行列拒否のラーメン日記

ラーメンを中心とした喰い荒らしと日々の記録

プロフィール

SIN.N

Author:SIN.N
東日本ラーメン研究会(縮めて東ラ研)会長。
ラヲタでモーヲタで軍事ヲタでバンドもやっているが、本業は忍者。
ラーメンと酒とギターをこよなく愛するオッサンをヨロシク。

★★ラーメン日記概略★★

★主に昼食で喰ったラーメンの感想を記しています★

★初訪問店については100点満点で評価していますが、私個人の感覚に基づくものであり、あくまで目安 と思ってください★

★古い記述には現在の感覚とあわない部分も多々あると思います★

★文中における行動や発言に多少の脚色はありますが大筋において事実です★

★ラーメン以外はアッサリとふれています★

☆☆東日本ラーメン研究会(ちぢめて東ラ研)とは☆☆

ラーメンを愛するが、決して甘やかさない先鋭的ラーメン原理主義者集団。
日夜ラーメンを求めて街 (たまに山の中だったりもする) にくり出し、(主に自転車もしくは徒歩または電車)
雨にも負けて、風にも負けるが風邪をひいてもラーメンを喰う。
東に空腹の人あれば行って良店を教えてやり、西に満腹の人あれば「食いすぎはダメよ」と、さとしてやり、ドンブリの糸底が低いと言っては嘆き、麺の絶妙な茹で加減に涙を流す。
そんな人に私はなりたい。(なんのこっちゃ)


☆東ラ研局中法度 (鉄の掟)☆

その壱 『行列するべからず』

行列はラーメン屋を驕らせる。慢心したラーメン屋に待っているのは品質の低下である。
また、長時間待たされた末に喰うラーメンが『マズかろうはずがない』と言う先入観が起き、正しい判断が出来なくなる危険性がある。
さらに、せいぜい5.6分で食い終わるものに(二郎系は除く)30分も1時間も並ぶなんて間違ってる。非生産的だ。
それに、ラーメンなんて並んでまでして喰うものではない。


その弐 『初めての店では基本のラーメンを喰うべし』

基本のラーメンこそ完成されたものであり、余計な装飾をはぶいた美しい姿である。
そして、その店の傾向と実力を知る好適な商品であると考える。
最近は、醤油、塩、味噌どれも基本でウリと言う店も増えつつあり、判断に困るが、普通、メニュウ(券売機)の一番はじ、または最低価格のもの(例外はある)と考えればいいだろう。
私は判断に困った場合醤油味を優先させることにしている。


その参 『基本のラーメンで1001円以上のもの喰うべからず』

元来、ラーメンはジャンクフードであり、ときに子供のおやつであった。
800円だー、900円だー言うラーメンを子供がおやつで喰えるか!
ラーメンをつけ上がらせてはならない。
と言うことで、わが東ラ研会員は子供ではないからもう少しゆずって、基本のラーメンの上限を1000円(税含まず)までとし、1001円以上の価格設定をしている店に背を向けることとする。


その四 『店主、従業員にみだりに話しかけてはならない』

こっちは食事だが向こうは仕事中。(石神氏の考えに同意しました。パクリと言わないで~)


その伍 『ラーメン屋に大人数で行ってはならない』

上限は二人である。三人以上で行く場合は1:2に分かれるか、1:1:1に分かれて他人のフリをすべし。
理由は簡単である。そのほうがいいから。
大人数で行くと、店は連席にしようとして気を使い、ラーメンにありつくのが遅くなる。
幼稚園児の遠足じゃないんだから、くっついてる必要なんてない!
ときに店側のオペレーションの混乱を誘引する場合もあり、サービスおよび品質の低下にも繋がりかねない。

その六
以下はそのうち考える。

それではみなさん、楽しいラーメンライフを過ごして行きまっしょい。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

【ゆで太郎】鶴ヶ峰店 横浜市旭区

「ゆで太郎システムグループ」が運営する【ゆで太郎】には、現在うどんがメニューにあります。
いままでは蕎麦しかなかったんだけどね。
蕎麦よりもうどん好きのAyaのリクエストで、鶴ヶ峰店に行ってみた。

〔かつカレーうどん御膳〕 650円。
IMG_8731ゆで太郎うどん (1)
鉄鍋に入って登場。
モチロン熱々で、ヤケド注意です。
天カスはカウンターにあるサービス品。

