FC2ブログ

行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
ラーメンはドンブリの中の小宇宙

以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

震災で鉄道アウト 田端から鶴見まで歩きました 続編

はい、地震以来、やっと自宅に帰ってきました。
私のウチでは、ギターケース二つと壁に立てかけておいたギターとベースが倒れ、テレビはテレビ台の上で大きく動いていました。
テレビの上にあったCD/DVDラックとその中のディスクがすべて床に落下。
しかし、ディスクには特に損傷はないようです。
ギター、ベースも小さなキズが増えた程度。
損害は軽微ですみ、安堵。

しかし、私自身の体は結構キツイ状態。
11日の仕事場である東京の北区 田端から横浜 鶴見まで歩いてきたため、足にはかなりのダメージが残りました。


以下、とある帰宅難民のドキュメント。

仕事終了の17:30、携帯電話のワンセグ・テレビで鉄道はほとんど動いていないことを知ったが、その時点では、まだ甘く考えていた。
JR田端駅前でしばらく待ってみるも、一向に運転再開の様子はみられない。
そのうち、駅員より今日中の復旧は無理との見込みが伝えられる。
線路のゆがみなどの検査・点検はすべて人が歩いて行い、その後テスト車両を走らせて安全確認が取れてからの運転再開となるため、かなりの時間がかかるワケだ。

『行ける所まで行ってよう、そのうち路線距離の比較的短い私鉄は動きだすだろう』
と考え、歩き出した。

幸い仕事帰りなので、作業着にタオル三本、軍手三組、ちょっとした作業用の道具類、1リットルのスポーツドリンクなどを持っている。
防寒と、最低限の体力維持はできるでしょう。
使い捨てカイロと食料が無いのが痛いトコロだが、日頃より腹のすかない体質である私はこの点有利。

まずはJR線路に沿って上野駅を目指す。
上野駅まで行けば、携帯電話の地図サービスに頼らなくても道はわかる。
携帯電話のバッテリーは、本当に必要な時に備えて節約したい。

途中の道路は早くも渋滞が始まっている。
震災 (4)
通るタクシーはみな満車。
もっとも、タクシーが拾えたとしても道路が流れないのだから時間料金がかさむだけだな。
歩きます!

使い捨てカイロを買おうとコンビニに入るが、売り切れ。
乾電池式の携帯用充電器も同じく。
すぐ食べられる食料品の棚もごらんの通り。
震災 (5)

台東区 入谷の交差点から国道4号に入るつもりが、道を間違えて浅草方面に大きく振られる。
歩く先にスカイツリーが見えたので間違いに気付き、あわてて携帯の地図サービスで進路修正。
大きなロスとなったが、気を取り直して御徒町駅めざし、無事国道4号に乗る。
秋葉原から鉄道の西側を歩き、神田駅、東京駅で様子をみるが、やはりJRに復旧の気配は無い。

ここまでも小休止はコマメにとって来たが、仕事がら歩き強い私でも、さすがに右足の付け根に痛みを感じる。
そこで、新橋駅の大型テレビ前で情報収集と大休止。
東北地方が大変なことになっていて愕然となる。
バッテリーを節約しながら、ワンセグ・テレビを見てはいたが、ここまでの惨状とは・・・・・

新橋から国道15号に乗るが、道路の渋滞はいっそうヒドくなるばかり。
歩道を歩く人の方がスピードが速い。
こうなると道路ではない。
満車になった長ぁ~~~い駐車場だ。

田町の駅前を通過する頃、都営浅草線が動き出したとの情報が入るが、品川での折り返し運転のようだ。
京浜急行の品川から先が動いてくれないなら、乗ってもしょうがない。
品川駅まで行って京浜急行の様子をさぐるが、まだダメ。
さらに国道15号を南下する。

青物横丁、鮫州を通過する頃、今度は左足のくるぶしに痛みが出てきた。
右足の痛みは何かに腰かけて10分も休んでいれば気にならない程度まで鎮静化する。
しかしこの左足の痛みは休んでも消えない。

少しでも痛みを緩和するため、いろいろと歩き方を工夫しながら歩いている頃、立会川の駅を通過。
そこで、11日に書いた記事の通り、おにぎりを配っているおばちゃんに出会った。
こういう時に、人の情けの暖かさを実感する。
涙が出そうになった。
ホントに有難うございました。

みなみ児童遊園という公園で貰ったおにぎりを食べながら何度目かの休憩。
この時、目の前の京浜急行の高架上を客室の明かりを消した4両編成の列車がゆっくりと走行していくのを見た。
安全確認のテスト車両に違いない。
だとすれば、しばらくすると運行を開始する可能性もある。

国道15号沿いのコンビニは、徒歩帰宅者のために休憩スペースを提供したり、無料で飲料水を配ったりしている。
食べ物の商品棚は相変わらずカラだが、店前にイスやテーブル、ストーブなどを置いている店もあり、助かる。
公共施設や学校、病院はエントランス・ホールや体育館を休憩所に提供している。
先ほど新橋駅前の大型テレビで見たが、徒歩帰宅者支援のため都が要請を出したそうで、ソレをいち早く実行している点はすばらしいですね。

