とか、メタボとかその他モロモロが私の前にキビシイ言葉を突き付けてくるのですわ。
別に、長生きしたいワケじゃないですけどね、親より先に死ぬだけのは避けたい。
それが先述の葛藤に繋がるんですね、ハイ。

そして、ようやく話は【寿々㐂家】曙町店のラーメンに戻って来るワケです。
この時喰ったラーメンには、その葛藤が無かったんです。

『うん、うん、家系だね、スタンダードだね、ゲンコツ、豚骨のダシも重量感があってイイね』
『麺も、普通の茹で加減だとモッチリ感が歯に絡み着くくらいで素敵だよね』
『でも、行列してまで喰うようなポイントはこのラーメンには無いと思うんだがなぁ』

なんて考えているウチに、スープまで一滴残さず、全て喰い尽していたのです。
「危険なニオイ」を一切感じることなく喰い終わっちゃったのです。

この重量感・迫力に満ちていながらも、サラッと喰い終わることが出来るのが【寿々㐂家】のラーメンの魅力なのかな?
と思った次第です。

御馳走様でした。
また、スキをみて喰います。

IMG_7294.jpg

comment

#No title
自分もスープを飲み干すのに悩んでしまう歳です。
コレステロールに尿酸値、肝臓数値、大幅アウトです。
若い頃はスープを飲み干さないと満腹感が得られなかったんですが。
ただ、【ダボハウス】の梅塩チャーシューは全部飲み干すくらい旨いです!
たしか、千葉県のなんちゃらで金賞とか!
  • by:chucky
  •  | 2016/06/23/10:49:48
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
>chuckyさん

>【ダボハウス】の梅塩チャーシュー
喰ってみたいです!
しかし、ここ最近は仕事先が四街道市ばかりで・・・・・
以前は、木更津やおゆみ野あたりでもラーメンを喰い荒らしていたので、よろしければ検索してみてください。

コメント、ありがとうございました。

  • by:SIN
  •  | 2016/06/23/21:41:48
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
SINさんがここに行くことが衝撃ですね(笑)
私もたま~に行きますがさらっと食べられるというのは同感です。
  • by:コンコン
  •  | 2016/06/24/11:58:28
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
>コンコン

>さらっと食べられる
これね、全盛期の【介一家】本店もこんなカンジだったのよ。
いまは、変わってしまいましたが。

コメント、有り難うございました。


  • by:SIN
  •  | 2016/06/25/08:17:31
  •  | URL
  •  | Edit

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]