元々カレーそばや、トンカツ料理などが在ったから、それを組み合わせたものでしょうね。
うどんのみは新規開発? あるいは、製麺業者に委託かな。

IMG_8731ゆで太郎うどん (2)
うどんは讃岐タイプとは違って、かなり柔らかめの茹で上げ。
こりゃ、飲んでもイイうどんだな。

カレー味のうどんつゆは、カレーの強さの裏側に、かつおダシが感じられます。
昔からある、「蕎麦屋のカレー」という技法を踏襲したものだと思われます。

キャンペーン商品と言うことで、期間限定でしょう。
期間中にもう一回喰ってもイイな。

御馳走様でした。

手作り生ハンバーグ屋さん 【FireBurg】関内店 横浜市中区

北海道発のハンバーグ屋さん【FireBurg】関内店に行ってきました。
初訪は2015年の10月ですから、1年以上が経過しての再訪です。

私の〔Bigハンバーグセット〕 250g 820円(税抜き)
IMG_8698ファイヤー (1)

コチラAyaの〔エッグ&カレーソースハンバーグセット〕 150g 820円(税抜き)
IMG_8698ファイヤー (2)

御覧の通りハンバーグが変わるだけで、付属品は全ておんなじ。
まぁ、その手法は中華料理屋のランチメニューなんかでも、よく出会うから、さして珍しくもないわな。

有難いのは、基本の〔ハンバーグセット〕 (150g) が、580円(税別)で頂けることです。
今時のラーメンより安くて、ご飯は自分盛り付けで一回おかわりできますから、こりゃウレシイ。

残念なのは、卓上のソースが一種類しか無いコト。
んで、Ayaはカレーソースにしたワケです。

でも、まぁ、私のBigハンバーグは確かにデカくて食いでがあったし、カレーソースも辛さ控えめながらキリッとした輪郭を持つ味わいでありました。

御馳走様でした。
また来ます。

牛丼二題

私は地元びいきのためか牛乳は【タカナシ】、牛丼は【すき家】です(笑)
しかし【すき家】の牛丼は、私にとっては少し甘過ぎるんです。
んで、タマに【吉野家】の牛丼が喰いたくなったので、寄ってみました。

IMG_8703吉野家

うん! 【すき家】よりも、ややアッサリ目の味付けがイイ。
大振りに切られた玉ネギも好きです。
この玉ネギは、サックリタイプとトロトロタイプで好みが分かれるようですが、私はどちらでもOK。
私が牛丼屋に行くのは朝が多いんですが、この時間帯はトロトロタイプに当たることが多いように思います。


そういやぁ、‟養老牛丼”喰い逃したコトを思い出した!

1977年から居酒屋【養老乃瀧】では、昼の時間帯で牛丼を販売していた時期があったんです。
私は2~3回喰ったことがあるんですけど、やや物足りなさを感じた記憶があります。
ほどなくして、牛丼の販売はやめてしまったのですが、昨年の11月15日~17日まで【養老乃瀧】グループ60周年記念として復活販売を行ったのでした。

【養老乃瀧】池袋南口店で、 牛丼1杯200円、1日100食限定。
今回は3日間、1店舗だけの限定販売だけに、販売用のキッチンカーには行列も出来たようです。
と言うことは、私は駆けつけても行列を見てやめただろうな。
縁が無かったとして、あきらめましょう。

回転寿司 【まぐろ膳】 横浜市西区

【Cat’s】のお客様から情報を頂きました。
横浜駅東口 ポルタ飲食店街のもっとも奥の方(そごう側)にある回転寿司屋さんです。
マグロ卸商が経営しているそうで、横浜駅周辺ではあまり良い回転寿司に当たったことが無い私は期待大です。

まずは えんがわ。
IMG_8656まぐろ膳 (1)
脂の乗り、身の締まり具合などもイイですね。

まぐろ赤身。
IMG_8656まぐろ膳 (2)
うん、やっぱりマグロを専門的に扱っている業者だけあって、新鮮でウマミの強い赤身だな。
ところがねぇ・・・・・

マグロのすき身三貫盛り。
IMG_8656まぐろ膳 (3)
左から、オクラ、山芋、ひきわり納豆。
ねばねばトリオですわ。

マグロ漬け。
IMG_8656まぐろ膳 (4)
漬けダレは醤油と酒でしょうかね。
良い味わいです。

鉄火巻き。
IMG_8656まぐろ膳 (5)
ワサビが効いてます。

アンキモ軍艦。
IMG_8656まぐろ膳 (6)
これも良かった。
ねっとりと舌に絡みつく感触と、程良い紅葉おろしの刺激。

全体的に価格が回転寿司としてはちょっと高め。
シャリ(すし飯)は、酸味が強めです。
それから後半に、マグロ赤身をもう一皿取ったのですが、これが解凍に失敗したようなモノでした。
残念!

