行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

ZIPPOコレクション (49) 1935 REPLICA 2007年

ZIPPOは、1933年の発売以来、何度も改良が加えられました。
角が立ったり、丸くなったり、背も伸びたり縮んだり外観も変化しています。

一番初めのカタチである1933年型は、大きくて角が立ち、ややジャマ臭いところがある。
んで、プレス加工により角を丸め、背も低くしてみた。
そんな風にして生まれたのが1935年型です。

ホンモノの1935年型ZIPPOはとても高くて買えません。
んで2007年の秋頃、1935型のレプリカが出るというので、ネット通販で買いました。

IMG_9365 1935 (1)
歴代各型の中では、もっとも背の低い53ミリ。
ボディの天面、底面、サイドは鏡面仕上げ。
前面、背面はバフ仕上げのブラッシュ。
つややかで、しっとりした手触りですが、傷が付くとかなり目立ちます。

IMG_9365 1935 (2)
インサイドユニットも、直線で構成されたスクエアタイプ。

IMG_9365 1935 (3)
1932や1933レプリカのようなダミーヒンジではなく、ホントの外ヒンジの3バレル。
そのため、リッドの開角度は180度を越えてます。

IMG_9365 1935 (5)
フリントホイール・ピンも当時のモノを再現した中空タイプ。

IMG_9365 1935 (4)
底面はフラットボトムにロゴを挟んで右に2007年を表す“07”
左に9月製造を表す“I”の刻印。

1935 レプリカは 2007年10月に発売されたとなっています。
この個体はその前月の9月製造ですから、出来立てホヤホヤのところを買ったワケですかね。

1932や1933では、かなりイイカゲンなコピー具合でしたけど、この1935はかなりホンモノに近い出来となっています。
他のレプリカも、このくらい気合を入れて再現してくれればよかったのにねぇ。

着火性、耐風性は良好。
開音は良くない、「メキッ」というだけ(笑)
ヒンジ、リッド、カムプレートと、三枚の板を共付け溶接してあるため、こんな音になっているのでしょう。

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]