FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

新店・初訪 濃厚鶏白湯ラーメン専門店 【鶏ふじ】 横浜市中区

2017年9月6日関内駅近くに奇妙なラーメン屋がオープンした。
「野毛ホルモンセンター はなれ」より移転してきた 濃厚鶏白湯ラーメン専門店 【鶏ふじ】がその店。

飲食店ビルの8階にある高級焼き肉屋さんを、日中だけ間借りしての営業である。
しかも、店を開けるのは週に一度、水曜日だけ。
更に言うならば営業は、11:00~13:00までの2時間だけ。
とってもハードルが高~い。
その時間に近所に居る人しか行けな~い。

てなことを考えているウチに、ある事情でチャンスが回ってきました。
早速行ってみますよ。

ビルの入り口だから
『店舗写真どうしようかな?』
なんて考えながらエレベーターに乗り8階へ。

8階に着くと、そこはもう焼き肉屋さんに直結ですから、やはり店舗写真に困る。
「いらっしゃいませ~!」
の威勢の良い声に誘導されてみると、薄暗い室内に焼肉バーナー付きの大型のカウンター。

卓上のメニュー。
IMG_0950鶏ふじ (1)
基本の〔鶏白湯麺〕を発注。
口頭注文先払い制です。
しかし、カウンターの幅が広いので水や金銭の受け渡し時に、半立ち上がり状態になってしまう。
ここらへん、間借り営業のツラいところですな。

本日の一番客になったので、待ち時間4分ほどで到着です。
IMG_0950鶏ふじ (2)
白いドンブリにクリーム色のスープ。
濃厚な鶏白湯を思わせるルックスです、だんが~!

飲んでみたら、今まで喰った濃厚鶏白湯ラーメンのスープとはかなり違います。
ちょっとした粘性はあるのですが、唇に残るベタ付き感が無い。
重量感はあるのに、口内やノド越しに重さが残らないんです。

この店の足元にある濃厚鶏白湯の店 【武一】
前回喰った【蛍】のアッサリした鶏白湯。
その、ちょうど中間にある濃度を持つスープと言えるでしょう。

元ダレは、基本的に塩味です。
塩味で、鶏白湯に合わせると言えば【まる玉】系統ですが、それともまた違った表情になっています。
何と言うか、独自路線を見付けた味わいですね。

IMG_0950鶏ふじ (4)
麺は平打ちの中太やや縮れ。
鶏白湯に平打ちを合わせているのは、私の知識範囲内では、かなり珍しい。
茹で加減は柔らか目で、上の前歯と下唇で簡単に切れるくらいです。
厨房は奥にあり、麺箱は確認できません。
製麺所は不明としておきます。

IMG_0950鶏ふじ (3)
チャーシュウは低温調理と思われる豚肩ロースのモノ。
しっかりした肉質感と、生々しい獣肉の味わいを残してますが、トゲが無い仕上がりです。
小さめなのが残念。

岩海苔は香り高いが、やはり少ないなぁ。
海苔好きは、茶碗に一杯欲しいな(私だけ?)

メンマは穂先タイプで、酸味と甘味が強い高発酵。
やや瓶詰に近い味わい。

揚げネギは小さくて、ネギパウダーに近いか。
でも香りはシッカリしてます。


さて、私が半分ほど喰い進んだ時、厨房から調理担当の方が出てきました。
私はドンブリに口をつけてスープ飲みの真っ最中。

一息ついて顔を上げると、あれま!!
お互いに顔を見合わせて
『あ゛っ、ぁ~、あの~・・・・・』
と、驚愕。

御主人と思われる方から
「冨志夢の頃、よく来ていただいていた方ですよね~」
と、

なんと私とAyaが大好きで通っていた、大和市桜ケ丘駅近くに在った【冨志夢】の御主人その人です。

【冨志夢】は2013年3月19日、余人はいざ知らず、私達に非常に惜しまれながら閉店しました。
御主人はその後全く違う職業に就かれ、もし、またラーメン屋をやるとしたら
「6年後ですかね~」
と、語っておられました。

「【富志夢】の御主人、もうそろそろ、またラーメン屋を始めてもいい頃だよね~、来年かな、再来年かな~」
なんて、私とAyaは つい最近も話をしたばかりなんですよ。
それが、だいぶ早まってココ関内で再会するとは!


現在の【鶏ふじ】のラーメンは、【冨志夢】の頃とはかなり違ったものですが、これは会社との共同で開発した為だそうです。
いずれ独立店舗に移行すれば、また少し変化しそうです。
そして、現在は店舗物件取得までの仮営業とのことで、この仮営業がうまくいかなかったら、このまま消滅もありえるそう。

総評
どうしても過去の思い入れがアタマの中から除去できず、冷静な判断が出来かねます。
よって、評価は見送らせていただきますが、レヴェルの高い鶏白湯ラーメンであることは確かです。
なお、店舗写真は先述の理由により不掲載。


【冨志夢】は2009年11月オープン。
とてもアッサリしたスープなのに、奥深く、広がりのある味わいで
何ともしみじみするんですが、古臭さの無い、現代にウケるポイントもちゃんと持つラーメンでした。
今風に言うと、神奈川端麗系の始まりの頃の良さを強くアピールしていた店でした
柚子胡椒がとても合う塩ラーメンが私のフェイバリットでした。
また、市場で仕入れたマグロの頬肉から作る自家製のツナマヨが秀逸で、私たちは行くと必ず喰っていました。

【冨志夢】に関する記事はコチラ(古い順に並んでいます)
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-99.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-576.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1025.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1103.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1319.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1630.html
http://763422.blog90.fc2.com/blog-entry-1651.html

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]