御馳走様でした。

IMG_8656まぐろ膳 (7)

中華料理 【利華飯店】 東京都足立区

足立区六町のお得な中華料理屋さん【利華飯店】

久し振りに行って〔鶏肉とカシュ―ナッツ炒め定食〕 800円 を喰いました。
IMG_8559利花飯店

大振りの鶏肉とカシューナッツがゴロゴロといっぱい入っています。
味付けは、前回塩味のように感じたのですが、今回はいたって普通の中華醤油味。
料理人が変わったのか、ブレなのか?
ブレだとしたら、どっちが本筋?
まぁ、いっか。

この価格で、十分なパフォーマンスですから。
御馳走様でした。

10分どん兵衛

タレントのマキタスポーツさんが提唱した10分どん兵衛。
私も、時間に余裕がある時はタマにやっています。

私は、油揚げを少しどけて、麺に粉末スープをかける派です。
マキタスポーツさんは油揚げの上だそうです。
それだけで若干、味の違いも出るんだそう。

IMG_863510分どんべぇ (1)

IMG_863510分どんべぇ (2)
どうです、このめんの柔らかさ(←写真でわかるかい!)
クニャクニャでコシなんぞ無く、くちびるだけで切れそうです。
まるで博多うどんのよう。
んで、コレが悪くない!

日頃「麺固め」ばかりに重きを置いている私ですが、タマに町の中華屋さんで、とろけるような麺に出会います。
その時は困惑半分、新鮮さ半分な気分です。
この10分どん兵衛を好適な例として、ラーメンも見直してみる時期が私に来ているのかもしれません。

御馳走様でした。

【大門】で朝うどん 横浜市中区

製麺所がやっている、うどん・蕎麦の店【大門】
07:00からやっているし、10:00までなら300円以上の買い上げで生卵がサービスです。

さて、私の発注した〔かき揚げうどん〕 300円は、4~5分で出来上がりました。
IMG_8560大門 (1)
麺茹で置き温めなおし方式としては、時間がかかりました。
茹で湯の交換とかに、ぶち当たったのかな?
調理の様子は見ずに待ってましたけど。

透き通ったきれいなダシ(関西では麺つゆ・なべつゆ・つけダレなども全てダシと呼びますね)
しなやかで真っ白なうどん。
淡い色のかき揚げと、緑の輪切りネギ。

そして最近の私の喰い方。
IMG_8560大門 (3)
生卵つけ喰いです。

滑らかで喉越しの良いうどん、優しいダシ、とろとろ玉子の三段構えで、関西風うどんを堪能できます。
御馳走様でした。

会社の忘年会

池袋駅東口、「WACCA池袋」の8階にあるAvenircras TOKYOというトコロで立食パーティー式の忘年会。
飲んで喰って酔って、過去に何度か電車を乗り過ごして‟旅している”のでセーブして飲みました。

京浜東北・根岸線で大船まで連れていかれても、根気があれば歩いて帰ってこられます。
またそのくらいの距離ならば、歩くのが好きな私ですから楽しめる。
しかし、池袋から帰るのは湘南新宿ラインに乗るので、小田原辺りで降ろされた場合には帰って来るのに3日くらいかかる。(←なにも全行程歩かなくてもイイじゃないか!)


まずは、カツオのたたきに豚バラ肉煮込み。
IMG_8611忘年会 (2)
豚バラのうち一枚は崩れました(笑)
写真には残してませんが、近頃、肉よりも魚の方がウマイと感じる私は、この後もずっとカツオたたきを取り続けてました。

生ハムパイナップルとソーセージ、ポテトフライ。
IMG_8611忘年会 (3)

鶏肉のハーブ煮込み、パストラミハム、合鴨ロースト、蒸し鶏(胸肉)
IMG_8611忘年会 (4)
この皿は鶏鳥してしまったなぁ(笑)

ポテトフライとペンネのトマトソース煮込み、イタリアンオムレツ。
IMG_8611忘年会 (5)
この皿はイタ系?

