fc2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

四国旅行 (1)

四国旅行に行ってきました。
私は北海道と九州には行ったコトがあるが、四国は未だ未踏の地。
ワクワクが楽しいよ。

まずは腹ごしらえを。
羽田空港内に在る【あんバタ屋】さんで、
IMG_0598 四国 (4)

〔すし弁〕 価格失念。
IMG_0598 四国 (5)

ピンぼけにて失礼。
IMG_0598 四国 (6)

甘めの酢飯を玉子焼きのようなクレープのような(???)もので巻いてありますね。
今までに喰ったことの無い(たぶん)不思議なモノ・・・・・でも、オイシイ(笑)

羽田空港を出発時は、薄曇りでしたが・・・・・
IMG_0598 四国 (20)

高知空港に着いた時には雨模様。
IMG_0598 四国 (23)

高知空港内のロビーには、高知城天守の模型がありました。
IMG_0598 四国 (26)


さて、まず第一目標である「高知県立坂本龍馬記念館」に向かいます。

途中、休憩のために寄ったコンビニで見付けたのがコレ。
IMG_0598 四国 (27)
〔果香音〕(かかお)というクロワッサン鯛焼き。

あはは、オモシロイ。
IMG_0598 四国 (28)
岡山 瀬戸内と書いてあって、高知県とは無関係じゃん。
餡入りソフトクッキーというカンジでしょうか。

「高知県立坂本龍馬記念館」に着きました。
IMG_0598 四国 (29) - コピー

館内は撮影禁止のモノも多いので、割愛。
坂本龍馬の生い立ちや、事績などに関する展示、あるいは高知県の歴史的な立ち位置等もわかる資料が大量にあります。

次は、「坂本龍馬像」を見に行きます。

「坂本龍馬像」に向かう途中に見えた桂浜。
IMG_0598 四国 (33)

桂浜に隣り合った小高い丘の上に在る「坂本龍馬像」
IMG_0598 四国 (34)

IMG_0598 四国 (37)
坂本龍馬さんは、今も太平洋の沖合を見詰めています。


龍馬さんにお会いした後は、丘を降りて昼食にします。
丘のふもとにはショッピングモールや、カフェなどがあります。
IMG_0598 四国 (53)
そんな中から選んだのが鰹料理が喰える店。
桂浜美食館【神】さんです。

私が喰いましたモノは〔かつおのタタキ丼〕 980円。
IMG_0598 四国 (47)

鰹のタタキが6~7枚乗っています。
IMG_0598 四国 (51)

薬味として生姜や茗荷、ニンニクスライスなどがあり、食欲をそそるね。
ココに写真の隅に見えている付属のタレをかけて喰います。
本場で喰う鰹タタキはクサミもなく、身には適度な弾力を持ち、なおかつ喰いやすいな。
ニンニクスライスは、適度に辛味があり、飯が進むよ。

コチラ、Ayaの〔醤油ラーメン〕 750円。
IMG_0598 四国 (48)

スープの味わいは、鶏ガラ豚骨ダシに鰹ダシでしょうかね。
醤油ダレはまろやかです。

麺は極細のやや縮れ。
IMG_0598 四国 (50)
シャッキリと茹で上げられて、歯応えが良いね。

チャーシュウはバラ肉。
IMG_0598 四国 (49)
脂身が多く味付けは、ほぼ無し。
だが、アッサリ目のスープにはコレで良いかも。
メンマは色白で幅広の板状が数本、やや酸味のある味わい。
低発酵のようで、歯触りも良いね。
他に輪切りネギとシンプルな構成。


さぁ、腹ごしらえも出来たし、次は私の大好きな城を見に行きますよ。

関ケ原以来、土佐24万石をおさめてきた山内家の居城、高知城です。
IMG_0598 四国 (77)

駐車場からゆっくり歩いて十数分、天守が見えてきました。
IMG_0598 四国 (60)

でもコッチは、からめ手口(裏門)なのかな?
大手口(表門)の方には、駐車場は無いのか。
(後で城内地図を見て知りましたが、からめ手は西のハジになるのですね)

天守前広場に着きました。
IMG_0598 四国 (74)

高知城天守は望楼型で、4重、内部3層6階建て、最上層には廻縁高欄がめぐり、遠望が利く造り。
国の重要文化財に指定されており、『咸臨閣』とも呼ばれています。
江戸時代以前に建造された天守がそのまま残っており、『現存12天守』の一つです。

天守最上層よりの眺め。
IMG_0598 四国 (69)
残念ながら、梅雨の真っ最中と言うこともあり、天気はかなり悪いですが、雨はほぼ止んでおり、遠くまで見渡せました。


ホテルに着いて一休みしてから、『ひろめ市場』に行きました。
IMG_0598 四国 (86) - コピー
高知の食が集う場所と言われ、常に地元の人や、旅行者でにぎわっています。
土佐藩の家老であった弘人蕃顕(ひろめしげあき)の屋敷跡です。

私は、また鰹を喰いまくります(笑)
IMG_0598 四国 (88)
〔かつおタタキ〕 1200円。
少し高いねぇ、観光地価格と受け止めるか。

分厚く切ってあり、喰いごたえ十分。
付属の塩とニンニクで喰うとマイウ~。

Ayaが買ってきた〔ポークウインナー〕 価格失念。
IMG_0598 四国 (89)
フライパンで軽く焙ってあります。
皮のパリッ感が心地良い。
その時出てくる油もウマイよ。

これまたAyaが好きな〔とんぺい焼き〕 価格失念、この頃になるとホロ酔い気味にて、脳味噌は機能低下著しいようです(笑)
IMG_0598 四国 (91)
まぁ、コレは地元横浜で喰うのと、それほど変わらないようです。

〔太巻き寿司〕
IMG_0598 四国 (92)
中身はマグロの剥き身と細切りのキュウリ。
カツオも旨いけど、マグロだって負けてませんね。

醬油さしに、ちょっと感動した。
IMG_0598 四国 (93)
このタイプ、ほとんど見ないよねぇ。
最近のは四角いビニールパックで、指でちぎるヤツばかりだから。

少し懐かしさも感じた『ひろめ市場』でした。

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]