京急蒲田の駅にさしかかる手前に梅屋敷公園があるので、休憩のために立ち寄ろうとしたが、あいにくの工事中。
しかたないので、もう少し先まで進み、六郷神社の鳥居にもたれ少しウトウトする。
この頃になると、長い休憩を取っても右足の痛みは消えなくなっていた。
左足くるぶしの痛みも増すばかり。
道路は、ようやく渋滞も緩和してきたのでタクシーを拾うことも考えたが、やはり来る車は満車ばかり。
品川あたりまでは、奔流のようだった徒歩帰宅者の数もまばらとなってきた。

多摩川を渡る。
震災 (6)
ようやく神奈川県 川崎市だ。
川上にある鉄道橋を見ているが、JR、京急ともに列車運行の気配は無い。
津波はこの多摩川をも遡上していったのだろうか?
川原は薄暗くて、なぎ倒された草木の有無などはわからない。

新川橋近くの公園で小一時間仮眠を取る。
夜明けまえの一番冷え込む時間なので、持っているタオルで急ごしらえの防寒対策をほどこした。
足の痛みはそれほど気にならなくなってきた。
どうやら限界点を越えたようだな。

横浜市鶴見区に入った。
震災 (8)
まもなく05:00になる。
可能ならば、始発からの列車が運行されるはずだ。

鶴見警察署前の交差点から、京急の列車が動いているのが見えた。
京急鶴見駅に向う。
通常の三割程度の本数だが、運行しているとのこと。
念のため、JR鶴見駅にも様子を見に行ったが、コチラはまったく運行のメドが立たないそうだ。

京急で横浜駅まで行くことにする。
階段を上るのがツライ。
降りる方はもっとツライ。

ホームに着くと、沢山の人。
京急だけが動いているので、通常は他の路線を利用している人も集中してくるためだ。

震災 (10)
電車は満員のため、多くの積み残しが出る。
とても一回では乗れそうにない。

足の痛みも加わり、ギュウギュウの電車は地獄だ。
しかし、震源近くの被災地はもっとひどい地獄だろう。
足の痛みはやがて直る。
大きな怪我もなく、帰ってこられたことを感謝しよう。

comment

#あたしの顛末は
ブログをみてもらって、午前3時4時の深夜に都内を人がいっぱいうろちょろしているのをみて事態の深刻さを実感。
歩いている人間のほうが早いのも実感。

そして
俺たちゃ運がいいと実感。


生きてんだもん。
  • by:※
  •  | 2011/03/13/22:16:05
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
私も歩きました。
埼玉の和光市から川越市までのおよそ20kmでしたが。
家には帰ってこれましたが足の筋肉痛とか関節痛と
なんか、無理した代償に熱まで出て
最悪の体調です。
でも、東北の被災者の方々の事を考えれば
大した被害ではないですね。
とりあえず、お疲れ様です。
  • by:のりむね
  •  | 2011/03/13/22:32:53
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
お疲れ様でした。
幸いにも、私は家に居ました。
沿道のボランティアの方々の暖かさを感じ
”私も・・・!。”
何か出来ないかと、考えさせられました。
  • by:ミコ
  •  | 2011/03/13/22:53:31
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
>※
>>俺たちゃ運がいいと実感

まったくだな。
激甚被災者と我々の違いは、タマタマ私がソコに居なかったと言うことだけなんだ。



>のりむねさん

はじめまして&こんばんわ。
お互いにお疲れ様でした。

激甚被災者の方たちのことを思うと、我々の体調不良などはまだまだ甘いですね。
貴重な体験をしたと考えていくことにします。



>ミコさん

沿道のスーパーやコンビニ、公共施設の対応はみごとでした。
ボランティアを買って出たオウチや人々にいつか何かの形でお返ししたいと考えています。
  • by:SIN
  •  | 2011/03/14/19:19:24
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
SINさん、お疲れ様でした。
私自身は車で帰宅したので特に問題なかったのですが、
娘が横浜に取り残されていたので迎えに行ったら...
かなり尋常ではない光景を目の当たりにしてビックリしてしまいました。これが被災地ともなると...胸が痛いです。
ただ日本人は本当に素晴らしい!実は帰り道での信号が停電で動いていなかったのですが、近所の方々がボランティアで交通整理をしてくれてました!
それに暴動や略奪もないし、きちんと列を待って買い物をしているし...
自分も同じ日本人として何らかの形でお返しや支援をしなければと考えています。
  • by:zaki
  •  | 2011/03/14/22:44:23
  •  | URL
  •  | Edit
#No title
>zakiさん

>>ただ日本人は本当に素晴らしい!

同感です!
今日の帰り道、街がうす暗いのに気が付きました。
みんなで節電に協力しているんです。

食料品を中心とした物不足が続いていますが、私は買占めはしません。
過去にしたこともありません。
今しばらくの辛抱です。
被災地のことを考えれば、とても軽い辛抱です。
  • by:SIN
  •  | 2011/03/15/21:36:40
  •  | URL
  •  | Edit

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]