一口お茶漬け(鮭)
IMG_8611忘年会 (1)

デザートのゼリー。
IMG_8611忘年会 (6)
グレナデン(ざくろ)味かな?

飲み慣れないビールばかり飲んでいました。
おかげで、ちゃんとウチに帰ることが出来ました。

私もこんな飲み方が出来るようになったんだなぁ。
若い頃は、とにかく飲むんだったらベロベロにならないと気が済まないと言うタイプでした。
そんな時代も去って、酒量もだいぶ落ちてきたんですねぇ。

御馳走様でした。

炭火焼き鳥 【とり貫】でランチ 東京都中央区

銀座で仕事をしています。

昼食は事前情報一切なし。
安くて、すいている店を探します。

すると、こんな置き看板が目に入った。
IMG_8568とり貫 (5)
な、な、なんですとぉ~!
自分で好き勝手に盛り放題~?!
で、700えん~!!
ドア越しに伺うと店内7分の客入り。
即決入店。

どうやら焼き鳥屋さんがランチ営業でやっているようですね。
それならば、鶏肉の扱いはお手の物でしょう。

店のシステムは、まず入り口でドンブリかプレートかを選び料金を払い、私はドンブリを選んだのでドンブリを受け取りました。
あとは、カウンターに並んでいる御飯および総菜を好きなだけ盛り付けていきます。
ただし、一回きりね。
喰い始めてからの追加はできません。

んで、私が作ったのはコレ。
IMG_8568とり貫 (2)
右上はわかめスープね。
本日のメイン料理であるネギ塩チキンは少し。
ここ何日か鶏から揚げが喰いたかったので2つ。
ホントは3つくらい行きたかったんだけど、午後になって胸焼けしそうなのでガマン。
他に、とりつくね、マカロニサラダ(右側にちょっと見えてる)、モヤシ(見えない)、水菜(見えない)、トマト、味玉、きゅうりの漬物。

山の高さはこれくらい。
IMG_8568とり貫 (3)
二郎系ラーメンに比べれば、大したことないネ。

ネギ塩チキンは、レモンが効いて酸っぱい。
ちょっと苦手。

から揚げは、ジュウシーで味付けもイイね。
でも熱々が欲しかったが、作り置きなので運に左右されるな。

御飯は6分目くらいにしておきましたが、腹一杯になりました。
同行者は「日本昔話盛り」にしてましたが、後半苦戦していた模様(笑)

近頃のラーメン一杯と同じくらいの価格で、腹一杯になるからお得です。
なお、持ち帰りもできるようで、ドサ盛りにして残すのが恥ずかしい方は、持ち帰って喰った方が自己嫌悪のプレッシャーから逃れられるね。

御馳走様でした。
銀座の仕事中に、もう一回訪れるかもしれない。

IMG_8568とり貫 (4)

バンド仲間の忘年会@【のんだくれ亭】 横浜市旭区

「Drunk Cat’s」も「C・S・S・B」も、またその他諸々の皆さん、今年もお疲れ様でした。
てなワケで【のんだくれ亭】で忘年会。

生牡蠣。
IMG_8553のんだくれ (1)
この場にいたZ氏とⅠ氏は牡蠣が喰えないそうです。
特にZ氏は家庭内で牡蠣厳禁令が出ているそうで、その分が私に回ってくるのならばとてもウレシイ。

鶏にんにく。
IMG_8553のんだくれ (2)
コレがなかなかイケる。

オムレツ。
IMG_8553のんだくれ (3)
Z氏が少し喰っちゃってから撮影(笑)
シンプルながらオイシイ。

鱈白子ポン酢。
IMG_8553のんだくれ (4)
白子は軽く湯をくぐらす程度の仕上がりが好きです。
ほぼ生ね。

これZ氏の夕飯、マグロシラス丼。
IMG_8553のんだくれ (5)
彼は、必ず夕飯を喰って酒を飲みます。
それで太らないのが不思議。
私は何も喰わずとも呼吸して太ります(激笑)
少し味見させてもらいましたが、シラスの塩気がイイね。

これ何? この辺りになると記憶あいまい。
IMG_8553のんだくれ (6)
コロッケ? メンチカツ?

この後【Cat’s】に戻って「クラブ・ワールドカップ決勝戦」を見ながら、また飲んでました。
およそ三時間以上飲んでたワケですな。
ようやるわ。
これじゃぁ、記憶もなくなるわな。

【のんだくれ亭】さん、御馳走様でした。

立ち食いそば 【車】 東京都豊島区

JR目白駅近くにある立ち食いそば屋さんです。
私としては珍しく、温そばで朝そばしました。

基本の〔かけそば〕 280円・・・・・だったっけな?
IMG_7330車

このところ、そばつゆの透明度が高くなっているんです。
以前は、かなり黒っぽい江戸そばの典型的なスタイルだったと思うんだけど。
東京も少しは‟都”(みやこ)に近づいたと言うことですかね。
日本の法制上、都は今も京都です。

鰹節、ソウダ鰹などから取ったダシには少し酸味があります。
かえしは弱めですが、キニナルほどではなく飲みやすい。

麺は茹で置き提供直前温め直しの、お決まりのスタイルですが、朝は回転が早いせいかクニャ麺に当たったことが無い。

御馳走様でした。

病院食 

ワケあって鶴ヶ峰病院にいました。

鶴ヶ峰病院地下一階にある【マロニエ食堂】の軽食 〔おにぎりセット〕
IMG_8363病院食

おかかと、ゆかりのおにぎりに大根桜漬け。
ポテトサラダ、味噌汁。
コーヒーはアイスかホットが選べます。
そして懐かしいな、ヤクルトが付いてます。

おにぎりは型抜きだし、味付けは病院らしく薄目。
モヤシの入った味噌汁も薄味。

ポテトサラダはウマかった。
そしてヤクルトがイチバン旨い!
間違いない!!

御馳走様でした。

【すき家】でTKG

朝からしっかり御飯喰います。

すきや

ラーメンばかり喰っていると、タマに無性に米が喰いたくなります。
そんな時によく利用します。
【すき家】の〔TKG朝食〕はCPが良い。

御馳走様でした。

【火星カレー】 東京都豊島区

池袋シリーズ・カレー編です。

ホントはね、例の油そば提供店にリベンジのつもりで行ったのですよ。
しかし、本日も混雑。
ソッコーであきらめる。

んで、ほかの店を探す、ラーメンで無くたって一向にかまわない。
そしたら目についたのがこの店。
火星カレー (7)
「火星カレー」とな、なんともアヤシゲですなぁ。

アヤシサの根源を見てみようじゃありませんか!
と、入店。

喰いますモノは、モチロン基本となる商品である〔火星カレー〕にします。
火星カレー (3)

注文の仕方。
火星カレー (1)
この日は、腹が減っていたので大盛りを大辛でお願いしました。

カウンターに座り、調理の様子を見てましたが、どうやら作っている方は火星人ではないね。
どう見ても地球人。
オモテの写真付きメニューには「火星式カレー」との文言もあったので、ひょっとすると火星人が作っているのかと、少々期待してました。

待つこと8分くらいで出来上がったのが、このカレー。
火星カレー (5)

火星カレー (6)

結論を申し上げると、店名はアヤシゲだがカレーは、いたって真面目でした。

あえて類似性を見出すならば、キーマカレーでしょうかね。
大辛では、私にちょうど良い辛さ。
汁気が少なくドライカレーにも近いかな。
丁寧に仕込んだ自家製カレー粉を使い、そこに焼いた肉を粉砕したものを合わせるそうです。
どこにもないカレーということで、「火星カレー」と名付けたとのこと。

トッピングには、野菜や豆。
肉類は、牛肉、豚肉、鶏肉に加えて、馬肉や鹿肉、羊肉もあります。
次の機会があれば試してみたい。

御馳走様でした。

【すき家】の」牛丼弁当

すっかり涼しくなりました。
でも、明日からはまた暑くなるみたいです。

この過ごしやすい季節になると、屋外で食事がしたくなる。
【すき家】で牛丼弁当買って、港に行きました。

港 (5)

港 (4)

すき家

港 (8)

牛丼はウマイ。
雨もまた美しい。

【ガスト】南本宿店 横浜市旭区

今年は、まだ牡蠣を喰ってないなぁ。
と、思い立ったら何としても喰いたい!!!

そこで、【ガスト】で今
「広島産 牡蠣ざんまい」
というフェアをやっていることを思い出しました。

Ayaのウチから散歩も兼ねて、ブラブラ歩いて【ガスト】南本宿店に行きました。

ホントは、生牡蠣が喰いたかったんだが、あいにくメニューに有りませんね。
しかたなく、無難なトコロでカキフライとハンバーグのセット。
IMG_8217ガスト (2)

Ayaは目玉焼きハンバーグ。
IMG_8217ガスト (1)
私の商品とあまり絵ヅラが変わらない(笑)

とりあえず、カキフライを二個喰って何とか落ち着いたが、やっぱり‟生”が喰いたい!!!
生食用の牡蠣を探すか。
あるいは【磯丸水産】を頼るか。

ひとまず、御馳走様でした。

【丸亀製麺】横浜旭店 横浜市旭区

Ayaのお腹の具合が良くないので、日本食なら刺激も少なかろうと・・・・・
うどんとか消化も良さそうだし。
そこで二俣川と希望ヶ丘の中間あたりにある【丸亀製麺】へ。

Ayaはかけうどんにワカメを少し。
食物繊維ですからね、大量にワカメを喰ったのでは逆効果になってしまう。

私は、消化器系に何の問題も無いので、ぶっかけうどんにかき揚げを貰いました。
丸亀
ネギを多めに摺り胡麻もかけて、おろし生姜も少し。

少し酸味のあるうどんつゆには、カツオダシが効いてます。
かき揚げを少しづつ崩しながら、うどんつゆに浸けて喰うのがスキ。
おろし生姜は、かき揚げの油っこさを緩和してくれてイイね。

御馳走様でした。

そば・うどん 【恵びす】 東京都足立区

気に入っている中華料理屋さんに行ったんだけどねぇ、あいにく休みでした。
そこで近くに在った店に飛び込み。

冷やしかけそばとカレーのセット 700円。
恵びす

駅の立ち食いそばが町場に在るみたいな店なんですけど(失礼!)
まぁ、あまり期待はしてなかったワケです。

そしたら、蕎麦が割りと良かった。
蕎麦粉の香りが豊かで、麺肌には少々ザラつきがあり、つゆを良く持ち上げる。
そして、とても強いコシがあるんです。

そばつゆは、やや酸味のある味わい。
イリコを使っているんですかね?
まっ、酸味はイリコだけとはかぎりませんが。

カレーは私が子供の頃なじんだ日本カレーです。
しかし、結構辛くてスパイシーです。

御馳走様でした。

コレは何という喰い物なのか?

知人のCちゃんから頂きました。

その時に「餃子のハンバーグ」と言われました。
私は頭からハテナマークを三つ四つ飛び出させながらも、有難く頂戴。

ウチに帰ってからレンジで温めて喰ってみました。
Cちゃん (1)

Cちゃん (2)
なるほど、中には確かにハンバーグ状のモノが入っている。
コレが餃子の中味なんですわ。
包んでいるのは、中華まんの皮のようでもあります。
軽くオモテ面を炙ってあります。

オイシクいただきましたが、コレ一体なんて言う喰い物?

居酒屋 【のんだくれ亭】 横浜市旭区

Ayaのウチの近所に今年の春頃出来た居酒屋さん。
結構、いい味出してるんです。

豆腐のから揚げ。
IMG_7985のんだくれ亭 (1)
コレは珍しい。
何も知らないで喰うと、豚肉のから揚げのようです。

鶏ニンニク。
IMG_7985のんだくれ亭 (6)
これまた、あまり見かけない。
しかし、仲間うちではコレも好評。

豚角煮。
IMG_7985のんだくれ亭 (3)
デカい角煮と、大根、茹で卵付き。
脂身は、ほとんど油分が抜け、ゼラチン質だけが残っている状態。
煮汁は、甘さが抑えられて好み。

鶏から揚げ。
IMG_7985のんだくれ亭 (2)
まっ、コレはスタンダードなタイプです。

御馳走様でした。
また来ます。

炭火焼居酒屋 【ひょうたん】石川町店 横浜市中区

私が若い頃からずっと言っている炭火焼居酒屋【ひょうたん】に久し振りに行ってきました。

まずはサラダ。
IMG_7936ひょうたん (4)
ちょっと前にも書きましたけど、先に野菜を喰うと脂肪の吸収が抑えられるとか???
たくさん肉を喰えば結局脂肪の摂り過ぎになると思うんですけど、まぁ気休めでもイイや。

タン塩。
IMG_7936ひょうたん (1)
牛タンはやっぱこの厚みじゃないと。

IMG_7936ひょうたん (2)
コレステロール過多です(笑)

カシラとカルビ。
IMG_7936ひょうたん (3)
カルビはサラダのレタスでくるんで喰うとマイウ~。

そして、このイワシがうまかった!
IMG_7936ひょうたん (5)
七輪の大きさからわかると思うんですけど、15センチくらいある中型です。
脂がのって、しかしながら身も締まっています。

もうじきサンマも美味く、安くなってきますねぇ。
楽しみだなぁ。

御馳走様でした。

【魚寅】本店 横浜市西区

バンド練習の後、久し振りにメンバーと飲みに行く。
お店は、横浜でも魚の良さで評判の海鮮居酒屋【魚寅】本店。

この日はT将のはからいで、刺身の盛り合わせがロハ。
その主役がコチラ。
魚寅 (3)
釣り好きのT将が「良い」と言うだけあって、魚はでどれも新鮮。
まぐろや、はまちの刺身でエッジが立っているのがわかるでしょう。

魚寅 (1)
生牡蠣。
今年初めての生牡蠣です。

魚寅 (2)
生しらうお。
クサミは皆無で食べやすい。

エビフライ。
魚寅 (4)
「名古屋人はえびふりゃぁ~だがや!」
いや、横浜人だってエビフライは好きです。

6人で焼酎を二本飲み干して、いい気持で帰宅。
御馳走様でした。

【松乃家】 伊勢佐木町店で朝カツ丼 横浜市中区

このトコロ、朝からカツ丼喰っていることが多いな、私。
ラーメンは700円台が普通になってきつつある昨今です。
が、若い頃は高くて喰えなかったカツ丼が今は、500円前後で喰えるんですからね。
一種の逆転現象が起きているワケです。
イヤシイ系の人間である私は今、若い頃のカタキを打っているようなものですかね(笑)

「野菜もたくさん食べなさい!」
と、Ayaに言われてますからね、サービス券で野菜サラダを付けました。
IMG_8060松ノ家

先に野菜を喰っておくと、脂肪の吸収が抑えられるってホントですかね???
私ゃ、日常的にオーバーカロリーですので、なんとかせんとイカン。
ほんの気休めだとしても、野菜から先に頂きました。

御馳走様でした。

【かつや】伊勢佐木町店 横浜市中区

朝からこんなカツ丼喰います。
IMG_7960かつ家 (1)
これは、カツ丼界の二郎かな。
てな、興味を惹かれたんですわ。

〔増し増し野菜の塩カツ丼〕 サービス券使用で税抜き490円。
IMG_7960かつ家 (2)

山の高さはこれくらい。
IMG_7960かつ家 (3)
え~、上のサービス券にある写真より4割引きしたようなカンジですかね。
まぁ作り手の技量によるトコロも大きいとは思いますが。

IMG_7960かつ家 (4)

この山盛り野菜の内容は、刺身のツマみたいなモノが大半。
あとはキャベツの千切りと、水菜ですかね。
それが塩ダレカツ丼の上に乗っているんです。

ニンニクの効いた塩ダレで、今まで喰ったことのないカツ丼になってます。
野菜の部分にかかっているのはドレッシングでしょうか?
トンカツと御飯は、通常のカツ丼と同質・同量だとおもいます。
ならば、基本のカツ丼を喰っていた方がいいかも。

多めの野菜で腹一杯になるんですが、野菜はほとんど水と空気ですからね。
ちょっと腹持ちが悪そう。

御馳走様でした。
なお、この商品は現在販売を終了しているようです。

【ゆで太郎】関内太田町店で朝そば 横浜市中区

このところ【ゆで太郎】が多いな。
私の通常活動圏に4店舗、Ayaの地元に1店舗あり、24時間 または早朝からの営業なので便利っうワケ。

〔朝そば 温玉〕
ゆでたろ (1)
以前はねぇ、蕎麦がつゆ浸しスタイルだったけど、今はザルそばなんだね。

そして今私が好きなのが、この温玉絡め喰い。
ゆでたろ (2)
サービスの天カス多めも手伝って、マイルドな味わいに成り、とてもイイカンジ。
かき揚げも、揚げたてが当たってよかったよかった。

御馳走様でした。

【磯丸水産】 有楽町店

今度はしっかりデジ亀で撮りました。

〔まぐろ漬け丼〕 税抜き 695円+岩海苔の味噌汁 税抜き 97円だったっけな?
IMG_7941磯丸 (1)

IMG_7941磯丸 (2)

マグロ肉はスジが多いものの、エッジが立ち、味付けも程よいね。
この価格ですから、割りと良い肉質ではないかな。
酢飯も、スッパ過ぎず程よい味わい。

御馳走様でした。

Ayaの地元 鶴ケ峰にも【磯丸水産】が出来るそうです。
9月26日オープン予定。

【ゆで太郎】鶴ヶ峰店でジャンボカツカレーセット 横浜市旭区

この日釣りに行くAyaを送り出した後、私は朝食兼昼食を摂りに鶴ヶ峰駅前の商店街に向かう。
時刻は06:30、【ゆで太郎】鶴ヶ峰店の開店時刻である。

以前喰って印象の良かったジャンボカツシリーズのカレー版を頂きます。
〔ジャンボカツカレーセット〕 800円。
カツカレー (1)

カツカレー (2)

でっかいトンカツに、チープな味わいのカレーは私の好むところ。
量は【どん八】ほどではないが、十分な一人前。
それに、これまたチープではあるがザルそばがついてるんだから、腹一杯。

これで、昼になっても腹が減らないだろうから、朝昼兼食になるワケです。
御馳走様でした。

中華料理 【利華飯店】 東京都足立区

足立区のTX六町駅より歩いて10分程度。
リーズナブルな中華料理を提供している【利華飯店】で昼食。

ランチ定食メニューの〔鶏肉とカシューナッツ炒め定食〕 800円。
IMG_7920利華飯店 (1)
この内容ですが、更に食後に夏場はアイスコーヒーが付きます。

鶏肉とカシューナッツ炒めのアップ。
IMG_7920利華飯店 (2)
ずいぶん白っぽいでしょ。
醤油味ではなく、塩味なんです。
今まで、出会ってきた鶏肉とカシューナッツ炒めはすべて醤油味をベースにして中華ダシやオイスターソースで作った合わせ調味料を使うのがほとんどでした。

しかしこの店では塩オンリーとは言わないケド、醤油の気配は前面に出ていない味付けです。
こういうタイプもあるんですねぇ~。

鶏肉は大きくゴロゴロといっぱい入ってます。
カシューナッツも大振りでたくさん。
こりゃぁ、イイね。

御馳走様でした。
またコレを喰いに来ます。

デジ亀忘れた!

そこで、仕方なく携帯の亀で撮影したこの日喰ったもの。


昼食は【磯丸水産】有楽町店の〔バラちらし丼〕と〔生海苔味噌汁〕 ん~と、サービス券を使って、計835円だったっけな?
磯丸
1,000円以下でこの内容ですから、文句のあるワケがない。
生海苔の味噌汁も、香りよく満足いくものでした。


夕食は西新橋まで歩いて、お気に入りの麺屋【7.5Hz】に行きました。

〔中華そば〕醤油 中盛り 680円。
75hz.jpg
醤油醤油したスープは相変わらずのもの。
ショッパさは無いんですが、ダシ風味もまた無し(笑)
しかし、何故か惹かれる。
オモテに出てこず、下の方に沈んでいるウマミみたいなものに私は反応しちゃってるのかナァ?

丸っこくて固めの麺と、大振りに切られたネギも好印象。
チャーシュウは、バラ肉ノンロールが三枚。
味玉はタイムサービス。


私はスマホではなく、ガラケーです。
しかも、9年前から使い続けている化石的ガラケーです。
画像の悪さは御勘弁ください。

【東方餃子酒場 コウちゃん】本店 横浜市中区

近頃御無沙汰していた、鶏肉とカシューナッツ炒めが喰いたい!
そこで、私の通常活動圏ではもっとも好みだった【東方餃子酒場 コウちゃん】本店に行きます。

平日の食事時を外れた時間なので先客さん無し。
発注後6分ほどで到着。
東方

御飯に焼き餃子、キャベツの漬物と玉子スープ、デザートの杏仁豆腐も付いて780円です。
更に御飯はおかわり自由ですから、CPはかなり高い。

メインデッシュの鶏肉とカシューナッツ炒めは、カシューーナッツが大振りで量も多い。
醤油味ベースの味付けも濃い目で、御飯良く合います。
この時は、仕事の後だったのでおかわりしちゃいました。

御馳走様でした。
また寄らせてもらいます。